NTR使える寝取られサイト

オリジナルの寝取られ体験談や人妻体験談を紹介しています

□僕のミスのせいで、嫁のアナルを開発されることになりました3(転載不可)

前回の話

恭子の口の中に驚くほど大量に射精をしながら、僕は情けない気持ちになっていた。あまりにも早い射精……。橋元さんは、淡々と恭子を後ろから犯し続けている。

恭子は、僕のペニスを口から吐き出し、精液もダラダラと垂れ流す。そして、口の周りを精液まみれにしながら、僕の方を見つめてくる。


・今月のブロマガ(このブログオリジナルコンテンツ)更新一覧表です
《寝取られ好きの管理人のおすすめ動画・同人作品の詳細紹介(動画つき)》


『き、気持ち良かった? 満足?』
恭子は、苦しげな感じで聞いてくる。橋元さんは、速さを変えることなく腰を動かし続ける。僕は、恭子の目を見つめながら、黙ってうなずく。
『あなた、ごめんなさい。私も……気持ち良くなってる』
恭子は、途切れがちになりながらそんな風に言う。僕は、その言葉に胸が痛くなりながらも、なぜか興奮してしまっていた。

「良いですよ、もっと気持ちよくなって下さいね」
橋元さんは、そんなことを言いながら腰を振り続ける。
『ンッ、うぅっ、うぅあっ、あっ、あなた、み、見ないで』
恭子は、泣きそうな声で言う。でも、その顔は快感にゆがんでいるようにも見える。僕は、どうして膣でのセックスをOKしてしまったのだろう? と、後悔し始めていた。

約束では、アナルセックスだけで良かったはずだ。実際、長いことそれだけで許してもらっていた。それなのに、今日は膣でのセックスを承諾した上に、僕が興奮していることまでバレてしまった。

今までの生活が、一気に変わってしまう……。そんな危機感を感じながらも、あえぐ恭子から目が離せないでいる。

口の周りを精液まみれにしたままの恭子が、もう一度、
『見ないで』
と、言ってくる。僕は、うなずいて顔を背けようとした。すると、橋元さんが、
「見ないのはダメですよ。約束違反です」
と、口を挟んでくる。確かに、僕が恭子が抱かれる姿を見なければいけないというのは、最初に決めた約束の一つだ。僕は、結局そのまま恭子のことを見つめ続ける。

『うぅっ、あっ、あっ、ごめんなさい、うぅあっ! あなた、もう、あっ、あっ、あんっ、ダメぇ』
恭子は、抑えていた声がこらえきれなくなってきているような感じだ。あえぎ声……どう聞いても、快感を感じている声だ。
「ほら、もっと見てもらって下さい。ご主人のじゃないモノで感じてる顔を」
橋元さんは、言葉責めのような感じで声をかけてくる。恭子は、もう一度声を我慢し始めた。歯を食いしばるようにしながら、うめき声を漏らす恭子……。すると、僕の手を握ってきた。

ビックリするくらい強く僕の手を握る恭子……。痛みすら感じるくらいの強さだ。
『うぅっ、うぅっ、うぅあっ、あっ、んっん、くぅ』
恭子は、本当に必死で声を我慢している感じだ。僕は、恭子が気持ち良くなってしまっているのを理解しながらも、声を我慢してくれていることに愛を感じていた。
「ご主人がこんなに近くで見てると、いつも以上に興奮しちゃうんですね。奥さんのオマンコ、痛いくらいに締めてきますよ」
橋元さんは、そんな風に言う。僕は、その言葉にさらにドキッとしてしまう。
『そんなことないですっ。あなた、違うの、そんなんじゃないのっ』
恭子は、慌てて否定をする。でも、言い終わるかどうかというタイミングで、橋元さんは腰を思い切り突き入れた。
『ンヒィッ! うぅあぁ、ダメぇ』
恭子は、信じられないほどとろけた顔になりながらも、僕の顔を見つめる。
「ほらほら、もっと感じてる顔、見せてあげて下さい」
橋元さんは、そんな風に言いながら腰を打ち付ける勢いで動かし続ける。
『んっ、あぅっ、あっ、ダメぇ、と、とめてっ、イヤ、あっ、あんっ、あぁっ!』
恭子は、僕の手をきつく握りながらあえぎ続ける。もう、声が我慢しきれなくなっているのは明白だ。パンッ、パンッ、と、乾いた音を立てながら橋元さんのピストンは続く。恭子は、まるで泣き顔のようになりながらも、まだ僕を見つめている。

「オマンコうねってきましたよ。イキそうなんですね。どうぞ、イッて下さい」
そんな風に言いながら、橋元さんはさらに腰の動きを加速していく。
『うぅあっ、あっ、ダメぇ、あなた、ごめんなさい、もう、うぅっ、イ、イキそうなの、あなた、見ないで、イク、イッちゃうっ、ごめんなさいっ! うぅああっ!!』
恭子は、僕の手を握りつぶすように握りながら、腰のあたりりを中心に身体をガクガクッと震わせた。

「あ~あ、イッちゃいましたね。ご主人が見てる前で、派手にイキましたね」
橋元さんは、得意げに言う。勝ち誇ったような顔になっている。僕は、ただただ悔しいと思いながらも、なぜか射精しそうなほど強く勃起していた。

僕の手を握ったまま、弱々しく倒れ込む恭子。でも、まだ後ろから橋元さんに挿入されたままだ。いわゆる、寝バックという体位になってしまっている。

橋元さんは、そのまま腰を動かし始める。
「ほら、もっと感じて下さい。ご主人がもっと興奮出来るように、たくさんイッて下さい」
橋元さんは、そんなことを言いながら腰を動かし続ける。
『ダメぇ、もうとめて……ダメです、おねがい、うぅっ、もう、あっ、んっ、うぅあっ』
恭子は、うめくような声で言う。でも、橋元さんは長いペニスを活かして、ストロークの長い寝バックを続ける。恭子は、身をよじるようにしながらあえぎ、シーツをグチャグチャに握りしめている。

そして、クッションに顔を押しつけ始めた。漏れる声。うめき声のようになっているが、あえぎ声を出しているのだと思う。

「ほら、もっと感じて良いですよ。ご主人も、喜んでますよ」
そんなことを言いながら腰を動かす橋元さん。いつもの控えめな感じのキャラクターは、消えてしまったように感じる。調教する調教師のような、サディスティックな顔を見せている。

『うぅっ、うぅ~っ、ぅ~~~っ!』
恭子は、クッションに顔を押しつけながら、シーツを強く握りしめている。
「あぁ、いいね。すごく気持ち良いよ。奥さんも、もっと気持ち良くさせてあげる」
橋元さんはそんなことを言うと、いきなり指を二本、恭子のアナルに挿入してしまった。
『ダメぇっ! ぬ、抜いてっ、ダメっ、イヤッ、イヤァッ!』
恭子はクッションから顔を上げ、そんな風に叫ぶ。頭を左右にブンブン振っていて、後ろ手に彼を押しのけようともしている。でも、橋元さんは腰を動かしながら指も動かす。恭子のアナルに入った指は、恭子の腸内をかき混ぜているのだと思う。

『うぅっ、うぅう゛っ! 抜いてっ! うぅあっ、あっ、イヤッ、ダメなの、こんなの、ううあっ、あんっ、あんっ、あぁっっ!』
恭子は、徐々に声が大きくなっていく。どう見ても、感じているのだと思う。
「ほら、ご主人に見せてあげて下さい。両方の穴を責められて、イキそうになってる顔を」
橋元さんは、そんなことを言う。芝居がかったようなセリフだが、僕は激しく反応してしまった。もう、触ってもいないペニスが、暴発寸前だ。

『あなた、ごめんなさい、またイッちゃう。イキそうなの、ごめんなさい、感じたくないのに、気持ち良くなっちゃうのっ』
恭子は、涙を流しながら僕に謝る。僕は、他の男に膣もアナルももてあそばれている恭子を見ながら、彼女の手を強く握った。同じように、強く握り返してくる恭子……。でも、その顔はとろけきっている。

「あぁ、イキそうだ。出しますよ。奥さんも一緒にイッて下さい」
橋元さんは、そんな風に言ってスパートをかけた。
『あっ、あっ、アガッ、アグッ、イクっ、イクっ、イクっ、もダメっ、イクっ! イクぅっ!!』
恭子は、今まで聞いたことのないような切羽詰まった声であえぎ、僕の顔を見ながら身体をガクガクッと震わせた。それにあわせるように、
「あぁ、イクっ、イクっ」
と、橋元さんも短く吠えた。嫁は、ベッドに突っ伏すようになりながら、腰のあたりをガクガク震わせている。すると、橋元さんはアナルから指を抜いた。抜くときに、またガクガクッと短く震える恭子。そして、橋元さんはペニスも抜いた。

すると、さっさとコンドームを外して結び、ゴミ箱に捨てる。そして、
「ありがとうございました。今日は、いつもより気持ち良かったです。奥さんも、そうみたいですね」
と、落ち着いた口調で言いながら帰り支度を始める。そして、まだベッドに突っ伏したままの恭子にかまわず、さっさと帰って行ってしまった。2回射精したら、もう用はないと言わんばかりのクールな感じだ。

ベッドに突っ伏したままの恭子……。だらしなく足が拡がっているので、膣口もアナルも丸見えだ。グチョグチョに濡れて少し開いている膣口。ピンク色の膣肉がうごめくようになっているのが見える。
そして、アナルもやっぱり少し拡がったようになっていて、中から橋元さんの精液がダラダラと垂れていた。

【続きは出典元から】

・ここだけのオリジナルの体験談(姉妹ブログも全て含む)
・自慢の可愛い嫁は、むかし野球部のフェラペットだった完
・Fカップの見た目が派手な嫁を、友人に本気で堕としてくれと頼んでみた4
・嫁がバイト先のファミレスで、高校生に本気になっていた3
・お隣さんと月に一回嫁を交換していたら、拡張されてしまっていた5
・親父の再婚相手は、親父よりも俺と歳が近い地味系巨乳だった3
・寝取られ好きの管理人の激推し寝取られ作品



【同じジャンルの体験談】
  


MIC(ミク)
MIC(ミク)
[ 2020/05/14 10:26 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
気持ち良すぎるオナホ