NTR使える寝取られサイト

オリジナルの寝取られ体験談や人妻体験談を紹介しています

会社を辞めるきっかけになったクソ上司の奥さんとばったり会ったので復讐をしました

先日、前に勤務していた会社の上司の40代の奥様と偶然、あるデパートのレストランで会いました。

何度か自宅に行った事があり、顔見知りでもありました。

「奥様久しぶりです。お元気なようで」

「あなた、会社辞めたみたいですね」

・今月のブロマガ(このブログオリジナルコンテンツ)更新一覧表です
《寝取られ好きの管理人のおすすめ動画・同人作品の詳細紹介(動画つき)》

実はその元上司のいじめ、意見の相違で辞めたんです。

「奥様、荷物多いようだから送りますか?」

「悪いから」

「いいですよ。暇ですし」と駐車場へ行きました。

30分位走り家に着きました。

「珈琲でもいかが?」と荷物をもち上がり込んだ。

「それは失礼しました。じゃあ私はここで」

「あらぁ、早いのね。たまに寄って下さいよ。私はいつもいますから」

「はい、いずれ又」

そして一週間後、自宅に伺いました。

「すみません、急に奥様が綺麗だから会いたくなって」

「まあ上手い事~」

ミニスカートとTシャツが眩しかった。

「お寿司でも取りましょうか。この前は助かりました」

「気にしないで下さい。課長さん元気ですか?」

「相変わらず毎晩遅いわ」

寿司を食べ、ソファーで奥様は、ベージュのパンティをチラチラ。

私は我慢も限界。奥様の肩を抱き、唇を。

「ダメよ!」

「奥様が好きなんです」

更に舌を入れきつく抱いて、絨毯の上で重なりました。

パンティを剥ぎ取り、チンチンを挿入しました。

「ちょっとちょっと、ダメよダメよ」

構わず奥にチンチンをグイグイ腰を揺すり続けました。

突き続けて精子をマンコの中に2度も膣奥深く出しました。

その後、生理は避けて殆ど奥様とは中出しで繋がりました。

・ここだけのオリジナルの体験談(姉妹ブログも全て含む)
・嫁がバイト先のファミレスで、高校生に本気になっていた3
・お隣さんと月に一回嫁を交換していたら、拡張されてしまっていた5
・嫁さんが事故で死んだ親友に、色々と世話を焼く俺の嫁4
・親父の再婚相手は、親父よりも俺と歳が近い地味系巨乳だった3
・Fカップの見た目が派手な嫁を、友人に本気で堕としてくれと頼んでみた3
・寝取られ好きの管理人の激推し寝取られ作品



【同じジャンルの体験談】
  


MIC(ミク)
MIC(ミク)
[ 2020/07/18 10:01 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
気持ち良すぎるオナホ