NTR使える寝取られサイト

オリジナルの寝取られ体験談や人妻体験談を紹介しています

□嫁と軽い露出プレイをしているうちに、友人に見てもらうことになって6(転載禁止)

前回の話

由紀恵は、僕の方を見ながら微笑んでいる。そして、スッと脚を拡げて、
『たっちゃん、早く来て。すぐに中に出してくれないと、負けちゃうよ。幸夫さんので妊娠しちゃうよ』
と、言ってきた。その表情は、上気したような感じになっていて、脚を拡げているのでアソコも丸見えだ。膣からは、幸夫の精液が流れ出てきている。他の男の精液をあふれさせながら微笑む由紀恵……。いつもの上品で清楚な雰囲気は、まるで感じない。


・今月のブロマガ(このブログオリジナルコンテンツ)更新一覧表です
《寝取られ好きの管理人のおすすめ動画・同人作品の詳細紹介(動画つき)》


僕は、射精したばかりで柔らかくなっているペニスを握りながら、由紀恵に覆い被さるようにした。
『たっちゃんは、続けて出来ないの? 固くならない?』
由紀恵は、僕のペニスを触りながら無邪気に聞いてくる。僕は、必死で勃起させようと頑張るが、やっぱりすぐには固くならない。

『じゃあ、興奮させるね。そこで見てて』
由紀恵は、そう言ってベッドの端で座っている幸夫に、甘えたような仕草で抱きつく。そして、僕の目を見つめながら、彼とキスを始めた。

僕を見たまま、舌を絡ませていく由紀恵。唇を密着させず、舌だけ突き出す格好でキスをしている。それは、キスをするためのキスと言うよりは、見せつけるためのキスという感じだ。

僕は、すぐ目の前で由紀恵が他の男とキスをしているという状況に、息が苦しくなるほどの興奮を感じてしまっている。でも、まだペニスは固くなる気配がない。焦っているので、余計に勃起しづらくなっているような感じがする。
僕は、チラッと幸夫のペニスを見た。すると、彼のペニスはほとんど完全に勃起しているような感じで、真上を向いてそそり立っている。
僕は、雄としての性能の差を見せつけられているような気持ちになり、悔しくて悲しくなってしまった。

由紀恵は、見せつけるようなキスを続けながら、幸夫のペニスを握り始めた。
『もう、カチカチだね。続けて出来ちゃうね』
由紀恵は、そんな言葉を口にする。僕を見たまま、挑発でもするような口ぶりだ。
「言ったでしょ。由紀恵となら何度でも出来るって」
幸夫は、楽しそうに言う。僕は、彼が何を考えているのかよくわからなくなってきた。もともと、由紀恵のことを気に入っていたのはなんとなくわかっていた。でも、僕が見ている前で、やり過ぎな感じはする。

『ダメだよ。次は、たっちゃんの番だから。口でするね』
そう言って、由紀恵は彼のペニスをくわえ始めた。他の男のペニスをくわえながら、上目遣いで僕を見つめる由紀恵……。
こんな状況は、想像もしていなかった。ただ、由紀恵とのセックスを見てもらいたいだけ……。そんな、軽い露出プレイというか、見せつけるプレイがしたかっただけなのに、どうしてこんな事になってしまったのだろう? 僕は、強い後悔を感じながらも、興奮がどんどん高まるのを感じている。

ただ、興奮はしているのに、ペニスが固くなる気配がない。多分、心理的な理由なのだろうかと思いながらも、なとか勃起しようと焦る僕。

由紀恵は、そんな僕の気持ちを知らず、他の男のペニスを、イヤらしい舌遣いで舐め続ける。見せつけるようにフェラチオをする由紀恵……。舌が立派なカリ首に絡みつき、チロチロと動き続ける。
『すごく大きい。ここのところ、ゴリゴリ気持ちいいところをこすってくれるんだよ。たっちゃんのも、こんな風になってると良いのにな……』
由紀恵は、僕を見ながらそう言ってくる。僕は、情けなくて思わずうつむく。すると、妙に細いペニスが目に入ってしまう。こうやって比べると、長さも太さも一廻り以上も小さい。でも、一番違うなと感じるのが、カリ首の造形だ。

彼のカリ首は、張り出していて鉛筆が隠れるんじゃないかと思うほどのサイズがある。僕のカリ首は、ほとんど竿の部分と大差ないほどの張り出し方だ。確かに、これでは気持ちいい部分をこすることは出来ないかもしれない。

僕は、どうしてこんなに違うのだろう? と、不公平を感じていた。僕にあのペニスがついていれば、由紀恵はもっと僕のことを好きになっていたのではないか? そんなことまで思ってしまう。

『あぁ、本当に素敵。舐めてるだけで、イキそうになっちゃうよ』
由紀恵は、媚びるような声で言う。完全に、牝にされてしまった……。そんな由紀恵が、挑発的な目で僕を見つめながらフェラチオを続けていく。

『たっちゃん、大きくなったらすぐ入れてね。後ろから奥まで入れて』
由紀恵は、そんな風に言う。奥まで入れてと言う言葉に、小馬鹿にされたような気持ちになってしまう。でも、僕はそんな言葉にすら興奮を感じている。

「気持ちいいよ。すごく上手。まだ、大きくならないみたいだから、入れちゃおうよ。勃起したら交代で良いんじゃない?」
幸夫は、そんな風に言う。由紀恵は、彼のペニスを手でしごきながら、僕の方を見てくる。そして、
『たっちゃん、大きくならない? まだ、ダメそう?』
と、聞いてきた。僕は、さっきからペニスを直接しごきながら大きくさせようとあがいていた。でも、まだフニャフニャのままだ。僕は、敗北感にまみれながら、黙ってうなずいた。

『まだ、ダメだって。じゃあ、またがるね』
由紀恵は、そんな風に言って彼にまたがり始めた。対面座位でまたがる由紀恵。なんの躊躇もなく、彼の生ペニスを挿入してしまう。
『うぅああぁ、すごい、深いの……奥までギュッてなる』
由紀恵は、とろけきった顔で絞り出すように言う。本当に気持ち良くて仕方ないみたいな感じだ。
「そんなに気持ちいいの?」
幸夫が聞く。
『うん。すごく気持ちいい。たっちゃんに見られてると、ダメなのに気持ち良くなっちゃうの』
由紀恵が、興奮した声で言う。
「見られてるのに感じちゃうんだ。イケない奥様だね」
幸夫が、からかうように言う。
『言わないで。ダメって思うと、もっと気持ち良くなるの。たっちゃん、ゴメンね。幸夫さんのすごく気持ちいいの』
由紀恵は、うわずった声で言う。二人とも、さっきの愛し合っているような感じはなくなっている。また、もとの感じに戻ったような雰囲気だ。
セックス中に、興奮してあんな態度を取ったんだなと少しだけ安心しながらも、僕を見つめながら他の男と繋がっている由紀恵に、強い嫉妬を感じてしまう。

「じゃあ、もっと気持ち良くなっちゃおうよ。その方が、達也も喜ぶみたいだし」
幸夫は、そんな風に言った。すると、由紀恵は挑発的に微笑みながら、腰を動かし始めた。上下動ではなく、前後に揺らすように動かす由紀恵。やっぱり、僕を見つめたままだ。

僕を見ながら、腰をくねらせるように動かし続ける由紀恵。顔は、快感にとろけてきている。
『たっちゃん、ゴメンね、気持ちいいの。幸夫さんのおちんちん、たっちゃんのより奥まで来るの』
そんな風に言う由紀恵。僕は、泣きそうな顔になっていると思う。でも、由紀恵から目をそらすことが出来ない。自分の嫁が、他の男の上で腰を振っている姿……。胸がかきむしられるような状況なのに、どうしてこんなに興奮してしまうのだろう?

『たっちゃん、興奮する? 大きくなった?』
由紀恵は、そんな風に聞いてくる。僕は、興奮はしているのに勃起しない。どう答えて良いのかわからず、口ごもってしまう。
『たっちゃん、来て。お口でしてあげる』
由紀恵は、そんな風に言ってくる。僕は、迷いながらも立ち上がり、由紀恵の顔の横のペニスを近づけた。由紀恵は、にっこりと微笑むと、僕のペニスをくわえてくれる。すぐに舌が絡みついてきて、カリ首辺りを刺激してくる。
勃起していないのに、気持ちいい。僕は、思わず声を漏らす。由紀恵は、僕を見つめたままフェラチオを続けてくれる。腰をなまめかしく動かしながら、激しいフェラチオを続ける由紀恵。僕は、必死で勃起させようとあがく。でも、すごく気持ちいいのに、肝心の勃起はする気配がない。

『気持ち良くない? ゴメンね、下手くそで』

【続きは出典元から】

・ここだけのオリジナルの体験談(姉妹ブログも全て含む)
・スーパー銭湯でパートしている嫁が、セクハラされていた5
・嫁に、会社の後輩がシリコンリングを入れたと言ったら興味を持ってしまった2
・なんでも聞いてくれる従順な嫁が、目の前で寝取られてくれました6
・仕事が減った僕のせいで、妻がメンズエステで働き始めました5
・無精子症の私は、妻の妊娠を巨根の甥に託してみた6
・寝取られ好きの管理人の激推し寝取られ作品
【同じジャンルの体験談】
  


[ 2020/12/30 13:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
気持ち良すぎるオナホ