NTR使える寝取られサイト

オリジナルの寝取られ体験談や人妻体験談を紹介しています

▲嫁がバイト先のファミレスで、高校生に本気になっていた完(転載禁止)

前回の話

僕は、精液まみれの自分の手を見ながら、どうしてこんな事になっているのだろう? と、考えてしまった。仕事も順調で、理香のお腹の中には赤ちゃんもいる。どこから見ても、幸せな家族という感じだと思う。

それなのに、理香は大きなお腹で剛君とのセックスを続けている。アナルセックス……本当にしてしまうのだろうか? 当然僕ともしたことがないし、するつもりもなかったことだ。


・今月のブロマガ(このブログオリジナルコンテンツ)更新一覧表です
《寝取られ好きの管理人のおすすめ動画・同人作品の詳細紹介(動画つき)》


『そ、そんなの無理だよ。恥ずかしいし……』
理香は、剛君の言葉に反応してそう答える。アナルの中を綺麗にする……それは、浣腸をするという意味だと思う。理香は、顔を真っ赤にして拒否している。

「でも、綺麗にしないと余計恥ずかしいことになると思うけど」
剛君は、そんな風に言う。
『そ、それはそうだけど……。でも、どうやって? したことないよ』
理香は、やっぱり恥ずかしそうに言う。なかなか浣腸なんて経験するものではないと思う。
「薬局で買っておいた……」
剛君はそう言って引き出しから小箱を取り出す。
『そ、そうなんだ……。準備良いんだね。今日は、最初からそのつもりだったって事なの?』
理香が質問すると、剛君はすぐに、
「結構前から買ってあったんだ。理香の初めてになりたいなって思ってたから……。理香、愛してるよ」
優しい声で言う彼。理香は、嬉しそうな顔で、
『私も愛してるよ。わかった……。剛に初めてを捧げたいから……。待っててね。綺麗にしてくる』
そう言って、理香は小箱を手に取ってトイレの方に移動していく。さすがに、トイレの中にまではカメラはしかけられなかったようで、画面は切り替わらない。……でも、本当にそうなんだろうか? もしかして、アップロードしていないだけで、アイツは撮影動画をもっているのではないだろうか? 理香の恥ずかしい姿を、独り占めしているのではないだろうか?

画面では、剛君が落ち着きのない様子でスマホをいじったりしている。結構な時間が経過していく。すると、理香が戻ってきた。
『ゴメンね、お待たせ……』
理香は、少し元気がない感じだ。
「大丈夫だった?」
剛君が質問すると、
『う、うん。多分平気』
理香は、妙にモジモジしている。すると、剛君が理香を抱き寄せてキスを始めた。嬉しそうにキスをする理香。本当に、幸せそうな顔になっている。そのまま、長い時間キスが続く。こんなに感情を込めてキスをする二人を見るのは、胸が苦しくなる。でも、コントロールを失ったように勃起してビクンビクンと揺れるペニスを、僕はまたしごき始めてしまった。

剛君は理香とキスをしながらも、たまに醒めた顔になっている感じがする。理香は相変わらず、恋する女の子の顔でキスを続けている。二人の間に、温度差が生まれているように感じる。そして、理香はキスをしながら剛君のペニスをしごき始めた。すでに大きくなっているペニスを、さらに大きくしようとするように激しくしごき続けている。

しばらくしごいた後、理香はまたフェラチオを始めた。
『すごく固い。興奮してくれてる? 私に飽きてない?』
理香は、そんな言葉を口にしながらフェラチオを続ける。
「飽きるはずないよ。すごく興奮してるよ。愛してる」
剛君はそんな風に言葉をかける。理香は、嬉しそうにフェラチオを続ける。大きなお腹で、一生懸命に奉仕をする理香。妊婦がこんな風にフェラチオをしている姿は、卑猥さと神聖さが入り交じったような不思議な光景に見える。僕は、興奮したままオナニーを続ける。理香が他の男にフェラチオをする姿は、どうしてこんなに興奮するのだろう? 僕は、僕自身もすっかりと変わってしまったなと思いながらしごき続ける。

『ねぇ、もう入れて欲しい。くわえてるだけで、我慢できなくなっちゃう』
理香は、甘えた声で言う。
「じゃあ、四つん這いになってみて」
剛君が指示をする。すると、理香は言われるままに四つん這いになる。大きなお腹の理香が四つん這いになる姿……。僕は、色々と心配になってきてしまう。

すると、剛君がいきなり理香のアナルを舐め始めた。
『ダッ、ダメッ! 汚いよ、ダメだって、うぅっ』
慌てて逃れようとする理香。でも、剛君は、
「理香の身体に汚いところなんてないよ。それに、誰にも舐められたことないでしょ? 俺が初めてになるよ」
と言う。理香は、
『うぅ、そ、それはそうだけど……』
と、戸惑った感じで弱々しく言いながら抵抗をやめた。剛君は、抵抗がなくなったことで舐め続ける。理香は、恥ずかしそうにうめきながらもなすがままにされている。
剛君は、ひたすら理香のアナルを舐め続ける。いくら理香の身体の一部だとしても、僕は舐めようとは思えない。なんとなく、理香を思う気持ちで負けたような気になってしまう。

『うぅ、あっ、んっ、うぅっ、あっ、くぅ』
理香は、うめき声に気持ちよさそうな響きが混じり始めた。
「気持ちいい?」
剛君が質問すると、
『き、気持ちいい。恥ずかしいのに、感じちゃう……』
と、理香が本当に恥ずかしそうな声をあげる。剛君は、理香のアナルを舐めながら膣の方も触り始めた。理香は、
『あっ、あぁっ、気持ちいいっ、剛、すごく気持ちいいよ』
と、あえぎ始める。そのまま責められ続ける理香。少しすると、剛君が理香のアナルを触り始めた。

『うぅ、うぅあっ、んっ』
理香はやっぱり恥ずかしそうな感じのままあえぐ。剛君は、ローションのボトルを手に取ると、それを指につける。そして、理香のアナルに指を入れていく。
「力抜いててよ」
剛君はそんな風に言いながら指を挿入していく。理香は、
『うぅ、イヤァ……』
と、恥ずかしそうに声を漏らし続ける。
「もう、全部入ったよ。痛くないでしょ?」
剛君は、人差し指を全部挿入した状態で言う。理香は、
『う、うん。痛くない……でも、すごく違和感あるよ。指でもこんななのに、剛の大きなおちんちん、入るのかな?』
理香は、不安そうな声を漏らす。
「じっくりほぐせば平気だよ。動かすよ」
そう言って、指を動かし始める彼。理香は、うめくような声をあげながら、抵抗せずにアナルをほぐされ続ける。じっくりと、人差し指を抜き差ししたりしながら理香のアナルをほぐしていく彼。理香は、モジモジと恥ずかしそうにしながらも、アナルをほぐされ続けている。理香の初めてがまた奪われる……それは、夫の僕としては泣けそうなほどツラい。でも、僕は興奮しきった状態でペニスをしごき続ける。

「指、1本増やすよ」
そんな声をかける剛君。理香は、黙ってうなずいている。剛君が指を二本にすると、
『うぅっ、あぁ、ダメぇ』
と、思わず声が出る理香。剛君は、力抜いて等と言いながら理香のアナルをほぐしていく。ペニスを入れるために、二本の指でアナルをほぐされる理香……。僕は、ますますドキドキしながらペニスをしごき続ける。
剛君に初めてを捧げるために、必死で耐え続ける理香……。激しい嫉妬を感じてしまう。でも、考えてみればすでに理香を妊娠させられてしまっているので、今さらという気持ちもある。

「よし、じゃあ、ゆっくり入れてくよ。息吐いてリラックスしてね」
そんな風に言いながら、ペニスを理香のアナルに押しつける彼。いよいよ奪われてしまう……そんな気持ちにもなるが、あんなに太い物が本当に入るのだろうか? そんな心配も感じる。

『うぅあぁ、む、無理だよ、入らないよ。大きすぎるもん』

【続きは出典元から】

・ここだけのオリジナルの体験談(姉妹ブログも全て含む)
・彼女がいない私の友人に、嫁が手でしてあげると言いだした3
・寝取られ性癖の僕の望で元彼に抱かれる姉さん女房4
・嫁の浮気相手は、ハゲた中年太りのおっさんだった6
・海外赴任が決まった友人が、俺の嫁とデートをさせてくれと言ってきた2
・Fカップの見た目が派手な嫁を、友人に本気で堕としてくれと頼んでみた完
・寝取られ好きの管理人の激推し寝取られ作品
【同じジャンルの体験談】
  


MIC(ミク)
MIC(ミク)
[ 2020/12/26 12:03 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
気持ち良すぎるオナホ