NTR使える寝取られサイト

オリジナルの寝取られ体験談や人妻体験談を紹介しています

俺は女性に興味がいっぱいの年頃、そんな行為にちょっと(かなり?)ドキドキしていました。もしかしてだけど~X2って・・・。 ある日のこと、その事務員さん、慶子さん(仮名)が帰りがけに「飲みに行かない?」と誘うので、自分のアパート近くのショットバーに行って、他愛もない話を肴に二人で時間を過ごした。 夜も遅くなり、店を出るとすっかり千鳥足。自然に腕を組むような感じで歩いてた。 「こんなに遅くなっていいんですか?」 「旦那さんいるんですよね・・・」 とりあえず駅まで送ろうとしたら、腕にぴったり寄り添ったままだった。 「もう帰る?」 「今日は遅くていいんだけどな・・・」 「部屋、近くなんでしょ。行ってもいい?」 「飲みなおそう?」 こんな感じのやり取りをして部屋に連れて帰った。もうドキドキですよ。自分の部屋に、それもこんな夜遅くに、女性がいるんだもの。 それも酔っていて、大きく開いた胸元やタイトスカートから覗く脚についつい視線が行っちゃったりして、どんな話をしたかは、全然覚えてません。 気がついたら、舌を絡めてた。キスは初めてって訳じゃなかったけれど、興奮した。 「いいんですか?」 「もちろん・・・じゃなかったら・・・」 「こんな独り暮らしの男の子の部屋に来ないよ」 俺は服の上から胸を触る。スカートの裾から、太ももをさすりながら手はお尻へ。キスをしながら、右手はブラウスのボタンを外し、さらにブラジャーの下で直接ふくらみをまさぐる。左手は女性の秘所へ。 「あっ」乳首に触れると、ピクッと身体をのけぞらせる慶子さん。荒い息遣いと、その声に童貞の僕はますます興奮。小ぶりな乳房がむき出しになると、たまらず揉みしだき、吸いつき、次第にあえぎ声も大きくなっていった。 その時の慶子さんはもうすっかり、裸に近い状態だった。 「私だけ裸なんてズルイよ」 「え、あ・・・」 「私が脱がせてあげる」 シャツが、ズボンが脱がされて、最後にはトランクスも。お互い全裸になって、絡み合うようにお互いの体をむさぼる。初めて感じる、自分の硬くなったもの全体に、女の人の温かかくて柔らかい肌が絡みついている感触。 それだけでもうイキそうな感じ。慶子さんの手が、僕の一物をまさぐる。「あんまり大きくないから・・・恥ずかしいな」そう言う僕に「そんなことないよ」と優しい言葉をかけてくれた。 「あ、もう、出る・・・」と慶子さんの胸の感触を味わいながら、あっという間に僕は果てた。思わず謝ってしまった。 「・・・ごめんなさい」 「何で謝るの?」 「いや、俺、初めてで・・・」 「うまくできなくって、すぐに出しちゃって・・・」 「いいのよ。ほら、また大きくなってきてる」 まだ20歳そこそこの頃は、回復も早い。あっという間に元通りになってきた。そして、「しゃぶってあげるね」そう言って慶子さんは、僕のものを口に含んでくれた。あたたかい。初めての感触。舌が、唇が、優しく強く、絡みつく。あっという間にビンビンになった。 「・・・いつもこんなこと・・・」 「・・・旦那さんとしてるんですか?」 「んー、たまに、ね」 そう言いながら、慶子さんは竿から袋に唇を這わせる。「これは、旦那にもしないんだけど・・・」慶子さんの舌が、肛門のほうへ。くすぐったいけど、気持ちいい。 そのうち、「・・・入れてほしい」と吐息混じりに、耳元で恵子さんが囁く。俺は「え、でもしたことなくて・・・」と情けない事を言ったら「大丈夫、教えてあげるから」そう言うと、慶子さんは布団の上に横たわった。 上から覆いかぶさり、胸がドキドキいってる。うわあと入らない。「うん、もうちょっと上・・・あん、そこ」とリードを受けて、思ったよりすんなりと、俺のものは慶子さんの中に吸い込まれていった。 初めて味わう女性の中・・・フェラチオなんか比べ物にならないくらいの、あたたかさ、気持ちよさ。夢中でサルみたいに腰を振ってみた。 「あ、はぁ・・・んっ」と、感じてるのかな。うまくできてるのかな。慶子さんの声はだんだん大きくなる。 「はぁ、はぁ・・・ぁん、ぅくっ・・・」 「あ、あ、いっちゃう」 一回出してもらってるから、さっきよりはもったけど、やっぱり気持ちよさに耐えかねて爆発。すんでのところで引き抜いて、お腹の上にたくさんぶちまけた。しばらく二人で、そのまま横たわっていた。 ティッシュでザーメンの処理をして、慶子さんの口で、放出した棒をきれいにしてもらって、それでまたちょっとおっきしたまま、二人で抱き合って横になった。 身体のあちこちをまさぐりながら、しばらくして慶子さんが言った。 「・・・よかったよ」 「でも初めてが私みたいなおばちゃんでよかったの?」 「え、何言ってんですか。俺の方こそ・・・ありがとうございます」 「・・・でも、良かったんですか」 「何が?」 「いや、旦那さん・・・」 「いいの。大丈夫だよ。それより・・・」 そこで慶子さんは、俺の耳元に小さな声で言った。 「・・・中に出してくれても良かったのに」 「え、いやでもそりゃ、まずくないですか」 「いいの、もう一回しよ。今度は・・・中に出して」 そういうが早いか、慶子さんはまた俺に絡み付いてきた。俺のものは、また回復して、硬くなってきている。「今度は私が上になってあげるね」そう言って慶子さんは上にまたがり、ゆっくりと腰を振り始めた・・・。 結局その晩は、もう一度、今度は中に出して終わった。夜半過ぎ、慶子さんはタクシーで帰っていった。それからはその後も、何回も関係を持った。 俺の部屋に来てもらったこともあったし、研究棟の人気のない実験室でしたこともあった。さすがに実験室では大きな声は出せず、かえって興奮した。 初めてホテルで一泊したときには、思う存分にお互いの裸をむさぼった。ベッドでお風呂で、何度も何度も求め合った。朝、帰るときにはさすがに罪悪感が襲ったけど。 俺はこうして、女性の身体を知り覚えていった。大学卒業の折、優しく微笑みながら見送ってくれたその人には、仕事が忙しくなって、いつしか疎遠になっていったけど、今でもたまに思い出す。

嫁の久美が浮気をしていた。久美とは結婚して3年目で、まだ子供はいない。俺と大学時代に出会って交際を始めるまでは、処女だった久美。真面目で貞操観念の高い女性だった。それが、浮気をしていたなんて、発覚した今でも信じられない気持ちだ。

ここ半年くらい、俺は仕事が忙しくて帰りが遅くなっていた。仕事で疲れて、土日も寝て過ごすことが多かった。久美は、ファミレスでパートをしている。週に3~4日くらい働いているような感じだ。それほど俺の稼ぎがあるわけではないので、助かるなと思いながらも、少しは心配な気持ちもあった。


・今月のブロマガ(このブログオリジナルコンテンツ)更新一覧表です
《寝取られ好きの管理人のおすすめ動画・同人作品の詳細紹介(動画つき)》


ファミレスなんて、高校生や大学生のバイトが多い。男性経験の少ない久美が、上手いこと言われてやられてしまうかもしれない……。そんな心配もしていた。でも、真面目で一途な久美に限って、それはないなとも思っていた。

考えてみれば、大学生などにとって27歳の久美は、おばさんに見えるはずだ。女子高生のバイトの女の子もいるのに、わざわざ人妻なんて、狙うこともないか……と、思ったりもしていた。

そんなある日、ソファの下にライターが落ちているのを見つけた。ごく普通の100円ライターだが、スナック伊織と書かれているライターだった。俺は、久美がスナック? と、一瞬驚いてしまった。でも、すぐに久美が使っているのではなく、そのライターを使っている人間が忘れていったものなのでは? と、思った。
ただ、そうは言っても久美におかしな所なんてない。本当にいつも通りだし、ニコニコと笑顔で俺に接していた。俺は、誰か友人の忘れ物なのかな? と、思うようになった。

でも、一度気になってしまった事は、どうしても頭から離れてくれない。俺は、久美が風呂に入っているときに、こっそりと彼女のスマホを覗いてしまった。
パスコードは、単純に誕生日の組み合わせだった。メールにもlineにも、着信履歴にもとくに怪しいと感じるものはなかった。

そして、SMSを確認すると、やっぱり何もない。でも、俺は何もないと言うことがおかしいことに気が付いた。使い続けていて、何もメッセージがないというのはあり得ないはずだ。削除している? 俺は、ゴミ箱なんかも確認した。すると、一通だけメッセージが残っていた。
メッセージの送信元は、美容室の名前だった。内容も、今から行きますという短いものだった。俺は、やっぱり取り越し苦労か……と、スマホを元に戻そうとした。でも、今から行きますというメッセージが、久美から発したものではないことに気が付いた。
美容室の方が、今から行きますとメッセージを送っている……。出張カット? 俺は、その名前の美容室を検索した。すると、それは確かに実在して、割と近所だ。俺は、サイトで確認をしてみた。でも、出張カットのことなんかは書かれていない。俺は、気になってサイトに書いてある番号に電話をして確認してみた。
すると、その美容室は規模も小さく、出張サービスなんかは何もしていないことがわかった。俺は、イヤな予感に包まれながら、そのメッセージの登録してある電話番号を見てみた。すると、それはさっきのかけた電話番号ではなく、携帯電話の番号だった……。

俺は、一気に心配になってしまった。もしかしたら、本当に浮気なのではないか? そんな不安で、胸が苦しくなってきた。でも浴室の方で音が響き、久美が出てきそうな感じがあったので、慌ててスマホを置いてソファに座った。

『お待たせ~。お風呂どうぞ~』
身体にタオルを巻いた久美が、明るい声で言ってくる。俺は、その姿を見てこうふんしてしまった。久美は、小柄だが胸が大きい。童顔なので幼く見えるし、黒髪のショートカットなので、より子供っぽく見える。
そんな久美だが、胸の部分が大きく膨らんでいる。俺は、ギャップにドキッとしてしまった。そういえば、最近忙しくてセックスをしていないなと思った。そんな風に、モヤモヤしながら風呂に入った。

久美は本当に浮気しているのだろうか? どうしても信じられない気持ちだ。そんなことを考えながら、身体を洗って風呂を出来た。

そして、寝室に行くと、久美はベッドで本を読んでいた。俺は、興奮した気持ちのまま、ベッドにもぐり込む。そのまま俺は久美に抱きつき、キスをしようとした。すると、久美はスッと顔を背けてキスを避ける。
『ごめんなさい。生理なの……』
久美は、申し訳なさそうに言う。本当に、泣きそうな顔だ。俺は、慌ててゴメンと言って、身体を離した。
『生理終わったら……お願いします』
と、申し訳なさそうに言う久美。俺は、明るくそうだねと言ってベッドに寝転がった。そして、そのまま就寝した。

俺は、なかなか寝付けなかった。生理というのはわかる。でも、キスを避ける必要なんてあったのだろうか? 俺は、より疑念が強くなってしまう。考えてみれば、久美とはもう何ヶ月もセックスやキスをしていない……。

眠れない俺に引き換え、久美は早々に規則正しい寝息を立て始めている。俺は、どうしても確認したくなってしまった。揺らさないように、ゆっくりと久美のパジャマのズボンに手をかける。そして、そっと脱がせていく。

久美は、一度寝ると本当に起きない。朝も弱い方だ。俺は、ドキドキしながらゆっくりと脱がせていく。すると、ショーツが見えてきた。それは、生理の時に穿く大きめのものではない。
俺は、ウソをつかれたのだろうか? と、思いながらショーツも脱がせていく。

すると、やっぱりナプキンは付けてない。生理ではない……それがわかったが、もっと衝撃的なものが見えてしまった。ヘアがない……。

久美の下腹部には、あるべき場所にヘアがなかった……。剃っているのだろうか? なんのために? いままで、剃ったりしたことなんてなかったはずだ。
俺は、震える手でショーツとパジャマを元に戻す。そして、これはどう考えても浮気してるんではないか? そんな考えに取り憑かれていた。

ライターのことから考えても、自宅に男を連れ込んでいると思った俺は、隠しカメラを設置した。まさか、自分の人生において、隠しカメラを購入するときが来るなんてあるはずもないと思っていた。

そして、ライターの見つかったリビングにカメラを設置してみた。それから、毎日のようにカメラで撮った動画を確認する日々が続いた。でも、映っていたのはただの日常の光景だった。

掃除したり、洗濯したり、ソファに座ってお菓子を食べながらテレビを見る……。そんな、ありふれた日常の光景だった。俺は、1週間ほどした頃、罪悪感で息苦しくなっていた。やっぱり、ただの勘違い……。そんな風に思い始めていた頃、決定的な動画が撮れてしまっていた。

人感センサーの感度を弱くしていたので、動画は変なところから始まることが多かった。そしてこの動画は、いきなり久美の顔のアップから始まった。リビングのテレビ台の上に置いた置き時計型の隠しカメラ。そのすぐ正面で、久美はバックで犯されていた。

服を着たまま、スカートをまくり上げられた状態でガンガン突かれている久美。
『おチンポ気持ちいいですっ! 川井さんのおチンポ、大っきくてすごく気持ちいいですっ』
久美は、俺が今まで見たことがないようなとろけきった顔になっている。そして、卑猥で下品な言葉を使っている。俺は、目の前の動画が本物とは思えなく、何かが紛れ込んでしまったのかな? と、思った。

ガンガン腰をぶつけられている久美。のけ反り気味の格好になっているせいで、男性の姿が隠れてしまっている。
「ほらほら、これが欲しかったんでしょ? 旦那とセックスしないで我慢してたんでしょ?」
男性の声が響く。声の感じから、若者という感じはしない。
『そうです! 川井さんのおチンポ欲しくて、ずっと我慢してたのっ! 夫の誘いを断って、セックス我慢してました!』
久美は、そんな言葉を叫ぶ。俺は、その言葉に心底驚いていた。

「久美は可愛いねぇ。ほら、疲れたから久美が動いてごらん」
男性は、久美を呼び捨てにしながら指示をする。俺は、強烈な嫉妬と怒りを感じた。でも、久美は言われるままに腰を動かし始めた。立ちバックの姿で、自ら腰を振る久美……。あまりにはしたなくて卑猥な姿だ。
『あっ、あぁっっ、川井さんのおチンポ、奥まで当たってますっ』
久美は、本当に気持ちよさそうに言う。
「旦那さんのは、届かないんでしょ? 久美の子宮に、当たらないんでしょ?」
男性は、得意気に言う。すると、久美の身体が前に傾き、久美の身体で隠れていた男性の姿が見えた。

久美にハメている男性は、中年太りのおっさんだった。確実に俺よりも年上……。しかも、頭髪がかなり薄くなっている感じで、バーコード化一歩手前という感じだ……。

こんなさえないおっさんに、久美を寝取られた? 俺は、かなりパニックになっていた。
『当たらないですっ。川井さんの立派なおチンポと違って、全然届かないですっ』
久美は、そんな言葉を口にしながら、腰を動かし続ける。俺は、久美の言葉に強い衝撃を受けていた。間男が誘導したにせよ、まさかこんな言葉を口にするなんて、我が耳を疑ってしまう。

「そうですか。じゃあ、どちらが気持ちいいですか? 旦那の小さいチンポと、私の大きなチンポでは」

【続きは出典元から】

・ここだけのオリジナルの体験談(姉妹ブログも全て含む)
・なんでも聞いてくれる従順な嫁が、目の前で寝取られてくれました
・高校生の息子の友人と、親密すぎる嫁
・無精子症の私は、妻の妊娠を巨根の甥に託してみた
・出張先で見た妊婦物動画には、見慣れたリビングが映っていた
・親父の再婚相手は、親父よりも俺と歳が近い地味系巨乳だった6
・寝取られ好きの管理人の激推し寝取られ作品
【同じジャンルの体験談】
  


[ 2021/01/09 17:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
気持ち良すぎるオナホ