NTR使える寝取られサイト

オリジナルの寝取られ体験談や人妻体験談を紹介しています

自慢の可愛い嫁は、むかし野球部のフェラペットだった8(オリジナル 転載禁止)

前回の話

僕は、まだ子供と言ってもいい歳の男の子に顔射されてしまった詩織を見ながら、2回目の射精をしてしまっていた。あまりの快感に、うめき声が止まらない。
ネットカフェの個室なので、防音なんてあってないようなものだ。僕は、必死で声を殺した。

『ごちそうさま。美味しかったわ』
詩織は、男の子にそんな風に声をかける。
「の、飲んで平気なんですか?」
男の子は、心配そうに聞く。


『平気よ。だって、赤ちゃんの素なんだもの。身体に良いわよ』
詩織は、そう言って顔中にかかった精液を口に集めていく。そして、そのまま全部飲み干してしまう。詩織は、本当に幸せそうな顔で精液を飲み干している。

隆史くんは、興味なさそうにスマホをいじり続けている。本当に、異常な状況になっている。僕が出かけた直後に、自宅でこんなことをしているなんて、この目で見てもまだ信じられない。

『フフ。まだギンギンだね。どうする? 続ける? 少し休憩する?』
詩織は、誘惑するような口調で言う。子供相手に、何をしているんだろう……でも、僕はこの異常なシチュエーションに、激しく興奮してしまっている。詩織が、男達に一方的にやられる姿……それも、興奮する。でも、こんな風に、詩織が主導権を握ってセックスをしている姿は、また違った興奮を感じる。

「もっとしてみたいです」
男の子は、興奮した顔で言う。そのペニスは、まだ天井を向いてそそり立っている。こんな子供に、ペニスの大きさで負けてしまっている僕……。情けない限りだ。

『フフ。じゃあ、入れてみる? オマンコに、その立派なおチンポ入れてくれる?』
詩織は、イヤらしい言葉で誘う。そして、ソファに座ると、穴あきショーツも脱いでしまった。全裸になった詩織。膣口を自分の指で拡げ始める。男の子は、詩織の膣口を凝視している。

『わかる? この穴に、おチンポ入れるのよ』
詩織は、そんな風に言う。男の子は、そのまま身体を押しつけていく。手を添えずに、ペニスを入れようとする彼。勃起しすぎて上を向いているので、上手く入らずに膣口をこすりあげるようになる。
『あんっ。ダメよ、慌てちゃダメ。ほら、ここ。ちゃんと狙ってごらん』
詩織は、興奮した声で言う。すると、男の子は腰で角度を調整しながら、なんとかペニスを入れようとあがく。
『フフ。可愛い。こすれて気持ちいいよ。早くおチンポ入れて欲しいな』
詩織は、本当に心底嬉しそうだ。詩織が幼い男の子好き……そんなことは想像したこともなかった。

「あぁ、おねえさん、上手く入らないよ」
男の子は、少し泣きそうな声だ。必死になっているのが伝わってくる。すると、詩織が少し身体の角度を変えた。スルンと入っていくペニス……。
『うぅあっ、太い。太くて気持ちいいよ』
詩織は、気持ちよさそうな声をあげる。可愛い顔が、快感にとろけている。アイドルになれるんじゃないかと思うくらいに可愛い顔をしている詩織……。でも、今の詩織はアイドルではなくAV女優のようだ。

「おねえさん、すごく気持ちいいです」
男の子は、ペニスを根元まで挿入しながら言う。
『私も気持ちいいわ。ほら、腰動かしてみて。好きなようにしていいからね』
詩織は、優しい声で指示をする。すると、男の子は腰を動かし始めた。ぎこちなく、必死で腰を動かす彼。ピストンと言うよりも、こすりつけているだけに見える。

『フフ。もっと、抜いたり入れたりしてみて』
詩織は、そんな指示をする。男の子は、言われるままにピストン運動に切り替えていく。
『あぁっっ、こすれるぅ、おチンポゴリゴリ来てるよぉ』
詩織は、幸せそうな声をあげる。こんな、犯罪的なセックスをする詩織。でも、本当に幸せそうだ。
「おねえさん、気持ちいいです。また、白いの出ちゃう」
男の子は、すでに余裕のない声で言う。
『まだダメ。もっと、おねえさんのこと楽しませてからよ』
詩織は、そんな風に言う。そして、自分からキスをし始めた。男の子は、夢中で舌を使いながら腰を振る。見ていてわかるほど、ぎこちない動きだ。でも、詩織は男の子にしがみつき、背中をのけ反らせるようにしながらうめいている。

そのまま、男の子とのセックスは続いていく。
『気持ちいいわ。ねぇ、乳首も舐めてくれる?』
詩織は、そんな指示をする。男の子は、腰を動かしながら詩織の乳首を舐め始める。

『あぁんっ、そう、気持ちいいわ。上手よ。もっと強く舐めて』
詩織は、そんな風に指示をする。男の子は、必死で指示に従い続ける。
「おねえさん、ダメぇ、また出ちゃいそうです」
男の子は、泣きそうな顔で言う。
『まだダメよ。もっと楽しませてくれないと、物足りないわ』
詩織は、そんな風に言いながらあえぎ声を出し続ける。僕は、相手が相手だけに、浮気されているという感覚が薄いことに気が付いた。ショックは少ない。でも、詩織が感じてしまっていることに、敗北感のようなものは感じる。

「おねえさん、気持ちいいです。もう、出ちゃう。白いの出ちゃうっ」
男の子は、まるで女の子のような声をあげている。
『まだダメ。中に出しちゃったら、赤ちゃん出来ちゃうわよ。良いの? 赤ちゃん出来たら、大変よ』
詩織は、そんな風に言う。イジワルを言っているような口調だ。
「うぅ、で、でも……もう出ちゃいますっ」
男の子は、そう言って腰の動きをとめた。すると、詩織が両脚を男の子の腰のあたりに巻き付けるようにする。そして、なまめかしく腰を動かし始めた。

「あっ、うぅぅっ、気持ちいい。おねえさん、気持ちいいです。でも、出ちゃいそうです」
男の子は、まったく余裕のない感じの声を出している。
『まだダメ。もっと気持ち良くして』
詩織は、そんな風に言いながらも、なまめかしく腰を動かし続ける。男の子は、正常位の格好で動きをとめている。でも、両脚を巻き付けた詩織が腰を動かし続ける……。まるで、蜘蛛に捕まった獲物みたいになってしまっている。

「詩織ちゃん、そんなセックスしたらトラウマになるって。初めてなんでしょ?」
隆史くんが、さすがに見ていられなくなったのか、そんな声をかける。

すると、詩織は男の子に、
『じゃあ、出して良いよ。でも、僕の精子で妊娠してって言いながら出してね』
と、リクエストを飛ばす。とんでもないことを言ってるなと思いながらも、僕もドキドキしてしまっていた。男の子は、すぐに泣きそうな顔で、
「お、おねえさん、僕のせーしで妊娠して下さい」
と、言った。
『フフ。良いわよ。君の精子で妊娠してあげる。パパ、いっぱい出してね』
詩織はそう言いながらさらに腰を力強く動かし続ける。男の子は、うめきながら、
「おねえさん、出るっ、白いの出るっ!」
と、言って射精を始めた。
『あんっ。凄い、いっぱい出てるわよ。フフ。妊娠させられちゃう』
詩織は、本当に嬉しそうに言う。本気としか思えないような顔だ。僕は、こんな子供に孕ませられてしまう詩織を想像し、激しく興奮してしまう。

詩織は、脚を解いて男の子を解放した。そして、彼をソファに座らせると、その真正面に立つ。ゆっくりと脚を拡げ、
『見て。こんなにたくさん出たよ。赤ちゃんの素がこんなに沢山……。気持ち良かった?』
詩織は、ニヤニヤしながら質問する。
「気持ち良かったです。本当に、妊娠しちゃうんですか?」
男の子は、心配そうな顔で聞く。
『フフ。大丈夫よ。そんな顔しないの。じゃあ、妊娠しないように、中の精子、全部掻き出してくれる?』
詩織は、興奮した声で言う。男の子は、意味がわからないという顔になっている。詩織は、男の子の手を掴むと、手の平をコブシにさせる。そして、男の子のコブシを自分の膣口に押し当てると、一気の挿入してしまった。
隆史くんのコブシと比べると、かなりコブシな男の子のコブシ。それでも、かなりの大きさだ。500mlのペットボトルよりも大きいくらいだと思う。

『うぅあぁ、オマンコ拡がってるぅ。気持ちいいわ』
詩織は、とろけた顔で言う。隆史くんのコブシを入れられてしまったときよりは、余裕を感じるような雰囲気だ。
「あぁ、すごい……こんなの入れて、大丈夫なんですか?」
男の子は、自分のコブシが消えた詩織の膣口を見つめながら、心配そうに質問する。初体験からこんな経験をしてしまっては、性癖が歪むのではないかと心配になってしまう。
『平気よ。気持ちいいわ。それよりも、早く精子を掻き出さないと、妊娠しちゃうわよ』
詩織は、脅すように言う。男の子は、泣きそうな声でどうやったら良いのかと質問した。詩織は、コブシを出し入れしてみなさいと言う。
『さっきのおちんちんみたいにズポズポしてみて』
詩織は、うわずった声で言う。かなり興奮しているのが伝わってくる。男の子は、ゆっくりとコブシを抜き差しし始めた。

『うぅああっ、あっ、気持ちいいっ。君のお手々、ちょうど良いサイズだわ。もっと早く動かして』
詩織は、とろけた声で言う。男の子は、不安そうな顔のままコブシを抜き差しし続ける。詩織は気持ちよさそうにあえぎ続け、そのあえぎ声も余裕のないものに変わっていく。
「気持ちいいですか? おねえさんのココ、キュッて締まってきました」
男の子は、不安そうな顔がなくなっている。楽しそうと言うか、興奮しているような雰囲気だ。彼のペニスも、真上を向くほどいきり立っていて、時折ビクンと縦に揺れるように動いている。

『気持ちいいっ! オマンコイキそうなのっ! もっと強く押しこんでっ!』
詩織は、とろけきった顔で叫ぶ。男の子は、興奮した顔のまま、コブシを力強く抜き差しし続ける。奥に思い切り押し込んでいるような感じが伝わってくる。
『んおぉっ、ぉおおっ! 気持ちいいっ! イッちゃうっ! 小学生にイカされちゃうっ! ひぃっ、うぅっ、あぁあっ! あぁあ゛~~っ!』
詩織は、すっかりと余裕のない顔になっている。すると、隆史くんが男の子の横に来て、
「奥にコリコリしてるのあるでしょ? それ、思いっきり掴んでごらん」
と、指示をする。男の子は、興奮した顔のままうなずいた。

『うぅううう゛っ!! 子宮壊れちゃうっ!』

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
気持ち良すぎるオナホ