NTR使える寝取られサイト

オリジナルの寝取られ体験談や人妻体験談を紹介しています
月別アーカイブ  [ 2021年03月 ] 

≪ 前月 |  2021年03月  | 翌月 ≫

上司のせいで車椅子になった私と、その上司に身体を許す妻

佐々木は上司の山田とマンション建設予定地を視察に、雨の降る夜だった。
何時もなら佐々木の運転だが、その夜は山田の運転だった慣れぬ細い道路、
運転を誤り道路脇の溝に転落、山田は軽傷で済んだが佐々木は腰の骨を複雑骨折の重傷だ。
運び込まれた救急病院、妻の涼子が上司の山田を感情的になり罵る。

【続きを読む】
[ 2021/03/31 22:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

高校生の息子の友人と、親密すぎる嫁5(オリジナル 転載禁止)

前回の話

直之は、キスをしながらセックスを続ける恭子を見て、暗い気持ちになっていた。昨日の突然のセックスは、妊娠したときのアリバイ作りのためだった? キスをしなかったのも、拓也に申し訳ないと思っていたから? そんな邪推をしてしまっている。
でも、同時に、おとといまでピルを飲んでいたのなら、昨日から飲まなくなったところで妊娠などしないはず……。直之は、そんな事を思っていた。でも、ピルに対してそこまでの知識もないので、もしかしたら妊娠する可能性もあるのだろうか? そんな心配もしていた。


『拓也、好き。愛してる。どうなっても良いから妊娠したい。拓也ので妊娠したい』
恭子は、理性を失った顔で言う。拓也は、友人の母親にそんな恐ろしいことを言われているのに、嬉しそうな顔になっている。そして、
「絶対に妊娠させるよ。恭子は俺のオンナだから」
と、言う。息子の友人にそんな言葉をかけられて、恭子は心の底から嬉しそうな顔になってしまっている。そして、恭子はキスをねだる顔になる。拓也は、嬉しそうな顔で恭子にキスをする。恋人つなぎで手をつないだまま、キスを続ける二人。拓也の腰は、優しくくねるように動き続けている。

直之は、恭子の表情を見て愕然としていた。こんなに幸せそうな顔は、最近見たことがない……。それどころか、今まで一度もここまで幸せそうな顔になったのを、見た記憶がないと思っていた。

『好き。拓也、愛してる。孕ませて。拓也の精子で受精させて』
恭子は、そんな事を言いながら拓也に抱きついた。拓也は、
「孕ませるよ。恭子、俺の赤ちゃん産んでくれ」
と、どちらが年上かわからないような言葉で言う。恭子は、そんな言葉を聞いて嬉しそうに微笑む。拓也は、腰を徐々に速く動かし始めて行った。
『あっ、アンッ、うぅっ、おチンポ固いっ。全然違うよ。拓也の、一番気持ちいい』
恭子は、そんな言葉を口にしながら高まっていく。直之と比べるようなことを言うことで、恭子自身興奮が高まるようだ。
「ここが気持ち良いんでしょ? パパさんのじゃ、ここまで届かないんでしょ?」
恭子の膣奥深くを突きながら、そんな質問をする拓也。腰を押し込んだまま、グイグイと押すような動きを続けている。幸せそうな顔で拓也を見つめながら、とろけきった顔であえぐ恭子。自然と、両足まで拓也の身体に巻き付けるようにしている。

両腕両足を絡ませる恭子……。まるで、絶対に逃がさない、絶対にこの雄で妊娠する……と、アピールしているように見える。拓也は、また恭子にキスをする。そして、
「口開けて」
と、恭子に口を開けさせる。嬉しそうに口を大きく開ける恭子。期待に、目が輝いているのがわかる。拓也は、恭子の口の中に唾液の塊を垂らしていく。恭子は、嬉しそうにそれを口に受けると、すぐに飲み干してしまう。そしてすぐに、また口を大きく開けておかわりをアピールする。

拓也は、嬉しそうに唾液の塊を恭子の口の中に落としていく。
『おいしい。拓也、もっと飲ませて。愛してる』
恭子は、幸せを感じているような顔で唾液を催促する。拓也は、何度も何度も恭子の口の中に唾液を垂らしていった。

すると、
「もう空っぽだよ。カラカラになっちゃった。今度は、恭子が飲ませて」
と、拓也が言いながら体勢を変えていく。正常位で入れたまま、抱き合ってくるっと身体を回転させた二人。恭子が上になっている。そして、拓也の口の中めがけて唾液の塊を垂らしていくと、拓也は嬉しそうにそれを飲み干していく。

拓也も、何度もおかわりを希望する。恭子は、恥ずかしそうに何度も唾液の塊を垂らしていった。5回目が終わると、むさぼるような激しいキスを始めた。しばらくすると、恭子の身体がどんどんのけ反っていく。
『うぅあぁ、イクゥ、拓也、イクっ、イクっ! うぅうっ!!』
恭子は、天井を見るくらいに背中をのけ反らせながら身体を震わせる。直之は、恭子のつま先がせわしなく動くのを見て一気に興奮してしまった。
恭子が、本気で感じている姿……。それは、直之にはとても美しく見えた。たとえ、それが他人相手にそうなっているとしても……。
「恭子、今日は敏感だね」
拓也が嬉しそうに言う。
『だって、妊娠させてもらえるかもしれないって思ったら……』
恥ずかしそうに言う恭子。すると、拓也が腰を突き上げ始めた。
『あっ、うぅっ、拓也すごいっ、気持ちいいっ! もっとっ!』
恭子は、すぐに気持ちよさそうな声を上げ始める。直之は、快感にとろけた恭子の顔を見て、これが現実なんだなと悲しい気持ちになっていた。
「恭子、自分で乳首触ってみて」
拓也がそんな指示をする。恭子は、恥ずかしそうに自分の両乳首を摘まむように触り始めた。
『あっ、ンッ、拓也、恥ずかしいよ、あっ、んっ』
恭子は、恥ずかしがりながらも乳首を触り続ける。
「そんな事言っても、めちゃくちゃ締まってきてるよ。興奮してるでしょ。自分で乳首触りながら腰振ってごらん」
拓也は、腰を突き上げるのをやめてそんな指示をした。まるで、拓也の方が年上で、調教でもしているような感じになってきている。恭子は、顔を真っ赤にしながらも、両乳首を摘まみながら腰を動かし始めた。直之は、息子の友人の言いなりになりながら卑猥な行動をし続ける恭子を見て、強いショックを受けた顔になっている。

恭子は、乳首を触りながら腰をくねらせるように動かし続ける。
『あっ、アンッ、気持ちいいっ。拓也、乳首気持ちいいの。敏感になってるみたい』
恭子は、そんな事を言いながら腰の動きを加速していく。自ら乳首を愛撫し腰を振り続ける恭子は、淫乱そのものという感じだ。
「エロい顔になってるよ。恭子、クリトリスも触ってみて」
拓也が指示をする。すると、恭子は言われるままに右手でクリトリスを触り始めた。
『あぁ、ダメ、気持ちいいの。ごめんね、淫乱な女で……』
恭子は、謝りながらもクリトリスをまさぐり続ける。そして、腰の動きも加速していく。
「もっと淫乱になってよ。俺のオンナでしょ? もっと淫乱になって欲しいな」
拓也はそんな事を言いながら恭子のことを見つめている。嬉しそうな顔だ。

『なる。拓也の好みのオンナになる。ねぇ、もうイッても良い? 我慢できないぃ』
恭子は、クリトリスと乳首をまさぐりながら、腰を狂ったように動かしている。直之は、資料室の中で股間をまさぐり始めていた。さすがにペニスを出すことは出来ず、ズボン越しにまさぐるだけの彼。でも、興奮しきった顔で夢中になっている。

「まだダメ。ほら、もっと激しくクリ触ってごらん」
拓也が、少し意地悪な感じで言う。恭子は、切なげな顔で、
『もうダメなの、イキそう、イクっ、拓也、イッちゃうっ、うぅっ!!』
と、叫ぶように言う。そして、身体をガクガクッと震わせると、信じられないほどとろけた顔で拓也にもたれかかっていく。
「気持ちよかった?」
拓也が恭子の頭をなでながら聞く。
『うん。でも、拓也まだイッてないでしょ? いま、イカせるね』
恭子はそう言って拓也の上から身体をどかせる。そして、床からローションのボトルを手に取り、拓也のペニスにローションを塗りつけていく。
『入れるね』
恭子はそう言って、拓也のペニスをアナルに入れていく。この前の時とは違い、自らアナルにペニスを入れていく恭子……。拓也は、
「締まるね。めっちゃ締まる。お尻も気に入ったの?」
拓也が質問すると、恭子は、
『う、うん。だって、こっちは拓也専用だから……。愛してる』
と、はにかみながら言う。そして、拓也はそのままゆっくりとペニスを入れて行く。
「痛くない?」
心配そうに聞く拓也。
『うん。平気だよ。さっき、綺麗にするときに少しほぐしたから……』
恭子は、恥ずかしそうに言う。
「え? ほぐす? どうやってほぐしたの?」
拓也が質問すると、恭子はみるみる顔を赤くしていく。
『そ、それは……その……。おもちゃで……』
恭子は、耳まで赤くなっている。
「ホントに!? そんなの持ってたっけ?」
驚く拓也。恭子は、
『……うん。拓也と会えないときに使おうって……』
と、小さな声で言う。すると、拓也は興奮したような顔で、
「見せてよ! どんなの使ってるの?」
と、質問する。恭子は、さらに動揺した感じで、
『え? そ、それは……うん。待ってて』
恭子は、半分ほどアナルに入ったペニスを抜くと、サイドボードの引き出しを開ける。そして、男性器型の大人のオモチャを取り出した。
「え? 大きいね。そんなの使うの?」
驚く拓也。確かに、恭子が持っているディルドは、なかなかのサイズだ。でも、拓也のペニスよりは小さい感じだ。
『……うん。拓也と同じくらいのが良いなって……。恥ずかしいよ』
本当に恥ずかしそうに言う恭子。直之は、恭子がそんな大人のオモチャを隠し持っていたことに強いショックを受けていた。本当に、拓也によって変えられてしまった……。淫乱な女に帰られてしまった……。直之は、強い危機感を感じていた。

「見せて。それで、どうやってしてるか見せて」
拓也は、かなり興奮した感じだ。
『えっ!? ダメだよ、恥ずかしくて無理だよ』
恭子は、そんな風に言う。かなりの抵抗感を感じているみたいだ。
「何でもしてくれるんでしょ? 俺が望むことなら」
拓也は、そんな風に言う。
『う、うん。じゃあ、最初は目をつぶってて』
恭子は、恥ずかしそうに言う。そして、拓也が目を閉じると、恭子はディルドをアナルに押しつけていく。仰向けのまま、大きく脚を拡げてアナルにディルドを入れようとする恭子……。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


[ 2021/03/31 20:54 ] 高校生の息子の友人と、親密すぎる嫁 | TB(-) | CM(-)

※久しぶりに妻とラブホテルに行ったら、妻が妙に慣れている感じがした

妻のあおいと結婚して、15年ほど経つ。その間に、家を買ったり課長になったりと、良いことばかりで幸せだった。息子も素直に育っているし、私の子供とは思えないくらいに勉強もスポーツも出来る。トンビがタカを産んだのかなと、思うくらいだ。

そして、もうすぐ40歳になるあおいは、結婚した時と全然変わらない印象だ。もちろん、目尻のシワや、身体のたるみなんかはあるのだと思う。でも、アラフォーにしては凄く頑張っていると思う。

【続きを読む】
[ 2021/03/31 20:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

泊まりの予定の出張から早く帰ってしまったばかりに、嫁がイケメン後輩としてるのを見てしまった

結婚して3年経つんだけど最近は嫁さんともセックスレス気味……。
 
なのに嫁さんは今月、三十路を迎えますます激しく求めてくるようになって……。
 
俺の可愛がってるイケメン後輩の直樹(24歳)はよく、家に連れてっており嫁さんもよく知っていた。
 
あれは先週の木曜日の俺が東京出張だった(のはずだった)夜のことだ。泊りのはずが夕方キリがついた為、急遽 新幹線で帰って名古屋駅に着いたのが22時。

【続きを読む】
[ 2021/03/31 19:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

寝取られ性癖の僕の望で元彼に抱かれる姉さん女房6(オリジナル 転載禁止)

前回の話

美穂は、早川さんの股間をズボンごと握ったまま、
『さっさと片付けて、セックスするんだろ?』
と、素っ気ない感じで言う。
「片付けなんて、後でいいよ」
早川さんは、そう言いながらキスをした。美穂は、僕の方を見たまま少し困ったような顔になっている。でも、早川さんが舌を差し込んでキスをし始めると、僕から視線を外して舌を絡めるキスを始めた。

見せつけるように、舌を絡める美穂。早川さんは、美穂を畳の上に押し倒し始めた。キスをしたまま、畳の上に押し倒されていく美穂。
一瞬、チラっと僕のことを見た。でも、特に何もしないし言わない。早川さんは、美穂にキスをしたまま彼女の上着を脱がせていく。
すると、ブラジャーが丸見えになる。それは、いつもの使い込んだやつではなく、初めて見るような黒のレースのセクシーなものだった。
「エロいのつけてるな。やる気満々だった?」
早川さんが、茶化すようにいう。
『べ、別にいつも付けてるやつだよ』
美穂は、ぶっきらぼうに言う。でも、顔がほんのりと赤くなっていて、恥ずかしそうになっている。
「へぇ、でも、値札付いてるよ」
早川さんが言う。美穂は、慌ててブラを確認する。
「嘘だよ。でも、やっぱり買ったばっかりなんだ。俺のためにありがとう」
早川さんは、優しい口調でお礼をいう。すると、美穂が彼の肩を拳でどついた。
『騙すなよ』
美穂は、耳まで赤くしながら言う。本当に恥ずかしそうだ。
「ごめんごめん。でも、嬉しいよ」
そう言って、彼は美穂にキスをする。僕がいることなんて、二人共忘れてしまったのではないかと思うくらい、濃厚なキスを続ける。すると、今度は美穂が彼の上着を脱がせ始めた。そして、上半身裸になった彼の乳首を舐め始めると、体勢も入れ替えて美穂が上になった。

和室の中で、美穂が元カレの乳首を舐めている……。僕は、望んでいた通りの状況になっているのに、動揺してしまっている。そして、後悔の気持ちも湧いてきてしまっている。美穂は、四つん這いみたいな格好で乳首を舐めているので、スカートの中が丸見えだ。ブラとおそろいの黒のレースのショーツ。セクシーなタイプのものだ。普段履いているものとは、まるで違う。早川さんのために、こんな下着を用意した美穂……。僕は、激しい嫉妬心で身悶えしそうになっている。

早川さんは、美穂に乳首を舐められながらズボンを脱いでいく。盛り上がったパンツ。ペニスがほとんどはみ出そうになってしまっている。早川さんは、そのままパンツを脱いだ。勃起したペニスは血管が浮き出るようになっていて、張り出したカリ首も広がりきっているように見える。

美穂は、特に指示もないのにペニスを握ってしごき始める。乳首を舐められながらの手コキ……。すごく気持ちよさそうだ。
「美穂、気持ちいいよ」
優しい声で言う早川さん。美穂は、
『このまま出しちゃえよ。さっさと終わらせて、片付けするよ』
とぶっきらぼうに言う。恥ずかしそうにしている美穂は、普段なかなか見られないので新鮮だ。
「そんなこと言って、本当はしたいんでしょ?」
早川さんが茶化す。
『別にそんなことないし』
美穂は、手コキをしながら気のない声で言う。すると、早川さんが手を伸ばしてスカートの中に手を突っ込んだ。
『あっ、ダメッ』
慌てる美穂。早川さんがショーツの上から美穂の秘部を触ると、すぐに美穂は、
「ヌレヌレじゃん。シミ出来てるし」
と、からかうように言う。美穂は、顔を真赤にしながら、
『うるさいよ。余計なこと言うなよ』
と、言う。怒っているような口ぶりでも、顔は恥じらっているような表情だ。

早川さんは、美穂の言葉を無視して更に触り続ける。
『や、やめろって、うぅ、バカ、うぅ』
美穂は、抵抗するようなことを言いながらも、押しのけたりはしない。
「染み出てくるし。脱がせるよ」
そう言って、美穂のショーツを脱がせ始める。美穂は、脱がせやすいように体を動かしてアシストしていく。すぐに脱がされてしまった美穂……。僕は、美穂の濡れすぎて光っている膣口を見て、強いショックを受けてしまった。こんなにも早川さんのことを求めている……。そう思うと、敗北感しかない。美穂の膣口はあふれるほどになっていて、内ももにも少し蜜が垂れてきている。
これが、体は正直というヤツなのだろうか? 僕は、僕とのセックスで美穂がここまで濡れたことはないなと思っていた。

「こんなに期待してるんだ」
楽しそうに早川さんが言う。
「べ、別にそんなわけないし」
美穂は、恥ずかしそうに言う。
「へぇ、こんなになってても?」
指先に美穂の溢れた蜜をすくい取るようにして言う早川さん。濡れた指先を、わざわざ美穂に見せるようにする。

『バ、バカッ! 見せるなよ! そんなの見せなくていいから!』
怒ったように言う美穂。でも、早川さんはニヤニヤしながら指を見せ続ける。そして、早川さんは手を美穂の股間に戻し、触り始めた。
『あっ、ダ、ダメッ、こら、うぅっ、触るなって、うぅあっ、あっ、ダメ、うぅあっ』
美穂は、喘ぎ声混じりになってきてしまった。
「ほら、俺のもしてよ。口でしてくれる?」
早川さんが言う。すると、美穂はあえぎ声混じりのまま、早川さんのペニスをくわえてしまった。クリトリスのあたりを触られながら、夢中でフェラチオを続ける美穂。

「あぁ、気持ちいい。美穂、上手だよ」
優しい声で早川さんが言う。美穂は、何も言わずにフェラチオを続けている。大きなペニスを、慣れた感じで喉奥までくわえてみたり、頬をすぼめてバキュームしたりする。何度となく、繰り返してきたんだろうなと感じる動きだ。

僕は、嫉妬しながらも怖いくらいに興奮してしまう。そして、美穂に気が付かれないようにそっと股間をまさぐり始めた。少しすると、早川さんが指を美穂の膣中に挿入し始めた。ビクンと身体をのけぞらせながらも、夢中でフェラチオを続ける美穂。まさか、こんなに早く始めてしまうなんて想定もしていなかった。

『うぅっ、うぅ〜っ、んぅっ、うぅんぅ〜っ!』
早川さんのペニスをくわえたまま、うめき声を上げ続ける美穂。僕は、とにかく興奮しきった状態でそれを見続ける。そして、ペニスを出して直接しごき始めた。驚くほどの快感が駆け抜けていく感じだ。でも、強い快感を感じながら、なんとか声を上げないように気をつけた。

「イキそう? 締まってきたよ」
そんな風に言う早川さん。美穂は、ペニスを口から吐き出すと、
『イ、イクか、ばか』
苦しいような顔で絞り出すように言う。すると、早川さんが指の動きをいきなり強くした。
『うぅああっ! ダ、ダメ、ストップ、うぅあっ、あっ、激しいいっ、ヒィぅっ、あっ、アンッ、ダメッ、うぅあっ』
美穂は、叫ぶような声で言う。
「ほらほら、イケって。旦那さんも喜んでるよ」
早川さんがそう言うと、美穂が僕の方を見てきた。ペニスを出してしごいている僕を見て、美穂はあきれたような笑みを浮かべる。そして、また早川さんのペニスをくわえてしまった。

「あぁ、気持ちいい。激しいね。ほら、美穂もイッてごらん。旦那さんももっと喜ぶよ」
早川さんがそう言うと、美穂がペニスを口から出しながら、
『違うだろ、アンタが旦那なんだろ?』
と、苦しそうな顔で言う。
「そっか、そうだった。じゃあ、そろそろ入れようか。美穂、愛してるよ」
早川さんはそう言って、美穂を仰向けに寝転がらせる。そして、すぐに覆いかぶさっていった。スカートがまくれ上がり、なまめかしい感じになっている。ブラジャーもまだそのままなので、本当に慌ただしい感じがする。

『……ゴムは?』
美穂は、早川さんのペニスを見つめながら言う。
「ちゃんと、イクとき抜くよ」
早川さんはそう言って美穂に覆いかぶさる。美穂は、コンドームなしでセックスをしようとする早川さんに、結局何も言わない。早川さんは、そのまま美穂に覆いかぶさっていった。イクときに抜くことが、避妊になるはずがない。妊娠してしまったら、どうしよう? そんな心配を、今更してしまう……。

『あっ……』
美穂が声を上げる。早川さんのペニスは、もう先端が膣口に触れている。
「美穂、愛してるよ」
早川さんは、そう言って腰を押し込んでいく。ズブズブと挿入されていくペニス。美穂は、軽く顎を上げた感じになり、
『うぅあぁ、オサム、入ってきたぁ』
と、とろけたような声を上げる。僕は、ゾクゾクっとしたような快感を感じながら、美穂の中に入っていくペニスを見つめる。
「あぁ、ヤバい。めっちゃ締まる。美穂、愛してるよ」
早川さんは、さっきから何度も愛してるという言葉を繰り返す。美穂は、さっき一度愛してると言ったきり、愛してるという言葉は口にしていない。

『あぁ、大きい。オサム、気持ちいいよ』
美穂は、あっけなく気持ちいいと言い始めてしまった。強がることもなく、とろけたような顔で気持ちいいと言ってしまっている……。僕は、焦燥感で脇に汗が吹き出すようになってきた。

「やっぱり、これがいいんでしょ?」
早川さんは、そう言いながら腰を押し込んでいく。もう、大きなペニスの半分ほどが入ってしまっている。すると、そこで動きを止めてしまった早川さん。
『ど、どうした? なんで止める?』
美穂が、驚いたように質問する。
「奥まで入れてほしいの?」
早川さんが、意地悪な顔で言う。
『……いいから入れろよ』
美穂が、少し怒ったような顔で言う。
「ほら、おねだりしてごらん。昔みたいにさ」
早川さんが、意地悪を言い続ける。
『……入れて。奥まで入れて。オサムのおチンポ、早く入れて』
美穂が、顔を真赤にしながら卑猥な言葉を口にする。早川さんは、満足げな顔でペニスを入れていく。
『うぅあぁ、そう、もっと奥に、うぅっ!』
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


旦那しか男を知らない人妻が出会い系を始めた理由

昨年7月に、山形市郊外に住むE子(48歳)と出会ったのはメル友サイトであった。
私のメッセージに返信してきたことからメールの交換が始まった。
良くあるケースであるが、旦那がワンマンで暴力的に抑え込まれてた生活を送り、子供もようやく手から離れて自分を振り返った時、既に閉経が迫る年代となっていた。

【続きを読む】
[ 2021/03/31 17:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

僕にはすぎた女房だけど、天然なのが玉に瑕

会社に入社し早8年が経ちます。
元々仕事が遅い私は、職場の仲間からもドンくさいだの、ミスが多いと 馬鹿にされていました。

容姿も、カッコいいとは程遠い感じで、学生時代から目立たない存在だったかも 知れません。
そんな私も、先輩になる日が来ました。

【続きを読む】
[ 2021/03/31 14:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

※自宅で嫁を、好きなように一日部下に抱かせた。

嫁とは結婚してもうちょっとで20年になる。

私は来年50歳になり、嫁は今38歳だ。

いわゆる、できちゃった婚で、当初は親御さんなんかの風当たりも強かったが、二人目もすぐに授かり、自営の私の仕事も軌道に乗ったこともあって、ソレもすぐになくなった。


色々とあったが、楽しくて暖かい家庭を作れたつもりだ。

一人目の子供が大学に行くことになり、一人暮らしを始め、あっと言う間に二人目も留学でイギリスに行ってしまった。

【続きを読む】
[ 2021/03/31 13:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

嫁が19の時にナンパされた話

687 名前: えっちな18禁さん 投稿日: 2011/05/20(金) 14:16:26.46 ID:GIMmyzUm0
妻31歳 妻の容姿は世間一般から見てもまぁまぁカワイイ方らしい。
見た目はもっと若く年齢言っても違和感無いと思う。

【続きを読む】
[ 2021/03/31 12:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

夫にナイショで裏山の神社でオナってたら、基地外にメスにされました

これは、最近起きた出来事で、内緒話です。

夫と結婚し2年が過ぎました。

まだ、子供も出来ない状態です。

夫:37歳/私:25歳専業主婦(由香)/義父:60歳 嘱託社員

夫と結婚して、2人で暮らしたかったんですが、義父も1人(義母は別れた)で淋しいだろうと、一緒に住むことになりました。

【続きを読む】
[ 2021/03/31 10:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

子作りを始めた途端、嫁がやたらとセックスに積極的になった理由 完(オリジナル 転載禁止)

前回の話

七菜は、バックで健也君に貫かれ、気持ちよさそうにあえぎ続けている。レースクィーンのようなコスチュームで、おなかは丸見えになっている。大きく膨らんだおなか……。どこから見ても妊婦だ。

それなのに、七菜は健也君の長いペニスを根元まで膣にくわえ込み、とろけきった顔であえいでいる。
『気持ちいいよ。やっぱり健也のおチンポ気持ちいい。健也は気持ちいい?』
七菜は、とろけた顔で健也君に質問する。健也君は、腰を動かしながら、
「気持ちいいよ。でも、先っぽすごく当たってるけど、本当に平気? 赤ちゃん、生まれない?」
と、心配そうに聞く。でも、心配そうに聞きながらも、腰は動かしっぱなしだ。


『大丈夫だよ。もう、安定してるから。ねぇ、もっとして。もっと遠慮なく突いて。生まれちゃっても良いから、ガンガンして』
七菜は、とろとろにとろけた顔で言う。もう、私の知っている七菜はいなくなってしまったんだなと思った。恥ずかしがりで清楚な七菜……。すっかりと、健也君に染められてしまった。
でも、どうして私と別れないんだろう? そんな疑問を感じてしまう。確かに、健也君はまだ学生だ。でも、七菜の心酔ぶりを見ると、そんな事は関係なく駆け落ちでもしてしまうと思った。

もしかしたら、まだ私への気持ちは消えていない? そんな事も考えてしまう。そして、私自身はどうなんだろう? こんなモノを見たあとでも、七菜への気持ちは変わらないだろうか? 私は、自信がなくなってしまう。でも、自信がなくなりながらも、そこに希望も感じてしまう私もいる。

「じゃあ、突くよ。やばかったら言ってね」
健也君はそう言って腰を強く動かし始めた。
『あっ、あぐっ、うぅっ、そう! これが欲しかった! 気持ちいいっ! オマンコ気持ちいいっ!!』
七菜は、はしたない言葉を口にしながらあえぐ。本当に気持ちよさそうな顔になっている七菜を見て、私は我慢できずにペニスを出してしごき始めてしまった。

「ほらほら、もっと感じてごらん。オマンコグチョグチョにしてあげるよ」
健也君も卑猥な言葉を口にしながら腰をガンガン振り続ける。
『ンオォオおっ、気持ちいいっ! 健也もっと! もっとしてっ! 破水してもいいからっ!!』
叫ぶ七菜。私は、七菜がどうしてこんな風になってしまったのかと不思議に思いながらも、オナニーを続ける。まさか、会社のトイレでこんなことをするハメになるとは夢にも思っていなかった。

「そんなに気持ちいいの?」
健也が質問すると、七菜はすぐに、
『気持ちいいっ。だって、大きいから。全然違うよ。昭夫さんの小っちゃいのと比べたら、大人と子供だよ』
と、言う。私は、事実なだけに暗い気持ちになってしまう。

「そんな事言ったらダメでしょ。誰でも、短所長所があるんだから」
健也君が、そんな事を言う。私は、フォローされたことで余計に惨めな気持ちになってしまう。
『そうだね。でも、今はそんなのどうでも良いの。ねぇ、今度は前からして。キスしながらして欲しい』
甘えた声で言う七菜。健也君は、やれやれという感じの表情になりながら、七菜を仰向けに寝かせる。そして、正常位で挿入をすると、七菜のリクエスト通りにキスをした。嬉しそうに舌を絡めていく七菜。健也君も、積極的に舌を絡めながら腰を動かし始める。

大きなおなかが健也君の身体に当たっていて、私は心配になってしまう。産気づいてしまわないか……流産してしまわないか……そんな心配でドキドキしてしまう。でも、私はドキドキしながらもオナニーをする手を止められないでいる。

『どうしよう。どんどん好きになっちゃう。健也、好き。大好き。もっとして。もっと奥まで突いて欲しい』
七菜は、甘えたような声で言う。私は、七菜がほかの男に媚びるような態度をとっているのを見て、一気に射精しそうになってしまった。どうしてこんなに興奮してしまうのだろう? 自分の妻が、ほかの男と愛し合っているのを見ているのに、どうしてこんなにも興奮を感じてしまうのだろう? 私は、まったくわからないまま画面を見続ける。

「俺も好きだよ。七菜、俺が社会人になったら、絶対に一緒になるから」
健也君は、気持ちを込めて言う。
『……うん。その時まで、健也の気持ちが変わってなかったらね』
七菜は、おどけたような顔で言う。でも、すごく嬉しそうなのが伝わってくる。二人は、見つめ合ってキスをした。そのまま、健也君は腰を動かし続け、七菜は彼の身体に抱きついて舌を絡め続ける。

『あぁ、もうダメ。イッちゃう。またイッちゃう』
七菜は、切なげな顔で言う。
「良いよ、イッて。何回でもイッて良いから」
健也君は、そんな風に言いながら腰を動かし続ける。まるっきり、彼の方が年上のような対応だ。
『イクっ、イクっ! 健也、愛してるっ!』
七菜は、とうとうそんな言葉まで口にしてしまった。何度も好きという言葉は口にしていた。でも、愛していると言ったことはなかったはずだ。私は、七菜の気持ちがさらに健也君に傾いてしまったなと思いながらも、オナニーを続ける。

「愛してるよ。七菜、イクよ。中に出すから。愛してるっ」
健也君も、嬉しそうに言う。そして、激しく腰を振り始めた。
『あっぁっ、すごいっ、気持ちいいっ! もっと! もっと! あぁぁっ、ダメぇ、イクっ、イクぅっ! 愛してるっ! 健也、愛してるっ!』
な七菜、我を忘れてしまったように叫ぶ。健也君は、大丈夫かな? と、心配になるほど激しく腰を振りながら、
「七菜、愛してる。もっと感じて」
と、余裕のない声で言いながら腰を振り続ける。私は、破水してしまう……と、心配になっていた。もう、ほとんど全力で腰を振っているように見えてしまう。すると、七菜が健也君の乳首を舐め始めた。大きなおなかで苦しい体勢をする七菜。でも、夢中で健也君の乳首を舐め続ける。あえぐような声を上げる健也君。すぐに、
「七菜、イクよ。出すから。七菜もイッてっ!」
と、まったく余裕のない声で叫ぶ。
『イクっ! イクっ! 健也愛してるっ! 一番愛してるっ!!』
七菜は、泣いているような声で叫んだ。私は、その言葉に押されるように、一気に射精をしてしまった。すぐに健也君も七菜の膣中に射精を始める。七菜は、幸せそうな顔で身体を震わせた。

私は、うめき声を必死で抑えていた。会社のトイレの中、何をやっているのだろう……そんな気持ちになりながらも、画面の中の二人から目が離せない。二人は、吸い寄せられるように自然にキスを始めた。

「七菜、大丈夫? 激しすぎたかな?」
健也君は、心配そうに聞く。
『平気だよ。すごく気持ちよかった。頭、真っ白になっちゃった……。ねぇ、さっきの言葉、本気で思ってる?』
七菜は、モジモジと恥ずかしそうに質問する。
「え? さっきの言葉って、どれのこと? 一緒になりたいって言葉?」
健也君は、そんな風に質問する。
『う、うん。テンションが上がって言っただけなのかなって……』
七菜は、やっぱり恥ずかしそうに言う。
「本気だよ。決まってるじゃん。七菜と一緒になりたいよ。愛してるから」
健也君は、照れもなくまっすぐに言う。
『……嬉しいな。ねぇ、綺麗にしてあげる』
そう言って、七菜は健也君のペニスを舐め始めた。
「あ、七菜、そんな事しなくてもいいのに」
健也君が、そんな言葉をかける。でも、七菜は幸せそうにフェラチオを続けていく。すぐにギンギンに勃起し始めた彼。私は、まだするつもりなのだろうか? と、暗い気持ちになってしまう。でも、さすがにこれ以上トイレにいるのはまずいと判断し、一旦トイレを出た。

まだしているのだろうか? 何をしているのだろう? そんな事を考えてしまう私。仕事など、手につかなくなってしまう。私は、適当な理由を作って会社を出て、いつもの個室ビデオ店にサボりに行った。

タブレットでカメラを確認すると、二人は寝室に移動してセックスを続けていた。あれから1時間以上は経過しているのに、まだプレイ中と言う事に驚きながら、私はイヤホンを耳に装着した。

画面の中では、七菜が腰を振っていた。驚いたことに、四つん這いになっているのは健也君だ。七菜は、ペニスバンドを装着し、健也君のアナルを貫いていた。

「あぁ、もうダメ、七菜、もう無理っ」
健也君は、泣きそうな声で言う。七菜は、腰を振りながら、
『まだダメよ。もっと気持ちよくなって。私に夢中になって。ほかの女の子じゃ、満足できない身体にしてあげる』
と、言っている。真剣な口調だ。冗談でも何でもなく、本気でそう思っているような感じだ。

「も、もう無理、七菜、本当にもう……」
健也君は泣きそうな声で言う。七菜は、腰をさらに激しく動かしながら、
『もっと、もっと感じて。もっと狂わせてあげる』
と、少し怖いくらいの表情で言う。
「うぅあっ、あっ、七菜、ダメ、本当にダメッ! あぁっぁっ!!」
健也君は、クッションを握りしめながら叫ぶ。七菜は、そんな彼を嬉しそうな顔で見つめながら腰を振り続ける。男性が女性にするような激しい腰の動きを続ける七菜。まるっきり、男女が入れ替わってしまったような状況だ。

いつの間に二人は関係が戻っていたのだろう? そして、いつからこんな異常なセックスをするようになっていたのだろう? 私は、気がつくことが出来なかった事に悔やむばかりだ。もう、こんな関係になった二人を引き離すことなんて出来ないだろうと思う。

『あぁ、健也、愛してる。もう、私以外見ちゃダメだよ』

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


妻を目隠しして巨根の友人の前に差し出したら

俺31 妻27 俺の妻は顔は普通だかスタイルはよく、後ろからくる男は絶対に振り返るほどのプロポーションをしている。俺もそれにだまされた!?。俺の友達(親友)も妻の前でよく「スタイルがよくて羨ましいな〜」と誉めちぎっていた。

【続きを読む】
[ 2021/03/31 08:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

嫁の変化を友人に相談したら、絶対に不倫してると言われた

最近嫁がやけに化粧などをしだし、かなりファッションにもこだわるようになってきた。

前の嫁の服装といえば、短パンに、キャラクターの顔の絵が乗っているTシャツ一枚・・・。

それが今は、女性に人気のブランド?の服に、生足の見えるスカートなど、とにかくエロさがハンパじゃない事は男の僕が保障できる。

【続きを読む】
[ 2021/03/31 05:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

旦那一途な若妻が遊び人に染められてエロい格好をするようになった

うちのバイトの幼妻(19才)が、イケメン遊び人に喰われた。
高校中退の新婚二年目で猛反対を押し切って、大恋愛の末に結婚したらしい。
メチャメチャ可愛くて、エッチな話も笑いながら付き合ってくれるし、天然で子供もいるけどモテモテで、俺もマジで惚れてた。

【続きを読む】
[ 2021/03/31 02:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

夫が私を寝取らせるためにした、恥ずかしすぎるイタズラ

今年の夏、私はとても恥ずかしく興奮する出来事がありました。
私の夫は、ちょっと変わった性癖があるんです。
それは、私にエッチな格好をさせて出かけて喜んだり、外でエッチを求めて来ます。

【続きを読む】
[ 2021/03/31 00:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

浮気した亜希と間男と3P

彼女=亜希とつき合ってた終わりの頃、亜希の浮気が発覚したのよ。
実はオレも前に浮気がバレて平謝りしたこともあったんで、まあブチ切れはしなかった。
とゆーか驚いた。亜希が浮気とかしそうにないタイプだと思ってたんで。
まあ最近セクースの間隔も空いてたしな、とか思った。

亜希について説明すると、当時21才で、ルックスは贔屓目抜きでも多分並より上。
結構ファンが多かったんで可愛いほうだったんじゃないかと。
服のセンスが良くって、体形は細身。本人はCカップだと言っていた。
首都圏の大学の英文科3年。まじめにちゃんと学校通ってました。
このスレ読んでて、外見がイメージできる方が萌えるんで一応 (w
ちなみにオレは二つ上です。


【続きを読む】
[ 2021/03/30 22:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

△Fカップの見た目が派手な嫁を、友人に本気で堕としてくれと頼んでみた(転載禁止)

「悪い! もう少し待ってくれないか? 絶対に返すからさ!」
研二は、僕に会うなり土下座でもする勢いで謝ってきた。僕は、お金のことじゃないよと告げる。
「え? 違うの? 久しぶりに連絡来たから、絶対借金のことかと思ったよ。て言うか、金のこと以外でなんかあったっけ? なんか、借りてた?」
研二は、急にクールな感じに戻って言う。さっきの、土下座でもしそうな感じは演技なんだなと、妙なところに感心してしまった。

【続きを読む】
[ 2021/03/30 20:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

Fカップの妻と混浴温泉に入ったら想像以上の出来事が2

以前「初めて妻と入った混浴で…」を書いた一児の父です。
新たな展開が有ったので報告させて頂きます。

私には33歳になる妻(美奈)と6歳になる息子(衣月:いっちゃん)がいます。
前に3人で旅行に出掛け、混浴のある温泉で妻のエッチな姿を見られる興奮を味わいました。

【続きを読む】
[ 2021/03/30 19:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

Fカップの妻と混浴温泉に入ったら想像以上の出来事が

私は32歳になる妻(美奈)と5歳の子供(衣月)の父親です。
最近私達は、旅行に出かけ温泉宿に宿泊したんです。
夕方旅館に到着し、部屋で旅館案内の広告を見ていると、混浴露天と言う文字を見つけました。
”お~この旅館に混浴があるんだなぁ!行って見ようか?”

【続きを読む】
[ 2021/03/30 17:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)

夫の会社の若い子が骨折したので世話をしたら、すっごいカリにイカされた

主人の会社に入った19歳の子が両指と手首を骨折したので、身の回りのお世話をするため、1ヶ月ほどその子のアパートに通ってました。
両手が使えないのはかなり大変なようで、食事や掃除と洗濯もしました。

【続きを読む】
[ 2021/03/30 14:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)
寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
気持ち良すぎるオナホ