NTR使える寝取られサイト

オリジナルの寝取られ体験談や人妻体験談を紹介しています

嫁さんが事故で死んだ親友に、色々と世話を焼く俺の嫁 完(オリジナル 転載禁止)

前回の話

真美は、臨月に入った。2人目なので恐らく予定通りに生まれてくるはずなので、あと1ヶ月もしないうちに生まれてくることになると思う。

そして、臨月の少し前から、清が同居するようになった。毎週末だけうちで過ごす感じだった彼が、完全に同居するようになってしまった。俺は、かなり複雑な気持ちだが、真美は美味い食事を作ってもらえるので、すごく喜んでいる。そして、食事以上に喜んでいることもある……。

今日も、俺が仕事から帰ると、すでに清が家にいた。ソファに座ってビールを飲んでいる彼。その前には真美がひざまずいて、フェラチオをしている。お腹がパンパンに張った真美。臨月の妊婦なのに、スケスケのベビードールを着ているだけだ。


神聖な感じのする妊婦が、そんな場末のピンサロ嬢のような格好をしている……。俺は、その違和感にゾクゾクしてしまう。

真美は、本当に丁寧に口での奉仕を続けている。そして、リビングに入った俺に対して、清が、
「あ、お疲れさん。悪いね、先にやってるよ」
と、缶ビールを持ち上げるようにして言ってくる。この状況で、飲んでいることを悪いと思う彼も、かなり感覚が麻痺してしまっているなと思う。
真美は、いったんペニスを口から吐き出して、
『おかえりなさい。夕ご飯、もう出来てるから。先に食べててね』
と、言ってから、またペニスをくわえてしまった。イヤらしい舌使いでフェラチオを続ける真美。妊婦がするようなことではないと思う。真美は妊娠して以来、性欲が妊娠前よりもかなり増加してしまった。
臨月になって多少収まるかと思ったが、そんな気配もない。真美は、わざとなのか大きな音を立ててフェラチオを続ける。指を伸ばして清の乳首も刺激しながらフェラチオを続けていく。

俺は、そういう光景も最近の日常なので、かまわずにテーブルについて食事を始める。自分の嫁が、大きなお腹で他の男のペニスをくわえる姿……。それは、嫉妬や不安を煽るが、いまの俺はその姿を見て興奮する気持ちが大きい。

あの日、真美が清のペニスを握った日に、俺の運命は決まったのだと思う。寝取られ性癖……。そんな物は、AVや雑誌の中だけの話だと思っていた。現実に、自分の嫁や恋人を他人に抱かせて興奮するヤツなんて、いるはずもないと思っていた。

俺は、食事を続けながら痛いほどに勃起している。本当ならば、食事なんか後回しにして、オナニーをしたいと思っているくらいだ。

真美の舌が、清の睾丸を舐める。真美は、清の足を舌から持ち上げるようにしてM字に開脚させている。そして、彼のアナルを舐め始めた。他の男の肛門を舐めている真美……。俺は、さらに嫉妬が強くなる。真美は、俺にもしたことがなかったことを、清には平気でしてしまう。

「あぁ、気持ちいい。真美ちゃん、すごく気持ちいいよ」
清は、本当に気持ちよさそうな声をあげる。真美は、清のアナルを舐めながらペニスもしごき始めた。清は、声を漏らしながらなすがままになっている。風俗店でサービスを受けているような感じに見えてしまう。

『出そう? 良いよ、いつでも出して』
真美は、そんな風に言いながら清を責め続ける。清は、少しすると、
「出るよ。真美ちゃん、もう出る」
と、余裕のない声で言い始める。すると、真美は清のペニスをくわえて頭を激しく振り始める。清は、うめきながら真美の膣中に射精をした……。

真美は、軽くうめきながら口内射精を受け止める。そして、出されているそばから飲み干していく。
『ごちそうさま。美味しかったよ。じゃあ、夕ご飯食べようよ』
と、真美は清に言う。清は、
「ありがとう。すごく気持ち良かったよ。じゃあ、食べようか」
と、満足げに言う。そして、二人は下着だけを身につけてこちらに向かって歩いてくる。
『ゴメンね、お待たせ』
真美は、先に食事を始めている俺に声をかけながら椅子に座る。清も、
「いつも悪いね』
と、申し訳なさそうに言いながら椅子に座る。申し訳ないと謝る彼だけど、最近は夕ご飯を作るのは彼の仕事だ。逆に、こちらが申し訳ないなと思っている。

『美味しい~。ホント、清さんって料理上手だよね』
おっぱい丸出しのまま食事を始めた真美。ショーツこそ穿いているが、大きなお腹もあらわになってしまっている。
「そうかな? これくらいなら、いつもで作れるから。いつでも言ってよ」
清は、そんな風に言う。俺は、複雑な気持ちになってしまう。食事前に、風俗的なサービスを受けて射精をした清。そして、それを飲み干した真美……。俺は、ただ黙々と食事を続けるだけだ。

すると、ベビーベッドの息子が泣き始めた。真美は、すぐに移動して母乳をあげ始める。さっきまでの淫乱な痴女の顔から、母親の顔に変化している。

清が、何気なく移動して真美の所に行く。そして、息子が飲んでいない方の乳首にむしゃぶりつき、母乳を飲み始めた。
『ダメだよ。これは、赤ちゃんが飲むものだよ』
真美は、そんな風に言いながらも楽しそうだ。清は、笑顔で母乳を飲み続ける。

すると、息子が満足したのか寝始めた。真美は、そっとベビーベッドに息子を寝かせる。すると、清が真美にキスをし始めた。
『ちょっと、ダメ、まだご飯食べてるでしょ。お腹すいてるの』
真美が、そんな風に言う。でも、そんな風に言いながらも、別にイヤがっている感じはない。むしろ、喜んでいるように見えてしまう。

「じゃあ、食べさせてあげるよ」
清は、そう言ってハンバーグを自分の口に入れる。そして、咀嚼し始めた。真美は、それを熱っぽい目で見つめている。すでに、興奮してしまっている……。そんな感じだ。

清が真美に顔を近づけていくと、真美はスッとアゴを上げて口を開ける。清は、真美に唇を押し当てると、口の中の物を流し込んでいく。口移しで食べさせてもらっている真美……。興奮した顔で、何度も繰り返し食べさせてもらっている。

不思議なことに、食べさせてもらうという行為で、真美は興奮しきったような顔になってしまっている。実際、息遣いも荒いし、身体も上気したように赤い。

そして、真美は食べさせてもらったそばから、清に激しいキスをし始めた。抱きつきながら舌を動かす真美……。すると、真美は身体を震わせて一瞬身体を硬直させてしまった。
『イッちゃった。フフ。ごちそうさま』
真美は、嬉しそうだ。食事をしたことで、さらにお腹がはち切れそうになっている真美……。妊婦なのに、こんなに毎日セックスをするなんて、普通にある話なんだろうか?

「どうする? まだするの?」
清は、そんな質問をする。最近では、清がセックスをさせてもらっているという態度ではなく、セックスに付き合ってあげているという感じになってしまった。
『するよ。だって、まだおチンポ入れてもらってないもん』
真美は、甘えたような口調でおねだりをする。
「どんな風にする?」
清が質問すると、真美は、
『たまにはパパも一緒に、三人でしない?』
と、俺と清を見ながら言う。清は、別に良いよと即答するが、俺は口ごもってしまっている。

『ほらほら、パパも脱いで!』
そう言って、俺の腕を引っぱって寝室に移動する真美。清も、後からついてくる。全裸にされた俺は、ベッドの真ん中辺りに座る。
『最近、全然してなかったでしょ? たまってる?』
真美は、そう言って俺のペニスをくわえてきた。すぐに舌が絡みついてきて、強烈にバキュームされる。俺は、強制的に勃起させられて、なおかつ射精感すら感じるくらいになってしまっている。
『すごい。カチカチ。すぐ出ちゃいそうだね』
そんな風に言いながら、楽しそうにフェラチオをしてくれる真美。この異様な清との共同生活をしていても、真美は俺のことをすごく愛してくれてる。変な言い方になるが、清とのセックスは、あまり感情的な物はないような感じに見える。スポーツのようなセックス……そんな感じだ。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
気持ち良すぎるオナホ
巨根になれる!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
70位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
3位
アクセスランキングを見る>>