「PR」本ブログはアフィリエイト広告を利用しています

嫁さんが事故で死んだ親友に、色々と世話を焼く俺の嫁4(オリジナル 転載禁止)

前回の話

真美は床に膝をつき、ソファに身体を預けたままバックで犯され続けている。いつも家族で過ごすリビングで、真美が他の男に犯され続けている……。今までで一番気持ちいいと言いながら、とろけた顔であえぎ続ける真美……。

俺は、射精してドクドクと脈打っているペニスを握ったまま、呆然とそれを眺めていた。真美が初めて清のペニスを握った日から、こうなることは妄想していた。期待もしていた。でも、実際にこうやって目の前でそれを見てしまうと、焦りの気持ちの方が大きくなっていく。


こんな事をさせてしまって良かったのだろうか? さすがに、やりすぎなのではないだろうか? そんな後悔が大きくなる。でも、真美がとろけた顔のまま、
『すごい、うぅ、気持ちいいっ、ひぃっ、あっ、あんっ、奥ダメぇ、うぅああっ!』
と、あえぎ続ける。俺が今まで見たことのない顔であえぐ真美。俺とのセックスで、満足出来ていなかったんだろうなと感じる。そもそも、満足出来ていたら大人のおもちゃを隠し持っているはずもない……。

「真美ちゃん、すごく気持ちいいよ。奥がザラザラだね。名器じゃん」
清は、真美の膣を褒めながら腰を振る。他の男に、自分の妻の膣中の感想を言われている……。それは、屈辱的なことで、興奮する要素などないはずだ。でも、俺は射精したばかりのペニスが、柔らかくなるどころかさらに固くなっているのを感じていた。

『は、恥ずかしいよ、そんなの言わないで、うぅっ、あっ、あんっ、本当に太いっ』
真美は、清に膣の中を評価され、本当に恥ずかしそうな顔を見せる。でも、すぐにあえぎ声に代わってしまう。

清は、長いペニスを生かしたロングストロークでペニスを出し入れする。グチョグチョと湿った音が大きく響く。真美の膣は、さらに濡れて大変なことになっているみたいだ。

『あっ、あんっ、ダメッ! イ、イクっ、イッちゃう! パパ、ごめんなさいっ! 真美イッちゃうっ! 清さんのおチンポでイッちゃうのっ!』
真美は俺の方を振り返り、泣きそうな声で叫ぶ。清は、その言葉など関係なく、さらに腰をガンガン振り続ける。肉がぶつかる音もさらに大きくなっている。
「すごく締まってきた。子宮もめっちゃ降りてきてるよ。いっぱい気持ち良くなってね」
清は、そんなことを言いながら後ろから真美の胸を鷲づかみにする。母乳が漏れている乳首から、さらに母乳があふれ出す。

俺は、頭が変になりそうだった。嫉妬と興奮、そして敗北感……。あまりにも異常なシチュエーションだと思う。清は、さらに腰の動きを早くする。
『あっ、あっ、ダメッ、イッちゃうっ、奥ダメッ! 気持ち良すぎておかしくなっちゃうっ! あぁっ、ああっぁっ! イク! イクっ! パパごめんなさいっ! 真美イクっ!!』
真美は、ソファの座面をギュッと握りながら叫んだ。突き出されたお尻が、上下に脈動するように震えている。さっきのディルドでイッた時よりも、さらに激しいイキ方だった。俺は、気が付くとペニスをまさぐるように触っていた。

清は、ペニスを引き抜く。そして、
「ゴメンね、コンドーム付けてなかった」
と、申し訳なさそうに謝る。俺は、その言葉でやっと気が付いた。二人が生ハメをしていたことに。
『ホントだ……。興奮して忘れてたね。二人目出来ちゃうところだった』
真美は、おどけたように言う。清は、申し訳なさそうに頭を搔いている。

すると、真美が清をソファに座らせた。そして、対面座位のような格好でまたがり始める。清のペニスを握ると、自分の膣口に押しつけた。
「え? ダメだって、ゴム付けてないよ」
慌てる清。
『外に出してね』
真美は、興奮でうわずったような声で言う。そして、すぐに腰を下ろしてしまった。
『んうううぅっ! お、奥に、うぅ、すぐイッちゃうよぉ』
真美は、入れただけでもうイキそうな顔になっている。本当に気持ちよさそうな顔で、清の生ペニスを入れてしまった真美……。自分の意志で入れてしまったと言うことになる。

「いや、ダメだって、付けた方が良いよ」
清は、かなり戸惑っている。
『だって、パパも興奮してるから。このままが良いみたいだよ』
真美は、急に俺のことを持ち出す。俺は、ドキッとしながらも、ズボン越しにまさぐり続けていた。
「ホントだ……。でも、やっぱり……」
俺の方を見て驚きながらもそんな風に言う清。真美は、戸惑う清を無視して、腰を上下に動かし始めた。
『あぁっぁ、大きいぃ。清さんのおチンポ、本当に気持ちいいよ。おもちゃより、ずっと気持ちいい』
真美は、そんなことを言いながら腰を動かし続ける。対面座位のまま、腰を上下に動かし続ける真美……。太くて長いペニスが、真美の身体を出入りするのがはっきりと見えてしまう。

真美は、うわごとのように卑猥な言葉を口にしながら、一心不乱に腰を動かし続ける。清の太ももと真美の膣口が触れると、透明の液体の橋が出来るのが見える。あふれるほどに濡れそぼった真美の膣。こんなに興奮しているのは、俺が見ているからなのだろうか? それとも、単に清の巨根が気持ちいいと言うことなのだろうか?

「あぁ、ヤバい。気持ち良すぎるよ。真美ちゃん、すぐ出ちゃうって」
清は、余裕のない声で言う。すると、真美が腰を動かしながら、身体を折り曲げるようにして清の乳首を舐め始める。清は、対面座位に乳首なめまで加わり、気持ちよさそうにあえぐ。

『すごい。清さんのおチンポ、もっと固くなってきた。でも、ダメだよ。まだ出しちゃダメ。もっと気持ち良くなりたいの』
真美は、貪欲に快感を求めながら腰を動かす。

目の前にいる真美は、本当に真美なのだろうか? 俺が知っている妻としての真美、母としての真美とは、まるで違う顔を見せているように感じる。

淫乱。そんな言葉は、真美には縁遠いものだと思っていた。でも、今日の真美は淫乱という言葉以外思い浮かばないくらいの淫乱ぶりだ。

「真美ちゃん、本当にエッチなんだね。こんなに淫乱だなんて、意外だよ」
清は、驚いたような顔で言う。俺ですらそう思っているので、清がそう思うのも無理がないと思う。
『淫乱なんかじゃないもん。清さんのおチンポが、気持ち良すぎるだけだよ。あぁ、ダメ、またイッちゃう。パパ、ゴメンね、イッてもいい?』
真美は、横を向いて俺の方を見ながら聞いてきた。俺は、とっさに言葉が出てこない。黙って真美を見つめるような格好になってしまっている。
『パパ、気持ちいい。清さんのおチンポ、今までで一番気持ちいいの』
快感にゆがむ顔で報告をしてくる真美。俺は、俺のペニスが物足りないと言われているようなものなのに、イキそうになってしまっている。

『パパも、気持ち良くなって。脱いで直接しごいて良いよ』
真美は、そんなことを言ってくる。俺は、催眠術にでもかかってしまったみたいに、言われるままにズボンとパンツを脱いでいく。そして、直接ペニスをしごき始めた。

目の前で、真美が他の男の上で腰を振っている状態……。それを見ながらオナニーをする俺……。もう、何が何だかわからないような気持ちになってしまう。

真美は、俺のオナニーを見ながら腰を振り続ける。上下の動きから、前後に揺らすような動きに変わってきている。
『パパ、いっぱい気持ち良くなって。私も、いっぱい気持ち良くなってるの』
真美は、そんな風に話しかけてくる。他の男とセックスをしている真美と会話をする……。どうしてこんなに興奮してしまうのだろう?

「すごいよ、真美ちゃんのオマンコ、もっと締まってきた。見られて興奮してるんだね」
清は、興奮した声で言う。
『すごく興奮してるよ。パパが見てるのに、清さんのおチンポでイッちゃうなんて……。そんなのダメなのに……興奮しちゃうの』
真美は、うわずった声で言う。興奮で、訳がわからなくなっているような感じだ。

「ダメだよ、アイツが見てるのに他のチンポでイクなんて、許してもらえないよ」
清が、真美にそんなことを言う。本当にそう思っている感じではなく、言葉責めっぽい感じに聞こえる。真美は、その言葉を聞いて、さらに顔がとろけていく。

『だって、気持ちいいの。こんなの知らなかったの。パパ、ゴメンね、清さんのおチンポ気持ち良すぎてすぐイッちゃうの。イッてもいい? 許してくれる?』

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


嫁さんが事故で死んだ親友に、色々と世話を焼く俺の嫁3(オリジナル 転載禁止)

前回の話

俺は、ズボンごと握ったペニスがドクドクと脈打ち、精液を出し続けるのを必死で隠していた。真美が他の男に口内射精をされているのに、オナニーをして射精までしてしまったことなんて、真美に知られたら恥ずかしすぎる。

『こんなに沢山出るんだね。でも、多すぎて少し飲んじゃったよ』
真美は、照れくさそうに言う。
「え? マジで? ゴメンね、マズかったでしょ?」
射精を終えた清は、申し訳なさそうに言う。

射精したことで、すっかりと冷静になったみたいだ。
『大丈夫。別に、マズくはないよ。でも、美味しくもないかな?』
真美は、イタズラっぽく言う。清のペニスは、まだ大きくなったままだ。精液や唾液にまみれて、ヌラヌラと光っている。
「ホント、ありがとう。こんなのしてもらったの、久しぶりだった」
清は、少し恥ずかしそうに言いながら、パンツとズボンを戻し始める。
『まだ、大きいままなんだね。絶倫ってヤツなの?』
真美は、モッコリと盛り上がっている清の股間を見ながら言う。
「そ、そうだね。2~3回は続けて出来る感じかな?」
清は、恥ずかしそうに言う。
『そんなに!? パパなんて、一回出したらもう無理だよ!』
真美は、そう言って俺の方を見てきた。俺は、股間を握ったままの状態だったので、慌てて手を離した。
『パパ、何してたの~?』
真美は、ニヤニヤしながら聞いてくる。俺は、別に何もと誤魔化した。
『あれ? なんかシミになってる。もしかして、出ちゃったの?』
真美は、からかうように言う。俺は、焦りながら否定した。
『ふ~ん。パパも興奮したんだね。じゃあ、もっと続けた方が良い? 清さん、まだ行けるって言ってるけど』
真美は、妙に挑発的な顔になっている。俺は、別に好きにしたら良いと答えた。

『続けて良いって。どうする? 続ける?』
真美は、清に向かって質問する。
「う、うん。真美ちゃんさえイヤじゃなかったら、続けて欲しいな」
清は、少し俺のことを気にした感じで言う。

『じゃあ、どんな風にしたい? 何がしたい?』
真美は、ランジェリー姿のまま言う。ブラはカップが押し下げられていて、まだおっぱいが丸見えの状態のままだ。
「……イヤだと思うけど、その……オナニーしてるところが見たいな」
清は、モジモジと恥ずかしそうに言う。
『えっ!? 私がしてる所って事?』
真美は、驚いた顔で言う。
「う、うん。やっぱり、無理だよね。よく、女房が見せてくれたんだよね。こんなこと、なかなか人には頼めないからさ……。ゴメンね、忘れて」
清は、少し落ち込んだような顔で言う。
『そうなんだ……。奥さん、そんなことまでしてくれてたんだね。わかった。じゃあ、やってみるね』
真美は、すっかりと同情したような顔になっている。真美の人の世差が出てしまっている。とはいえ、清がウソを言ってまでそんなことをさせようとしているとも思えないので、多分本当にそういうプレイをしていたのだと思う。

真美は、ソファに座る。そして、真っ赤な顔になりながら、乳首を触り始めた。何も言わず、乳首を触り続ける真美。指の腹でこすったり、軽く摘まんだりしている。
俺ですら見たことのないオナニー姿。それを、清に見せてしまっている……。清は、興奮した顔で真美のオナニーを見つめている。ペニスはギンギンに勃起していて、すっかりと大きくなっている。やっぱり、太さが凄いなと思う。

『んっ、ん、うぅ、あっ、んフゥ』
真美は、吐息を漏らしながら指を動かし続ける。完全に、オナニーだ。
「いつもしてるみたいにしてね」
動きがおとなしい真美に向かって、清が指示をする。すると、真美は自分の指をパクッとくわえる。そして、指に唾液を付けた状態で乳首を触り始める。唾液がローション代わりになったのか、真美は吐息がさらに荒くなっていく。

『やっぱり、恥ずかしいよ。そんなに見ないで……』
真美は、耳まで赤くしながら清に言う。真美は、本当に清に甘いというか、同情心が強すぎると思う。死んだ奥さんのことを言われると、無条件で何かしてあげたくなるみたいな感じだ。

「すごく綺麗だよ。その……下も……してみて」
清は、遠慮がちに言う。すると、真美は恥ずかしそうにうなずいた。真美は、ショーツの中に手を突っ込む。そして、膣口あたりをまさぐり始めた。

『んっ、んっ、うぅ、ふぅ、あっ、んっあっ!』
真美は、吐息が漏れっぱなしになる。あえぎ声っぽい声も混じる。ショーツの中で、指の動きが速くなっていく。
真美は、左手で乳首を摘まみながら、右手をショーツの中で動かし続ける。俺は、真美がオナニーをしていることすら知らなかったし、こんなに激しいオナニーをするなんて、イメージになかった。

「エロいね。なんか、慣れてるね。結構してるの?」
清は、興奮した顔で質問する。真美は、
『た、たまにだよ』
真美は、慌てて言う。
「パンツ、脱いでみてよ」
清は、そんなリクエストをする。
『えっ? う、うん……』
真美はビックリした顔になるが、結局うなずいた。ゆっくりとショーツを脱いでいく真美。ここまでする必要があるのだろうか? と、俺は焦り始めていた。いくらなんでも、そこまで見られてしまうのは抵抗感が大きい。でも、俺が何か言う前に、真美はショーツを脱いでしまった。

あらわになった真美の膣周り。オナニーを始めていたせいか、すでに濡れて光り輝いている。出産を経験しているので、綺麗なピンク色というわけではない。でも、色素が薄い方だと思う。

「すごく濡れてるね。太ももまで濡れてるよ」
清は、興奮した声で言う。確かに、太もものあたりも濡れている。グチョグチョに濡れている。
『恥ずかしいよ……。言わないで』
真美は、恥ずかしそうに言う。でも、どこか開き直っているような雰囲気もあり、そのままクリトリスのあたりを触り始めた。こすりつけるような指使い。慣れている動きだ。日頃から、オナニーをしているのは間違いなさそうだ。
『んっ、んフゥ、あっ、あんっ、うぅっ、ダメぇ、声出ちゃうぅ』
真美は、そんな風に言いながらクリトリスのあたりをまさぐり続ける。その目の前には、ペニスをギンギンにした清が、興奮した顔で真美の膣口を見つめている。

真美は、左手を乳首から離す。そして、左手の指でクリトリスの皮をめくり始めた。むき出しになったクリトリスは、ぷっくりと膨らんでいるように見える。真美は、あふれている蜜をクリトリスに塗りつけるようにしてこすり始めた。
『あっ、あんっ、気持ちいいっ、うぅあっ、あっ、イヤァ、みないで、うぅああっ』
真美は、どんどん声が大きくなっていく。本当に、気持ち良くて仕方ないという感じだ。

「指を入れたりはしないの?」
清が、興奮した声で質問する。
『う、うん。入れないよ』
真美は、そんな風に答える。
「へぇ。入れたくならないの?」
清は、不思議そうに質問する。」
『……おもちゃ使ってる……』
真美は、そんなカミングアウトをし始めた。俺は、まさかの答えに驚いていた。

「マジで!? どんなの使ってるの? 使って見せてよ!」
テンションが上がっている清。真美は、
『そ、そんなの無理だよ。恥ずかしいもん』
真美は、耳まで真っ赤な顔で言う。
「良いじゃん。もう、ここまでしたら同じだって。早く早く!」
清は、興奮した顔のままけしかける。すると、真美は困った顔で俺を見てくる。俺は、俺も見たいと告げた。

『じゃあ、持ってきて。お米の後ろに隠してあるから』
真美は、恥ずかしそうに言う。俺は、すぐにキッチンに移動して棚を開けた。そして、米の大きな袋の後ろに手を差し込み、後ろを探る。すると、巾着袋みたいなものが置いてある。俺は、それを掴んで持ち上げる。意外に重い。

巾着を持って真美の所に戻ると、真美は困ったような顔になっている。俺は、巾着を真美に渡した。真美は、ヒモをほどき始める。そして、中から大人のおもちゃを取りだし始めた。
それは、リアルなタイプのバイブだ。電動部分がなく、リアルなペニスの張り型だ。ディルドとか言うタイプだと思う。

「えっ? それ使ってるの? 大きすぎない?」
清は、驚いた顔で言う。俺も、驚いていた。真美が取り出したディルドは、とにかく大きい。多分、清のペニスよりも太くて長い気がする。
『う、うん。少しずつ大きくしていったら、これになっちゃった……』
真美は、本当に恥ずかしそうだ。
「いや、驚いた。真美ちゃんが、そんなに淫乱だなんて想像もしてなかったよ」
清は、本当に驚いている。
『淫乱じゃないもん!』
真美は、すぐに否定をする。でも、そんな大きなディルドを手に持っていたら、まるで説得力がない。

「それって、どうやって入れるの?」
清は、興奮している。声がうわずっているし、ペニスがさらに上を向いている感じだ。でも、こうやって見比べると、太さはディルドと同じくらいあるかもしれない。

『……うん。こうやって床に置いて……』
真美は、ディルドを床に置いた。底の部分が吸盤になっているようで、軽い音を立ててディルドは床にくっつく。床からペニスが生えているような不思議な光景になる。

俺も清も、生唾を飲んで真美の行動を見つめている。真美は、ディルドに対してまたがるようにしゃがむ。そして、腰を下ろしていく。

ディルドを掴むと、自分の膣に導いていく。そして、目を閉じると、腰を下ろしていく。
『うぅあぁ、ダメぇ、恥ずかしいぃ』
真美は、そんな風に言いながら腰をさらに下ろしていく。膣に入っていくディルド。あんなに太いのに、意外にあっさりと入ってしまう。

『うぅあぁ、ダメぇ、声出る、うぅあっ』
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


カテゴリ
kindle出版案内



2話収録です

2話収録です

ハード系です

姉さん女房です

新刊です

新刊です

バッドエンド








プロフィール

管理人:寝取られ好き
寝取られ体験談を紹介しています。このブログだけのオリジナル寝取られ話が多数あります。

QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
2位
アクセスランキングを見る>>
巨根になれる!「PR」