NTR使える寝取られサイト

オリジナルの寝取られ体験談や人妻体験談を紹介しています

□嫁と軽い露出プレイをしているうちに、友人に見てもらうことになって4(転載禁止)

前回の話

ソファに上で、キスをしながらセックスをしている由紀恵と幸夫……。僕は、まさかの状況なのに、ペニスをしごき続けてしまっている。

ただ、僕とのセックスしているのを、幸夫に見てもらう……。軽い露出プレイというか、自慢するような意味合いだったはずなのに、由紀恵は夢中で幸夫にキスをしている……。

「由紀恵ちゃん、キス好きなんだね。舌が絡むと、めっちゃ膣がキュンキュン動くよ」
幸夫は、そんなことを言う。


・今月のブロマガ(このブログオリジナルコンテンツ)更新一覧表です
《寝取られ好きの管理人のおすすめ動画・同人作品の詳細紹介(動画つき)》


『そ、そんなことないよ! キス……しちゃったね。ダメだよ、エッチもしちゃダメなのに……』
由紀恵は、今さらそんなことを言い始めた。
「そうなの? じゃあ、抜いた方が良い?」
幸夫は、そう言ってペニスを引き抜きにかかる。
『ううっ、ダ、ダメッ! 抜かないで……』
由紀恵は、慌ててそんな風に言う。
「あれ? ダメなの? 抜くのがダメ?」
幸夫は、イジワルな感じで言う。
『……たっちゃん、どうしたら良い?』
由紀恵は、困った顔で僕を見てきた。でも、僕はすごい勢いでペニスをしごいている最中だった。慌てて手をとめた僕。由紀恵は、ほとんど無表情になってしまった。そして、
『やっぱり続けて。でも、キスはしないでね』
と、幸夫に言った。
「了解。じゃあ、動かすよ」
幸夫は、嬉しそうな顔になり、腰を動かし始めた。上体を起こしたまま腰を動かす彼。由紀恵は、すぐにあえぎ声を上げ始める。
「この格好だと、Gスポットにこすれて気持ちいいでしょ」
幸夫は、なんとなく得意気な顔で言う。幸夫は、ペニスが大きいだけではなく、経験も豊富なのが伝わってくる。
『気持ちいい。中の上の方がすごくこすれてるよ……。ねぇ、もっと奥まで入れて……』
由紀恵は、恥ずかしそうにおねだりをする。そういえば、さっきから幸夫はペニスを半分程度しか入れていない感じでストロークさせている。

「もう我慢出来なくなっちゃった? 我慢我慢。焦らした方が、気持ち良くなるからさ」
そう言って、幸夫は腰を動かし続ける。奥までは入れず、Gスポットを集中的に責めているような動きだ。
『あんっ、うぅっ、気持ちいい。すごくこすれてる……。あぁ、あっ、こんなの初めてだよ。も、もっと、奥に……欲しいっ』
由紀恵は、快感を感じながらも焦らされて切なげな顔になっている。幸夫は、一定のリズムで腰を動かし続ける。僕は、夢中でペニスをしごきながら、由紀恵のとろけた顔を見つめている。
僕とのセックスの時、こんな顔になることはある。でも、僕とのセックスで、本当に満足しているのだろうか? そんな心配をしてしまう。

「そんなに奥に欲しいの?」
幸夫は、イジワルっぽく聞く。
『欲しいっ。奥まで入れて欲しい』
由紀恵は、焦れた顔で言う。
「じゃあ、おチンポ奥まで入れて下さいって言ってごらん」
幸夫は、イジワルを続ける。
『うぅ……幸夫さんおチンポ、奥まで入れて下さい』
由紀恵は、清楚な雰囲気からは想像もつかないような卑猥な言葉を口にする。
「どんなおチンポ?」
幸夫は、徹底的にイジワルをするつもりみたいだ。
『そ、それは……幸夫さんの、大きなおチンポ……』
由紀恵は、顔を真っ赤にして言う。
「どんな風に大きな?」
幸夫がイジワルを言う。
『……たっちゃんのより大きなおチンポ……。イジワルしないで……。奥まで入れて』
由紀恵は、少し怒ったような声で言う。その瞬間、幸夫は思いきり奥までペニスを挿入した。
『んぅっうぅう゛っ!!』
由紀恵は、不意打ちされてのけ反りながらうめく。今まで一度も聞いたことのないような声をあげてしまっている。
「あらら。イッちゃった?」
幸夫は、ニヤけた顔で言う。さっきまでの、多少の遠慮の気持ちはなくなってしまったようだ。

『イ、イッちゃった……。すごいの……奥に当たると、真っ白になっちゃう』
由紀恵は呆けたような顔で言う。
「子宮がすごく降りてきてるから、強く当たるでしょ」
幸夫は、ペニスを奥まで入れたまま言う。
『う、うん。すごくギュッてなってる。こんなに降りてくんだ……』
由紀恵は、戸惑ったような顔だ。
「そうだよ。この雄で妊娠したいって思うと、身体が反応するんだって」
幸夫は、そんなことまで言う。僕は、ここでハッと気がついた。幸夫は、コンドームをしていない。生のまま入れてしまっている。
『そんなこと、思ってないよ。たっちゃんに妊娠させてもらうんだから……。あっ、幸夫さん、コンドームしてないでしょ!?』
由紀恵は、やっぱり気が付いたようで、慌てて言う。
「ホントだ。じゃあ、抜くね」
そう言って、ゆっくりとペニスを抜いていく幸夫。
『うぅああぁ、ダメぇ、こすれて、うぅっ』
由紀恵は、抜けていくペニスに強い快感を与えられているようだ。抜けそうになったところで、
「あれ? 抜いて欲しくないって顔になってるよ」
と、幸夫が言う。
『そ、そんなこと……ない……』
由紀恵は、少し苦しげに見える顔で言う。すると、幸夫はまたペニスをゆっくり入れていく。
『ダッ、ダメぇ、抜いて。コンドーム付けて、うぅあぁ、奥、当たって……ヒィうぅ、ダメになっちゃうぅ』
由紀恵は、ペニスをゆっくり根元まで入れられ、のけ反るような格好になってしまっている。
「あ、ゴメン、コンドーム付けるんだった」
そう言って、またペニスをゆっくりと抜き始める幸夫。
『うぅうぅう゛っ、そこダメぇ、き、気持ちいい……。ダメぇ、抜いて、早く、ううぅっ!』
由紀恵は、葛藤しているようだ。抜けそうになるペニス。
『ダメッ、抜かないでっ!』
由紀恵は、そんなことを言ってしまった。すると、幸夫はその言葉が聞こえなかったように、ペニスをズルンと抜いてしまった。

『ど、どうして? 抜いちゃダメなの……』
由紀恵は、悲しそうな顔になっている。すると、幸夫はどかっとソファに座りながら、
「ちょっと疲れちゃった。口でしてよ」
と、少し冷たいような口調で言う。
『え? う、うん』
由紀恵は、一瞬怪訝な顔になったが、すぐにソファの前にひざまずく。そして、さっきまで由紀恵の膣中に入っていたペニスを、舐め始めた。由紀恵の体液でドロドロになったペニス……。ただ濡れているだけではなく、何か白いものも付着している。
湯気が出そうな感じだ。それを、由紀恵は躊躇なく舐めている。丁寧に、心を込めたような舐め方をし、大きく口を開けてくわえてしまった。

さっきまで、自分の膣中に入っていたペニス……。それを、こんな風に舐める由紀恵。イヤではないんだろうか? 僕は、すっかりと幸夫のペニスに夢中になってしまった感じの由紀恵を見ながら、夢中でオナニーをしていた。

『あぁ、すごい……本当に大きい……。太くて、固い……。我慢出来ないよ……入れても良い?』
心のこもったフェラチオをしながら、由紀恵は我慢出来ないという顔で言う。
「コンドーム付けないとダメなんじゃないの?」
幸夫は、そんなことを言う。
『……中に出しちゃダメだからね。外に出してね』
由紀恵は焦れきった顔で言うと、幸夫にまたがった。対面座位の格好で一気に挿入してしまうと、
『ひぃうぅっ、ダメぇ、深すぎるよ、子宮潰れてるぅ』
と、一瞬でとろけた声をあげる。自分の意志で、我慢しきれずに生ペニスを挿入してしまった由紀恵……。いつもの、上品で清楚な雰囲気の彼女からは、想像もつかない行動だ。

「すごいね、メッチャ締まる。そんなに気に入った?」
幸夫は、得意気に質問する。
『好き。このおチンポ、好きぃ』
由紀恵は、快感にとろけた顔で言う。そして、そのまま腰を動かし始めてしまった。対面座位で、揺さぶるように身体を振る由紀恵。あえぎ声がどんどん大きくなっていく。

『気持ちいい。奥まで当たってる。こんなの知らなかった。こんな気持ちいいの、知らなかった』
由紀恵は、うわごとのように言いながら腰を動かし続ける。積極的に、ペニスを奥に当てるような動きだ。僕は、僕のペニスを見つめた。手の平で、ほとんど隠れてしまう長さ。太さも、幸夫のものと比べると、悲しくなるほど細い……。

「あぁ、良いね。すごく気持ちいいよ」
幸夫は、満足げに言う。僕は、不安になっていた。気持ちいいと言うことは、沢山ガマン汁も出ているはずだ。それにも、精子は含まれていると聞く。由紀恵が、他の男に妊娠させられてしまう……。僕は、その危機感で息が止まりそうだ。でも、なぜかはわからないが、ペニスはより固くなっていく。

『ダメぇ、またイクっ、イクぅっ、おチンポイクっ! 幸夫さんの大っきなおチンポでイッちゃうのっ!』
由紀恵は、卑猥な言葉を口にしながら腰をさらに早く動かす。もう、ヘソから下だけをグラインドさせるような、サンバか何かのダンサーのような動きになってきている。

「ヤバいね、搾り取られそう」
幸夫は、少し余裕のない顔になっている。もしかして、このまま中に出すつもりなのではないか? そんな疑いを持ってしまう。
『あっ、あっ、あんっ、気持ちいいっ、奥すごいのっ! 子宮、壊れちゃうっ、赤ちゃん出来なくなっちゃうよぉ』
由紀恵は、そんなことを口にしながら、さらに腰の動きを加速していく。
「ヤバいね、こんなのされたら、イキそうになるよ」
幸夫は、さらに余裕のない声で言う。
『固くなってきた。幸夫さんのおチンポ、カチカチになってきた。あぁ、ダメぇ、気持ちいいっ! たっちゃんのより大きなおチンポで、またイッちゃうのっ!』
由紀恵は、泣きそうな顔で叫ぶ。気持ち良すぎて泣く。僕とのセックスでは、味わうことの出来ない快感なのだと思う。

【続きは出典元から】

・ここだけのオリジナルの体験談(姉妹ブログも全て含む)
・嫁がバイト先のファミレスで、高校生に本気になっていた3
・お隣さんと月に一回嫁を交換していたら、拡張されてしまっていた5
・嫁さんが事故で死んだ親友に、色々と世話を焼く俺の嫁4
・親父の再婚相手は、親父よりも俺と歳が近い地味系巨乳だった3
・Fカップの見た目が派手な嫁を、友人に本気で堕としてくれと頼んでみた3
・寝取られ好きの管理人の激推し寝取られ作品



【同じジャンルの体験談】
  


MIC(ミク)
MIC(ミク)
[ 2020/10/03 02:54 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
気持ち良すぎるオナホ