NTR使える寝取られサイト

オリジナルの寝取られ体験談や人妻体験談を紹介しています

職場のバイトの純子と付き合って上司に寝取られ淳子に出会った

私が市役所に就職して最初の配属先だった公民館でのお話です。

公民館でのその年の新人職員は私だけでしたが、もう一人、臨時のアルバイトの女の子も4月から新しい人に変わったので、二人並んで紹介されました。
アルバイトの女の子は高校を出たばかりの純子さんで、浅田真央ちゃんに似た可愛らしくて大人しい子でした。

・今月のブロマガ(このブログオリジナルコンテンツ)更新一覧表です
《寝取られ好きの管理人のおすすめ動画・同人作品の詳細紹介(動画つき)》

私と純子は年も近いこともあって、すぐに仲良くなり、休日も遊ぶようになりましたが、公民館のみんなにはバレないようにドライブしたり、隣の市で遊んだりしていました。

私達は友達感覚でいましたが、お互い惹かれあっているように思えていましたので、8月、夏の終わりが近づく頃、私はドライブの最中に純子を口説き、ホテルに誘いました。
純子は恥ずかしそうに無言で頷き、私は街を見下ろす郊外のラブホテルへとハンドルを切りました。

純子の裸は、まだ少女のようにほっそりとしていて、後ろから可愛いオッパイを私に触れられて恥ずかしそうでした。

前に回ると、純子は脈打つ私の肉茎をみて、怯えたような表情を見せました。
ベッドに横たえて、指で乳首を起たせて股間を開かせると、ピッチリと閉じた割目が見えたので、その割目をこじ開けるように舌先をねじ込むように入れました。

ジッパーのように割目が開き、瑞々しいピンクの粘膜が見え、今度は指でグイッと広げるとまだ未発達の肉ビラに囲まれた肉穴が開き、その奥にギザギザした処女膜を見ることができました。


私は興奮を抑えながら、肉のおマメを舌先でくすぐるように転がすと、ジンワリとおツユを滲ませて、

「ハ・・ハ・・ハア~・・・」
と堪えきれない快感に反応しましたので、今度はおマメを弾くように舐めると、

「ハアッ・アッ・・アアン・・ア・アン・・・」
と体をモゾモゾさせながら感じて、トロリトロリとおツユを流して震えていました。

純子の顔に脈打つ肉茎を近づけると、一応知識はあるようで、肉茎にキスするように舐め始めました。
大人しい女の子の純子の顔と肉茎の取り合わせが、とても被虐的に見えました。

純子の足を割って生のままの肉茎の先端を肉穴に埋めて、ゆっくり沈めていくと、子供のTシャツに無理やり頭を通そうとする時のようなメリメリ感のあと、ズルッと奥まで入っていきました。

「ンガッ・・・ン・ンン・・・ンーー」

痛みを我慢する純子の健気な顔に、たくさんキスをしながら愛の言葉を囁いて、ゆっくり初生膣の感触を楽しみました。

目と口をギュッと閉じて耐える純子が可哀相なので、細い体を見ながら少女姦の妄想をして、早めの射精をしました。

自分の体を流れ落ちていくかけられた精液を、不思議そうな表情で眺め、純子は初体験の性の交わりを終えて、ニコッと微笑みました。


純子は、3回目くらいまでは肉茎の摩擦を痛がりましたが、肉茎と肉穴で男女が繋がる行為は二人の愛情の証なのだと私に抱きついて我慢していました。

しかし、痛みを伴わなくなると、ある特定のエリアに私の肉茎の刺激が加わる事によって、今度は快感が伴うことを知っていきました。

それまでは、クンニリングスによる肉マメの快感が最高だったようですが、次第に肉茎で突かれる快感を覚えてゆき、クンニリングスでおツユまみれになると、早く肉穴に肉茎を入れて欲しいと恥ずかしそうに肉穴を広げておねだりるようになりました。

純子と男女の関係になって1年半、大人しい純子が肉茎の快感に目覚め、裸になると浅田真央に似た純情イメージも脱ぎ捨てて、ほっそりとした身体で喘ぐようになりました。

私達は、仕事上差支えるので公民館内では恋人同士ではない素振りをしていましたが、恋仲ではないかと気付いた方もいたかもしれません。

しかし、就職して3年目に思わぬ事態が私達を翻弄していきました。


就職して3年目、公民館長が異動で変わりました。

私と純子は相変わらず愛欲を交える仲で、いつかは結婚する事さえ考え始めていました。
そんな就職3年目の初夏、テレビの受信具合が悪いので、公民館に併設されている体育館の機械室の天井に登って同軸ケーブルのコネクタをチェックしていたました。

その日は珍しく1日中誰も利用予約が入っていなかったので、作業日にはうってつけでしたが、もうすぐ作業を終えようという頃、機械室に誰かが入ってきました。

機械室の天井は、配線類が渡る中央部は歩行可能ですが、それ以外の部分は格子なので中の様子は丸見えでした。

入ってきたのは純子と館長で、館長は機械室のカギを閉めて、純子を机まで追い詰め、
「なあ、臨時のアルバイト、続けたいんだろう?なら、わかるよな?」
と言って、純子を机にうつ伏せにしてお尻を向かせ、スカートを脱がせてパンツを剥ぎ取り、純子の肉ビラに右の中指を入れてコネはじめました。

左手で純子のオッパイを揉みながら、
「順子君、オッパイ小さいねえ。コリコリするよ。あ、こっちもヌルヌルになってきたね。感じてるんだね。」
そういいながらズボン脱いでパンツを下し、赤黒いアラフィフ肉茎を純子の背後から肉穴へズブズブ入れました。

「ア・・アウッ・・・そんな・・・入れないで下さい・・・アウッ・・・ウウウ・・・ア・アア~・・・」

パワハラにどうすることも出来ず、純子の肉穴に館長の肉茎が埋まってしまい、純子は不本意にも喘いでしまいました。

「おや?大人しくて純情なお嬢さんかと思ったら、純子君はチンポが初めてじゃないようだね。一体、どんな男にチンポの味を教えてもらったのかな?」
といいながら、腰をクイクイと動かして、純子の肉穴を味わっていました。

「ン・・ンン・・ンア・ンア・ウッククウーーー・・・」

必死で声を抑える純子のお尻目がけて、館長は射精しました。
館長はティッシュで純子のお尻を拭いて、自分の肉茎も拭いたら、
「床に落ちたの、拭いておいてね。」
と言い残し、機械室を出て行きました。

純子は涙を流しながら、床に零れ落ちた館長の精液を拭いていました。
私は、震えて何もする事が出来ずに、自分の恋人が犯される一部始終を見てしまいました。

その週末、純子を抱く時、純子は何か言いたげな表情をしていましたが、私はそれを無視するように、純子にただ性欲をぶつけていました。
館長に犯された純子を思い浮かべて、館長の生の肉茎で喘いだ純子を折檻するように、純子を揺さぶりました。

それから1ヵ月後、また1日中体育館の利用予約が入っていない日がありました。
もしかしてと思い、館長と純子を監視していたら、案の定、館長が純子に近寄って何か話すと、純子が館長の後について出て行きました。

私は、少ししてから体育館の機械室の天井から中を覗きにいきました。
すると、館長が携帯電話で純子の肉穴を撮影していたかと思ったら、今度はムービーで喘ぐ純子を撮りながら純子の肉穴に肉茎を突っ込んで腰を振っていました。
私は、カーッと頭に血が上りました。

私は事務室に戻って、
「体育館の機械室、鍵かかってるんですよ。先日、ケーブル直した時に仲の配線し忘れたか確認しようと思ったんですけど開かないんです。」
と言うと、係長が女子職員に、

「君、鍵を持ってきてくれないか?」
と言って機械室へ向かいました。

「本当だ、開かない。」

係長は鍵を使って解錠してドアを開くと、20歳の臨時アルバイトを机にうつ伏せにして、生の肉茎を挿入する館長と純子の結合部分が丸見えでした。

「キャーッ!!」

女子職員の悲鳴で、全職員が集まってきて、黒光りした肉茎を起たせたまま呆然とする館長と、それが抜けてヌラヌラした肉穴をポッカリ開けて突っ伏した大人しそうで処女説もあった純子という、そのおぞましい光景を目の当たりにしたのでした。


私は4年間で公民館を異動になり、昨年から本庁へ勤務するようになりました。
本庁にはたくさんの臨時アルバイトさんがいました。

昨年、27歳になった私は、部内の独身有志と臨時アルバイトさんの合コンに初めて参加して、22歳の臨時アルバイトさんととても気が合って、その後も付き合うようになりましたが、ただ一つ気になるのが、名前が淳子ということです。
字は違いますが、読みが同じでとても気になってしまいました。

淳子は明るい子で、純子とはタイプの異なる可愛さで、愛嬌のあるネコ顔をしています。
純子が浅田真央ちゃん系なら、淳子は安藤美姫ちゃん系といえるかもしれません。

昨年の8月、夏の終わりが近づく頃、淳子と付き合い始めて3ヶ月、丁度純子を口説いた時と同じ季節、同じシチュエーションで淳子を口説きました。

「やっと口説いてくれた!私、待ってたんだよ。」
純子はホテルに誘われた事を大層喜んでいました。

純子は出るべきところは出て、引っ込むべきところは引っ込むとても女性らしい見事なスタイルで、服を着ているときの可愛さが一変、ネコ顔と相まってヒョウみたいな色っぽさがありました。

下を絡めるキス、色はピンクですが発達しかかった肉ビラ、陰茎挿入の期待に濡れて蠢く肉穴、クンニリングスに捩る身体、22歳の淳子には明らかに性体験があることは明白でした。





パクッと陰茎を咥えて、上目使いで微笑む淳子のネコ顔は、今度は小悪魔的可愛さを放ちました。

早く入れてとばかりに足を開いて肉茎を待つ間、一応コンドームを装着して淳子の蕩けた肉穴に入れました。

「ハアァーーーーーーー」

長いため息のような吐息が、淳子が肉茎を待ち焦がれていた事を伝えました。
淳子の感じるエリアを探そうと天井を探ると、淳子は私のお尻を掴んで自分で感じるエリアへカリを誘導しました。

私はその場所を突きながらその範囲を確認しようとすると、淳子は喘ぎながらズレを修正して教えてくれました。

「アアーン・・・アアーン・・・アン・・アン・・ア・ア・ア・ア・・・」

純子は初めは恥じらいと遠慮が反応を邪魔していましたが、淳子は初めから遠慮なく快感の反応を示していました。
貧乳の純子より大きいオッパイが、プルンプルンと揺れて、可愛いネコ顔で喘ぐ淳子の肉穴の蠢きに抜き取られるように精液を搾取されました。

「あー・・・最高に気持ちよかった・・・クンニ合格・・・セックス合格・・・公平さん。好き・・・」
こうして私は淳子と恋人として交際するようになり、今年7月に婚約しました。


>>
公平さんお初です。

貴方に貼られた恋人失格ってレッテルを剥がせるかどうかは貴方の心次第です。

バカ上司に無理矢理抱かれたにも関わらず、貴方は足がすくんだと言いましたよね?
そして別離となった。
今は漢字は違えど同じ呼び方である貴方の奥さんの淳子さんを貴方が命を張ってでも守ることが、恋人失格って烙印を剥がす好機になるのです。

チンコやオッパイなどの見た目なんかじゃなく、貴方の心をタフガイにすることによって貴方達の夫婦円満が築ける事でしょう。


純子さんの時みたいに二度と同じ事はしないでください。
貴方と淳子さんの幸福成就をお祈りします。



>>
恋人との別れ方としては最悪の部類だな。俺は、浮気なんかしていないのに、浮気したのしてないのという痴話喧嘩が元で、意地張って連絡を絶ったまま自然消滅した恋人がいたが、いつまでも気になってた。
お互いの住まいは知っていたが、訪ねることもなく、20年以上前の事だから、携帯もメールもない時代、地方都市とはいえ30万人近くいる都市で再び巡り会う事はなかったが、数年後、新聞に掲載された告別式の案内で元恋人の死を知った。
その時、俺は新婚で、とてもじゃないが元恋人の告別式に行ける環境じゃなかったし、行く理由も見当たらなかった。唯ただ別れを告げなかったことを悔やんだ。
別れるにしても、さようならは言うべきだ。別れのセレモニーは切ないけれど、次の恋愛に進むためには必要だと思うし、心残りを抱いたまま過ごすのは精神衛生上よろしくない。

この話、「7月に婚約しました。」の終わり方が中途半端に思えるのだが?淳子さんとの幸せな関係を書き込みたかったわけじゃなかろう?純子さんとの出会いと別れを書き込むきっかけとなった出来事があったんじゃないか?純子さんはご存命なのか?自分の経験と照らし合わせるといやな予感がしてしまう。


>>
レスを頂きありがとうございます。
少し、淳子の事を書きます。

淳子は、以前務めていた会社で元彼と知り合い、20歳で初体験をして、愛を育んでいたそうです。
ところが、その彼氏が淳子とのセックスをデジカメで隠し撮りしていたのです。

淳子の裸はもちろん、感じてで喘いだり、V字に開脚させられて肉穴に肉茎が刺さるところが丸見えだったり、そんな恥ずかしい写真が秘かに撮影されていて、それを携帯電話のメモリに保存して、彼氏が男子社員との飲み会の席で見せびらかしたそうなんです。

その頃、彼氏とセックスするときに、なぜだか音楽をかけるようになっていたそうで、それは撮影音をごまかすためのものだったに違いないと淳子は言いました。

その写真を見せられた男子社員の1人が、同じ会社にいる彼女に話したため淳子や他の女子社員の知ることとなり、純子の彼氏は全てのデータの消去を命じられ、女子社員から総スカンを食い、はるか彼方の関連会社へ出向、裸だけでなく、淫乱な場面まで見られた淳子は会社を去り、市役所の臨時アルバイトになったのです。

淳子は、私に抱かれる前にこの事実を話し、最悪の場合、その恥ずかしい写真のデータが流出するかもしれないリスクを持つ女だと知っておいて欲しかったようなのです。

純子も淳子も、哀しい過去を持つ女ですが、淳子を守れなかった私は、今度こそ、正直で素直な淳子に今後何が降りかかろうとも、守り抜く覚悟はできています。

それから、お見込みのとおりで、あるエピソードがあったのでこのスレを書き込もうと思いました。
ですから、そのエピソードを最後に書き込みたいと思います。
因みに、純子は健在ですのでご安心を・・・



先月23日にブライダルフェアがあって、結婚式場に行ってきました。
そこで、浅田真央ちゃんに似た大人しそうな女性を見かけました。
優しそうな青年と連れ立って、ウェディングドレスを見て幸せそうに微笑んでいた彼女は、3年前にお別れの言葉も交わさず破局した純子でした。

おぞましい経験を知る元彼とこんなところで会うのは気の毒だと思い、気付かぬフリで淳子と過ごしました。
飾ってあるドレスの前で、淳子と純子がすれ違いましたが、私は全く気付かぬフリを通しました。

ブライダルフェアの後、明日も休みなのでそのまま街中で飲んで夜7時頃にラブホテルに向かうと、男性に隠れるようにしながら手を繋いで出て来たカップルが、先刻ブライダルフェアで見かけた純子カップルでした。

可愛い純子も24歳、新しい彼氏もできるだろうと思いましたが、私が開発したあの少女のようにほっそりとした体をあの彼氏が抱いているのかと思ったら、少し胸が痛みました。
そしてその後、淳子と激しく愛し合って、早く純子を忘れようと心に誓ったのです。


翌日曜日、携帯電話が鳴り、見ると純子から3年ぶりにかかって来たのでした。

「やあ、久し振りだね。」
「公平さん、3年前、黙ってお別れしてごめんなさい。私、とても人前に出れなくて・・・」

「もういいさ。今は元気なのかい?」
「公平さん、可愛い女性とご結婚なさるんですね。昨日、フェアにいらしたでしょう?」

「ああ、見られてたか。俺も純子を見かけたけど、あんなところで元彼に会っちゃかわいそうだと思って、声はかけなかったんだ。優しそうな彼氏だね。」
「ありがとう。私、もう大丈夫だから・・・だから、この電話切った後、電話番号とアドレス、消して欲しいんです。私も消します。そうしたら、公平さんを忘れられて、彼だけのお嫁さんになれる気がします。」

「わかった。俺も純子を忘れて、今の彼女を幸せにするよ。それじゃ、純子、さようなら。」
「さようなら。」

私は震える手で、アドレス帳から純子を削除しました。
これで、純子が遠い思い出になって行くことでしょう。


私は、やっと淳子に集中出来るような気がしています。
「最近、凄くエッチになってない?私もつられてエッチになってきてるような気がする。」

クンニするときわざとおツユをジュルジュル音立ててみたり、のた打ち回る淳子を押さえ付けて肉マメ転がしだけで逝かせてみたり、確かにエッチになりました。
淳子もただフェラするだけでなく、肉茎に頬ずりしたり、クンニの前に肉ビラ拡げて挑発したり、エッチな格好を平気で見せるようになりました。

可愛いネコ顔の純子は、普段、セックスを感じさせるお色気とは全く無縁の愛嬌のある朗らかな女ですが、一転して、肉茎を肉穴に埋めて淫乱に喘ぐ対極の姿は、将来の夫である私だけが楽しめる特権ですから、撮影して誰かに見せるなどというバカなことはしません。

私はやっと、純子の事を気に病むことなく、純子の幸せを祈ることができた事で、淳子の事だけを満足させようと集中してセックスに励むことが出来ているんだと思います。

今、これから2人で暮らすアパートを探しています。
素直に快楽に浸る淳子の声が響いても差支えないアパートで、キッチンに立つ淳子の姿を想像しながら、幸せで淫乱な生活に期待が膨らんでいるところです。

もし、幸せそうな純子と再会してさようならが出来ていなかったなら、もしかしたら、キッチンに立つのは純子だったのでは・・・なんて考えてしまったかもしれません。

これが、私と純子の出会いと別れの全てです。
ご一読いただいた方々、ありがとうございました。

・ここだけのオリジナルの体験談(姉妹ブログも全て含む)
・嫁と軽い露出プレイをしているうちに、友人に見てもらうことになって7
・久しぶりに会った友人が、僕の嫁と合コンして撮影までしていた完
・子作りを始めた途端、嫁がやたらとセックスに積極的になった理由3
・Fカップの見た目が派手な嫁を、友人に本気で堕としてくれと頼んでみた5
・嫁がバイト先のファミレスで、高校生に本気になっていた4
・寝取られ好きの管理人の激推し寝取られ作品



【同じジャンルの体験談】
  


MIC(ミク)
MIC(ミク)
[ 2020/10/30 05:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
気持ち良すぎるオナホ