「PR」本ブログはアフィリエイト広告を利用しています

僕のEDを治すため、親友に妻の心まで奪わせることにした4(オリジナル 転載禁止)

前回の話

 玲奈は、どう見ても興奮したような顔のまま微笑んでいる。
「ゴメン、なんか……水かなんか買ってくるよ!」
 雅治は、かなり慌てている。精液を飲んでもらったことに感激しながらも、罪悪感を感じているような顔だ。
「大丈夫だよ。別に、マズくないし……なんか、嬉しいって思った」
 玲奈は、顔を真っ赤にしながら言う。雅治の精液を飲んだことが嬉しい? 僕は、玲奈の言葉にイヤな汗が噴き出すのを感じた。
 そもそも、このデートは僕には一切ナイショにしている。玲奈は、結局入らなかったにしても、ラブホテルの駐車場までは行ってしまった。どこまで行くのかドキドキしながら想像していたが、まさかいきなりそこまで行くとは思っていなかった。


「俺も、嬉しいよ。ホント、メチャクチャ嬉しい。飲んでくれるなんて、感激だよ」
 雅治は、本当に嬉しそうに言う。確かに、精液を飲んでもらうなんて、男としては最高の気持ちになるのかも知れない。でも、僕は玲奈も含めて、一度も経験していない。
「そんなに嬉しいものなの? フフ、変なの」
 玲奈は、無邪気に笑う。こんなにも無防備な笑顔を見せていることにも、僕は絶望的な気持ちになっている。もう、堕とされてしまったようなものではないか? そんな気持ちになってしまう。

「私のこと、好き?」
 玲奈が、いきなり聞いた。雅治は、驚いた顔にはなったが、すぐに好きだと答えた。
「フフ。私も好きだよ」
 玲奈は、はにかんだように言う。可愛らしい仕草に、僕はさらに危機感を強くする。雅治は、玲奈を抱きしめてキスをした。精液を飲み干した直後の口に、キスをしている……。
 玲奈は驚いた顔をしたが、すぐに舌を絡め始めた。車の中で、抱き合いながら舌を絡める二人……。まるで、学生の恋愛みたいだ。
「イヤじゃない? 精液の味、する?」
 玲奈は、少し心配そうだ。でも、可愛らしい顔に、小悪魔のようなイタズラっぽい表情が浮かんでいる。
「イヤなわけないよ。全然気にならない」
 そう言って、雅治はキスを続ける。正直、気にならないはずはないと思う。気持ち悪いなと感じてしまう。でも、そんな素振りも見せない彼は、やっぱり経験が豊富なんだと思った。

 濃厚なキスをしながら、雅治が玲奈のスカートの中に手を差し込んでいく。
「ダ、ダメ……恥ずかしい……」
 玲奈は、慌てた顔になる。でも、ダメと言っただけで抵抗はしない。雅治の手を押さえようともしないし、身をよじる感じもない。
「恥ずかしくないよ。玲奈ちゃんも感じて欲しい」
「うぅっ、ンッ、うぅ、イヤ、うぅ、恥ずかしい」
 玲奈は、うめくような声と吐息を漏らし続ける。他の男の手で、感じている……僕は、頭を棒で殴られたような衝撃を受けながらも、息苦しいほど興奮してしまっている。

「可愛いよ。もっと感じて」
 雅治は、優しい声をかけながらスカートの中の手をまさぐり続ける。何をしているのかはわからないが、玲奈は間違いなく感じさせられている……。
「声……出ちゃう、うぅ、ダメぇ、恥ずかしいよ……歩いてる人に聞かれちゃう」
 玲奈は、苦しげな声で言う。でも、すでに顔はとろけているように見えるし、声もあえぎ声みたいになってきている。
「ンッ、あっ、アンッ、気持ちいい。雅治さん、気持ちよくなっちゃう」
 玲奈は、あえぐような声をあげ始めた。カメラは、玲奈の表情をはっきりと映しているが、スカートの中で何をしているのかは映っていない。もう少し下の方が見たい……僕は、そんな気持ちで画面を見つめる。
 すると、いつの間にか回復した雅治のペニスが、画面に見え始めた。下の方は映っていないが、立派なカリ首や亀頭がクッキリと映ってしまっている。

 玲奈は、それを握り始めた。そして、大きすぎるペニスを握ると、ゆっくりとしごき始める。スカートの中をまさぐられ、あえぎながら手コキをする玲奈……。僕は、本当に最後まで行かずに終わったのだろうか? と、疑問を感じていた。どう見ても、最後まで行ってしまうような流れに見える。
 二人は、キスをしたままお互いの秘部を責め続ける。こんな街中の車内で、大胆すぎる行動だ。でも、お互いに理性が働いていないように見える。

 まさか、玲奈がこんな大胆な行動をするとは思っていなかった。想像も出来なかった。本当に、悪い夢を見ているとしか思えないような状況だ。それなのに、僕は手も触れていないペニスが射精寸前なまでに高ぶっている……。
 二人は、夢中でキスを続けている。キスを止めた途端に、爆弾が爆発してしまうデスゲームに参加しているような必死さだ。

「好き。大好きっ」
 玲奈は、思わず叫ぶ。僕は、さらに冷たい汗が背中を伝うのを感じながらも、やっぱり射精寸前だ。
「ダメぇ、イキそう……イッちゃう、雅治さん、恥ずかしい……」
 玲奈は、うわずった声で言う。恥ずかしさと興奮がにじみ出ているような声になっている。僕ですら見たことがないくらいにとろけた顔で、イキそうと言い始めた玲奈を見て、あっけなく射精をしてしまった……。

 結局、手も触れていないのに射精をしてしまった……。あまりの快感に、声が漏れてしまう。自分でも、しごいてもいないのに射精したことに強い戸惑いを感じる。
 画面の中では、雅治が、
「良いよ、イッて。玲奈ちゃん、好きだよ」
 と言いながら、スカートの中の手を動かし続けている。ドラレコはあまり下の方は写していないので、スカートの中の動きはほとんど見えないが、画面に映る雅治の腕は動きが激しくなっているように見える。
「うぅっ、ダメぇ、イク、気持ちいいの。好きになっちゃう。もっと好きになっちゃう。あっ、アンッ、イクっ、イクッ!」
 玲奈は、泣きそうな顔で身体を震わせた。そして、シートにグッタリと、もたれ掛かるように座り込む。その表情は、とろけたようになっていて、幸せそうに微笑んでいるように見えてしまう……。

「玲奈ちゃん、可愛かったよ」
 雅治は、スカートから手を引き抜きながら言う。
「……キスして」
 玲奈は、トロンとした顔のままおねだりをした。雅治は、すぐに玲奈にキスをする。さっきのような情熱的で激しいキスではなく、しっとりと落ち着いたようなキスだ。でも、舌はしっかりと絡み合っている……
 ラブホテルには行かなかったものの、もの凄く悪い状況になっていることを実感した。どう見ても、玲奈は雅治のことを好きになっているし、雅治も本気になっているようにしか見えない……。

 玲奈は、このデートを僕にはナイショにした。僕を興奮させるためにしている……そんな建前だったはずだ。どうしてナイショにしたのだろう? 僕は、射精して冷静になってしまったせいもあるのか、不安で押しつぶされそうになっている。

 その後、二人はキスを止め、車を動かした。普通のドライブが始まり、動画は終わった。取り急ぎアップしてくれたという感じだったのだと思う。
 僕は、雅治に連絡を取ろうとした。でも、玄関で物音がして慌ててしまった。まだ、パンツの中は精液まみれだ。
「ただいま〜」
 玲奈の、明るい声が響く。僕は、パンツの中が気持ち悪いと思いながらも玲奈を出迎えた。
「ゴメンね、遅くなっちゃった。お弁当買ってきたよ。食べよっか」
 玲奈は、すごく上機嫌だ。でも、やっぱり可愛らしい服を着ている。完全に、デートをするために気合いを入れた感じだ。

 僕は、可愛い格好だねと言った。
「ありがとう。フフ、今日ね、雅治さんとデートだったんだよ。いっぱい聞かせてあげるね」
 玲奈は、イタズラっぽく微笑む。僕は、玲奈がデートのことを話してきたことに、ホッとして腰が抜けそうだった。もしかして、秘密のままにされるのかな? と、不安だった。
 僕は、デートのことを初めて聞いたような顔で驚きながら、何をしてきたのかと聞いた。
「ドライブしてきたよ。海ほたるに連れて行ってもらったよ」
 玲奈は、ご機嫌で報告をしながら弁当を並べていく。さらに質問する僕に、
「フフ。焦らないの。後で、いっぱい教えてあげるから。まずは、性欲より食欲でしょ?」
 と、少し挑発的な顔で言った。色々な言葉が頭を巡る。でも、結局玲奈の言うとおりに食事を始めた。正直、味なんてよくわからないと思いながら食べ続ける。玲奈は、ニコニコと楽しそうに食事をしながら、ドライブのことを話してきた。
「あんなに真っ直ぐな道路なんだね。外に出たら、風が強くて驚いちゃった」
 玲奈は、楽しそうに報告をしてくる。僕は、玲奈がどこまで報告してくるのだろう? と、不安を感じていた。やっぱり、隠し事をするのだろうか? それとも、さっき見た動画のことを全部報告してくれるのだろうか? 不安と興奮でフワフワしたような気持ちになってきた。もしかしたら、軽い貧血なのかもしれない……。

 食事をしている玲奈を見つめていると、どうしても口ばかり見てしまう。あの口で、アイツのものをくわえてしまった……そして、精液まで飲んでしまった……そう思うだけで、嫉妬でおかしくなりそうだ。
 玲奈の口を注視していると、本当になまめかしく感じる。舌の動きや艶々した唇に、激しく欲情してしまう。

「じゃあ、お風呂入って寝室で話すね」
 玲奈は、そんな事を言った。そして、片付けをするから僕に先に入るように促してくる。パンツの中の精液のこともあるので、言うとおりにした。
 こっそりパンツは軽く水で洗い、洗濯機の中に紛れ込ませた。そして、手早く身体を洗うと、パジャマに着替えて寝室に行く。そのまま、玲奈が来るのを待った。玲奈は、すぐに来た。パジャマではなく、タオルを巻いただけの格好で恥ずかしそうに入ってきた。

「ゴメンね、お待たせ」
 恥ずかしそうに言いながら、僕の横に潜り込んでくる。そして、何も言わずにキスをしてきた。玲奈は、明らかに興奮した感じでキスをしている。口の中を小さな舌でかき回され、一気に火がついてしまった。
 玲奈に負けないように、夢中で舌を使いながら抱きしめると、玲奈の手が僕の股間に伸びてきた。
「もう、固くなってるね。興奮しているの? 私がデートしてきたのに、イヤじゃないの?」

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


久しぶりに妻と温泉宿に行ったら、イケメン二人に声をかけられた(オリジナル 転載不可)

 息子が泊まりで学校の野外教室に行くタイミングに合わせて、久しぶりに妻と二人で温泉宿に泊まることになった。息子が生まれて8年、二人で出かけることは一度もなかったと思う。
 久しぶりに二人で過ごす休日、なんとなく照れくさいなと思っていた。車を走らせると、妻の佳奈美が楽しそうに話し始める。
「ホント、二人でお出かけなんて、何年ぶり? 変な感じがするね」
 今日の佳奈美は、いつもと違ってちゃんとメイクもしているし、髪も巻きドライヤーでしっかりとカールしている。服も、スカートを穿いている姿を久しぶりに見た気がする。
 もともと整った顔をしていて、美人と言われることも多いタイプなので、ノーメイクに近くてもそれなりに綺麗だった。でも、しっかりと身支度を調えた佳奈美は、本当に美しいなと思った。


「え? 今頃気がついたの? まぁ、美人は3日で飽きるって言うしね」
 佳奈美も、私が褒めるとおどけて言った。佳奈美との生活もすっかりと日常になっていて、女として見ていなかったなと反省しながら車を走らせた。
「良い天気だね。なお君の方も、晴れてるのかな?」
 やっぱり、息子のことが気になるみたいだ。生意気なところも出てきているが、やっぱりまだまだ8歳は可愛い。友達と楽しくやってるはずだよと言いながら、ドライブを続けた。

 そして、夫婦岩や滝なんかを見学し、五平餅を食べたりしながら観光した。昔、若い頃にも二人で来たことがある場所だ。面白いもので、若い頃とは観光地の楽しさも変わった。若い頃は退屈だなと思ったりしたが、今はけっこう楽しい。感じ方も変化するものなんだなと思いながら、楽しく過ごした。

 そして、昼を食べた。それなりに混んでいるところが多かったが、道の駅でソバを食べた。相席で男性二人のテーブルに座った。
 別に、相席には抵抗はないが、男性二人がまだ若そうで、二人ともイケメンなのが少し気になった。佳奈美も、少し緊張した顔になっているが、なんとなく嬉しそうな雰囲気もしている。

 すると、男性二人が挨拶をしてきた。私も軽く挨拶をしたが、佳奈美は笑顔でしっかりと挨拶をしている。やっぱり、イケメンには弱いのかな? と、少しモヤモヤしてしまった。
 男性二人は、にこやかに挨拶をしている。自己紹介も始まり、二人は大学生で、ツーリング旅行に来ているそうだ。佳奈美は、
「へぇ、オートバイ乗ってるんだ。気をつけてね。でも、格好いいわね」
 と、会話を続ける。なんというか、少しおばちゃんが出てきているなと思うが、相変わらず社交的だなと感心もした。佳奈美から見たら、息子に近いような感覚なのかも知れない。
 やたらと、気をつけてねと心配するようなことを言っている。
「ありがとうございます。安全運転で行きます」
 穏やかに答える若者。佳奈美は、私に、息子がバイク乗りたいって言ったらどうする? と、聞いてきた。私が答える前に、若者の一人が、
「えっ? お子さんいるんですか?」
 と、驚いたように聞く。佳奈美は、いるわよと答えたが、二人とも驚いた顔をしていた。若く見えるので、自分たちと同じくらいの年かと思ったと言っている。
「またまた〜。お世辞言うにも程があるわ」
 佳奈美は、そんな風に言いながらも全力の笑顔だ。こんなにも嬉しそうな佳奈美は、久しぶりだ。
「いやいや、マジでビックリしました。ホント、お綺麗ですよね」
 イケメンに褒められて、佳奈美は完全に舞い上がっている。そして、二人のことも褒め始めた。
「ホント、イケメンね。最近の若い人は、みんな格好いいわね」
 佳奈美が他の男を褒めているのは、正直モヤモヤしてしまう。嫉妬……ヤキモチ? こんな若い子相手に、私も大人げないとは思う。でも、二人ともすごく礼儀正しいし、食べ方も綺麗だ。ケチのつけようがなくて、やっぱりモヤモヤしてしまった。

 とは言っても、混雑している飲食店での昼食なので、彼らはさっとソバを食べると、さわやかに挨拶をして出て行った。
「フフ、大学生かと思ったって」
 楽しそうな佳奈美。私は、お世辞だよと言おうと思ってなんとか踏みとどまった。
「パパ、ヤキモチ焼いてる? フフ、顔に出てるよ。なんか、嬉しいな」
 佳奈美は、幸せそうだ。私は、まだモヤモヤした気持ちは残っていながらも、こんなにも楽しそうな佳奈美を見て幸せを感じていた……。

 ソバ屋を出ると、佳奈美が手を繋いできた。久しぶりの感触に、ドキドキしてしまった。
「デートみたいだね」
 佳奈美は、良い笑顔で話しかけてくる。私も、久しぶりにときめいたような気持ちになり、幸せだった。

 車で移動を始めると、
「パパも、まだヤキモチ焼いてくれるんだね。そんな気持ち、残ってたんだね」
 と、嬉しそうな佳奈美。私は、別にそんな事はないと言った。
「本当に? じゃあ、あのままナンパされちゃったら、ついていっても良いの?」
 佳奈美は、少しだけムキになったような感じだ。私も、素直に嫉妬したと言えば良いのに、なんとなくムキになってしまった。別に良いよと告げると、
「もう! じゃあ、ついてっちゃうよ!」
 と、すねたように言った。すねた顔も可愛いなと思い、そう言うと、
「パパって、素直じゃないね。でも、大好きだよ」
 と、言ってくれた。本当に、あっという間の8年間だったなと思いながら、幸せをかみしめていた。

 宿に着くと、とりあえず温泉に入った。露天風呂の開放感に、鼻歌を歌ってしまいそうになる。そして、のんびりとリラックスしたあと、部屋に戻った。まだ佳奈美は戻ってきていなかったので、お茶を作って飲み始めた。浴衣を着て、温泉宿でお茶を飲む……。やっぱり、若い頃よりも良いものだなと感じる。年齢とともに、好みも変わっていくんだなと思った。
 以前は、こんな風に和室で浴衣を着てのんびりなんて、退屈だと思っていた。すると、佳奈美が戻ってきた。浴衣姿の彼女は、とても妖艶に見えた。
 メイクを落としたせいで、見た感じは若くなった。でも、髪をアップにしているので、うなじがセクシーだ。胸も大きめなので、浴衣を着ているととても目立つ。

「良いお湯だった〜」
 佳奈美は、そんな風に言いながらお茶を飲み始めた。まだ、夕食までには時間がある。私は、妖艶な雰囲気の佳奈美を抱きしめてキスをした。佳奈美は、驚くこともなくすぐに舌を絡めてくる。
 佳奈美も、こんな展開を予想していたみたいな感じだ。
「ドキドキしちゃうね」
 佳奈美は、恥ずかしそうだ。考えてみれば、こんなガチなキスは久しぶりだ。セックス自体も、数ヶ月はしていないと思う。
 私は、キスをしながら佳奈美を畳の上に押し倒していく。少し乱れた浴衣……胸の谷間が見え隠れする。私は、さらに興奮した状態になりながらキスを続けた。
「パパ、もうして欲しい……欲しくなっちゃった……」
 佳奈美は、顔を赤くしながらねだる。私は、興奮状態で佳奈美の浴衣を拡げた。大きな胸があらわになる。ブラジャーをつけていないので、乳首まで丸見えだ。

 私は、すぐに佳奈美の乳首にむしゃぶりついた。すでに固くなっている乳首を舐めると、佳奈美は甘い吐息を漏らす。
「んぅ、フゥ、パパ、気持ちいい……」
 佳奈美は、本当に気持ちよさそうな顔になっている。はだけた浴衣、なまめかしい太もも、そして、揺れる大きな胸。本当にセクシーで、興奮がどんどん大きくなっていく。
「パパ、もう来て……欲しいの」
 佳奈美は、潤んだ目で私を見つめながら言った。こんなに発情したような顔は、今まで見たことがない。私は、すぐに浴衣を脱いで佳奈美に覆い被さっていく。
「パパ、早く……我慢できない」
 悩ましげな声をあげる佳奈美……。私は、妊娠のことが頭をよぎったが、そのままペニスを挿入した。
「うぅっ、あっ、パパ、固いよ、すごく固くなってる」
 佳奈美は、とろけた声をあげる。私は、おそらく8年ぶりの生挿入の快感に、すでに射精感が湧いてしまっている。

 私は、腰を振り始めた。佳奈美は、さらにとろけた顔にり、私のことを見つめてくる。愛情を感じる表情だ。私も、愛してると言いながらキスをした。濃厚にキスをしながら、夢中で腰を振る……射精感はさらに高まっていく。もう、ほとんど限界だ。
 私は、慌ててキスをふりほどき、ペニスを抜いてしごきながら果てた……。
「キャッ、フフ、いっぱい出た」
 佳奈美は、お腹や首筋を精液まみれにしながら微笑んでいる。私は、コンドームをしていなかったことを謝った。
「大丈夫だよ。今日は、平気……すごく気持ちよかった。パパ、愛してる」
 佳奈美は、うっとりした顔で言ってくれた。でも、私はあまりに短いセックスになってしまったなと、反省する気持ちが大きくなっていた……。

 そして、夕食の時間になった。佳奈美は、やっぱり手を繋いでくる。本当に可愛いなと思いながら、夕食は何かな? と、テンションが上がっていた。
 食事は、メインダイニングというのだろうか? 比較的大きな和食レストランみたいな場所だ。個室ではないが、2〜3テーブルが一区画みたいな感じで間仕切りされている。
 そして、仲居さんに案内されてテーブルに着くと、隣のテーブルに彼らがいた。昼のソバ屋さんで一緒だったイケメン二人組だ。佳奈美が気がつき、話しかけた。
「こんばんは。宿、ここだったのね。偶然ね」
 佳奈美は、わかりやすく上機嫌だ。若者二人も驚いた顔で、
「こんな事って、あるんですね。でも、嬉しいです。佳奈美さんみたいな美人と食事できるなんて」
 と、言った。よく名前を覚えていたなと感心してしまった。そして、4人で食事をする感じになった。コースなので、食事内容もほぼ一緒だ。4人でビールを飲みながらの食事が進んでいく。

「へぇ、日本一周もするのね。学生のうちしか出来ないかも知れないもんね。良いと思うわ」
 佳奈美は、饒舌だ。逆に、私はほとんどしゃべっていない感じになっている。どうしても、モヤモヤというか、軽く嫉妬してしまって話が出来ない……。
「え? いくつくらいに見える?」
 佳奈美が、年齢の話にそんなリアクションをする。
「いっても、25くらいかと思いました」
「マジで同年代かなって」
 二人は、口裏を合わせたように褒める。
「35歳よ。もう、おばちゃんだわ。あなたたちの母親に近い年齢じゃない?」
 佳奈美は、嬉しそうに答える。お世辞だとしても、ここまで無邪気に喜ぶと、本当に可愛いなと思う。
「全然違いますよ。佳奈美さん、メチャ美人だし」

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


僕のEDを治すため、親友に妻の心まで奪わせることにした3(オリジナル 転載禁止)

前回の話

「フフ。ちゃんと出せたね。嬉しいな……いっぱい焼き餅焼いてくれたね」
 玲奈は、精液を中に注ぎ込まれながら、幸せそうな笑顔になっている。僕は、愛していると言いながらキスをした。射精し終わったペニスが柔らかくなっていくのを感じながらも、夢中で舌を絡めていく。
 玲奈も、嬉しそうに僕に抱きつきながら舌を絡めてくれる。でも、僕の頭の中は、アイツとキスをする玲奈のイメージでいっぱいだ。どれだけ長時間キスをしたのだろう? 玲奈は、僕ともしたことがないくらいに長いキスをしたと言っていた……。


 本当に抱かれたいと思ったの? と聞いた。僕を煽るために言ったのか、本心だったのか気になって仕方ない。
「フフ。ナイショ。言ったでしょ? デートの思い出は、雅治さんと私の二人だけの秘密だよ」
 玲奈は、イタズラっぽい笑みを浮かべながら言う。僕は、その言葉に嫉妬心が燃え上がるのを感じた。
「ケイちゃんの、また固くなってきた。ねぇ、まだ出来る? もう少し……して欲しいな」
 玲奈は、顔を真っ赤にしながら言った。僕は、玲奈の心の中を想像していた。本当に、雅治とセックスをしたかったのではないか? 抱いて欲しいと思っていたのではないか? そんな想像ばかりが膨らんでいく……。

 僕は、ほとんど完全に勃起したペニスを動かし始めた。射精直後のなのに、くすぐったいような感じはない。強い興奮と独占欲を感じながら、夢中で腰を動かし始めた。
「あっ、ンッ、ケイちゃんの、固くなってる。嬉しいな」
 玲奈は、控えめなあえぎ声とともにそんな事を言ってくれる。愛情を感じて、本当に嬉しい。でも、こんなにも愛してくれる玲奈を、他の男とデートさせている……僕は、自分でも何をやっているのだろう? と、今さら後悔も感じてしまう。
「気持ちいい? 変なこと言ってごめんね、愛してる」
 玲奈は、そんな事を言ってくれる。でも、本心を知りたいと思ってしまう。玲奈は、どこまで本気で言ったのだろう? 雅治に抱かれたいといった言葉は、本気だったように感じた。

 僕は、またキスをした。すぐに玲奈も舌を絡めてくれる。キスをしながらしていると、興奮も快感もどんどん大きくなっていくのを感じる。
 でも、自分でも不思議なほどペニスが柔らかくなっていく。興奮はしているのに、玲奈に愛していると言われると、安心して穏やかな気持ちになっていく。それが、勃起を維持出来ない原因なんだろうか?
「ケイちゃん、柔らかくなってきたよ。私がもっと雅治さんのこと好きになった方が良い? でも、もう好きになってるよ……」
 玲奈は、恥ずかしそうに言った。僕は、不思議なほどその言葉に興奮し、腰を激しく動かし始めた。
「あっ、ンッ、気持ちいいっ。ケイちゃん、すごく固いよ。もっとしてっ」
 玲奈は、やっぱり顔を赤くしたままおねだりのようなことを言う。無理をさせてしまっているのかな? と、思いながらも、玲奈にそんなおねだりをされると猛烈に興奮してしまう。

 僕は、小柄な彼女の身体を抱きしめながら腰を動かし続ける。絡みついてくる生膣の感触に、どんどん射精感が高まっていく。でも、結局玲奈は雅治とキスしかしなかったんだなと思うと、さっきまで感じていた嫉妬や焦燥感が薄くなっていくのを感じた。

「ゴメンね、その……柔らかくなった……」
 僕は、すっかりと小さくなってしまったペニスを引き抜きながら謝った。
「ううん。ちゃんと出してくれたから、嬉しかったよ。赤ちゃん、出来るかな?」
 玲奈は、幸せそうな顔だ。僕は、玲奈を抱きしめて愛していると言った。
「私も愛してるよ」
 玲奈も、幸せそうに言ってくれた。

 次の日、雅治が会社に来た。彼の車でコンビニのコーヒーを飲みながら話をした。昨日の報告に来たみたいだ。でも、僕はすでにドキドキしていた。この車の中で、玲奈が雅治とキスをした……。そう思うだけで、嫉妬で身もだえしてしまいそうだ。

「玲奈ちゃんから、聞いた? キスしたけど」
 雅治は、少し申し訳なさそうな顔になっている。僕は、聞いたと告げた。そして、どんな感じだったのか教えてくれとも言った。
「マジか。聞きたいんだ」
 雅治は、驚いた顔になる。でも、すぐに笑顔に変わった。
「楽しかったぞ。なんか、本当に学生時代のデートみたいで」
 雅治は、そんな事を言いながら車のナビ画面を触り始めた。何をしているのかな? と、思っている僕に、
「これ、ドライブレコーダーの画面が確認出来るんだよ」
 と、説明した。それでも、いまいち彼が何をしようとしているのかわからない。でも、画面に映ったものを見て納得した。その動画は、車内を撮している。正確には、車内も撮しているという感じだ。ほとんど360度の映像が見られるタイプのようだ。

 画面の中には、玲奈が映っていた。外には、ベイブリッジも映っている。
「すごいね、本当に綺麗。でも、よくこんな場所知ってるね。なんか、すごくわかりづらそうな場所だよね?」
 玲奈が、夜景を見ながら話をしている。音声も、すごくクリアに聞こえてくる。僕は、まさかのドラレコの使い方に驚きながらも、すでに勃起してしまっている。
 二人きりでドライブ……そして、夜景スポットで停まっている。もう、何か起きるのが確定しているような状況だ。

「仕事で港はよく来るんだよね。コンテナとか触るからさ」
「そうなんだ。本当は、色々な女の子連れてきてるんじゃないの〜?」
 玲奈が、おどけたように言う。
「まぁ、たまにね。でも、今日は本当に楽しかったよ。学生の頃に戻ったみたいでドキドキしたし」
「ドキドキしたの? ときめいた?」
 玲奈は、雅治のことを見つめている。なんというか、瞳が濡れているように見える。
「うん。ときめいた。今も、すごくドキドキしてるよ」
 雅治は、真剣な顔だ。すると、玲奈がスッと手を伸ばしていき、彼の胸に手を当てた。

「ホントだね。ドキドキしてる。フフ、意外に可愛いんだ」
 玲奈は、楽しそうに言う。こんなにも無警戒で無邪気な顔は、僕にしか見せない顔のはずだ。玲奈は、雅治の胸に手を当てたまま彼のことを見つめる。
 視線が絡み合う……僕は、すっかりと横にいる雅治のことを忘れて画面に釘付けだ。
「わ、私も……ドキドキしてるんだよ」
 玲奈は、すごく恥ずかしそうに言い始めた。
「そうなの?」
 雅治は、少し緊張が見える。
「……確かめてみて」
 玲奈は、そんな事を言ってしまった。雅治は、緊張気味にうんと答えると、そっと手を伸ばしていく。そして、手の平が玲奈の胸に触れた……止めてくれと声が出そうになるが、僕はなぜか完全に勃起してしまっている。
「本当だね」
 玲奈の胸に手の平を押しつけながら、雅治が緊張気味に言う。
「今日は、ずっとだよ。ドキドキしてときめいてたよ」
 玲奈は、胸を触られながら言う。これは、玲奈から聞いていない……。胸を触られた事は、言わなかった。さすがに、やり過ぎたと思ったのだろうか? 言わなかったと言う事は、隠し事が出来たということだと思う。

 僕は、裏切られたような気持ちになりながらも、興奮を抑えられない。すると、画面の中の二人が、無言で見つめ合う。二人とも、感情が表に出ているような目をしている。好きという感情……それが、溢れているようだ。

 僕は、子供頃に学校で忘れ物をしたときのような感覚になっていた。焦りというか、焦燥感というか、この世が終わるような錯覚……。すると、玲奈がスッと目を閉じた。そして、アゴを軽くあげた。
 そう言えば、キスの詳細までは聞いていなかった。玲奈も、長い時間キスをしたとしか言っていない。これを見る限り、玲奈の方がキスを求めた感じだ……。

 雅治は、玲奈のアゴの下に指を持って行き、軽く持ち上げるようにしながら唇を重ねていく。唇が触れてしまった……。でも、玲奈は顔を背けることもない。
 そのまましばらく唇を重ね続ける二人。でも、唇を押しつけているだけで、動きはない。そのまま、さらに時間が経過していく。すると、玲奈が雅治に腕を回して抱きつき始めた。

 雅治も、玲奈を抱きしめる。そして、抱きしめながら唇を押しつけ続ける。さっきまでよりも、強く押しつけているのがわかる。
 舌こそ絡めていないが、感情が表に溢れ出ているような、愛のあるキスに見えてしまう……。そのまま、二人の長いキスが続く。
 玲奈から聞いていたので、長いことは覚悟していた。でも、想像していた以上に長い……。

「……キスしちゃったね」
 玲奈は、長いキスが終わると恥ずかしそうに言った。
「うん。イヤだった?」
 雅治は、少し心配そうな口ぶりだ。
「イヤだったら、こんなに長くしないよ。すごく……ときめいた。ドキドキしちゃった……」
 玲奈は、すっかりと牝の顔になっている。その表情だけで、オナニーが出来てしまいそうなほどとろけているように見える。

「俺も、ときめいたよ。好きって気持ちになった」
 雅治は、直球勝負をする。
「ダ、ダメだよ、好きになったらダメだもん」
 玲奈は、動揺が激しい。
「どうして? 好きになっちゃうのは仕方ないんじゃない?」
 雅治は、情熱を感じるような表情だ。
「で、でも……」
 言いよどむ玲奈に、雅治はまたキスをした。今度は、遠慮なく舌を差し込んでいく。
「うぅっ」
 驚いたような声を漏らした玲奈。でも、ふりほどこうという気配もない。そして、雅治のキスは続く。舌を差し込み、玲奈の舌を絡め取るような濃厚なキスだ。
 玲奈は、彼に抱きついたまま舌を絡め始めてしまった……。偶然かも知れないが、カメラはそんな様子を真正面からしっかりと撮している。玲奈の舌の動きは、すごくおとなしい。でも、雅治の舌に絡みついているのは、時折見えてしまっている……。

 二人は、抱き合いながらキスを続ける。舌が絡み、抱き合う力も強くなっていくようだ。一体、どれだけ長くキスを続けるのだろう? 玲奈は、抱きつきすぎて助手席から運転席に身体が半分以上もズレている。
 ほとんど彼の身体に全身を密着させているように見える……。僕は、玲奈がここまでするとは思っていなかった。と言うよりも、やろうと思っても出来ないと思っていた。
 玲奈は、真面目だし引っ込み思案な性格だ。こんな風に、大胆なことが出来るような女性ではない……と、思っていた。

 そのまま、キスを続ける二人。すると、玲奈の手が彼の股間に伸びていく。僕は、まさかの玲奈の行動に、アゴが外れそうなほど驚いてしまった。
「か、固くなってる……」
 玲奈は、すごく緊張して恥ずかしそうだ。でも、しっかりと彼の股間の上に手を乗せている。握ったりしているわけではないが、確実に彼の股間の上に手を乗せてしまっている……。

「う、うん。ゴメンね、玲奈ちゃんを抱きたいって思ってる。ゴメン」
 雅治は、普段のイケメンで女慣れしている態度がウソのように、緊張した感じになっている。彼の意外な一面を見た気持ちだ。
「……私も。ダメだけど、そう思っちゃった」

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


カテゴリ
kindle出版案内



2話収録です

2話収録です

ハード系です

姉さん女房です

新刊です

新刊です

バッドエンド








プロフィール

管理人:寝取られ好き
寝取られ体験談を紹介しています。このブログだけのオリジナル寝取られ話が多数あります。

QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
2位
アクセスランキングを見る>>
巨根になれる!「PR」