NTR使える寝取られサイト

オリジナルの寝取られ体験談や人妻体験談を紹介しています

無職になった僕と嫁で、親友の家に居候することになった5(オリジナル 転載不可)

前回の話

ソファの上では、下着の役目を果たしていないような卑猥すぎるランジェリー姿の純子が、背面座位の格好で健吾に下からガンガン突き続けられている。健吾の動きにあわせて、純子の秘部からは透明のしぶきも飛び散り続けている。

僕は、パンツの中に大量に射精をしながら、そんな光景を見続ける。純子は、泣きそうな顔になりながら、
『ダメっ、見ないでッ、イヤッ、あぁっ、とまらないっ』
と、叫ぶように言い続ける。長くて太いペニスが、純子の膣を出入りするのがはっきりと見えてしまっている。

僕は、射精したのも関係なく、興奮しきったままその光景を眺め続けていた。すると、健吾は動きをとめる。純子は、あえぎ声をやめて荒い気遣いをしながら僕を見つめる。

「そんなに気持ち良いの?」
僕は、思わずそんな質問をしてしまう。純子は、とろけた顔のまま、
『う、うん。すごいの。頭真っ白になっちゃう……』
と、弱々しく言う。健吾は、ペニスを一番奥まで差し込んだまま、
「奥に当たってるよ。これ、痛くないの?」
と、質問する。
『うん。全然痛くないよ。痛いどころか、すごく気持ち良いの……。こんなの、知らなかった』
純子は、とろけた顔のまま言う。僕は、
「僕とするときよりも、気持ち良いの?」
と、質問してしまった。
『えっ? そ、そんなことないよ』
慌ててそう答える純子。でも、かなり動揺している。すると、健吾が下から突き上げる動きをする。
『うぅっ、あっ!』
叫ぶようにあえぐ純子。
「そうなの? 気持ち良くないの?」
健吾は、いじめるような口調で言う。
『き、気持ち良いよ。うぅあぁ』
あえぎながら答える純子。
「どっちが気持ち良いの? アイツとどっち?」
健吾は、そんな風に聞く。少しムキになっているような感じがある。そのまま、腰を動かし続けている健吾。
『うぅっ、あっ、あっ、そ、そんなの、うぅっ、言えない、ひぃうぅっ』
純子は、泣き顔みたいになりながら言う。
「言って。どっちが気持ち良い? やめるよ」
健吾は、珍しくムキになっている感じだ。突き上げる動きも、徐々に激しくなっていく。
『イヤァ、言えない、そんなの聞かないで、あっ、あんっ、ダメぇっ、気持ち良いっ』
純子は、泣きそうな顔のままあえぎ始める。もう、ここまで来たら答えなんか聞かなくても、見ればわかるレベルだ。快感に顔をくしゃくしゃにしている純子……。僕とのセックスでは、こんな顔になる事はない。

「ほら、言って。どっちが気持ち良いの?」
健吾は、そんな風に質問しながら淡々と腰を突き上げ続ける。純子は、さらに顔をとろけさせながらあえぎ続ける。
『こ、こっち……こっちの方が気持ち良い……』
純子は、消えてしまいそうな小声で言う。
「聞こえないよ。もっと大きな声で!」
健吾は、そんな風にたき付ける。
『こ、このおちんちんの方が気持ち良いっ! 奥まで突かれて、おかしくなってるのっ!』
純子は、観念したように叫ぶ。すると、健吾は嬉しそうな顔になって腰をさらに早く動かし始める。
『あっ、あんっ、あんっ、気持ち良いっ! ゴメンね、気持ち良いのっ! トシくんとするより気持ち良いのっ!』
叫ぶように言う純子。僕は、泣きそうな気持ちになりながらも、異常なほどペニスを固くしてしまっている。すると、健吾は繋がったまま純子の身体を自分の方に向けていく。対面座位になった二人。健吾は、腰を突き上げる動きを加速する。純子は、軽い悲鳴のような声をあげながら、健吾にしがみつくようになっている。

マイクロミニスカートみたいなランジェリー……。お尻は丸見えだ。全裸よりも、小さな布が張り付いているだけで、イヤらしさが何倍にも増す気がする。
『あっ、あっ、ダメぇ、イッちゃうっ、またイッちゃうっ! トシくん、ごめんなさいっ、イクっ、イクっ!』
純子は、僕に背を向けたまま謝る。すると、健吾がいきなり純子にキスをし始めた。あまりのことに、一瞬時間が止まったように感じる僕。でも、純子は抵抗しない。健吾にしがみつくように抱きついたままだ。すると、健吾が舌を使い始めた。純子の口の中に、健吾の舌が入っているのが見える。

『ん~~っ、んっ、んぅ~っ』
キスをしたままうめき声をあげる純子。僕は、純子が僕以外の男とキスをする姿を見て、いままで感じたことのないような強い衝撃を受けている。

二人がセックスをし始めたときも強いショックを受けたが、それ以上の衝撃を受けているような気がする。すると、純子は自分からも舌を絡め始めた。健吾の舌に、純子の舌が絡みついている……。僕は、自分の目を疑いながらも、それを凝視し続ける。抱き合いながら舌を絡める二人……。まるっきり、恋人同士のセックスのようだ。

「純子ちゃん、舌出してみて」
健吾がそんな指示をする。純子は、恐る恐る舌を突き出す。すると、音を立てながら舌を吸い始める健吾。まるで、僕に見せつけるような行動だ。しばらくそんなキスを続ける健吾。すると、今度は健吾が舌を突き出す。
純子は、特に指示もないのに健吾の舌を吸い始めた。そんな風に、何度も見せつけるようなキスを続ける二人。僕は、こらえきれずにペニスを出して直接しごき始めてしまった。すでに精液でドロドロのペニス……。そのせいで、余計に快感が強い。

二人が対面座位で濃厚なキスをしながらセックスするのを見てするオナニーは、いままでに感じたことのない感覚がある。
『あぁ、ダメぇ、イクっ、イクっ、おかしくなるっ!』
純子は、しがみつきながら叫ぶ。そして、純子の方からキスをする。もう、キスすることにも抵抗がなくなってしまったのかもしれない。

『健吾さんの、固くなってきた。イキそうなの?』
純子は、あえぐように言う。
「う、うん。もう出そう……」
健吾は、余裕のない声で言う。僕は、ドキッとしてしまった。二人は、コンドームなしでセックスをしている。安全な日だと言っていたが、本当だろうか?
『……出して欲しい。そのまま出して欲しい』
純子は、思い詰めたような口調で言う。
「えっ? 良いの? 中に出しても良いの?」
健吾は、戸惑ったような口調だ。
『出して欲しい。中に出して欲しくなっちゃったの……。そのまま出して』
純子は、快感に顔をとろけさせながら言う。健吾は、腰の動きをさらに早くしながら、
「イクよ。中に出すからね!」
と、再確認するように聞く。
『出してっ! トシくんが見てる前で、中に出してっ!』
純子は、信じられないほどとろけた声で叫ぶ。すると、健吾は純子にキスをし始めた。同時に、腰の動きをスパートをかけたように加速する。
『うぅっ、うぅ~~っ! んうぅ~~っ!』
純子は、背中に汗が噴き出ている。そして、身体が紅潮したように赤くなっている。健吾にしがみつく腕にも、かなり力がこもっているように見える。こんな風になるほどの快感……。

僕は、とんでもないことをさせてしまったのではないか? もう、後戻り出来なくなってしまうのではないか? そんな心配で、息が詰まりそうにいなる。でも、そんな状態なのにオナニーの手はさらに早く動いてしまう。

そして、健吾はうめいた。同時に、純子は身体をガクガクッと震わせるような感じになる。そのまま二人は濃厚なキスを続ける。腰の動きが消えたいま、舌だけが動いているように見える。僕は、中に出されながら濃厚なキスを続ける純子を見て、また射精をしてしまった。何回射精しても、収まらない興奮……。そして、精液は自分でも驚くほどの量が出てしまっている……。

「……出しちゃったよ。本当に良かったの?」
健吾は、射精して冷静になったのか、そんな質問をする。
『うん。今日は平気だよ。大丈夫』
純子は、そんな風に言う。冷静になった感じの健吾に対して、純子はまだうっとりしているように見える。
「今日は、ありがとう。本当に、こんなことまで……。ありがとう」
健吾は、そんな風にお礼を言う。そして、居づらくなったのか、そそくさと出て行った。まだ、卑猥なランジェリー姿のままの純子。上気したような顔で僕を見てくる。そして、
『いっぱい出したみたいだね。そんなに興奮したの?』
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
気持ち良すぎるオナホ