「PR」本ブログはアフィリエイト広告を利用しています

僕のEDを治すため、親友に妻の心まで奪わせることにした2(オリジナル 転載禁止)

前回の話

 玲奈のデートの報告を聞き、結局射精までする事が出来た。やっぱり、EDは精神的なものだったみたいだ。ちゃんと興奮すれば、中折れすることもなさそうだ。
 でも、昨晩玲奈としているとき、少し気を抜いたら中折れしそうにはなった。きっと、根本的に治療する事が必要なのかもしれない。
 それにしても、手をつないでデートをしたと聞いただけで、あんなにも強い興奮を感じるとは思っていなかった。写真も撮ったと言っているのに、結局見せてくれない。


 玲奈と雅治が手をつないで動物園でデートをしている……それだけの事なのに、なぜだか興奮が抑えれない。僕は、昼休みになると雅治に連絡を取った。そして、色々と昨日の話を聞いた。
「いや、別に本当に動物園でデートしただけだぞ。高校生に戻ったみたいだったよ。でも、手を繋いで歩いたら、久しぶりにときめいた。やっぱり、玲奈ちゃん良い女だよ。変な事するの、この辺でやめといた方が良いと思うぞ」
 雅治は、見た目に反して真面目なところがある。玲奈の事を本当に堕とすのではないか? そんな事も思っていたが、話している感じだとそれもなさそうだ。

 僕は、写真の事を聞いた。
「え? 見てないの? 結構撮ったぞ。俺のスマホにも入っているから、後で送ろうか?」
 雅治は、そんな事を言ってくれる。僕は、すぐに送ってくれるようにお願いした。

「この先、どうするの? もう、止める? それとも、またデートした方が良い?」
 雅治は、少し遠慮がちに質問する。僕は、雅治はどうしたいのかと聞いた。
「そりゃ、したいでしょ。玲奈ちゃんとデートできるなら、ヘンタイのお願いでもなんでも聞くよ」
 雅治は、からかうように言う。僕は、ヘンタイと言われてもあまりダメージを感じなくなってしまった。そして、思い切って提案してみた。もっと、本格的に堕としてくれないかと。
「本格的に? どの程度の話?」
 雅治は、戸惑っている。無理もないと思う。僕は、流れに任せると言った。玲奈が望むような形にして欲しいと……。
「望むって、もしキスしたいとか抱いて欲しいって言ったらどうするつもり?」
 雅治は、真剣な口調で質問する。僕は、そこまでの事は考えていないと言った。
「考えてないって、男と女だから何があるかわからんぞ。ここまでって線引きしてくれた方が、俺はやりやすいけど」
 雅治は、そんな提案をしてきた。でも、その口ぶりは、最後まで行こうと思えば行けると言っているようで、少しモヤモヤしてしまう。雅治がモテるのもわかっているし、僕とは経験人数が段違いだという事もわかっている。
 それでも、そんな風に言われると、玲奈が軽く扱われているようで少し怒りを感じてしまう。
 
 僕は、少しムキになってしまったせいか、そうなったらそうしてかまわないと言ってしまった。
「え? セックスしても良いって事か? さすがにそれは……」
 雅治は、自分で言い出したようなものなのに、かなり戸惑っている。僕は、
「玲奈が望むなら、それでかまわないよ。でも、そうなる事はないと思うけど」
 と、少しだけ煽るような言い方をした。別に、僕は怒っているわけではない。でも、少しは彼に言いたくなってしまったのだと思う。

「了解。じゃあ、頑張るわ。そうだ、今後はどうする? 写真とか動画は必要?」
 雅治が、ドキッとするような提案をしてきた。僕は、とっさに言葉が出てこなかった。口ごもる僕に、
「了解。良い動画、撮っとくよ」
 と、彼は自信たっぷりに言った……。

 雅治との通話が終わると、すぐにメッセージが届いた。写真がいくつか添付されている。楽しそうに笑っている玲奈が映った。基本的に、玲奈の写真が多い。ゾウの前とか、キリンの前で笑って映っている。
 とくに、取り立てて刺激もないような写真なのに、激しく興奮してしまった。こんな笑顔を、僕以外の男性に向けている……。そう思っただけで、今まで感じた事のないような強い嫉妬を感じてしまう。

 写真を確認していくと、次第に2人で映るものが増えてきた。誰に撮って貰っているのかはわからないが、2人並んで笑っている。
 こうやって写真で見ると、びっくりするくらいの美男美女だ。僕なんかと並んでいるよりも、はるかに絵になっている……。

 写真は続く。かなりの量だ。すると、一緒に写っている写真に変化が出てきた。手を繋いで映っているものや、腕を組んでいるもの……僕は、嫉妬で泣きそうな気持ちになってしまった。それなのに、こらえきれずに股間をまさぐり始めてしまった。

 でも、自分が会社にいる事を思い出し、慌てて手を股間から離した。玲奈は、甘えたように雅治と腕を組んでいる。身体をくっつけ、頭も彼の腕にもたれ掛かるようにしている……。

 たった一度のデートで、ここまで仲良くなるのだろうか? もう、交際が始まったと言われても信じてしまいそうな一枚だ……。
 雅治の自信は、この写真からきているのかな? と、思ってしまった。

 帰宅すると、玲奈が出迎えてくれた。でも、少し元気がない。僕は、心配で、どうしたのかと聞いた。
「うん……雅治さんに、また誘われちゃったんだ」
 少し申し訳なさそうな顔になっている。僕は、直接連絡を取り合った事に驚いてしまった。いつの間に? 質問すると、
「この前のデートの帰りに、連絡先交換したんだ」
 と、玲奈はさらに申し訳なさそうに言う。僕は、激しくドキドキしていた。僕のコントロール外で、連絡を取り合う2人……。危機感が湧いてくる。でも、興奮もしてしまう。

「今度は、ドライブして中華街で食事しようって」
 玲奈は、不安そうな顔だ。僕は、良いねと言った。
「え? 良いの?」
 玲奈は、少し驚いている。僕は、嫌なの? と聞いてみた。
「嫌じゃないよ。でも、ケイちゃんが嫌かなって」
 僕は、正直にすごく興奮していると告げた。勃起している股間も誇示する。
「本当だ。もう大きくなってる。そんなに興奮しちゃうの? 焼き餅焼いてくれて嬉しいな……」
 玲奈は、表情が変わってきた。申し訳なさそうな感じから、興奮したような感じに……。

「ケイちゃん……今のうちにしようよ。固くなってるんでしょ? すぐ来て」
 玲奈はそういって、すぐに服を脱ぎ始めた。僕も、慌てて服を脱いでいく。あっという間に2人とも全裸になると、もつれるようにベッドに倒れ込んでキスを始めた。

 玲奈は本当に可愛いと思う。勃起しなくなった僕を興奮させようと、卑猥なランジェリーを着てくれたりもした。そして、僕が興奮するからと言って、雅治とデートまでしてくれる。僕は、ピュアな玲奈の気持ちにつけ込んで、自分のヘンタイ的な性癖を満足させようとしているだけなのではないか? と、罪悪感が強くなってきた……。

「もう、来て。ケイちゃん、愛してる」
 玲奈は、興奮した声で誘ってくる。僕は、すぐにいきり立ったペニスを突き立てた。ペニスが膣口に触れると、クチョッとしめった音が響く。驚くほどに濡れている。僕は、そのまま腰を突き出した。

「うぅっ、ケイちゃん、固いよ。すごく固い」
 玲奈は、嬉しそうに言う。僕は、すぐに腰を動かし始めた。玲奈は、すぐにあえぎ始める。すっかりと準備が出来ていた玲奈に、少し戸惑ってしまう。そして、疑念も……。雅治にデートに誘われたから、こんなに濡れているのではないか? アイツに抱かれる事を想像して、興奮したのではないか? そんな想像をするだけで、信じられないほどに高ぶってしまう。

「うぅっ、アッ、気持ちいい。ケイちゃん、すごく固いよ。もしかして、想像してる? 雅治さんと私がデートしてるところ……」
 玲奈は、荒い息遣いのまま質問してくる。僕は、図星すぎてドキッとしてしまった。何も答えない僕に、
「やっぱり、そうなんだね……。じゃあ、もっと興奮させるね。いっぱい焼き餅焼いて貰えるように頑張るね」
 と、少し挑発するような顔で言う。僕のために他の男とのデートを頑張ると言っている玲奈に、矛盾を感じながらも異常に興奮してしまう。そして、自分でも驚くほどあっけなく射精してしまった……。

「アンッ、イッちゃったの? フフ、興奮しすぎだよ」
 玲奈は、僕の早漏に怒る事もなく笑顔で言う。本当に嬉しそうに見える。僕は、ゴメンと謝った……。
「でも、こんな風に普通に出来るようになったなら、もう雅治さんとデートなんてしなくても良いんじゃない?」
 玲奈は、もっともな事を言い始めた。確かに、EDはもう治っていると言って良いと思う。
「フフ。どうしてガッカリしてるの? 変なの」
 玲奈は、少し恥ずかしそうに微笑む。僕は、デートは止めるつもりなの? と聞いた。
「止めないよ。だって、雅治さんとのデートのために、さっき下着買ってきたもん」
 玲奈は、イタズラっぽく笑った。僕は、その言葉に異常に興奮してしまい、玲奈に覆い被さっていく。
「アンッ。続けてなんて、初めてだね。嬉しいな」
 玲奈は、僕に激しく責められながら、妖艶に微笑んでいた……。

 結局、デートは確定した。僕は、なんとなく、玲奈の手の平の上で転がされているような感覚になっていた。でも、玲奈のドライブデートを楽しみにする僕は、それはそれでいいのかもしれない……いっそ、このまま手の平の上で転がされ続けたいと思ってしまった。

 玲奈のデートの前日、自分でも不思議なほど玲奈の事を抱きたくなってしまった。荒々しくキスをして抱きしめると、
「ダメだよ、明日デートなんだから。今日は、もう寝るの。明日のために」
 と、玲奈はイタズラっぽく言う。でも、そんな事をされればされるほど、無性に抱きたくなってしまう……。
「ダメ。明日、いっぱいお話ししながらしようよ。その方が、興奮するでしょ? 明日は、写真見せてあげてもいいかな?」
 玲奈は、興奮しているような顔で言う。僕が興奮しているように、玲奈もこんなことを言いながら興奮している? そう思うと、不安な気持ちが大きくなってしまう。僕を興奮させるために、どこまでやってしまうのだろう? もしかしたら……気が気ではない。

 そして、結局玲奈は本当にセックスをさせてくれなかった……。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


僕のEDを治すため、親友に妻の心まで奪わせることにした(オリジナル 転載禁止)

「ゴメン……柔らかくなっちゃった」
僕は、中折れしてしまったペニスのことを謝った。
「仕方ないよ。疲れてるんだよ。……ちょっと、してみるね」
 妻の玲奈は、そう言って僕のペニスを舐め始めた。ちっちゃな舌が、カリ首や尿道口を刺激してくる。ぎこちないながらも、一生懸命という感じだ。


 玲奈は、なんとか僕を勃起させようと必死でフェラチオを続けてくれる。セクシーなランジェリー姿……胸もアソコもスリットから見えてしまっているような、下着としての機能を果たしていないランジェリーだ。そんなモノまで着て、なんとか僕を興奮させようとしてくれている。

 僕は、快感を感じながらも勃起しないペニスにもどかしい気持ちになっていた。玲奈とは、結婚して2年経つ。元々、僕はセックスが強い方ではなかった。でも、勃起はしていたし、セックスも回数は少ないながら普通に出来ていた。

 この1年くらい、途中で柔らかくなってしまうことが続き、最近では勃起自体もしづらくなってしまった。今日も、玲奈がセクシーなランジェリー姿で僕を興奮させながら、なんとか勃起させてくれた。でも、挿入して数分で中折れをしてしまった……。

 妻の玲奈は、小柄で華奢な感じの女性だ。僕の2歳下で、27歳。小柄で童顔なので、いまだに学生に見られることもある。胸が小さくて子供っぽい事が彼女のコンプレックスみたいだけど、僕は全然気にならない。

 むしろ、驚くほど可愛い顔をしている玲奈が、僕なんかと結婚してくれたことが奇跡だなと思っている。玲奈は、初対面の知人に驚かれるほど可愛い顔をしている。
「アイドルみたいだね。本当に可愛い」
 そんな風に言われることが多く、夫の僕としては誇らしい気持ちになったりする。

 そんな玲奈が、卑猥な下着姿でフェラチオをしてくれる……。男としては最高にシチュエーションのはずが、ペニスはさらに柔らかくなっていく……。

 僕は、ゴメンと謝ってフェラチオを止めさせた。
「ゴメンね、私が下手くそだからだよね……」
 玲奈は、申し訳なさそうに言う。正直、僕はセックスなんてなくても良いと思っている。玲奈と毎日過ごせるだけで、本当に楽しいし幸せだ。
 でも、玲奈はセックスにこだわる。性欲が強いというわけではない。愛の形として、当然セックスがあるものだという考え方みたいだ。

「きっと、すぐに良くなるよ。仕事、頑張りすぎなんだね」
 玲奈は、笑顔で慰めてくれる。でも、不満も文句も言わず、そんな風に慰めてくれることが、僕にとってプレッシャーにもなっていた。

 そんなある日、友人の雅治が遊びに来た。雅治は、高校からの友人で、今でも交流のある数少ない友人だ。陰キャグループに属していた僕とは違い、いつもみんなの中心にいるような明るく楽しい男だった。

 ルックスが抜群に良く、女の子にはすごくモテていた。でも、男友達とつるんでいる方が楽しいと思うタイプで、僕ともよく一緒に遊んでいた。

「ちょっと近くまで来たから。元気だった?」
 そんな風に言いながら、ウチに上がり込んでくる。3ヶ月ぶりくらいの訪問だ。彼は今、隣の県で暮らしている。車で1時間半程度の場所なので、そこまで遠いという感じでもない。

「こんばんは。ちょうど今ご飯出来たから、一緒にどうですか?」
 玲奈は、笑顔で彼に言う。玲奈は、人見知りなタイプだが、何度も遊びに来ている雅治にはすっかりと馴染んでいる。

「ありがとう! 玲奈ちゃん、今日も可愛いね。また若返った? そのうち、小学校に通い始めちゃうんじゃない?」
 軽口を飛ばしながら、雅治はリビングに入っていく。玲奈は、雅治の言葉に楽しそうに笑っている。玲奈が他の男と話をしているのを見るだけで、嫉妬心のようなものがうずくのを感じる。

 僕は、昔から寝取られ性癖のようなものを持っていた。アニメや漫画で、ライバルにヒロインが奪われそうになると、異様にドキドキしてしまうような感じだった。

 今も、楽しそうに雅治と話をする玲奈を見て、すごくドキドキしてしまっている。ただ、そんなことは少しも見せず、僕も楽しく会話を続けた。

 食事を始めると、
「相変わらず、美味しいねぇ〜」
 と、雅治は調子よく玲奈を褒める。玲奈は、嬉しそうにしている。こうやって二人を見ていると、美男美女でお似合いだとすら思ってしまう。

「ケイちゃん、どうしたの? 今日は静かだね」
 玲奈に言われて、僕はそんなことないよと微笑んだ。
 楽しい時間が過ぎていき、雅治は帰っていった。その夜、僕は無性に玲奈を抱きたくなった。かなり興奮してしまっていて、荒々しくキスをすると、玲奈は嬉しそうに舌を絡めてきてくれた。

 激しくキスを続け、剥ぎ取るように服を脱がせていく。小ぶりな胸を揉みしだきながら、興奮状態で乳首を舐め始めた。小さな胸、乳輪も乳首もすごく小さい。そして、色が薄いピンク色なので、より幼く見える。

 こんな風に責めていると、イケないことをしているような錯覚に陥りそうだ。
「ンッ、うぅ、ケイちゃん、気持ちいいよ」
 玲奈は、嬉しそうにあえぎ始めた。可愛らしい声で、控えめにあえぐ姿が、本当に健気でドキドキしてしまう。
 
 すると、玲奈が僕の股間をまさぐってきた。
「固い……ケイちゃん、すごく固いよ。……すぐ来て」
 玲奈は、恥ずかしそうに挿入をおねだりしてくれる。僕は、慌てて服を脱いで準備をする。玲奈も、嬉しそうにパジャマの下を脱いでくれた。

 ショーツ一枚になった玲奈は、恥ずかしそうな顔で僕を見つめている。僕は、彼女のショーツを脱がせていく。薄いヘア、そして、小さな陰唇。こんなところまで幼い印象だ。チラッと見えた膣口は、びっくりするほど濡れていた。

 いつも、こんな風になるっけ? と、考えてしまった。僕を興奮させるため、最近はこんな風に少し明るい照明の下にセックスをすることが増えた。でも、思い返してみても、玲奈のアソコがここまで濡れていた記憶がない。

 僕は、準備万端という感じの玲奈の膣に、そのまま挿入した。いつ子供が出来ても良いと思っているので、避妊はしていない。絡みついてくる膣のヒダの感触が生々しい。ゾワゾワッとするような快感を感じながら、僕は腰を振り始めた。いつになく、僕のペニスは固さを帯びている気がする。

「んっ、あっ、あっ、うぅ、気持ちいい。ケイちゃん、すごく固くなってるよ」
 玲奈は、控えめなあえぎ声をあげながら言う。僕は、彼女にキスをしながら腰を振り続けた。

 でも、急に雑念が入り始める。雅治と楽しい時間を過ごしたから、玲奈はこんなに濡れているのではないか? そう思った途端、心臓が壊れるかと思うくらいにドキドキし始めた。

 興奮した気持ちのまま腰を振る。玲奈は、可愛い顔を快感にとろけさせている。こんなにしっかりと勃起した状態で挿入できたのは、すごく久しぶりだ。でも、雅治のことを考えれば考えるほど、興奮する気持ちが増すのとは逆に、ペニスは柔らかくなっていった……。

「ゴメン……大丈夫かと思ったんだけど……」
 僕は、情けない気持ちで謝った。玲奈は、
「気持ちよかったよ。ケイちゃんの、すごく固くなってた。きっと、もうすぐ大丈夫になるよ。もう少しだね」
 と、優しく微笑んでくれた……。

 その夜、玲奈が寝た後にこっそりとオナニーをした。寝取られモノの同人誌をノートパソコンで読みながらした。セックスの時のEDがウソのように、勃起したまま射精まで行くことが出来た。

 オナニーでは普通に射精まで出来ることで、セックスの時に柔らかくなるのは、何か心的なものなんだろうなと思った……。

 その後、同じようなことを繰り返した。雅治が遊びに来るたびに、玲奈を抱こうとした。でも、いつも途中で失速してしまう……それを3回繰り返した後、玲奈が、
「ケイちゃん……もしかして、寝取られ性癖なの?」
 と、顔を真っ赤にしながら聞いてきた。僕は、激しく動揺しながらも、どうして? と、聞いた。すると、
「……私も、色々調べたの。ケイちゃん、イヤだったら止めてね。恥ずかしいから、暗くするね」
 と、言い始めた。僕は、なんだろう? 何をするつもりだろう? と、かなり動揺してしまった。

 玲奈は、僕の乳首を舐め始めた。意外と普通のことが始まり、少し拍子抜けする。玲奈は、僕の乳首を舐め続けてくれる。快感は大きくなるが、ペニスは半立ち程度だ。

「ケイちゃん、さっき、雅治さんと話してて、ドキドキしちゃったの……」
 急にそんなことを言い始めた。僕は、どうしたんだろう? と、不思議な気持ちになった。
「……すごく楽しかった。男の人と話すのって、ほとんどないから……ときめいちゃった……」
 そんなことを言いながら、僕のペニスをしごき続ける。玲奈は、本当に恥ずかしそうで、探り探り話をしている。僕は、玲奈の告白に心臓が痛いほどドキドキし始めていた。

「雅治さんが来ると、嬉しいって思っちゃう。もっと、いっぱいお話ししたいなって……雅治さんが帰っちゃうと、寂しくなるんだ……。また会いたいなって……」
 そんなことを言い始めた。僕は、自分でも驚くほど興奮していた。
「ケイちゃん、来て……すごく固くなった」
 玲奈は、ペニスから手を離して仰向けで寝転がる。そして、脚を軽くM字に開いた。異様な興奮を感じながら、僕はすぐに覆い被さる。
「うぅっ、ケイちゃん、固いよ。すごく固くなってる」
 玲奈は、嬉しそうにうめく。僕は、嫉妬心に突き動かされるように腰を振り始めた。
「うぅ、あっ、ンッ、ケイちゃん、気持ちいいよ。好き、愛してるっ」
 玲奈は、感極まったような声で言う。いつもよりも、感じてくれているように思える。僕は、玲奈の告白を気にしながら腰を振る。啓介にときめいた……嫉妬で苦しくなる。

「あっ、ンッ、ケイちゃん、もっとっ。うぅ、気持ちいい。好き、変なこと言ってごめんね、ケイちゃん、愛してる」

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


カテゴリ
kindle出版案内



2話収録です

2話収録です

ハード系です

姉さん女房です

新刊です

新刊です

バッドエンド








プロフィール

管理人:寝取られ好き
寝取られ体験談を紹介しています。このブログだけのオリジナル寝取られ話が多数あります。

QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
2位
アクセスランキングを見る>>
巨根になれる!「PR」