NTR使える寝取られサイト

オリジナルの寝取られ体験談や人妻体験談を紹介しています
月別アーカイブ  [ 2020年08月 ] 

≪ 前月 |  2020年08月  | 翌月 ≫

無職になった僕と嫁で、親友の家に居候することになった完(オリジナル 転載不可)

前回の話

純子は、本当に行ってしまった。アイツの部屋に行ったら? と言う言葉は、敗北感とか申し訳なさ、そして、少しすねたような気持ちで言った言葉だった。本当に行くはずがない……そう思いながら言った言葉だった。

それなのに、純子は本当に嬉しそうにすぐに行ってしまった。さっきまでは、僕とあんなに愛し合っていたのに、純子は躊躇なく出て行ってしまった。


純子は、健吾とのセックスを経験し、なにか扉が開いてしまったような感じなのかもしれない。僕は、自分で言い出したことなのに、激しく後悔をしてしまっていた。余計なことを言わず、あのまま一緒に抱き合って眠れば良かった……。そんなことを考えてしまう。

僕は、結局居ても立ってもいられない気持ちになってしまい、そっと寝室を抜け出した。そして、健吾の寝室に向かって歩き始める。本当に、セックスをしているのだろうか? あれだけしたのに、まだ足りないという感じなんだろうか?

僕は、そっと扉に耳を押しつけた。すると、純子のあえぎ声が聞こえてくる。もう、始めているようだ。僕は、純子はどうしてしまったのだろう? こんなに淫乱な女性だったのだろうか? と、疑念でいっぱいになってしまう。

僕は、そっとドアを開けてみた。ほんの少しだけ開けた状態で中を覗くと、純子はベッドの上で健吾にまたがり、腰をくねらせるように動かしていた。
「そんなに気持ち良いの?」
健吾は、腰を動かし続ける純子に質問する。純子は、腰を動かしながら、
『気持ち良いのっ。全然違う。健吾君のおちんちん、奥まで当たって気持ち良いのっ』
と、叫ぶように言う。本当に気持ちよさそうで、僕とのセックスでは決して見せないようなとろけきった顔になっている。僕は、覗いていることに気が付かれないかとドキドキしながらも、二人のセックスを覗き続けた。

「さっき、アイツが見てる前で中出しされて、すごいイキ方してたね。見られてると、興奮するの?」
健吾は、そんな質問をする。
『う、うん。する。興奮しちゃうの。トシくんに見られてると、頭真っ白になるくらい興奮しちゃう』
純子は、そんな風に答える。その声も、かなり興奮しているのが伝わってくる。
「面白い夫婦だね。見られて興奮する純子ちゃんに、寝取られて興奮するアイツ。なんか、上手いこと出来てるんだね」
健吾は、少しあきれたような声で言う。
『健吾君は? 私とするの好き?』
純子は、そんな質問をする。健吾は、
「もちろん。純子ちゃんと出来るなんて、本当に夢みたいだよ」
と、嬉しそうに答える。すると、純子は身体を折り曲げるようにして健吾にキスをした。腰を動かしながら、激しく舌を使う純子……。
セックスのためと言うよりも、感情がこもってしまっているようなキスに感じる。そして、健吾も嬉しそうに舌を絡め始めた。純子は、腰を上下に動かしながら、興奮しきった感じでキスを続ける。それだけではなく、指で健吾の乳首を刺激したりする。

「気持ち良い。純子ちゃん、すごく上手だよ」
健吾は、そんな風に褒める。僕は、純子のセックスを褒められて、複雑な気持ちになってしまう。

『フフ。だって、乳首触るとすごく固くなるんだもん。健吾君のおちんちん、大きくて固くて、本当に素敵だよ』
純子は、熱っぽい声で言う。もう、身体だけの関係ではなくなってしまったように見えてしまう。

「純子ちゃんだって、乳首触るとメッチャ締まるよ」
健吾はそう言って、純子の乳首を触り始めた。純子は、ひときわ大きな声をあげながら、腰を上下ではなくこすりつけるように動かし始める。僕とのセックスでは、騎乗位なんてほとんどしたことがない。こんなイヤらしい腰の動きも、見たことがない。

僕とのセックスでは開花しなかったものが、健吾とのセックスでは開花してしまったんだなと、絶望的な気持ちになってくる。

「じゃあ、交代しようよ。ちょっと、違う感じのやり方するよ」
健吾はそんな風に言うと、純子をベッドに寝かせる。横向きになった純子の後ろに回り込むと、腕枕をするような感じで抱きしめながら、そのまま挿入した。でも、健吾は腰を動かさず、純子の乳首を指で触りながら、首筋や耳にキスを続ける。

『ン、うぅ、あっ、気持ち良いよ』
純子は、気持ちよさそうに声を出す。でも、腰が動いていないせいか、あえぎっぱなしと言う感じではない。吐息を漏らしているような感じのリアクションだ。

そんな動きの少ないセックスが続くと、
『健吾君、動かして。もう我慢出来ない。お願い、後ろから激しくして』
と、純子が焦れたような声でおねだりを始める。でも、健吾はそのまま愛撫を続ける。
「このまま動かないと、体中敏感になるんだよ。動かなくてもイケるようになるから」
健吾は、自信たっぷりに言う。
『で、でも、我慢出来ないよぉ』
純子は、本当に焦れた声でおねだりをする。でも、健吾は腰を動かさない。その代りなのか、クリトリスもソフトに触り始める。でも、動きがゆっくりで、純子はますます焦れたような顔になっていく。

『ダメぇ、お願い。して。激しくして。イジワルしないで』
泣きそうな声で言う純子。でも、健吾は入れたまま動こうとしない。すると、こらえきれなくなった純子が、腰を動かし始めた。イヤらしく、くねらせるように腰を動かす純子。すると、健吾が手でそれをとめる。
『ダメぇ、お願い、動かせて。もうダメなの、おかしくなっちゃう』
ほとんど泣き声の純子。
「このまま我慢して。動かなくてもすごいの来るから」
健吾は、自信たっぷりに言う。僕は、驚いていた。健吾は指くらいしか動かしていないのに、純子はどんどん息遣いが荒くなっているし、顔も信じられないくらいにとろけている。
僕と普通にセックスをしているとき以上の乱れ方に見える。僕は、強い敗北感を感じながらも、今まで見たことのない純子のリアクションに、強すぎる興奮を感じてしまった。

そのまま、泣きそうな声でおねだりをし続ける純子。健吾は、時折強く乳首を摘まんだりしながら、じらし続ける。すると、
『あっ、あっ、あぁっっ、ダメぇ、イ、イキそう』
と、純子が切羽詰まった声で言う。すると、健吾は純子の顔を強引に自分の方に向け、キスを始めた。純子は、キスをしたまま脚をピンと伸ばすようになる。そして、少しすると腰のあたりをガクガクッと震わせてイッてしまった……。

純子は、イッた後もキスを続けている。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


自慢の可愛い嫁は、むかし野球部のフェラペットだった6(オリジナル 転載禁止)

前回の話

詩織の動画を見てしまった僕は、知りたくない現実を知ってしまった。結婚して5年経つが、まさか詩織がこんなにも頻繁に浮気をしているとは想像もしてしなかった。

しかも、妊娠中絶までしていたなんて、ほんの少しも想像したことがなかった。僕は、こんなにも裏切られたような状況なのに、怒りがわくこともなければ、離婚しようという気持ちにもなれていない。それどころか、詩織のことを好きという気持ちにも変化がない。



そしてなによりも戸惑っているのは、詩織が他人棒に狂う姿を見て興奮するようになってしまったことだ。僕のペニスでは与えられないほどの強い快感。それを与えられて半狂乱になって感じる姿……。僕は、それを見てオナニーまでするようになっていた。

僕は、購入した動画で何度もオナニーをしながら、新しい動画が販売されるのを待っていた。でも、急にサイトに繋がらなくなってしまった。販売サイト自体がなくなってしまったようで、検索してもほとんど情報がない。僕は、残念に思いながらも、動画が拡散される事がなくなり、ホッとする気持ちもあった。

詩織は、なにも変わらない感じで日々生活をしている。僕に対する態度も変わらないし、怪しいと感じる部分もない。でも、間違いなく彼らとセックスをしていると思うし、それを見てみたいという気持ちばかりが大きくなる。

そんな中、仕事で出張が決まった。2泊の予定で台湾に行く出張だ。
『じゃあ、私もついていこうかな? 3日も会えないの、寂しいから』
詩織は、本当に寂しそうに言う。僕は、一瞬良いなと思った。でも、まったく違うことも考えてしまった。僕は、同僚と一緒なのでそれは難しいと応えた。でも、実際は僕単独での出張なので、一緒に行くことは問題なく可能だ。
『そうなんだ。気をつけて行ってきてね。女の子のいるお店とかに招待されても、行っちゃダメだからね』
詩織は、本当に心配そうに言ってくれる。でも、自分は散々浮気をしているくせに、よく言えるなと思ったりもする。

僕は、思いついたとおりに、自宅にカメラを設置した。もちろん、隠しカメラだ。僕がいない3日間、必ず自宅に彼らを呼ぶと思ったからだ。

カメラは、コンセントプレート交換タイプのものにした。Wifiでレコーダー部分に接続するタイプで、外出先からもモニタリング出来る機能がある。本来は、ペットの見守りなどに使うタイプのカメラを流用して隠しカメラにしたような感じだと思う。

僕は、それを色々なところに設置した。そして、固定IPアドレスなども使用出来るようにし、外出先からも問題なく視聴出来るようにした。

出発の日、詩織は涙まで浮かべて僕を見送ってくれた。
『電話とかメールしてね。本当に、気をつけて行ってきてね』
名残惜しそうな詩織……。僕は、実際は夕方のフライトなのに、朝早くに家を出た。

そして、駅に向かって歩き始める。同時に、スマホで家の様子をうかがい始める。すると、詩織は着替え中だった。僕は、のぞき見している罪悪感を感じてしまったが、詩織が着替えているのがセーラー服だったことで、やっぱりなと思ってしまった。
詩織は、パンツが見えそうな程短いスカートのセーラー服を着ている。いくら可愛くて童顔な詩織でも、さすがに無理がある感じだ。でも、それがAV女優のようで、妙に卑猥に見える。

僕は、時計を気にする詩織を見て、もう彼らが来るのかな? と、ビックしてしまった。まだ、僕が家を出て10分もしていないのに、よくやるなと思ってしまう。

僕は、通信量のことも気になり、駅前のネットカフェに急いだ。個室ブースに入ると、タブレットの方をカバンから出し、wifiに接続して再度カメラに接続する。

すると、すでに始まっていた。ソファに座っているのは隆史くんだ。すでに全裸になっていて、その前には詩織がひざまずいてフェラチオをしている。
「その制服って、高校の時のヤツなの?」
隆史くんが質問をする。
『うん。そうだよ。こんな短いの、よく穿いてたよね』
そんな風に言いながらフェラチオを続ける詩織。確かに、スカートは短すぎてショーツが丸見えだ。
「詩織、ヤリマンだったからね。でも、まだ全然いけるじゃん。可愛いよ」
そんな風に褒める隆史くん。
『え? 本当に? 嬉しいな。隆史が褒めるなんて、珍しいじゃん』
詩織は、嬉しそうだ。でも、こんな会話をしている間も、手でペニスをしごきながら睾丸を触ったりしている。普段の恥ずかしがり屋な詩織は、どこにもいない。

「褒めてるかな? ヤリマンって言ったのに」
笑いながら言う彼。そういえば、健也くんの姿は見えない。
『まぁ、ヤリマンは本当だからね~。じゃあ、そろそろ入れるね。あっ、今日は危ない日だから、中に出しちゃダメだよ』
詩織は、そんな風に言いながら彼にまたがり始める。
「マジで? 危ないんなら、ゴム付けようか? さすがに、また妊娠したらヤバいんじゃない?」
心配そうに言う彼。
『ヤバいって?』
キョトンとした感じの詩織。
「だって、あんまり堕ろすと妊娠出来なくなるんでしょ?」
隆史くんは、そんな風に言う。
『堕ろさないよ。今度はちゃんと産むもん。だって、次堕ろしたらもう妊娠出来なくなるって言われてるし』
そんな風に言う詩織。
「いや、産むって、マズいでしょ」
隆史くんは、少し動揺している感じだ。
『大丈夫。旦那も隆史と同じO型だよ』
詩織はそう言うと、一気に腰を下ろしてしまった。まだ、ショーツも脱いでいないはずなのに、そのまま入れてしまったような感じだ。
『うぅあっ、太いっ。隆史、やっぱりこのおチンポ一番気持ち良いよ』
詩織は、とろけきった声で言う。そして、隆史くんにキスをしながら腰を動かし始めた。
『うぅっ、ぅっ、んぅ~っ!』
キスをしたままうめくように声をあげる詩織。僕は、チラッと時計を見た。まだ、僕が家を出て1時間程度だ。僕がいない3日間の間に、きっと浮気をすると思っていた。でも、まさか僕がまだ国内にいる間から浮気を始めるとは、想像もしていなかった。

詩織は、セーラー服姿のまま腰を動かし続ける。上下に動かすという感じではなく、ヘソから下だけを前後にグラインドするような動きだ。激しく腰を動かし続ける詩織。本当に、セックスすることだけが目的の浮気という感じがする。

僕は、高速グラインドする詩織の腰を見ながら、異常なほどに興奮してしまっていた。我慢出来なくなってしまった僕は、オナニーを始める。自分のペニスが、今まで感じたことがないくらいに固くなっているのを感じる。

自分の妻の浮気場面……。興奮する要素なんてないはずなのに、僕は今までに感じたことがないくらいの興奮を感じながらオナニーを続ける。

『イクっ、隆史もうイッちゃうっ! おチンポ気持ち良いっ! イクっ! イクっ! うぅうああっっ!』
詩織は、腰をさらに細かく早く動かしながら、のけ反って震える。
「早いって。まだ始めたばかりでしょ? もっと、落ち着こうよ」
隆史くんは、少しあきれたような口調だ。
『だって、気持ち良いんだもん。ねぇ、お尻にも入れて良い? ちゃんと綺麗にしてあるから』
詩織は、媚びるような口調で言う。
「良いよ。ホント、詩織はド淫乱だね」
あきれたような口調の隆史くん。すると、詩織はスッと立ち上がる。そして、彼に背を向けると、また腰を下ろしていく。
「あれ? ローションは?」
隆史くんが質問する。
『平気。中に入れてある』
詩織は、興奮したような口調で言う。そしてそのまま、手も添えずに彼の大きなペニスをアナルに入れていく。
『ンオオォオおっ、おチンポ入ってるぅ』
一瞬でとろけた声になる詩織。画面には、ソファに座る隆史くんの上にまたがる詩織が映っている。セーラー服姿の詩織。写真でしか見たことのない姿だ。スカートが隠しているので、一見ただ隆史くんの膝の上に座っているだけのようにも見える。でも、詩織の顔はこれ以上ないくらいにとろけきっていて、セックスの最中なのが丸わかりの表情だ。

「ヤバい、めっちゃ締める。すぐに出ちゃうよ」
隆史くんは、あまり余裕のない声で言う。詩織は、そのまま腰を上下に動かし始めた。さっきのセックスとは違い、大きく腰を上下に動かす詩織。膣の時とは、楽しみ方が違うのかな? と、感じた。
『ンおぉっ、おぉっ、気持ち良いっ、ケツマンコ気持ち良いのっ!』
詩織は、夢中で腰を上下に動かし続ける。さっきから、隆史くんはなにもしていない。ただソファに座っているだけだ。
「詩織、アナルの方が締まって気持ちいいよね。オマンコ、もうガバガバだからね」
隆史くんは、そんなことを言う。
『だってぇ……。健也コブシとか入れるんだもん。隆史の大っきなおチンポに対抗心燃やしちゃって、大変なんだよ』
詩織は、少しすねたような声で言う。
「マジで? コブシ入るんだ」
さすがに驚く隆史くん。
『うん。最初は全然だったけど、すぐに入るようになっちゃったよ。やっぱり、緩くなってる感じあった?』

詩織は、心配そうな感じで質問する。
「うん。緩くなってる。でも、コブシが入るんなら、仕方ないでしょ」
隆史くんは、素っ気なく言う。僕は、コブシが入るようになったという言葉を聞いて、本当に驚いていた。かなりの拡張をしないと、コブシなんて入らないはずだ。一体、どんな頻度で健也くんと会っているのだろう?

『そうだよね。でも、アナルは気持ち良い? 緩くない?』
詩織は、かなり気にしている。
「アナルは良い感じだよ。て言うか、後でこぶし入れさせてよ」
隆史くんは、そんな風に言う。
『うん。良いよ。入れてみてね』
嬉しそうに言いながら腰を上下に動かし続ける詩織。かなりペースの速いスクワットをしているような感じに見える。

「良いね、気持ち良いよ。そろそろ代わろうか? 疲れたでしょ」
隆史くんが、そんな言葉をかける。
『うん。じゃあ、下からガンガンしてくれる?』

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


EDを治すため5歳年下の彼女を他人棒に抱かせました

289 名前: 純 [sage] 投稿日: 2010/06/09(水) 12:23:46 ID:4b6xgfcQ0
いきなり分断して申し訳無い。
これから話す内容は、私が寝取られ体質である事に気付き、現在進行系で「寝取らせ」続けている話です。
ある意味このスレのお陰で、という事もありますので投下する事にしました。

【続きを読む】
[ 2020/08/31 22:01 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

無職になった僕と嫁で、親友の家に居候することになった5(オリジナル 転載不可)

前回の話

ソファの上では、下着の役目を果たしていないような卑猥すぎるランジェリー姿の純子が、背面座位の格好で健吾に下からガンガン突き続けられている。健吾の動きにあわせて、純子の秘部からは透明のしぶきも飛び散り続けている。

僕は、パンツの中に大量に射精をしながら、そんな光景を見続ける。純子は、泣きそうな顔になりながら、
『ダメっ、見ないでッ、イヤッ、あぁっ、とまらないっ』
と、叫ぶように言い続ける。長くて太いペニスが、純子の膣を出入りするのがはっきりと見えてしまっている。

僕は、射精したのも関係なく、興奮しきったままその光景を眺め続けていた。すると、健吾は動きをとめる。純子は、あえぎ声をやめて荒い気遣いをしながら僕を見つめる。

「そんなに気持ち良いの?」
僕は、思わずそんな質問をしてしまう。純子は、とろけた顔のまま、
『う、うん。すごいの。頭真っ白になっちゃう……』
と、弱々しく言う。健吾は、ペニスを一番奥まで差し込んだまま、
「奥に当たってるよ。これ、痛くないの?」
と、質問する。
『うん。全然痛くないよ。痛いどころか、すごく気持ち良いの……。こんなの、知らなかった』
純子は、とろけた顔のまま言う。僕は、
「僕とするときよりも、気持ち良いの?」
と、質問してしまった。
『えっ? そ、そんなことないよ』
慌ててそう答える純子。でも、かなり動揺している。すると、健吾が下から突き上げる動きをする。
『うぅっ、あっ!』
叫ぶようにあえぐ純子。
「そうなの? 気持ち良くないの?」
健吾は、いじめるような口調で言う。
『き、気持ち良いよ。うぅあぁ』
あえぎながら答える純子。
「どっちが気持ち良いの? アイツとどっち?」
健吾は、そんな風に聞く。少しムキになっているような感じがある。そのまま、腰を動かし続けている健吾。
『うぅっ、あっ、あっ、そ、そんなの、うぅっ、言えない、ひぃうぅっ』
純子は、泣き顔みたいになりながら言う。
「言って。どっちが気持ち良い? やめるよ」
健吾は、珍しくムキになっている感じだ。突き上げる動きも、徐々に激しくなっていく。
『イヤァ、言えない、そんなの聞かないで、あっ、あんっ、ダメぇっ、気持ち良いっ』
純子は、泣きそうな顔のままあえぎ始める。もう、ここまで来たら答えなんか聞かなくても、見ればわかるレベルだ。快感に顔をくしゃくしゃにしている純子……。僕とのセックスでは、こんな顔になる事はない。

「ほら、言って。どっちが気持ち良いの?」
健吾は、そんな風に質問しながら淡々と腰を突き上げ続ける。純子は、さらに顔をとろけさせながらあえぎ続ける。
『こ、こっち……こっちの方が気持ち良い……』
純子は、消えてしまいそうな小声で言う。
「聞こえないよ。もっと大きな声で!」
健吾は、そんな風にたき付ける。
『こ、このおちんちんの方が気持ち良いっ! 奥まで突かれて、おかしくなってるのっ!』
純子は、観念したように叫ぶ。すると、健吾は嬉しそうな顔になって腰をさらに早く動かし始める。
『あっ、あんっ、あんっ、気持ち良いっ! ゴメンね、気持ち良いのっ! トシくんとするより気持ち良いのっ!』
叫ぶように言う純子。僕は、泣きそうな気持ちになりながらも、異常なほどペニスを固くしてしまっている。すると、健吾は繋がったまま純子の身体を自分の方に向けていく。対面座位になった二人。健吾は、腰を突き上げる動きを加速する。純子は、軽い悲鳴のような声をあげながら、健吾にしがみつくようになっている。

マイクロミニスカートみたいなランジェリー……。お尻は丸見えだ。全裸よりも、小さな布が張り付いているだけで、イヤらしさが何倍にも増す気がする。
『あっ、あっ、ダメぇ、イッちゃうっ、またイッちゃうっ! トシくん、ごめんなさいっ、イクっ、イクっ!』
純子は、僕に背を向けたまま謝る。すると、健吾がいきなり純子にキスをし始めた。あまりのことに、一瞬時間が止まったように感じる僕。でも、純子は抵抗しない。健吾にしがみつくように抱きついたままだ。すると、健吾が舌を使い始めた。純子の口の中に、健吾の舌が入っているのが見える。

『ん~~っ、んっ、んぅ~っ』
キスをしたままうめき声をあげる純子。僕は、純子が僕以外の男とキスをする姿を見て、いままで感じたことのないような強い衝撃を受けている。

二人がセックスをし始めたときも強いショックを受けたが、それ以上の衝撃を受けているような気がする。すると、純子は自分からも舌を絡め始めた。健吾の舌に、純子の舌が絡みついている……。僕は、自分の目を疑いながらも、それを凝視し続ける。抱き合いながら舌を絡める二人……。まるっきり、恋人同士のセックスのようだ。

「純子ちゃん、舌出してみて」
健吾がそんな指示をする。純子は、恐る恐る舌を突き出す。すると、音を立てながら舌を吸い始める健吾。まるで、僕に見せつけるような行動だ。しばらくそんなキスを続ける健吾。すると、今度は健吾が舌を突き出す。
純子は、特に指示もないのに健吾の舌を吸い始めた。そんな風に、何度も見せつけるようなキスを続ける二人。僕は、こらえきれずにペニスを出して直接しごき始めてしまった。すでに精液でドロドロのペニス……。そのせいで、余計に快感が強い。

二人が対面座位で濃厚なキスをしながらセックスするのを見てするオナニーは、いままでに感じたことのない感覚がある。
『あぁ、ダメぇ、イクっ、イクっ、おかしくなるっ!』
純子は、しがみつきながら叫ぶ。そして、純子の方からキスをする。もう、キスすることにも抵抗がなくなってしまったのかもしれない。

『健吾さんの、固くなってきた。イキそうなの?』
純子は、あえぐように言う。
「う、うん。もう出そう……」
健吾は、余裕のない声で言う。僕は、ドキッとしてしまった。二人は、コンドームなしでセックスをしている。安全な日だと言っていたが、本当だろうか?
『……出して欲しい。そのまま出して欲しい』
純子は、思い詰めたような口調で言う。
「えっ? 良いの? 中に出しても良いの?」
健吾は、戸惑ったような口調だ。
『出して欲しい。中に出して欲しくなっちゃったの……。そのまま出して』
純子は、快感に顔をとろけさせながら言う。健吾は、腰の動きをさらに早くしながら、
「イクよ。中に出すからね!」
と、再確認するように聞く。
『出してっ! トシくんが見てる前で、中に出してっ!』
純子は、信じられないほどとろけた声で叫ぶ。すると、健吾は純子にキスをし始めた。同時に、腰の動きをスパートをかけたように加速する。
『うぅっ、うぅ~~っ! んうぅ~~っ!』
純子は、背中に汗が噴き出ている。そして、身体が紅潮したように赤くなっている。健吾にしがみつく腕にも、かなり力がこもっているように見える。こんな風になるほどの快感……。

僕は、とんでもないことをさせてしまったのではないか? もう、後戻り出来なくなってしまうのではないか? そんな心配で、息が詰まりそうにいなる。でも、そんな状態なのにオナニーの手はさらに早く動いてしまう。

そして、健吾はうめいた。同時に、純子は身体をガクガクッと震わせるような感じになる。そのまま二人は濃厚なキスを続ける。腰の動きが消えたいま、舌だけが動いているように見える。僕は、中に出されながら濃厚なキスを続ける純子を見て、また射精をしてしまった。何回射精しても、収まらない興奮……。そして、精液は自分でも驚くほどの量が出てしまっている……。

「……出しちゃったよ。本当に良かったの?」
健吾は、射精して冷静になったのか、そんな質問をする。
『うん。今日は平気だよ。大丈夫』
純子は、そんな風に言う。冷静になった感じの健吾に対して、純子はまだうっとりしているように見える。
「今日は、ありがとう。本当に、こんなことまで……。ありがとう」
健吾は、そんな風にお礼を言う。そして、居づらくなったのか、そそくさと出て行った。まだ、卑猥なランジェリー姿のままの純子。上気したような顔で僕を見てくる。そして、
『いっぱい出したみたいだね。そんなに興奮したの?』
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


△ Fカップの見た目が派手な嫁を、友人に本気で堕としてくれと頼んでみた2(転載禁止)

前回の話

僕は、はっきりと聞いてしまった。確かに杏奈は、研二の名前を呼びながらオナニーをしていた。僕とセックスをした直後なのに、こっそりとそんなことをしていた杏奈……。僕は、想像以上に状況が悪くなってきているんだなと感じた。

次の日の夕方、そろそろ仕事も終わりかけの頃、研二からメッセージが来た。今日も、いつものモールで食事をしたらしい。そして今回は、写真が添付されていた。それは、プリクラの写真だった。

【続きを読む】
[ 2020/08/22 23:33 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

▲オッパブ好きの友人が遊びに来て、嫁と3人で飲んでいたら5(転載禁止)

前回の話

『パパも、すごくいっぱい出たね。気持ち良かった?』
望は、顔に祐介の精液を付着させたまま言ってくる。僕は、言葉が出せず、黙ってうなずく。望は、祐介の精液をほとんど飲み干してしまった。それでもまだ、望の顔の至る所に精液が付着したままだし、髪の毛にもついてしまっている状態だ。

「ありがとう。飲んでくれて、嬉しいよ。今日は、いつも以上にサービス良いね」
祐介は、そんな風にお礼を言う。
『オプションだからね。ちゃんと、プラスして払ってよ』
望は、おどけた感じで言う。


【続きを読む】
[ 2020/08/17 22:53 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

【寝取られ体験談】ナンパした女と付き合ったけど、ハプバーで3Pしてるの見て醒めた

まだ独身者だった20年前、20代半ば頃の話です。
会社同僚2人と名古屋のクラブへナンパに行き、2人組の娘のナンパに成功しました。

私は22歳の香織とペアになりました。
今で言うと、ミニスカが似合う壇蜜似。
色々世間話していましたが、香織は女子大生である事、住んでいる場所がお互い近い事が判りました。
香織の顔を見ると、私に興味があるのが明らかに判りました。
人目も気にせず、クラブでキスやおっぱい触りをしていました。

【続きを読む】
[ 2020/08/17 10:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

自慢の可愛い嫁は、むかし野球部のフェラペットだった5(オリジナル 転載禁止)

前回の話

「はぁ? 妊娠させたことあるのかよ?」
健也くんは、ビックリした顔で聞く。
「うん。させたことって言うか、詩織ちゃんが中に出せってせがむから」
隆史くんは、事もなげに言う。
「……どうしたんだよ。堕ろしたのか?」
健也くんは、妙に真剣な顔で聞く。


「そうみたいだよ。同意書とかどうしたんだろう?」
隆史くんは、まるで他人事だ。
「ハァ……マジかよ。ホント、どうしようもない淫乱だな」
あきれたように言う健也くん。
「他にも、何人かセフレいるみたいだよ」
隆史くんは、そんな風に告げ口をする。
「アイツ、ヤベぇな。なんか、目が覚めたわ」
笑いながら言う健也くん。僕は、彼が動画を販売し始めたのは、これがきっかけだったのかな? と、思い始めた。

すると、詩織が目を覚ます。
『またコーラで洗ったでしょ~。洗うの大変なんだからね』
詩織は、少しすねたような声で言う。でも、媚びるような感じもある。

「ケツでもするんだろ? ほら、見せてみろよ」
健也くんは、そんな風に言う。すると、詩織が申し訳なさそうな顔で、
『ゴメンね、隆史とキスしちゃった……』
と、謝る。健也くんは、一瞬固まったようになる。でも、
「まぁ、仕方ないよ。もう、するなよ」
と、答えた。でも、言っている言葉とは裏腹に、もうどうでも良いという感じに見える。愛していると言う感情は、消えてしまったのかもしれない。

『うん! わかった! じゃあ、健也も一緒にしよ?』
詩織は、媚びた顔で言う。詩織は、隆史くんとあんなセックスをしたあとでも、健也くんに恋愛感情を持っているようだ。
「うん? わかった」
健也くんは、そんな風に答える。もう、あまり気乗りしていないのが丸わかりだ。

「じゃあ、俺にまたがりなよ」
隆史くんは、そう言ってソファに腰掛ける。射精した直後で、ペニスは少し柔らかくなっている感じだ。
『うん! でも、まず大きくするね』
詩織は、待ちきれないという感じで彼のペニスを握る。そして、彼の乳首を舐めながら手コキを始めた。イヤらしく舌を使い、手の平全体を使ってしごく詩織。多分、風俗嬢とかはこんな感じなんだろうなと思う。

少しすると、隆史くんのペニスは固さを取り戻していく。張り出したカリ首は、そこで雨宿りが出来そうなくらいにクッキリと張り出している。

『フフ。大っきくなった。じゃあ、入れるね』
詩織はそう言って、彼に背を向ける。そして、いきり立ったペニスをアナルに導いていく。一気に腰を下ろすようにすると、あっけなく太いペニスが入ってしまう。ほぐすようなこともしていないのに、大丈夫なのだろうか? 心配する僕の前で、詩織は一気に顔をとろけさせる。
『んおぉおっ! ケツマンコ気持ち良いっ!』
ビックリするほど下品な言葉を口にする詩織。ぼくは、ただただ驚きながらも、とろけきった顔の詩織を見て興奮してしまっている。

僕は、清楚な彼女しか知らない。セックスも恥ずかしがる彼女……。それが今、別人かと思うほどにとろけた顔をさらしながら、アナルに極太ペニスをくわえ込んでいる。

詩織は、すぐに腰を上下に動かし始める。太さも長さも問題にしないくらいに、激しく上下に動く彼女。とろけきった顔……半開きの唇……なによりも、膣からコーラと精液を垂れ流しているのが衝撃的だ。

はっきり言って、詩織はまともな扱いを受けていない。完全に、肉便器扱いだ。それなのに、詩織は気持ちよさそうに、嬉しそうに腰を動かし続ける。
『あぁ、ダメぇ、すぐイッちゃうっ、健也、来て、おまんこに入れてっ』
恋する女の子の顔で健也くんにおねだりをする詩織。健也くんは、ゆっくりと詩織に近づいていく。そして、ペニスを握ると、膣口に押しつける。

隆史くんの程ではないが、十分大きなペニス。それが、一瞬で消える。
『んおおぉお゛っ! おチンポ来たぁっっ! 健也、好きっ! キスしてっ!』
両穴を貫かれ、目を剥くような顔で感じる詩織。健也くんは、詩織にキスをする。すると、詩織はむさぼるように彼の舌を吸う。
健也くんは、あまり気乗りしない感じで舌を絡めながら、腰を動かし始めた。詩織は、彼にきつく抱きつく。そして、さらに舌を絡める。

健也くんは、腰を動かしながらキスを続ける。
『んうぅっ! うぅう゛っ!』
詩織のうめき声が響く。下になっている方の隆史くんも、ゆっくりと腰を動かし始めた。両方の穴を貫かれ、夢中でキスをしている詩織。まだ、セクシーなランジェリーを身にまとったままだ。

見慣れたいつものリビング……。まさか僕がいないときに、二人も男を連れ込んで、こんなにも乱れたセックスをしていたなんて少しも想像したことがなかった。
詩織は、浮気なんてしないタイプだと思っていた。浮気や不倫に、嫌悪感を持っているタイプだと思っていた。
完全に、裏切られた気分だ。それなのに、僕は怒りや嫌悪感を持っていない。こんな状態なのに、嫌いという感情が湧いてこない。

僕は、自分でも不思議に思っていた。そして、それよりも不思議なのは、僕がまた射精しそうになっていることだ。いくらなんでも、興奮しすぎだと思う。自分の愛する妻が、他の男達と3Pをしている……。どう考えても、興奮する要素なんてないと思う。

『イクっ、イクっ、健也、イッちゃうっ! 好きっ! 健也好きっ!』
そんな風に言いながら、またキスをする詩織。隆史くんは、自分の上に乗っている詩織が他の男に愛の告白をしているのに、まるで関心がない様子だ。完全に、セフレとしか思っていないのだと思う。

「イキすぎだろ。マジで淫乱だな」
健也くんは、あきれたように言う。
『だって、健也のおチンポ気持ち良いの』
恥ずかしそうに言う詩織。なにを恥ずかしがっているのだろう? 今さら、恥ずかしがる要素はないと思う。

「隆史の方が気持ち良いんだろ?」
健也くんは、そんな風に言う。でも、あまり嫉妬している感じはない。もう、どうでも良いと思っているのかもしれない。
『そ、それは……。気持ち良いけど、好きなのは健也だよ』
はにかむように言う詩織。
「こんなこと言われてるぜ?」
健也くんは、隆史くんに対してそんな風に言う。
「別に良いよ。俺は、セックス出来れば問題ないし」
隆史くんは、はっきりと言う。妊娠までさせた間柄なのに、少しも恋愛感情はないみたいだ。おっとりしたような感じの彼なのに、サイコパス的なものを感じてしまう。

そのまま、男二人は腰を振り続ける。息も合ってきて、お互いの動きを邪魔せず、ピストン効果を増幅するようになってきている。それに伴って、詩織はまた泣き叫び始めた。涙とよだれで顔をドロドロにしたままあえぐ詩織。
こんなにも深い快感を知ってしまったら、戻れなくなってしまうのも仕方ないかもしれない。僕は、詩織が僕をどう思っているのだろう? と、疑念を感じ始めていた。

好きという気持ちはあると思う。でも、2軍的な感じの感情しかないのではないか? そんな風に思ってしまう。僕は、この期に及んで詩織と別れる気持ちはない。逆に、僕が捨てられてしまうのではないか? そんな危機感すら感じている。

「あぁ、ヤバい。締まりすぎ。出そう」
健也くんは、腰を振りながら余裕のない声をあげる。隆史くんは、まだイキそうな気配はない。
『イッてっ! そのまま中に出してっ!』
詩織は、つい1時間ほど前とは逆のことを言っている。さっきは、本当に危ない日だから外に出してと言っていた。

「いいのか? 危ない日なんだろ?」
健也くんは、質問する。
『良いのっ! 欲しいのっ! 健也、中に出してっ! 妊娠しても良いっ!』
詩織は、涙を流しながら叫ぶ。もう、快感で訳がわからなくなってしまっているようだ。
「よし、出すぞ、本当に中に出すぞ!」
健也くんは、イキそうになって感情が高ぶっている感じだ。
『出してっ! 好きっ! 健也大好きっ!』
詩織は、ほとんど叫ぶような声だ。そして、自分から健也くんにキスをし始めた。健也くんも、イキそうになっているせいか、さっきよりも激しく舌を絡める。そのままスパートをかけるように腰を動かし、詩織の中に射精を開始した。

『うぅあぁ、出てるぅ、健也のザーメン、いっぱい出てるぅ』
詩織は、うっとりしたような顔で言う。本当に幸せそうだ。
「あぁ、スゲぇ出た……」
健也くんは、少し恥ずかしそうに言うと、ペニスを抜いた。コーラや精液でドロドロになっている下腹部……。膣口からは、注がれたばかりの精液が流れ出ている。そして、隆史くんの極太は、詩織のアナルにはまり込んだままだ。

詩織は、グチャグチャの顔のままうっとりとしたような感じになっている。
「ほら、動いてよ」
隆史くんは、まるで空気を読まずにそんな指示をする。詩織は、
『ゴ、ゴメンね、じゃあ、動くよ』
と、素直に腰を動かし始めた。床に両脚を突いた状態で、スクワットみたいに腰を上下に動かす詩織。セクシーなランジェリー姿で、変態スクワットを続ける。カメラに向かって正面を向いてしているので、上下に動くたびに膣口から精液が流れ出てくるのが見える。

……妊娠していないだろうか? 立て続けに2回も中出しされて、平気なんだろうか? コーラで洗ったところで、気休めにもならないと思う。

『んおおぉっ、ゴリゴリ来るよ! 隆史のおチンポ、腸の中ゴリゴリこすってるのっ!』
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


香奈を友人に寝取らせて03

超お久しぶりです・・・
久しぶりに来ちゃいました。 と

ここに来なくなってたのには二つ理由がありまして…
一つは仕事でノイローゼ気味になってたこと(冗談抜きのマジ話です)。

【続きを読む】
[ 2020/08/05 12:01 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

香奈を友人に寝取らせて02

久しぶりです。
この間また我慢できなくなってしまい、友人(H)に香奈を預けてしまいますた…
デジカメ渡したのにバッテリー切れだったらしくあんまりまともなのが撮れてなかったです;;

【続きを読む】
[ 2020/08/05 10:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

香奈を友人に寝取らせて01

2ちゃんでいろいろなHネタを見てたいら、
いつのまにか俺もそういったことに興味を持ってしまっていた。
とくにこのスレは好きだったんで、自分の彼女が他の男とやってるとこを想像しては興奮するようになっていた。
彼女は都内の大学生で、サークルにも入っておらず普段もそんなに遊んでる子ではない。

【続きを読む】
[ 2020/08/05 08:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

▲オッパブ好きの友人が遊びに来て、嫁と3人で飲んでいたら4(転載禁止)

前回の話

僕は、うめき声をあげながら射精をしてしまった。望は、僕の方を見て、
『え? パパ、イッちゃったの?』
と、聞いてくる。その口の周りには、まだ祐介の精液が付着したままだ。

僕は、なにを言って良いのかわからなくなってしまい、思わずゴメンと謝った。
『興奮しすぎだよ。ホント、変なの』
望は、そう言いながらティッシュで口の周りを拭き始める。


【続きを読む】
[ 2020/08/04 11:10 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

□嫁と軽い露出プレイをしているうちに、友人に見てもらうことになって2(転載禁止)

前回の話

由紀恵は、クリトリスをまさぐりながら、幸夫のペニスを凝視している。幸夫は、大きすぎるくらいのペニスをしごきながら、由紀恵のオナニーを見つめている。

「本当に触りたいの?」
僕は、そんな質問をする。
『……うん。触ってみたい……幸夫さんのおちんちん、触らせてもらいたい』
由紀恵は、興奮しきった声で言う。幸夫にセックスをしている姿を見てもらう……。そんなことを実行するくらいなので、由紀恵が淫乱なのはわかっていた。でも、他人のペニスを触りたいと言うなんて、想定もしていなかった。

【続きを読む】
[ 2020/08/03 11:21 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

インストラクター食いの人妻がとうとう私に声をかけてきた

私はテニスのインストラクターをやっています。

昼間は暇を持て余している奥様方に、夕方からは高校生に、夜は社会人にも教えています。

特に大変なのは昼間の奥様達です。

この間の練習が終わってからの話です。

「ねぇ~○○さん、ちょっといいかしら?」とA子さんが声を掛けてきました。

このA子さんですが、このテニスクラブで、すでに2人のインストラクターが「喰われ」てしまって、男のインストラクターの間では密かに有名になっていました。

【続きを読む】
[ 2020/08/01 22:01 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

僕の初体験は、温泉宿で人妻さん相手の寝取りセックスだった

僕が大学に入って2年目だったから、もう二十歳は過ぎてました。友人と旅行に出かけ、案内所で紹介された温泉宿に泊まったときでした。
安い宿だったので食事は食堂でということでした。

【続きを読む】
[ 2020/08/01 12:01 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

出会い系で知り合った人妻は中坊の頃の先生だった

出会い系で知り合った人妻の尚美。

41歳で、かなり頻繁にメールをくれました。
ちょっとエッチな話題も平気な感じだったので期待大でした。

【続きを読む】
[ 2020/08/01 10:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

会社の同僚の彼女を睡眠薬レイプした

340 名前:sa 投稿日:02/02/16 22:11 ID:RBmtkDZ6
会社の同僚の女を犯しました。
その子は会社で美人で評判の女で、スタイルも良く性格も明るい
人気の子です。

【続きを読む】
[ 2020/08/01 08:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

※久しぶりに会った友人が、僕の嫁と合コンして撮影までしていた2(転載禁止)

前回の話

まさみは、耳まで真っ赤にしたまま、割り箸を軽く持ち上げている。
「マジで! 大当たりじゃん!」
王様役の男性は、本当に嬉しそうな声をあげる。
『ちょっと、どういう意味よ!』
聡子さんが、むっとしたように言う。
「あ、ごめんごめん。そういう意味じゃないって。それより、まさみちゃん、ほら、早く脱いで!」
王様の彼は、ハイテンションで言う。


【続きを読む】
[ 2020/08/01 01:31 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

48歳の主婦ですが、主人とは違うテクニックと違うモノに夢中です

48才人妻です。
浮気や不倫は雑誌やドラマの世界で、本当はほんの一握りの人達の事だと、つい数ヶ月前まで思っていました。
初めての男性と結婚し、他の男性との経験がない私は、多少の浮気願望があったにせよ自分から遠ざけていたのでしょうね。
主人との夜の生活は月に1回程度ですが大きな不満もありませんでした。
今思えば無知だったのかも。

【続きを読む】
[ 2020/08/01 01:00 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)
寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
気持ち良すぎるオナホ
月別アーカイブ
マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 380

紹介文:寝取られに特化した体験談を紹介しています。

愛する妻や恋人が他の男に本気で堕ちる過程や、他の男に調教されていくところを、なすすべもなく隠し撮りの動画で見るしかない……等です。

愛する嫁が他人に汚されていくのを見て、嫉妬と怒りの中、異常に興奮してしまう自分……後戻り出来ない扉が開きます。

妻、恋人、片思いの相手、すべて寝取られる話なので、NTR耐性のない方はご注意下さい。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読むことが出来ます。
また、月が変わっても、購入した月のマガブロはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、私へは一切通知されません。名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

筆者の姉妹ブログも含めたマガブロ一覧です
http://netoraretaiken.com/blog-entry-9059.html

※システム上の理由や、その他の事情で急に読めなくなった時のために、Twitterをフォローまたはブックマークしておいて下さい。https://twitter.com/ntrtukaeru

マガブロ記事一覧

月刊マガブロは月単位でご購読いただけます。