NTR使える寝取られサイト

オリジナルの寝取られ体験談や人妻体験談を紹介しています
月別アーカイブ  [ 2020年06月 ] 

≪ 前月 |  2020年06月  | 翌月 ≫

自慢の可愛い嫁は、むかし野球部のフェラペットだった2(オリジナル 転載禁止)

前回の話

動画の中では、上半身裸でジャージを着た詩織が、恥ずかしそうにしている。野球部の部室という感じの部屋の中、まだ幼い感じの残る詩織が、カメラ目線のまま胸を晒している。

「触らせてあげないって、触って欲しいんだろ?」
カメラをもった男性の声が響く。
『そんなことないもん。変なこと言うなら、服着ちゃうよ』
頬を膨らませた詩織が言う。すると、カメラが動く。そして、詩織に近づくと、画面に男性の右腕が映り込んでいく。


そのまま男性の腕は、詩織の胸に近づいていく。そして、おもむろに詩織の乳首をつまみ始めた。乳首がぐにゃっと形を変えるほど強くつまんでいるのがわかる。
『うぅっ、ダメぇ、もっと優しく』
詩織は、そんな声を漏らす。でも、その声は甘い感じにとろけているように聞こえてしまう。
「なに言ってんだよ。こんなに乳首カチカチにしといて、優しくしてはないだろ」
男性は、そんな風に言いながらさらに力を入れて詩織の乳首を握っていく。見ていて心配になるほど乳首の形が変形してしまっている。
『うぅ、ダメぇ、乳首大きくなっちゃうよぉ』
詩織は、泣きそうな声で言う。でも、やっぱりその声は快感を感じているように聞こえてしまう。

「ほら、カメラ持ってろよ」
男性は、そう言って詩織にカメラを渡す。そして、フリーになったもう一方の手で、詩織のもう一つの乳首を摘まみ始める。

『うぅあぁ、ダメぇ、あっ、んっ、あぁっ、うっぅあっ』
詩織は、とうとうあえぎ始めてしまった。両乳首を変形するほど摘ままれたまま、あえぎ始める詩織。
「ほら、気持ち良いんだろ? 良い声出てるじゃん」
男性は、そんなことを言いながら乳首をもてあそび続ける。強く摘まんでいたかと思うと、指の腹で乳首をこすりあげるような動きもしている。
『うぅっ、あっ、気持ち良い。乳首、気持ち良いよ』
詩織は、さっきまでの勝ち気な感じは消え、可愛らしい顔になっている。
「よし、カメラ貸してみな」
男性は、そんな風に言う。そして、カメラを詩織から受け取ると、それをどこかに置いた。カメラは固定アングルになり、詩織と男性の姿が映る。男性は、坊主頭の男の子で、見るからに野球部員という感じだ。

「詩織、自分で乳首触ってろよ」
男の子は、そんな風に命令をすると詩織のジャーズのズボンを脱がせ始めた。詩織は、抵抗することもなく、自分で両乳首を摘まみ始めた。そして、握ったり弱めたりするような指つきで触り続ける。

下半身を脱がされながら、乳首オナニーをする詩織……。僕の知っている詩織は、こんなことをしないはずだ。恥ずかしがり屋で清楚な女の子……。ずっとそうだと思っていた。

男の子は、さっさとズボンを脱がせてしまう。ピンク色の可愛らしい感じのショーツがあらわになる。男の子は、それもさっさと脱がせてしまう。

詩織は、薄汚れた部室の中で全裸になってしまった。すると、男の子はショーツを広げて、
「メッチャ濡れてるじゃん」
と、からかうように言う。でも、詩織は両乳首を夢中でまさぐりながら、
『だって、乳首触るんだもん』
と、とろけた顔で答える。僕は、詩織のそんな顔を見たことがない。僕には見せない顔をさらす詩織……。僕は、過去の映像に嫉妬をしてしまっている。

「それにしても、濡れすぎだろ。こんなにシミになってるじゃん」
男の子は、からかうように言いながらショーツをカメラに向ける。すると、確かにショーツには大きなシミが出来ている。まるで、お漏らしをしてしまったみたいな感じだ。
『恥ずかしいよ……。ねぇ、早く触ってよ。我慢出来ない』
詩織は、焦れたような声で言う。すると、男の子は無造作に詩織の下腹部に手を伸ばす。そして、雑な感じで膣周りをまさぐり始めた。
『うぅあっ、あっ、気持ち良いっ、クリもっと! 皮も剥いてっ!』
詩織は、とろけた声をあげながらそんなおねだりまでする。
「はいはい。マジでエロいな」
男の子はそんな風に言うと、両手で膣口を触り始める。
『うぅっ、あっ、あんっ、気持ち良いっ、もっとっ! もっと強くしてっ!』
詩織は、とろけきった声で言う。男の子は、ひたすら詩織のクリトリスを触り続けているような感じだ。クリトリスの皮を剥く……。そんなおねだりを、されたことはない。と言うよりも、詩織の膣周りを触ったことがない。

「ヤベぇな。あふれてきてるぞ」
男の子は、あきれたように言う。すると、詩織は再び自分の両乳首を触り始めた。
『あぁ、気持ち良いっ。ねぇ、イッてもいい? もうイッちゃう。詩織イッちゃうっ』
詩織は、乳首をめちゃくちゃに触りながらとろけきった声をあげる。僕は、まだ信じられない気持ちだ。こんなのが、詩織のはずがない……。

「まだダメだろ。なに勝手にイコうとしてるんだよ」
男の子はそんな風に言うと、詩織の膣周りから手を引っ込めてしまった。
『ダッ、ダメっ! やめちゃダメっ!』
詩織は、不満そうな声で叫ぶ。そして、右手を伸ばしてクリトリスをまさぐり始めた。そして、あえぎながらオナニーをする。
「待て待て、淫乱すぎるだろ。ほら、変われって。俺のもくわえろよ」
男の子はそう言ってズボンとパンツを降ろしていく。すぐにいきり立ったペニスが姿を現す。大きさも太さも普通の感じだが、見るからに固そうなペニスだ。
『達也だって、ギンギンになってるじゃん。人のこと言えないよ』
詩織はそんな風に言う。本当に楽しそうな感じだ。
「うっせ。良いからしゃぶれよ」
男の子は、照れくさそうに言う。すると、詩織はすぐに男の子のペニスをくわえてしまった。シャワーも浴びていない、恐らく汗臭いペニス……。詩織は、嫌がる素振りも見せずにフェラチオを続ける。

さっきの写真で見たような、内側から頬にペニスを押し当て、頬を膨らませるようなこともしている。そして、ペニスを飲み込んでいき、根元までくわえてしまった。
「あぁ、ヤベェ、上手すぎるだろ。ホント、フェラペットだな」
男の子は、そんな風に言いながらカメラを手に取った。そして、いわゆるハメ撮りのアングルで詩織のフェラチオを撮影し始める。

詩織は、上目遣いでカメラを見ながら、熱心にフェラチオを続ける。カメラを意識してか、舌を絡ませるような動きもしている。小さな舌が、ギンギンに勃起したペニスに絡みつく……。僕は、悪い夢なら醒めてくれと思いながらも、動画から目が離せないでいる。

『達也のおチンポ、爆発しちゃいそうだよ。もうイッちゃうの?』
詩織は、はしたない言葉を口にする。
「バ、バカ、イクかよ。ほら、もう良いからケツ向けろって」
男の子は、動揺したような口調で言う。かなり慌てているような感じがする。

『フフ。ダメ~。今日は、お口に欲しいんだ』
そんなことを言いながら、フェラチオを続ける詩織。
「なんで? おまんこの中に欲しいんじゃないの?」
男の子は、そんなことを言う。僕は、さらにショックを受けてしまった。そんなことを言うと言うことは、日頃から中に出されているのだろうか? 僕ですらしたことがないのに、野球部の男の子は詩織の膣中に射精をしたことがあるのだろうか? 僕は、まだ青臭いような男の子に、強い敗北感を感じてしまった。

『今日は、飲みたいの。ザーメン飲みたいって感じなんだ。喉の奥に、いっぱい出してね』
詩織は、そんなことを言いながらフェラチオの速度を上げていく。ジュポジュポというような、下品な湿った音が響く。

「あぁ、ヤバい。マジで出そう」
男の子は、余裕のない声で言う。本当に、射精寸前になってきているような感じだ。詩織は、くわえたまま何か言う。たぶん、『良いよ、出して』と、言っているような感じだ。
「出るっ、うぅっ、詩織ッ」
男の子はうめくように言いながら詩織の口の中に射精をしてしまった。
『んっ~』
詩織は、口内射精をされても嫌そうな感じになっていない。全部受け止めているような感じだ。

「あぁ、ヤバい。マジでフェラ上手すぎだろ」
男の子は、少し照れくさそうな感じで言う。カメラは、口を閉じたまま笑っている詩織が映っている。精液を口に含んだまま笑う詩織……。彼は、詩織の当時の恋人だったんだろうか?
「口の中見せてよ」
男の子は、そんな風に言う。すると、詩織は口を開けて口内をカメラにさらす。詩織の口の中は、精液があふれそうになっていた。高校生の男の子の射精……量も勢いも凄いのだと思う。

「スゲぇ出た。飲めよ」
男の子は、少し気恥ずかしそうに言う。すると、詩織は口を閉じてゴクンと喉を鳴らすようにして精液を飲み干してしまった。すぐに口を開けて口内を見せる詩織。
『出し過ぎだよ。すっごく濃かった』
詩織は、やっぱり笑いながら言う。楽しそうな雰囲気だ。
「不味くないの?」
男の子は、詩織に質問する。
『別に、不味くはないよ。なんか、エッチな味。ドキドキする』
詩織は、そんな風に答えた。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


無職になった僕と嫁で、親友の家に居候することになった3(オリジナル 転載不可)

前回の話

純子は、健吾のペニスをくわえている。胸でペニスを挟んだまま、亀頭の部分をくわえてしまっている。胸で挟んでも、くわえることが出来るほどはみ出ている健吾のペニス……。驚くような長さだ。
そして、純子は目一杯口を大きく開けているような感じでフェラチオを続けている。太さも長さも、僕の物とは大違いだ。

「あぁ、ヤバい、気持ち良すぎる。純子ちゃん、こんなことまで……本当に良いの?」
健吾は、本当に申し訳なさそうな声で言う。考えてみれば、僕らの生活は彼に支えられている。寄生していると言っても良い状況だ。それなのに、健吾はそれを傘に無理な要求をしてきたりしない。本当に、良いやつなのだと思う。


『すごく太いんだね。ゴメンね、どうしても歯が当たっちゃう』
純子はそんな風に言いながらフェラチオを続ける。イヤらしく舌がカリ首に巻き付いたりしながら、健吾のペニスを責め続ける。パイズリしながらのフェラチオ……。僕は、当然してもらったことがない。そもそも、僕のペニスの長さでは、パイズリしてもらうことが難しいと思う。
「ゴメンね、人よりちょっと太いから……。やりづらかったら、手でしてくれれば良いからね」
健吾は、そんなことを言う。相変わらず、人の良さがにじみ出ているようなセリフだ。

『大丈夫。これくらい、やらせて』
純子は、そんな風に言いながらフェラチオを続ける。僕は、純子が他の男のペニスをくわえている状況で、自分でも驚くほどの興奮を感じてしまっている。純子は、自分で胸を両側から押さえ、パイズリをしながら舌を使う。だんだん動きもスムーズになってきていて、僕はAVでも見ているのかな? と、思うくらいになってしまった。そして、ズボンの上からペニスをしごき始めると、あっという間に射精感が高まる。

「あぁ、ヤバい、本当に気持ちいい。そんなにしたら、出ちゃうよ」
本当に余裕のない声になってきている健吾。
『良いよ、いつでも出して。我慢しないで』
純子は、そんな風に言いながら動きを早くしていく。太くて長いペニスが、純子の大きくはないが形の良い胸に挟まれしごかれている。柔らかくて、真っ白な胸……。僕だけが触れる胸のはずだ。

純子は、亀頭周りに舌を絡みつかせる。小さくてピンク色の舌が、異様に張りだしたカリ首を舐め回す。動きはさらに早くなっていき、湿った音が響き続ける。

「あぁ、ヤバい。本当に出る。純子ちゃん、出ちゃうよ」
健吾は、ものすごく気持ちよさそうな声で言う。もう、余裕がなくなっているのがわかる。すると、純子は黙って健吾のペニスをくわえ、頭を早く振り始めた。

「ダメ、出る。出ちゃうって、純子ちゃん、口離して、あぁ、出るっ」
健吾は、焦ったような声で言いながらも、そのまま純子の口の中に射精をしてしまった。
『ん~っ』
口の中に射精をされ、軽くうめく純子……。僕は、純子が口の中に射精されてしまったことに、強いショックを受けてしまった。でも、ショックを受けながらも、あっけなくパンツの中に射精してしまった。

うめきそうになりながら、必死で声を我慢する僕。健吾は、放心したような顔になっていたが、すぐに、
「ごめんっ! 出しちゃった! 口に出しちゃった! すぐうがいしてきてっ!」
と、慌てて言う。
『うん。でも、多すぎて飲んじゃった。すごい味なんだね』
純子は、そんな風に言う。軽く顔をしかめているが、それほど嫌そうな感じはない。
「マジで!? 飲んじゃったの! 本当にごめん。我慢出来なかった」
健吾は、本当に申し訳なさそうな声で言う。僕は、強すぎるショックを受けて、貧血みたいになってしまった。精液を、飲んでしまった……。僕のではない精液を、飲んでしまった……。僕は、飲んでもらったことはおろか、口の中に出したことすらない。

『良いよ、そんなに謝らないで。だって、多すぎて飲まないとあふれちゃいそうだったし。ホント、すごい量だったよ』
純子は、怒った感じどころか、妙に楽しそうな感じだ。そして、純子はうがいをしに行った。僕は、逃げるように自分たちの部屋に戻る。そして、汚れてしまったパンツを着替えようとした。でも、すぐに純子が部屋に入ってきてしまった。

『またイッちゃったね。良かった。興奮してくれたみたいだね』
そんな風に言いながら、純子は僕に抱きついてくる。そして、キスをしてきた。さっき、健吾の精液を受け止めた口……でも、純子の口の中は、マウスウォッシュの味しかしない。

純子は、しばらく舌を絡めてきた後、
『ゴメンね、飲んじゃった。トシくんのも飲んだことないのに……。怒ってる?』
と、言ってきた。本当に申し訳なさそうな感じで謝る純子に、僕は何も言えない。僕は、怒ってはいないが強い嫉妬を感じている。すると、純子は僕のペニスをズボン越しに触ってきた。

『興奮してるね。健吾さんの飲んだの、興奮するんだね』
純子は、そんな風に言いながら僕のペニスをまさぐる。僕のペニスは、射精したばかりなのに石のようにガチガチになってしまっている。

僕は、ただゴメンとしか言えない。
『良いよ、興奮してくれて嬉しい。少し、気が楽になったよ』
そんな風に言いながら、僕のズボンとパンツを脱がせていく純子。僕のペニスは、さっき射精した精液にまみれている。純子は、そのまま僕のペニスをくわえてくれた。舌がカリ首に絡みつき、一気に射精感も高まる。

純子は、根元までくわえたりしながら、僕のペニスに付着している精液をすすり取る。そして、ひとしきり精液を口内に集めると、僕の顔の前に顔を持ってくる。そのまま口を大きく開ける。

純子の口の中には、僕の精液がたまっていた。思っている以上の量が集まっていて、池みたいになっている。純子は、イタズラっぽく微笑むと、そのまま口を閉じて飲み干してくれた。
『飲んじゃった。いっぱいだったね』
純子は、嬉しそうに言う。僕は、本当に嬉しいと思った。でも、健吾に後れを取ってしまった気持ちはある。いま、純子の胃の中には、僕の精液と健吾の精液が喧嘩をしているのかな? と、思ってしまう。

『トシくん、もう来て。我慢出来ない。すぐ欲しい』
純子は、うわずった声で言う。興奮しきっているのが伝わってくるような声だ。僕は、純子をベッドに押し倒しながら、荒々しく服を脱がせていく。そして、コンドームを装着すると、すぐに挿入した。

驚くほど濡れてしまっていた純子の膣口。クチョっという湿った音が響く。
『うぅあっ、トシくん、すごい、カチカチだよ』
気持ちよさそうな声をあげる純子。僕は、強烈な締め付けにうめいてしまう。そして、狂ったように腰を振り始めると、純子は抱きついてキスをしてくる。

僕は、夢中で腰を動かしながらも、健吾にパイズリをする純子を思い出していた。あっけなく健吾の精液まで飲んでしまった純子……。僕は、嫉妬と興奮で一気に射精感が湧き上がる。

『トシくん、愛してるっ、イッて!』
うわずった声で言う純子。僕は、純子にキスをしてスパートをかけた。あっけなく射精する僕に、純子はしがみつくようにして抱きついてくれた。

『トシくん、怒ってない?』
甘えた仕草で聞いてくる純子。僕は、全然怒ってないよと告げる。
『……もっと見たいって思ってる? もっと、興奮したい?』
純子は、まるで小悪魔のような顔で聞いてくる。僕は、ほとんど迷うこともなく、黙ってうなずいてしまった。
『お口でするだけじゃ、物足りないって事?』
純子は、イヤらしく僕の乳首を舐めたりしながら聞いてくる。なんというか、最近の純子は、すっかりと痴女っぽくなってしまった気がする。僕は、ただうなずく。
『……じゃあ、もう少しだけやってみるね。でも、本当にイヤだったら、すぐ言ってね』
純子は、イタズラっぽく言う。僕は、不安と興奮が入り交じったような気持ちになりながらうなずいた。

そして、1週間ほど経過した日の夜、3人で食事をしている最中に、
『健吾さん、今日はどうする? お手伝いしようか?』
と、言い始めた。健吾は、少し緊張したような顔になると、
「う、うん。お願いしようかな?」
と、言った。
『じゃあ、ご飯終わったらシャワー浴びてきてね』
純子は、ご機嫌な感じで言う。僕は、ドキドキがどんどん大きくなっていくのを感じながらも、半勃起してしまっている。

そして、健吾はすぐにシャワーを浴びに行き、純子と二人になった。
『もう、大きくなってるね。興奮しすぎだよ。エッチ』
純子は、妖艶な笑みを浮かべながら言う。僕は、ただただドキドキしながらも、どこまでするつもりなの? と、質問した。
「さぁ? トシくんがして欲しいって思ってることまでだよ』
純子は、楽しそうに言う。そして、
『私も準備してくるね。そこで待っててね』
と、言ってリビングを出て行った。一人になると、急に不安になる。何をするつもりなんだろう? 準備をする? いつも、そんなことはしていないはずだ。

すると、腰にタオルを巻いただけの健吾が戻ってきた。
「あれ? 純子ちゃんは?」
健吾も、少し不安そうだ。緊張しているようにも感じる。僕が、準備してると告げると、
「え? 準備?」
と、少し驚いたような顔を見せる。そして少しすると、
『お待たせ~』
と、言いながら純子が戻ってきた。純子は、おどろくようなセクシーな姿で入ってきた。カップの部分が枠しかないようなブラ……胸が、まるで隠れていない。下は、股下ゼロセンチくらいのマイクロミニスカートのようなランジェリーだ。チラチラと見えているショーツは、やっぱりヒモみたいな感じになっているようだ。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


□僕のミスのせいで、嫁のアナルを開発されることになりました4(転載不可)

前回の話

「こんばんは。今日もよろしくお願いしますね」
橋元さんは、温和な笑みを浮かべて部屋に上がり込んでくる。僕は、何も言えずに会釈することしか出来ない。でも、恭子は、
『よろしくお願いします。今日は、お知らせしたとおりまだ何も準備してないんです。橋元さんのやりやすいようにして下さいね』
と、笑顔で言う。今日は、いつもみたいに僕が恭子に浣腸をするということをしていない。橋元さんとアナルセックスをするための準備を僕がする……。それは、屈辱的なことではあった。でも、それをしなくて良いとなると、物足りないと思ってしまう僕がいる。



【続きを読む】
[ 2020/06/30 15:27 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

▲妻が不妊治療のため、精子を競わせようと言ってきた2(転載禁止)

前回の話

麻友は、ただ微笑んでいるだけです。でも、なんとも言えないあふれ出るような妖艶な雰囲気がある気がします。
『お疲れ様。大丈夫? すぐ出来ますか?』
麻友は、少し恥ずかしそうに言います。私は、すぐに始めようと答え、そのまま寝室に移動しました。シャワーを浴びるのももどかしく、私は麻友を抱きしめました。
『あなた、愛してる。すぐに来て下さい』
麻友は、服を脱ぎながら言います。間接照明に浮かび上がる彼女の裸体は、まだどこもたるんでいない感じで、とても美しく見えます。でも、脱いだ途端に広がった精液の匂いに、私は嫉妬で息が苦しくなりました。

【続きを読む】
[ 2020/06/30 14:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

サイトで知り合った人妻と本気のセックスをして子供まで作ったが、旦那は何も知らない

私は現在27歳でデザイナーをしています。
そして去年の初めに不倫系の出会いサイトで、ある女性と出会いました。
彼女の名前は、そうですね…クリステルとでもしておきます。
キャスター滝〇クリステル似のOL兼主婦の30歳の女性でした。

【続きを読む】
[ 2020/06/29 12:01 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

▲嫁がナンパされたことに嫉妬した結果、パート先の共有物になりました完(転載禁止)

前回の話

私は、嫁が健也くんに愛してると叫ぶ声を聞きながら射精をしていた。いつもよりも長く大量に飛び出ていく精液……。嫁は、射精をしている私のペニスを、まだしごき続ける。後ろから健也くんに激しく突かれていて、まったく余裕がなくなってしまっている感じだ。

『パパ、イッちゃったの? こんな状況なのに、興奮しちゃったの?』
嫁は、私のペニスをしごくのをやめ、そんな風に聞いてくる。健也くんも、腰の動きを弱めて様子をうかがうような感じになった。


【続きを読む】
[ 2020/06/28 23:09 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

▲妻が不妊治療のため、精子を競わせようと言ってきた完(転載禁止)

前回の話

麻友は、さっきからずっと浩くんとキスを続けています。対面座位で繋がったまま、動くことをせずにキスだけを継続しています。本来の趣旨ならば、浩くんとキスすることなど不要のはずです。

でも、麻友は感情のこもったようなキスを続けています。もう、子作りのためとかそういったことも関係なく、心の通ったようなキスを続けています。私は、不安な気持ちと嫉妬で胸がモヤモヤしながらも、限界まで固く勃起していました。

すると、キスだけをしていた麻友が、微妙に腰を動かし始めました。堪えきれなくなったように、腰をくねらせるように動かす麻友……。徐々に、吐息というか、うめき声のようなものが漏れてきます。

【続きを読む】
[ 2020/06/26 14:01 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

※妻が風俗通いの友人に、もったいないから私がしてあげると言い始めた5(転載禁止)

前回の話

まさみは、ソファの上で四つん這いになっている。その顔には、アキオがぶっかけた精液が付着したままだ。顔面を、他人の精液でドロドロにしたまさみを見て、私は強い興奮を感じなて激しく勃起していた。

「本当に良いのか? 俺はもう満足してるぜ」
アキオは、ペニスをまさみの膣口にこすりつけながら質問してきた。私は、言葉が出てこない状況ながら、黙ってうなずいた。
すると、アキオは薄く笑った後、
「良いってさ。じゃあ、このまま入れてみなよ」
と、まさみに指示をする。まさみは、焦れたような顔で、
『イジワル。パパ、ゴメンね。アキオさんの大きいおちんちん、入れちゃうね』
と、言った。そして、私と目が合ったまま腰をアキオの身体にくっつけていくように動かす。

【続きを読む】
[ 2020/06/22 10:01 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

※年上の嫁が、合格祝いに僕の寝取られ願望を聞いてくれた5(転載禁止)

前回の話

里香の腰の動きは、さらに早くなっていく。でも、こすりつけるような感じで動かしているので、激しい動きには見えない。
「ヤバい、その動き本当に気持ちいいです」
敏夫は、あまり余裕のなくなった声で言う。里香は、腰を動かしながら、
『そんなの良いから、早く出せよ。もう、疲れたから』
と、言う。でも、その声は完全にうわずってしまっていて、気持ち良いんだなと思ってしまう。僕は、そんな二人を見ながらひたすらオナニーを続ける。もう、あっけなく射精をしてしまいそうな状況だ。


【続きを読む】
[ 2020/06/21 22:50 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

△嫁に露出狂のような格好をさせて、後輩を家に招いてみた3(転載禁止)

前回の話

雅俊は、ふすまの隙間から真希と悠人のセックスを見続けていた。悠人は、童貞卒業を果たしたばかりのせいか、嬉しそうな顔になっている。そして、真希の指示通りなるべく奥の方に届くように押し込む動きを続けている。
『あっ、あっ、そう、もっとっ、強くっ、うううぅっ!』
真希は、悠人にしがみつくような格好になりながらあえぎ続ける。悠人は、ぎこちないながらも力強く腰を押し込んでいく。

【続きを読む】
[ 2020/06/21 14:01 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

□セックスレスだった妻が、パート先の高校生にデートに誘われた完(転載禁止)

前回の話

俺は、すぐに始まった二人の2回目のセックスを聞きながら、狂ったようにオナニーを続けていた。麻衣子は、どういうつもりでこの音声を聞かせているのだろう? 本当に、しばらく帰ってこないつもりなのだろうか? 俺は、動揺しながらも右手の動きを止められずにいる。

『すごいね。もうカチカチだね』
麻衣子は、嬉しそうに言う。
「麻衣子だからだよ。麻衣子となら、何回でも出来るし」
健也くんは、きっぱりと言い切る。最初の頃のおどおどした感じはまるでなくなっていて、男らしい感じになってきている。

【続きを読む】
[ 2020/06/18 04:01 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

※恥ずかしがりで清楚な嫁が、調教されて鈴の音でイク女に変えられていました完(転載禁止)

前回の話

里恵は、黒人に中出しをおねだりした。僕は、射精しながらそれを見ている。
「出すヨ。僕の赤ちゃん、孕んでネ」
黒人は、そう言って里恵の中に射精を始めた。里恵は、中に出されてのけ反るようになりながら、
『イクっ! イグぅっ! 赤ちゃん出来ちゃうっ!』
と、叫んだ。黒人は、里恵の中に射精しながら、彼女にキスをしている。
里恵は、嬉しそうに舌を絡ませ、濃厚なキスが始まる。僕は、射精したばかりの自分のペニスに目を落とした。イッてもガチガチのままのペニス……。大川の手術のおかげで、大きさはかなりのものになった。でも、動画の黒人達と比べると、情けなくなるほど小さい。

【続きを読む】
[ 2020/06/17 01:29 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

□働けなくなった僕の代りに、嫁がレンタル妻を始めました完(転載禁止)

前回の話

僕は、二人の寝室をのぞき見しながら、股間を激しくまさぐり続けていた。パジャマの上から竿を握り、オナニーするようにしごく僕……。有美は、今日は何度も僕にチャンスをくれたのに、僕はろくに応えることが出来なかった。

ベッドの上では、千堂さんがゆっくりとしたリズムで腰を動かしている。全然激しくない動きなのに、有美はのけ反ったりしがみついたりしながら、激しく感じているようだ。



【続きを読む】
[ 2020/06/11 02:03 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

※同棲している彼女が隠してたHDDには叔父さんが映った

僕には、付き合い始めてもうすぐ5年の彼女がいる。大学時代から付き合い始めて、社会人になった今も続いている。といっても、あまり大きな声では言いづらいが、彼女の真美はまだ大学生で22歳だ。
なので、付き合い始めた時、真美はまだ高校生だった。

僕が社会人になって1年目は、色々と環境も激変して、別れてしまうかな? と思う場面もあった。でも、それを乗り越えて今は同棲している。
一応、真美の母親公認だ。僕は間違いなく彼女と結婚するつもりだし、そのうち折を見て真美の父親にも挨拶をするつもりだ。

僕は一応一部上場している会社に就職出来て、仕事もとても順調だ。でも、会社の知名度が低く、コンパ受けが悪いと同僚は嘆いている。僕には真美がいるのでそんな事は関係なく、毎日幸せを噛みしめている。

【続きを読む】
[ 2020/06/05 05:01 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

▲嫁がナンパされたことに嫉妬した結果、パート先の共有物になりました(転載禁止)

『ただいま~。ゴメンね、遅くなっちゃって』
嫁の直美が廊下を歩きながら私に言う。短いスカートに、身体のラインがはっきりわかる白のニット。そして、表情は上気したようになっている。一目で、セックスをしてきたとわかる感じの顔だ。

嫁の直美は、今年36才になる。子供は二人いるが、今は二人とも短期留学に行っていてウチにはいない。直美は、普段はおとなしい感じの格好が多い。元々、清楚な雰囲気の見た目の通り、上品な女性だ……だったと言うべきかもしれない。


【続きを読む】
[ 2020/06/02 13:01 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

※嫁のハメ撮り動画が入ったパソコンを後輩に修理させたら完(転載禁止)

前回の話

由紀恵は、甘えたような声で何度も雅人に好きだと言い続けている。セーラー服姿で、雅人の巨根にアナルを貫かれたまま、まるで恋人に向かって言うように好きだと言い続けている。

私は、強すぎる快感がやっと収まり、荒い呼吸のまま画面を見つめている。私は、由紀恵を奪われてしまったような気持ちになりながらも、画面から目が離せないでいた。

「そんなに気持ち良い?」
雅人は、由紀恵に質問する。
『気持ち良いよ。もう、雅人なしじゃダメになっちゃったかも……』


【続きを読む】
[ 2020/06/01 14:26 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)
寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
気持ち良すぎるオナホ
月別アーカイブ
マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 380

紹介文:寝取られに特化した体験談を紹介しています。

愛する妻や恋人が他の男に本気で堕ちる過程や、他の男に調教されていくところを、なすすべもなく隠し撮りの動画で見るしかない……等です。

愛する嫁が他人に汚されていくのを見て、嫉妬と怒りの中、異常に興奮してしまう自分……後戻り出来ない扉が開きます。

妻、恋人、片思いの相手、すべて寝取られる話なので、NTR耐性のない方はご注意下さい。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読むことが出来ます。
また、月が変わっても、購入した月のマガブロはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、私へは一切通知されません。名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

筆者の姉妹ブログも含めたマガブロ一覧です
http://netoraretaiken.com/blog-entry-9059.html

※システム上の理由や、その他の事情で急に読めなくなった時のために、Twitterをフォローまたはブックマークしておいて下さい。https://twitter.com/ntrtukaeru

マガブロ記事一覧

月刊マガブロは月単位でご購読いただけます。