NTR使える寝取られサイト

オリジナルの寝取られ体験談や人妻体験談を紹介しています

□僕のミスのせいで、嫁のアナルを開発されることになりました2(転載不可)

前回の話

恭子は、ぐったりとうつ伏せになったままだらしなく脚を拡げてしまっている。アナルからは精液が流れ出ていて、まだ穴が開いたように開いてしまっている。
でも、そんなことよりも気になってしまうのが、恭子の膣周りが濡れて光っていて、膝のあたりまでそれが続いていることだ。もしかして、感じてしまっている? 僕は、そんな疑念を持ってしまった。


・今月のブロマガ(このブログオリジナルコンテンツ)更新一覧表です

「まだ終わってないですよ。あと一回射精しないと終わりませんよ。ほら、ご奉仕してちゃんと立たせて下さいね」
橋元さんはそう言って、ベッドに仰向けで寝転がる。頭にはクッションを2つ重ねて敷いているので、頭は上がった状態だ。恭子は、ゆっくりとした動きで起き上がると、橋元さんの横に移動する。そして、
『失礼します』
と、言って、橋元さんの乳首を舐め始めた。丁寧に、橋元さんの乳首を舐めながら指でも触り続ける彼女。僕は、恭子に風俗嬢まがいのことをさせていることに、胸が痛くなる。

「気持ち良いよ。軽く噛んでみて」
橋元さんは、自分の欲望のままに指示をする。恭子は、橋元さんの乳首を甘噛みしたりしながら、丁寧に奉仕を続ける。橋元さんの太いペニスは、徐々に大きさを取り戻していく。
「よし、次はこっちだ」
橋元さんは、恭子にペニスを舐めるように指示をする。さっきまで、恭子のアナルに入っていたペニス……。まだ、拭いてすらいない。恭子は、躊躇しながらも橋元さんのペニスを舐め始めた。

もう、何度も繰り返してきているので、恭子の舌使いはとても滑らかだ。僕としか経験がなく、フェラチオなんてほとんどしたことがなかった恭子が、すっかりと風俗嬢のようになってしまった。

「上手になったね。じゃあ、玉の方もしてくれる?」
橋元さんは、そんな指示をする。恭子は、言われるままに彼の睾丸を舐め始めた。睾丸を舐めたり口に含んだりしながら、ペニスを手でしごき続ける恭子。もう、彼のペニスは完全に勃起しているように見える。

「あぁ、気持ち良い。じゃあ、次はこっちも」
そう言って、橋元さんはさっさと四つん這いになる。すると恭子は、橋元さんのお尻を手で広げるようにして彼のアナルを舐め始めた。僕は、申し訳ない気持ちで泣きそうになる。恭子は、黙々と橋元さんのアナルを舐め続けている。

すると、彼のペニスはさらに膨張したような感じになり、ブンブンと縦に揺れる。相当に興奮しているようだ。しばらく恭子のアナル舐め奉仕が続き、橋元さんの気持ちよさそうなうめき声が響く。

僕は、早く終わってくれと願いながら、目をそらすことなく恭子のアナル舐め奉仕を見つめていた。すると、今度は橋元さんが仰向けになり、恭子を強引にシックスナインの体勢に持っていく。

恭子は、すぐに彼のペニスをくわえ込んでいき、橋元さんも恭子のクリトリスのあたりを舐め始めた。恭子は、クリトリスを舐められながらも必死で頭を動かし続ける。

もしかしたら、フェラチオでイカせて終わりにしようとしているのかもしれない。でも、橋元さんはイク気配もなく恭子のクリトリスを舐め続ける。恭子は、たまに動きが止まったりするようになってきた。そして、
『んっ、ん~っ』
と、ペニスをくわえたままうめき声をあげたりする。僕の位置からは、恭子のアソコが丸見えだ。濡れすぎなほど濡れた膣周りに、精液がまだあふれているアナル……。僕は、見たくもないと思っているのに、どうしても目をそらすことが出来ない。

「舐めても舐めてもあふれてきますね。そんなに興奮して、膣にも入れて欲しいって思ってるんですか?」
橋元さんは、丁寧な言葉遣いで質問する。恭子はすぐに、
『お、思ってないです! 早く……イッて下さい』
恭子はそう言いながらも、手でしごき続ける。さっきから、かなり激しくフェラチオをしたり手でしごいたりしているのに、橋元さんはイキそうにない。いつも、2回目はなかなか射精してくれない感じだ。

「2回目なんだから、そんなに簡単にはイケないですよ。それよりも、これが気に入ったみたいでしたね」
橋元さんは、そう言って恭子の膣中に指を差し込んだ。うめく恭子。でも、必死でフェラチオを続けている。橋元さんは、ニヤニヤしながら恭子の膣中をかき混ぜ続ける。

『ん~っ、うぅ』
恭子は、うめきながらフェラチオを続ける。シックスナインなんて、僕とはしたことがない。恭子は、ひたすらフェラチオを続ける。橋元さんは、膣中を指でかき混ぜながら、クリトリスも触り始めた。

うめき声が大きくなる恭子……。感じてしまっているのだろうか? 僕は、胸が苦しくなるばかりだ。橋元さんは、さらに指の動きを早くする。恭子は、徐々にフェラチオの速度が落ちていき、時折止まってしまう。

そのままさらに橋元さんの責めは続き、恭子は動きが完全に止まる。そして、ペニスを吐き出すと、
『うぅっ、ダメっ、うぅあっ!』
と、短く叫んで身体をガクガク震わせてしまった。
「イッちゃいましたね。最近、感度上がってきたんじゃないですか?」
橋元さんは、本当に楽しそうだ。
『……そんなことないです』
恭子は、弱々しく言う。
「じゃあ、続けましょうか。今度は、上になって下さい」
橋元さんは、そんな指示をする。恭子は、小さな声でハイと言うと、スッと立ち上がって橋元さんにまたがっていく。

『失礼します』
恭子はそのまま腰を下ろしていく。当たり前のように橋元さんのペニスをアナルに押し当てると、そのまま一気に入れてしまった。あんなに太いペニスなのに、あっけないほど簡単に根元まで入ってしまっている。
『んっ、うぅ』
短くうめく恭子。そして、そのまま腰を上下に動かし始めた。恭子は、歯を食いしばるような顔で声を抑えている。でも、時折うめき声のようなものが漏れてしまっている。
「良いですね。気持ち良いですよ」
橋元さんは、そんな風に言いながら恭子の胸を揉み始めた。
『んっ、うっ、うぅ、うぅっ』
恭子は、軽くうめきながら腰を動かし続ける。太すぎるペニスが、恭子のアナルを犯し続けている。僕は、早くこのツラい時間が終わってくれないかと願いながら、それでも見続けることしか出来ない。

しばらくの間、恭子の上下動が続く。すると、恭子の胸を揉んでいた橋元さんが、恭子のクリトリスを触り始めた。さらにうめき声が大きくなる恭子。必死で声を抑えているような感じになっている。

『んっ、うぅっ、うぅ~っ、んあっ、あっ、んっ!』
恭子は、必死で声をこらえながら腰を動かし続ける。どう見ても、快感を感じてしまっているように見える。僕は、そんな風に思ってしまう自分に、さらに罪悪感を感じてしまう。

「あふれてきてますね。こっちにも、入れて欲しいんじゃないんですか?」
親指でクリトリスをまさぐりながら、そんな質問をする橋元さん。
『そっ、そんなことないです、うぅ、早くイッて下さい、うぅっ、あっ、んっ』
恭子は、そんな風に言いながら腰を動かし続ける。すると、橋元さんは親指を恭子の膣中に入れてしまった。
『うぅああっ、ダメぇ、あっ、ぬ、抜いてください、うぅっあっ、あっ、あんっ』
恭子は、声がこらえきれなくなってきているようだ。橋元さんは、恭子にそんな風に言われても親指を動かし続ける。大きくなっていく恭子の声。歯を食いしばるような表情だ。

『んっ、あっ、あんっ、うぅ~っ! ダメぇ、あっ、あぁっっ!』
恭子は、余裕のない声でうめく。アゴが上がり、身体はのけ反り気味になっている。僕は、まさかイッてしまうのだろうか? そんなにも強い快感を感じているのだろうか? と、不安な気持ちになってきた。

すると、橋元さんはスッと指を引き抜いた。ガクガクッと身体を震わせる恭子……。
『ど、どうして……』
思わず声が漏れる彼女。
「どうして? 抜いて欲しかったんじゃないんですか?」
橋元さんは、ニヤニヤしながら言う。恭子は、ハッと気がついたような顔になり、顔を真っ赤にしながらうつむく。

「本当は、こっちに入れて欲しいんでしょ? 私も、こっちに入れた方が早くイキますよ。さっさとやって、終わりましょうよ」

【続きは出典元から】

・ここだけのオリジナルの体験談(姉妹ブログも全て含む)
・オッパブ好きの友人が遊びに来て、嫁と3人で飲んでいたら完
・親父の再婚相手は、親父よりも俺と歳が近い地味系巨乳だった
・久しぶりに会った友人が、僕の嫁と合コンして撮影までしていた4
・嫁さんが事故で死んだ親友に、色々と世話を焼く俺の嫁2
・Fカップの見た目が派手な嫁を、友人に本気で堕としてくれと頼んでみた3



【同じジャンルの体験談】
  


MIC(ミク)
MIC(ミク)
[ 2020/04/19 08:27 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
気持ち良すぎるオナホ