NTR使える寝取られサイト

オリジナルの寝取られ体験談や人妻体験談を紹介しています
月別アーカイブ  [ 2020年11月 ] 

≪ 前月 |  2020年11月  | 翌月 ≫

子作りを始めた途端、嫁がやたらとセックスに積極的になった理由2(オリジナル 転載禁止)

前回の話

七菜は、四つん這いになった男性のアナルに指を差し込んでいる。恐ろしく卑猥な格好で、そんなことをしてる七菜……。私は、想像していたのとは違う状況に驚いていた。

もしかしたら、浮気をしているかもしれない。そんな風には思っていた。でも、この映像の七菜は、私の想像を超えている。

『そんなに気持ちいいの? 健也くん、女の子みたいな声出してるよ』
七菜は、そんなことを言いながら男性……健也君のアナルを責め続ける。前立腺は気持ちいいと聞くが、こんな風に女の子みたいにあえいでしまうほどの物なのだろうか?


「気持ちいいよ。これしながら、口でしてくれる?」
健也君は、そんなリクエストを出す。
『うん。するね』
七菜がそう言うと、健也君は四つん這いから普通の座り方に移行した。その間も、七菜の指は彼のアナルに差し込まれたままだ。そして七菜は、まったく抵抗感なく健也君のペニスをくわえてしまった……。七菜が、他の男のペニスをくわえている……。私は、強いショックを受けてしまった。

最近、七菜は間違いなくフェラチオが上手くなっていた。ネットで勉強したと言っていたが、やっぱりこういうことだったんだなと思った。でも、さっきから見ていると、いわゆる浮気とは少し違う感じもする。

「あぁ、気持ちいい。こんな風にされたら、気持ち良くて精液どんどん濃くなるよ。絶対妊娠しやすくなるはず」
健也君は、そんなことを言う。やっぱり、彼は七菜にレクチャーをしているような感じだ。妊娠するために、こんな風にしたら良いというアイデアを教えている感じだ。

『本当に? そんなに気持ちいいの?』
七菜は、キョトンとした顔で言う。
「最高だよ。こんな風にされたら、このまま射精しちゃうかも」
健也君は、そんな風に言う。
『ダメだよ。口に出されても妊娠しないもん。あ、健也君はイッても良いよ。いつも教えてもらってばっかりで、申し訳ないもん』
七菜は、そんな風に言う。
「いや、ダメだよ。射精しちゃったら、教えてるって感じじゃなくなるし。浮気みたいになっちゃうよ」
彼は、そんな風に言う。
『そ、そうだね。本当に、ゴメンね。こんな事されてるのにイケないなんて、生殺しだよね』
七菜は、本当に申し訳なさそうだ。
「そんなの良いって。七菜さんに幸せになってもらいたいだけだから」
彼は、そんな風に言う。でも、そんなことを言っているのに、アナルに指を入れられて気持ちよさそうな顔になっている。まるで説得力がないような気がする。

そして同時に、少しだけホッとする私がいる。やっていることはとんでもないと思うが、少なくても最後の一線は越えていないみたいだ。それに、恋愛感情もないようだ。

『じゃあ、もっとするね。アドバイスしてね』
そう言って、再びペニスをくわえる七菜。健也君のアナルに差し込んだ指も、絶え間なく動かし続けている。そして、手も伸ばして乳首まで触り始めた。
「あぁ、気持ちいい。本当に上手になったね。もっと、音立てて吸ってみて」
健也君は、そんな風にレクチャーを続ける。まさみは、色々と聞かされるアドバイスに従って、健也君を責め立てる。

「あぁ、ストップ。もう出る。これ以上したら出ちゃうよ」
健也君は、そんな風に言って止めに入る。すると、七菜は言われるままにペニスを口から出して、指も引き抜いた。
『本当に、出さなくても平気? なんか、可哀想……。射精しても良いんだよ。私は、平気だよ』
七菜は、申し訳なさそうに言う。
「いやいや、それは趣旨から外れるし。ほら、続けようよ。時間ないんでしょ?」
健也君は、そんな風に言う。七菜は、慌てたような顔になり、
『うん。じゃあ、次は何したら良い?』
と、質問した。
「じゃあ、旦那さんを興奮させるヤツやってみようか。とにかく、興奮しないと精液濃くならないみたいだしね」
健也君は、そんな風に言う。七菜は、
『何したら良い?』
と、少し戸惑いながら質問する。

「七菜さんって、オナニーとかするの?」
健也君が質問する。
『し、しないよ! そんなのしない!』
大慌てで言う七菜。でも、あまりにも反応が強すぎる感じだ。
「またまた~。結構昔からしてるでしょ? クリとか見ればわかるよ」
健也君は、ニヤニヤしながら言う。
『そ、そうなの?』
慌てる七菜。
「あ、やっぱりしてるんだ」
健也君は、してやったりという顔だ。七菜は、あっけなくハメられてしまったようだ。
『うぅ……。ハメられた』
七菜は、悔しそうに言う。
「旦那さんに、オナニーしてる姿を見せると興奮するよ」
健也君は、そんな風に言う。七菜は、ビックリした顔で、
『そんなの無理だよ! 恥ずかしくて死んじゃう』
と、言う。
「いやいや、そんな格好して、今さら恥ずかしいもないんじゃない?」
健也君がそんな指摘をする。七菜は、耳まで真っ赤にしながら、
『そうだけど……。やっぱり恥ずかしいよ』
と、小さな声で言う。
「でも、メチャクチャ興奮すると思うよ。最高に濃い精液出来ると思うけどな~」
健也君は、そんな風に言う。すると、七菜は観念したように、
『……やってみるね。恥ずかしいから、あんまり見ないで……』
七菜は、そんな風に言う。そして、ソファに座ると、目を閉じて乳首を触り始めた。マイクロミニのビキニ。生地が薄いので乳首の形まではっきりと見えている。七菜は、乳首を摘まんだりこすったりしていく。

目を閉じ、口もギュッと閉じている。声も出さずに乳首を触り続ける七菜。私は、すごくドキドキしてしまった。七菜が、オナニーを始めている。そんなことをするイメージのない七菜が、男の前でオナニーをしている。私は、嫉妬と焦りで心臓がバクバクしている。

『……ん、うぅ……ふぅ』
七菜は、控えめな吐息を漏らす。七菜は、左手でも乳首を触り始めた。両方の乳首をまさぐる七菜。卑猥な格好をしているせいで、余計にドキドキしてしまう。
「良いねぇ、すごく興奮するよ。こんなの見せたら、絶対に良い精液が出来るよ」
健也君は、調子よく言う。彼は、見た目からしてかなりチャラい。でも、女の子にはモテそうな雰囲気をしている。恐らく、七菜よりもかなり年下だと思う。学生……のような雰囲気だ。

『恥ずかしい……そんなこと言わないで……。も、もう良いでしょ?』
七菜は、オナニーを中断しようとする。
「まだダメだって。アソコとか触ってないじゃん」
健也君は、そんな風に言う。
『う、うん。じゃあ……』
七菜は、言葉少なに言うと、ショーツの上からアソコをまさぐり始めた。まるで何の役にも立っていないマイクロミニスカート……。丸見えのショーツは、黒のレースのセクシーなタイプの物だ。

『んっ、うぅっ、……あっ、くぅ……』
七菜は、声が徐々に大きくなってきた。そして、ショーツの上からアソコをまさぐりながら、乳首も強く摘まむようにしている。みるみる、乳首が大きくなっていくように感じる。

「本当にエロいよ。興奮する」
健也君は、かなり興奮したような口調だ。
『んっ、うぅ、あっ、あんっ、ダメぇ、声出ちゃうぅ』
七菜は、さらに声が大きくなる。そして、ショーツを脱いでしまった。あらわになる七菜の膣口。毛がなくツルツルのアソコ。そして、ワックスでも塗ったように光っている。

七菜は、直接クリトリスを触り始めた。
『うぅっ、あっあんっ、うぅああっ、あぁ~っ!』
七菜は、声が甲高くなっていく。七菜は、夢中でアソコをまさぐり続け、あえぎ続ける。相当興奮しているのが伝わってくる。
「ほら、もっと挑発するような顔でしないと、旦那さん興奮しないよ」
健也君は、そんな言葉をかける。すると、七菜は健也君を見ながらオナニーを始めた。口を半開きにして、悩ましい顔で健也君を見つめる七菜。時折、舌で唇を舐めたりしている。

「良いね、エロいよ。じゃあ、アソコ拡げて見せてごらん」
健也君は、興奮した声で指示をする。もう、すっかりと彼の方が年上のような話しぶりだ。七菜は、両手で陰唇を左右に拡げ始める。羞恥のせいか耳まで真っ赤にしているが、思い切りよく拡げている。拡げると同時に、ツーッと透明の液体が床に伸びていく。
『こ、これでいい? 興奮する?』
七菜は、そんな風に質問する。我が家のリビングで、七菜が他の男に膣中までさらけ出している……。異常事態なのに、私は信じられないほどの興奮を感じてしまっている。勃起したペニスは痛いほどになっているし、脈打つように上下に動き、その度に快感も走る。

「すごく興奮する。良いよ、続けて。いつもするみたいにして」
健也君は、そんな風に指示をした。すると、七菜は指を膣中に挿入し始めた。人差し指と中指を入れて、掻き出すように動かし始める。
『うぅっ、あっ、あんっ、気持ちいい、見て、もっと興奮して。おちんちん欲しくて、こんなになってるんだよ』
七菜は、卑猥な言葉を口にしながら膣中をかき混ぜ続ける。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


つまらない自治会のバス旅行でも、ママ友の人妻と一緒なら楽しく過ごせた

今日は、俺(30)の住んでいる街の自治会バス旅行。

俺は世話係として参加している。

俺の住んでいるところは、輪番で班長を決めて、回覧物の配布とか自治会費の集金などをしているが、その他に自治会委員として自治会の手伝いもある。

【続きを読む】
[ 2020/11/30 22:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

嫁さんが事故で死んだ親友に、色々と世話を焼く俺の嫁 完(オリジナル 転載禁止)

前回の話

真美は、臨月に入った。2人目なので恐らく予定通りに生まれてくるはずなので、あと1ヶ月もしないうちに生まれてくることになると思う。

そして、臨月の少し前から、清が同居するようになった。毎週末だけうちで過ごす感じだった彼が、完全に同居するようになってしまった。俺は、かなり複雑な気持ちだが、真美は美味い食事を作ってもらえるので、すごく喜んでいる。そして、食事以上に喜んでいることもある……。

今日も、俺が仕事から帰ると、すでに清が家にいた。ソファに座ってビールを飲んでいる彼。その前には真美がひざまずいて、フェラチオをしている。お腹がパンパンに張った真美。臨月の妊婦なのに、スケスケのベビードールを着ているだけだ。


神聖な感じのする妊婦が、そんな場末のピンサロ嬢のような格好をしている……。俺は、その違和感にゾクゾクしてしまう。

真美は、本当に丁寧に口での奉仕を続けている。そして、リビングに入った俺に対して、清が、
「あ、お疲れさん。悪いね、先にやってるよ」
と、缶ビールを持ち上げるようにして言ってくる。この状況で、飲んでいることを悪いと思う彼も、かなり感覚が麻痺してしまっているなと思う。
真美は、いったんペニスを口から吐き出して、
『おかえりなさい。夕ご飯、もう出来てるから。先に食べててね』
と、言ってから、またペニスをくわえてしまった。イヤらしい舌使いでフェラチオを続ける真美。妊婦がするようなことではないと思う。真美は妊娠して以来、性欲が妊娠前よりもかなり増加してしまった。
臨月になって多少収まるかと思ったが、そんな気配もない。真美は、わざとなのか大きな音を立ててフェラチオを続ける。指を伸ばして清の乳首も刺激しながらフェラチオを続けていく。

俺は、そういう光景も最近の日常なので、かまわずにテーブルについて食事を始める。自分の嫁が、大きなお腹で他の男のペニスをくわえる姿……。それは、嫉妬や不安を煽るが、いまの俺はその姿を見て興奮する気持ちが大きい。

あの日、真美が清のペニスを握った日に、俺の運命は決まったのだと思う。寝取られ性癖……。そんな物は、AVや雑誌の中だけの話だと思っていた。現実に、自分の嫁や恋人を他人に抱かせて興奮するヤツなんて、いるはずもないと思っていた。

俺は、食事を続けながら痛いほどに勃起している。本当ならば、食事なんか後回しにして、オナニーをしたいと思っているくらいだ。

真美の舌が、清の睾丸を舐める。真美は、清の足を舌から持ち上げるようにしてM字に開脚させている。そして、彼のアナルを舐め始めた。他の男の肛門を舐めている真美……。俺は、さらに嫉妬が強くなる。真美は、俺にもしたことがなかったことを、清には平気でしてしまう。

「あぁ、気持ちいい。真美ちゃん、すごく気持ちいいよ」
清は、本当に気持ちよさそうな声をあげる。真美は、清のアナルを舐めながらペニスもしごき始めた。清は、声を漏らしながらなすがままになっている。風俗店でサービスを受けているような感じに見えてしまう。

『出そう? 良いよ、いつでも出して』
真美は、そんな風に言いながら清を責め続ける。清は、少しすると、
「出るよ。真美ちゃん、もう出る」
と、余裕のない声で言い始める。すると、真美は清のペニスをくわえて頭を激しく振り始める。清は、うめきながら真美の膣中に射精をした……。

真美は、軽くうめきながら口内射精を受け止める。そして、出されているそばから飲み干していく。
『ごちそうさま。美味しかったよ。じゃあ、夕ご飯食べようよ』
と、真美は清に言う。清は、
「ありがとう。すごく気持ち良かったよ。じゃあ、食べようか」
と、満足げに言う。そして、二人は下着だけを身につけてこちらに向かって歩いてくる。
『ゴメンね、お待たせ』
真美は、先に食事を始めている俺に声をかけながら椅子に座る。清も、
「いつも悪いね』
と、申し訳なさそうに言いながら椅子に座る。申し訳ないと謝る彼だけど、最近は夕ご飯を作るのは彼の仕事だ。逆に、こちらが申し訳ないなと思っている。

『美味しい~。ホント、清さんって料理上手だよね』
おっぱい丸出しのまま食事を始めた真美。ショーツこそ穿いているが、大きなお腹もあらわになってしまっている。
「そうかな? これくらいなら、いつもで作れるから。いつでも言ってよ」
清は、そんな風に言う。俺は、複雑な気持ちになってしまう。食事前に、風俗的なサービスを受けて射精をした清。そして、それを飲み干した真美……。俺は、ただ黙々と食事を続けるだけだ。

すると、ベビーベッドの息子が泣き始めた。真美は、すぐに移動して母乳をあげ始める。さっきまでの淫乱な痴女の顔から、母親の顔に変化している。

清が、何気なく移動して真美の所に行く。そして、息子が飲んでいない方の乳首にむしゃぶりつき、母乳を飲み始めた。
『ダメだよ。これは、赤ちゃんが飲むものだよ』
真美は、そんな風に言いながらも楽しそうだ。清は、笑顔で母乳を飲み続ける。

すると、息子が満足したのか寝始めた。真美は、そっとベビーベッドに息子を寝かせる。すると、清が真美にキスをし始めた。
『ちょっと、ダメ、まだご飯食べてるでしょ。お腹すいてるの』
真美が、そんな風に言う。でも、そんな風に言いながらも、別にイヤがっている感じはない。むしろ、喜んでいるように見えてしまう。

「じゃあ、食べさせてあげるよ」
清は、そう言ってハンバーグを自分の口に入れる。そして、咀嚼し始めた。真美は、それを熱っぽい目で見つめている。すでに、興奮してしまっている……。そんな感じだ。

清が真美に顔を近づけていくと、真美はスッとアゴを上げて口を開ける。清は、真美に唇を押し当てると、口の中の物を流し込んでいく。口移しで食べさせてもらっている真美……。興奮した顔で、何度も繰り返し食べさせてもらっている。

不思議なことに、食べさせてもらうという行為で、真美は興奮しきったような顔になってしまっている。実際、息遣いも荒いし、身体も上気したように赤い。

そして、真美は食べさせてもらったそばから、清に激しいキスをし始めた。抱きつきながら舌を動かす真美……。すると、真美は身体を震わせて一瞬身体を硬直させてしまった。
『イッちゃった。フフ。ごちそうさま』
真美は、嬉しそうだ。食事をしたことで、さらにお腹がはち切れそうになっている真美……。妊婦なのに、こんなに毎日セックスをするなんて、普通にある話なんだろうか?

「どうする? まだするの?」
清は、そんな質問をする。最近では、清がセックスをさせてもらっているという態度ではなく、セックスに付き合ってあげているという感じになってしまった。
『するよ。だって、まだおチンポ入れてもらってないもん』
真美は、甘えたような口調でおねだりをする。
「どんな風にする?」
清が質問すると、真美は、
『たまにはパパも一緒に、三人でしない?』
と、俺と清を見ながら言う。清は、別に良いよと即答するが、俺は口ごもってしまっている。

『ほらほら、パパも脱いで!』
そう言って、俺の腕を引っぱって寝室に移動する真美。清も、後からついてくる。全裸にされた俺は、ベッドの真ん中辺りに座る。
『最近、全然してなかったでしょ? たまってる?』
真美は、そう言って俺のペニスをくわえてきた。すぐに舌が絡みついてきて、強烈にバキュームされる。俺は、強制的に勃起させられて、なおかつ射精感すら感じるくらいになってしまっている。
『すごい。カチカチ。すぐ出ちゃいそうだね』
そんな風に言いながら、楽しそうにフェラチオをしてくれる真美。この異様な清との共同生活をしていても、真美は俺のことをすごく愛してくれてる。変な言い方になるが、清とのセックスは、あまり感情的な物はないような感じに見える。スポーツのようなセックス……そんな感じだ。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


彼とのセックスが物足りなくて、出会い系の彼に寝取られました

わたし(仮名・カナ)は現在28歳のOLです。

普通に付き合っている彼氏もしますし、そろそろ結婚も、と考えたりもしています。

ただ、普通に結婚して上手くやって行けるのだろうか?と心配も多いのです。

【続きを読む】
[ 2020/11/30 19:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

ホテルの一室、先輩の彼女と口だけのはずが最後まで

ホテルの一室。

後ろ手にドアを閉める。

リナをそっと抱き寄せる。

予想に反してなすがまま。

【続きを読む】
[ 2020/11/30 17:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

義妹……ただでさえエロい響きなのに、ノーブラだったらもうw

ちょっとだけ長くなるが経緯を話したい。
その日は山練だった。
8kmに渡る坂道をひたすらこぎ続けるいつもの練習だ。

普段なら日曜の早朝4時~7時くらいに行う個人練習だけど、平日の正午から始めることになってしまった。
たまたま取れた有給の平日で、ポカンと空いた予定に詰めるものがなかった。

妻の出社を見送り、午前中は軽く家事をこなして練習開始。
ボトルにポカリを詰め、レーパンにウェアを装備。

【続きを読む】
[ 2020/11/30 14:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

彼女の部屋に行ったら全裸の彼女に外に出された

当時:俺24、彼女21
付き合っては3年目、遠距離ですた。300kmくらいかな。
付き合うきっかけは、俺の主催したオフ会だったんだけど、人があつまんなくてサシオフになったのよw
それでなんかいい感じで盛り上がって付き合った。

【続きを読む】
[ 2020/11/30 13:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

パチンコの負けが込んで鬱々としていたら、兄嫁が全裸でお昼寝中だった

彼女居ない暦、早一年半。中出しなんて遥か昔の記憶でした。
でもやってしまいました。兄貴の嫁さん(29歳)に、たっぷりと。
リストラされて以来バイトで夜間配送の運転手、昼夜真逆の生活をしています。
こんなんじゃ女なんか作れる訳も無く日々悶々とした毎日で、パチンコで憂さを晴らすようになっていました。

【続きを読む】
[ 2020/11/30 12:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

家庭内離婚状態の主婦兼アルバイトを寝取って中に注ぎ込んでみたら

自分の中だし体験の事を書かせて頂きます。
中だしの相手とは、W不倫の関係です。
名前(仮名ひで)は35歳の家庭内離婚状態の主婦兼アルバイトの一応人妻です。
彼女とは、ある飲み会の席で初めて会い、居酒屋で飲んで話してるうちに仲良くなり、その後、みんなでひでのアルバイトをしているスナックへ行き、二次会となりました。

【続きを読む】
[ 2020/11/30 10:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

妻が狂ったのは、媚薬のせいなのか? それとも……

半年程前、私は学生時代の先輩(ヒロ)に街で出会い人生を変える事になった。


大学を卒業した俺は、地元の役場職員になりやがて保母さんだった妻と出会い結婚した。
子供も1人授かり、もう中学生。(俺は36歳・妻34歳)
息子は私立の中学校に進学し、学舎で暮らす生活が始まると家には妻と2人だけになった。

【続きを読む】
[ 2020/11/30 07:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

酒の弱い友人が彼女連れで俺の家に飲みに来た

当時俺は23歳で2年間付き合っている彼女と住んでいた。
2LDKで結構広い部屋に住んでたから、週末になるとしょっちゅう誰かが遊びに来て朝迄飲んでた。
友達の中で同い年のSって奴がいて、そいつは男前でよくもてる奴だった。
Sは酒が弱いくせに好きで、よく彼女を連れてウチに飲みに来てた。

【続きを読む】
[ 2020/11/30 05:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

友人宅のリフォームを請け負い、奥さんのことまでリフォームしました

もう数年前のことなので投稿します。
当時、自分(Y)は35歳で、バツイチで一人暮らし。
友人(K)は33歳、その奥さん(E子さん)は専業主婦で、確か30歳だったと思います。

自分は建築の仕事をしていて、友人宅のリフォームを依頼されました。
友人も知り合いである自分に頼めば安くしてくれると思ったのでしょうw
友人の奥さんとは、それまでは会ったら挨拶をする程度であまり話をしたことはありませんでしたし、あまり興味もありませんでした。

【続きを読む】
[ 2020/11/30 02:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

同じマンションの年上夫婦とスワッピングする流れになったけど

私は28歳の会社役員です。妻は28歳大学生の時からの交際で結婚し、
普通の生活を送っています。

最近同じマンションに引っ越してきた50歳の男性と意気統合し
よく近所のサウナに一緒に行くようになりました。

【続きを読む】
[ 2020/11/30 01:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

僕が浮気したことがきっかけで、彼女がイボチンで失神アクメにハマってしまった

僕の彼女はかわいい。学校で目立つような美女はないが、に埋もれたダイヤの原石よのうに、隠れた魅力のある女性だった。

何より魅力的なのは蛭のように艶のある厚い唇だ。思春期の僕にはあまりに刺激的すぎて、いつもどうやって彼女の唇を奪うかを妄想するのだった。

【続きを読む】
[ 2020/11/30 00:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

恥ずかしいことがあって義父に身体を許し,虜になった私

死ぬほど恥かしいことがあって義父と関係を持ち、今では義父の虜になっています。
人には言えないことですが、誰かに言いたくて投稿します。

私は30歳の専業主婦で2歳の娘がいます。同居では無いのですが、主人の親の敷地内に家を建て住んでいます。

【続きを読む】
[ 2020/11/29 22:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

妻に露出の高い格好をさせたらヌードモデルにスカウトされた

私達は30前の夫婦です。まだ子供は無く、この間の休日、妻と久々に電車に2時間弱乗って郊外の我が家からにぎやかな繁華街にデートをしました。結婚していてデートというのは変なのですが、まぁー二人しかいないので、ご勘弁を。

ここの所、初夏を思わせる様な陽気で暑かったですよね。『今日は暑くなりそうだし』と言って、妻には、私の好みで薄手のブラウスとミニのちょっと露出度の高い格好をさせていました。

【続きを読む】
[ 2020/11/29 19:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

PTAの役員をやると言うことは不倫への扉を開けると言うことなのでしょうか?

あたし、大学を卒業と同時に、同級生だった主人と結婚、翌年に長男を、次の年に次男を、出産しました。子供は二人です。月日の経つのほ早いもので、長男はこの春、中学校に入りました。

あたしは結婚後ずっと専業主婦で、趣味のチェスクラブや水泳で外に出ることはあっても、この十三年間は、夫と子供たちとの生活がすべてでした。

ところが、長男の中学校入学に伴い学校のPTA役員を引き受けることになり、会合だ、行事だ、飲み会だと、やけに忙しくなりました。

【続きを読む】
[ 2020/11/29 17:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

息子の嫁だけではなく、その母親と祖母まで手にかけた絶倫オヤジ

息子の嫁は、美人で性格もよい。

だが、好みではない。

女は少しだけバランスが崩れていたほうがよい。

それがうまく作用すると「色気」になる。

【続きを読む】
[ 2020/11/29 14:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

結婚する一週間前に嫁の姉(既婚)とSEXしました

結婚する一週間前に嫁の姉とSEXしました。

義姉は当時結婚したばかりでした。

たまたま、嫁の実家に行っていた時の話しです。

【続きを読む】
[ 2020/11/29 13:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

子供の友達の母42歳と月に1〜2回会ってヤッテる

俺49歳既婚子あり。子供の友達の母42歳と月に1,2回会ってヤッテる。
 きっかけは子供の部活が同じで、その会合が終わった後に車で送っていったこと。

 小柄スレンダーな割に大きな(E?)胸もさすがに垂れ気味。でも普段そんなHなことを考えていそうもない清楚な感じに見える。
 ところがどっこい、目覚めてしまった今は凄い。
 今日の昼前に会って夕方まで6時間ラブホで過ごした。

【続きを読む】
[ 2020/11/29 12:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)
寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
気持ち良すぎるオナホ