NTR使える寝取られサイト

オリジナルの寝取られ体験談や人妻体験談を紹介しています

無職になった僕と嫁で、親友の家に居候することになった3(オリジナル 転載不可)

前回の話

純子は、健吾のペニスをくわえている。胸でペニスを挟んだまま、亀頭の部分をくわえてしまっている。胸で挟んでも、くわえることが出来るほどはみ出ている健吾のペニス……。驚くような長さだ。
そして、純子は目一杯口を大きく開けているような感じでフェラチオを続けている。太さも長さも、僕の物とは大違いだ。

「あぁ、ヤバい、気持ち良すぎる。純子ちゃん、こんなことまで……本当に良いの?」
健吾は、本当に申し訳なさそうな声で言う。考えてみれば、僕らの生活は彼に支えられている。寄生していると言っても良い状況だ。それなのに、健吾はそれを傘に無理な要求をしてきたりしない。本当に、良いやつなのだと思う。


『すごく太いんだね。ゴメンね、どうしても歯が当たっちゃう』
純子はそんな風に言いながらフェラチオを続ける。イヤらしく舌がカリ首に巻き付いたりしながら、健吾のペニスを責め続ける。パイズリしながらのフェラチオ……。僕は、当然してもらったことがない。そもそも、僕のペニスの長さでは、パイズリしてもらうことが難しいと思う。
「ゴメンね、人よりちょっと太いから……。やりづらかったら、手でしてくれれば良いからね」
健吾は、そんなことを言う。相変わらず、人の良さがにじみ出ているようなセリフだ。

『大丈夫。これくらい、やらせて』
純子は、そんな風に言いながらフェラチオを続ける。僕は、純子が他の男のペニスをくわえている状況で、自分でも驚くほどの興奮を感じてしまっている。純子は、自分で胸を両側から押さえ、パイズリをしながら舌を使う。だんだん動きもスムーズになってきていて、僕はAVでも見ているのかな? と、思うくらいになってしまった。そして、ズボンの上からペニスをしごき始めると、あっという間に射精感が高まる。

「あぁ、ヤバい、本当に気持ちいい。そんなにしたら、出ちゃうよ」
本当に余裕のない声になってきている健吾。
『良いよ、いつでも出して。我慢しないで』
純子は、そんな風に言いながら動きを早くしていく。太くて長いペニスが、純子の大きくはないが形の良い胸に挟まれしごかれている。柔らかくて、真っ白な胸……。僕だけが触れる胸のはずだ。

純子は、亀頭周りに舌を絡みつかせる。小さくてピンク色の舌が、異様に張りだしたカリ首を舐め回す。動きはさらに早くなっていき、湿った音が響き続ける。

「あぁ、ヤバい。本当に出る。純子ちゃん、出ちゃうよ」
健吾は、ものすごく気持ちよさそうな声で言う。もう、余裕がなくなっているのがわかる。すると、純子は黙って健吾のペニスをくわえ、頭を早く振り始めた。

「ダメ、出る。出ちゃうって、純子ちゃん、口離して、あぁ、出るっ」
健吾は、焦ったような声で言いながらも、そのまま純子の口の中に射精をしてしまった。
『ん~っ』
口の中に射精をされ、軽くうめく純子……。僕は、純子が口の中に射精されてしまったことに、強いショックを受けてしまった。でも、ショックを受けながらも、あっけなくパンツの中に射精してしまった。

うめきそうになりながら、必死で声を我慢する僕。健吾は、放心したような顔になっていたが、すぐに、
「ごめんっ! 出しちゃった! 口に出しちゃった! すぐうがいしてきてっ!」
と、慌てて言う。
『うん。でも、多すぎて飲んじゃった。すごい味なんだね』
純子は、そんな風に言う。軽く顔をしかめているが、それほど嫌そうな感じはない。
「マジで!? 飲んじゃったの! 本当にごめん。我慢出来なかった」
健吾は、本当に申し訳なさそうな声で言う。僕は、強すぎるショックを受けて、貧血みたいになってしまった。精液を、飲んでしまった……。僕のではない精液を、飲んでしまった……。僕は、飲んでもらったことはおろか、口の中に出したことすらない。

『良いよ、そんなに謝らないで。だって、多すぎて飲まないとあふれちゃいそうだったし。ホント、すごい量だったよ』
純子は、怒った感じどころか、妙に楽しそうな感じだ。そして、純子はうがいをしに行った。僕は、逃げるように自分たちの部屋に戻る。そして、汚れてしまったパンツを着替えようとした。でも、すぐに純子が部屋に入ってきてしまった。

『またイッちゃったね。良かった。興奮してくれたみたいだね』
そんな風に言いながら、純子は僕に抱きついてくる。そして、キスをしてきた。さっき、健吾の精液を受け止めた口……でも、純子の口の中は、マウスウォッシュの味しかしない。

純子は、しばらく舌を絡めてきた後、
『ゴメンね、飲んじゃった。トシくんのも飲んだことないのに……。怒ってる?』
と、言ってきた。本当に申し訳なさそうな感じで謝る純子に、僕は何も言えない。僕は、怒ってはいないが強い嫉妬を感じている。すると、純子は僕のペニスをズボン越しに触ってきた。

『興奮してるね。健吾さんの飲んだの、興奮するんだね』
純子は、そんな風に言いながら僕のペニスをまさぐる。僕のペニスは、射精したばかりなのに石のようにガチガチになってしまっている。

僕は、ただゴメンとしか言えない。
『良いよ、興奮してくれて嬉しい。少し、気が楽になったよ』
そんな風に言いながら、僕のズボンとパンツを脱がせていく純子。僕のペニスは、さっき射精した精液にまみれている。純子は、そのまま僕のペニスをくわえてくれた。舌がカリ首に絡みつき、一気に射精感も高まる。

純子は、根元までくわえたりしながら、僕のペニスに付着している精液をすすり取る。そして、ひとしきり精液を口内に集めると、僕の顔の前に顔を持ってくる。そのまま口を大きく開ける。

純子の口の中には、僕の精液がたまっていた。思っている以上の量が集まっていて、池みたいになっている。純子は、イタズラっぽく微笑むと、そのまま口を閉じて飲み干してくれた。
『飲んじゃった。いっぱいだったね』
純子は、嬉しそうに言う。僕は、本当に嬉しいと思った。でも、健吾に後れを取ってしまった気持ちはある。いま、純子の胃の中には、僕の精液と健吾の精液が喧嘩をしているのかな? と、思ってしまう。

『トシくん、もう来て。我慢出来ない。すぐ欲しい』
純子は、うわずった声で言う。興奮しきっているのが伝わってくるような声だ。僕は、純子をベッドに押し倒しながら、荒々しく服を脱がせていく。そして、コンドームを装着すると、すぐに挿入した。

驚くほど濡れてしまっていた純子の膣口。クチョっという湿った音が響く。
『うぅあっ、トシくん、すごい、カチカチだよ』
気持ちよさそうな声をあげる純子。僕は、強烈な締め付けにうめいてしまう。そして、狂ったように腰を振り始めると、純子は抱きついてキスをしてくる。

僕は、夢中で腰を動かしながらも、健吾にパイズリをする純子を思い出していた。あっけなく健吾の精液まで飲んでしまった純子……。僕は、嫉妬と興奮で一気に射精感が湧き上がる。

『トシくん、愛してるっ、イッて!』
うわずった声で言う純子。僕は、純子にキスをしてスパートをかけた。あっけなく射精する僕に、純子はしがみつくようにして抱きついてくれた。

『トシくん、怒ってない?』
甘えた仕草で聞いてくる純子。僕は、全然怒ってないよと告げる。
『……もっと見たいって思ってる? もっと、興奮したい?』
純子は、まるで小悪魔のような顔で聞いてくる。僕は、ほとんど迷うこともなく、黙ってうなずいてしまった。
『お口でするだけじゃ、物足りないって事?』
純子は、イヤらしく僕の乳首を舐めたりしながら聞いてくる。なんというか、最近の純子は、すっかりと痴女っぽくなってしまった気がする。僕は、ただうなずく。
『……じゃあ、もう少しだけやってみるね。でも、本当にイヤだったら、すぐ言ってね』
純子は、イタズラっぽく言う。僕は、不安と興奮が入り交じったような気持ちになりながらうなずいた。

そして、1週間ほど経過した日の夜、3人で食事をしている最中に、
『健吾さん、今日はどうする? お手伝いしようか?』
と、言い始めた。健吾は、少し緊張したような顔になると、
「う、うん。お願いしようかな?」
と、言った。
『じゃあ、ご飯終わったらシャワー浴びてきてね』
純子は、ご機嫌な感じで言う。僕は、ドキドキがどんどん大きくなっていくのを感じながらも、半勃起してしまっている。

そして、健吾はすぐにシャワーを浴びに行き、純子と二人になった。
『もう、大きくなってるね。興奮しすぎだよ。エッチ』
純子は、妖艶な笑みを浮かべながら言う。僕は、ただただドキドキしながらも、どこまでするつもりなの? と、質問した。
「さぁ? トシくんがして欲しいって思ってることまでだよ』
純子は、楽しそうに言う。そして、
『私も準備してくるね。そこで待っててね』
と、言ってリビングを出て行った。一人になると、急に不安になる。何をするつもりなんだろう? 準備をする? いつも、そんなことはしていないはずだ。

すると、腰にタオルを巻いただけの健吾が戻ってきた。
「あれ? 純子ちゃんは?」
健吾も、少し不安そうだ。緊張しているようにも感じる。僕が、準備してると告げると、
「え? 準備?」
と、少し驚いたような顔を見せる。そして少しすると、
『お待たせ~』
と、言いながら純子が戻ってきた。純子は、おどろくようなセクシーな姿で入ってきた。カップの部分が枠しかないようなブラ……胸が、まるで隠れていない。下は、股下ゼロセンチくらいのマイクロミニスカートのようなランジェリーだ。チラチラと見えているショーツは、やっぱりヒモみたいな感じになっているようだ。
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
気持ち良すぎるオナホ