NTR使える寝取られサイト

オリジナルの寝取られ体験談や人妻体験談を紹介しています

若い妻も良いですが、熟女とのエッチはまた違った良さがあります

僕は23歳で年下の妻と暮らしています。
ですが1年前から、電気工事の仕事で訪問した一人暮らしの55歳の熟女と関係しています。
彼女の旦那は単身赴任中で、息子は仕事の都合で他県に住んでいるそうです。
初訪問時、仕事が片付いてお茶を頂いてる時のことです。

・今月のブロマガ(このブログオリジナルコンテンツ)更新一覧表です
《寝取られ好きの管理人のおすすめ動画・同人作品の詳細紹介(動画つき)》

部屋にピンクのパンティーとブラが干してありました。
僕がその下着を見ていると・・・。

「あら、こんなオバサンの下着見ても嬉しくないでしょ?」なんて熟女が言ってきました。

僕は、「いいえ!そんな事無いですよ!」と言いながら携帯を弄ったりして誤魔化しいると、偶然にも熟女と同じ会社の携帯だったので、熟女が、「あら私も◯◯◯なのよ」と言ってきました。
使い方がよくわからないので教えて欲しいと言うので、メールの仕方とか教えてあげ、ついでに僕の電話番号も教えました。

その日の夜、早速熟女からメールが来ました。

『一人暮らしなので、また近くに来たら寄って下さい。休日は暇で困っています』

そんなことが書かれていました。
適当に返事を送ると2~3日おきにメールが来るようになり、ちょっとエッチな事も書いてくるんで、初訪問時の部屋に干していたピンクの下着の事を、『普段あんな下着つけてるんですか?実はちょっとドキドキしちゃって』なんて返信しました。
すると熟女が、『あの下着つけてるとこ、見たい?』と書いてきました。
その後数回メールのやりとりがあり、熟女が『何か欲しい物買ってあげるからエッチしよう』と書いてきたので、次の日の夜、熟女の家に行ってしまいました。

最初のセックスはあっさりで、すぐに挿入して射精した感じです。
55歳で、地味で、ごく普通のどこにでもいるオバサンって感じですが、オッパイがすごく大きいんです。
ずいぶん長いこと揉まれていなかったらしく、僕がオッパイを揉むと、「ああん」と声を上げます。
僕はオッパイを揉みながら挿入し、激しく突き上げました。
熟女は「ひーひー」よがり声をあげながら僕にしがみついてきます。
射精の瞬間には、「きゅー」とおまんこを締め付けてきました。
55歳で僕の母親と同じくらいなのに、こんなに気持ちいいおまんこだとは驚きでした。

それから月2~3度、週末に彼女の家を訪問するようになりました。
今では、「今からオッパイ飲みに行っていいですか?」とか、「パンティーとブラジャーだけになってベッドで待ってて」とか電話で言うようになりました。

家に行くと、彼女はベッドに入って待っています。
ブラジャーからオッパイを出して、「ほら、オッパイあげるから早く来なさい」とか言ってきます。
やさしい表情で僕の頭を撫でながらオッパイを飲ませてくれます。
何だか母親に甘えているようでちょっと妙な気持ちですが、すごく興奮してしまいます。

「今度はアナタのも飲ませて」

そう言ってフェラしてくれて精液を飲んでくれます。
ときどき彼女の顔と母親の顔がダブって見えてしまいドキッとしてしまいますが、射精の瞬間は妙に気持ちがいい。
何だか母親としているような気持ちになってしまいます。

挿入は中出しOKです。
たまにオッパイや顔に掛けたりもしてます。

彼女は家では黒スパッツが基本ですが、僕が行くときはスカートを穿くようにお願いしています。
台所でお茶の用意をしているとき、下からスカートの中を覗き込むんです。
母親のスカートの中を覗いているようでとても興奮します。

まだハタチそこそこの若い妻とのセックスも十分いいのですが、母親のような年上の熟女とする時はもっと興奮してしまいます。
母親に甘えたい気持ちがまだ残っているのかもしれません。

・ここだけのオリジナルの体験談(姉妹ブログも全て含む)
・海外赴任が決まった友人が、俺の嫁とデートをさせてくれと言ってきた7
・部長に弱みを握られた僕は、妻をオモチャにされてしまいました
・寝取られ性癖の僕の望で元彼に抱かれる姉さん女房 完
・出張先で見た妊婦物動画には、見慣れたリビングが映っていた5
・無精子症の私は、妻の妊娠を巨根の甥に託してみた3
・寝取られ好きの管理人の激推し寝取られ作品
【同じジャンルの体験談】
  


[ 2021/01/20 17:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
気持ち良すぎるオナホ