NTR使える寝取られサイト

オリジナルの寝取られ体験談や人妻体験談を紹介しています

高校生の息子の友人と、親密すぎる嫁7(オリジナル 転載禁止)

前回の話

直之は、射精の快感が強すぎて頭が真っ白になっていた。荒い息遣いのまま、画面を見続ける彼。画面の中では、二人はまだキスを続けている。濃厚に舌を絡めながら、夢中で抱きつくように拓也にしがみつく恭子は、本当に幸せそうな顔になっている。

『すごくいっぱい出たね。フフ。嬉しいな……。妊娠したかも』
恭子は、本当に嬉しそうに言う。息子の同級生の種で妊娠することを望む……。母親としては、最低の行動だ。でも、恭子は心底幸せそうな顔になっている。


「恭子、一番奥に出したよ。本当に妊娠したかもね」
拓也は、心を込めたような声で言う。恭子は、嬉しそうに微笑みながら、何度もキスを繰り返す。
『妊娠したら、迷惑? 困っちゃう?』
恭子は、少し落ち着いたのかそんな質問をし始めた。
「困る? なんで? 嬉しいに決まってるじゃん」
拓也は、まったく躊躇なくそう答える。恭子は、その態度に感動したのか、嬉しそうな顔になる。
イチャイチャし続ける二人を見て、直之は暗い気持ちになっていく。本当に妊娠してしまったら、どうするつもりなんだろう? 直之は、そんな事を考えながらも恭子が本当に妊娠したときのことを想像していた。嫉妬や焦燥感を感じながらも、興奮もしている彼……。

『拓也、愛してる。ずっと一緒にいたいな』
恭子は、恥ずかしそうに言う。もうすぐ40歳になろうとしている恭子が、22歳も年下の男の子に夢中になっている……。それは、あまりにも普通ではない状況だ。でも、二人とも本当に幸せそうだ。

『休んでてね。シーツ、洗濯しないと……』
はにかみながら言う恭子。さっき交換したシーツを運んでいく。二人とも、全裸のままだ。直之は、家を乗っ取られてしまったような気持ちになっていた。そろそろ息子も帰ってくる時間だ。それに、直之自身も、早いときはもうこれくらいのタイミングで帰宅することもある。

二人は、いつになったら服を着るのだろう? 直之は、そんな事を考え始めていた。恭子が戻ってくると、
「そろそろ時間だよね?」
と、拓也が言い始める。恭子は、寂しそうな顔で、
『うん。でも、もう少し……。お尻にも出して欲しい……。拓也のでマーキングして欲しいな』
と、モジモジしながら言う。本当に、拓也に全部を捧げたいという気持ちになっているようだ。拓也は、嬉しそうに微笑みながら、
「じゃあ、恭子が上になってごらん」
と、言った。恭子は、うなずくと拓也の上にまたがり始める。そして、さっきまでディルドが入っていたアナルに、拓也のペニスを挿入していった。
『うぅあっ、拓也、気持ちいい。すごく敏感になってる。ダメぇ、すぐイキそうだよ』
恭子は、本当に気持ちよさそうな顔で言う。そして、そのまま腰を動かし始めた。
『うぅあっ、アンッ、あっ、あぁっ、響くの、子宮まで響いてるっ』
恭子は、本当に気持ちよさそうあえぎながら腰を振る。上下や左右、前後に擦り付けるような動かし方もしている。
「すごく締まってる。恭子、愛してる。もう、ずっと離さない」
拓也は、そんな事を言いながら恭子の胸を揉んだりする。まだ16歳の彼が、なぜこんなに本気になっているのだろう? 直之は、不思議に感じていた。学校に行けば、若くて可愛い女の子なんていくらでもいるはずだ。そして、拓也はいわゆるイケメンな部類なので、モテるはずだ……。直之は、敗北感混じりにそんなことを思っている。

『拓也、愛してる。もう、拓也なしじゃダメ。拓也とじゃなきゃ、少しも気持ちよくなれない。愛してる。もっと拓也好みなオンナにして』
恭子は、興奮した声で言いながら腰を動かし続ける。本当に気持ちよくて仕方ない……。そんな感じが伝わってくるようなあえぎ方だ。
『あぁっ、ダメッ、イクっ、拓也イッちゃうっ!』
恭子は叫ぶように言うと、身体を倒しこんで拓也にキスをする。そして、激しく舌を使いながら腰をガンガン振る。アナルにズッポリと入った大きなペニス……。カメラは、ちょうどそれが映る角度で撮影を続けている。

直之は、精液まみれのペニスをしごき始めた。もう、興奮が切れることがない。射精をしてもまるで興奮が収まる気配もない。

『あっ、アンッ、イクっ、うぅっ、うぅあっ、お尻気持ちいいのっ! こんなの知らなかった。パパとじゃ、こんなに気持ちよくなったことないっ!』
恭子は、そんな言葉を口にしながら高ぶっていく。直之は、その言葉にショックを受けながらもペニスをしごき続ける。ついさっき射精したばかりでも、すでに射精感が増している。

直之は、家族がいないすきに寝室で若い恋人と子作りセックスやアナルセックスをする恭子に、ただただ驚いている。こんな大胆なことをする性格ではなかった……。そんな風に思っている。
でも、恭子はとろけきった声を上げながらガンガン腰を使い続けている。アナルに入った太いペニス……。それが、腸壁越しに子宮も刺激しているのだと思う。直之は、自分のペニスでは絶対に出来ないことだな……と、敗北感を感じながらオナニーを続けていた。

「どうする? もう、帰ってきちゃうかもよ」
直之は、イタズラっぽくそんな事を言い始めた。
『ダ、ダメ、見られちゃう……バレちゃう……。こんなの見せられない……。拓也、言わないで……』
荒い息遣いのままそんな事を言う恭子。罪悪感を感じているのがよくわかる。直之は、そんな恭子にドキドキしながらオナニーを続けていく。

すると、恭子がいきなり動きを止めた。そして、慌てた様子で、
『か、帰ってきた。拓也、隠れてて!』
と言う。そして、慌てて服を着始めた。

寝室を出て行く恭子。直之は、カメラを切り替える。すると、玄関には息子がいた。
『おかえり~』
恭子が明るい声言う。
「あ、ただいま。汗かいちゃったから、シャワー浴びるよ」
拓也は、部活のカバンを床に置きながら言う。恭子は明るい声で返事をする。そして、すぐに寝室に戻っていく。

寝室では、拓也が服を着て待っていた。
『シャワー浴びてるから、今のうちに……』
恭子は、目に見えて緊張している感じだ。拓也は、とくに緊張している様子もなく寝室を出て行く。そして、音を立てないように歩いて玄関まで移動する。

すると、玄関で拓也が恭子を抱きしめた。そして、驚く彼女にかまわずにキスをした。恭子を抱きしめてキスをする拓也……。舌を差し込んで濃厚なキスをしている。恭子は、慌てた様子で拓也を押しのけようとする。でも、拓也がキスを続けると、恭子自身も舌を絡め始めた。

息子が家にいるのに、濃厚なキスを続ける二人。直之は、唖然としてそれを見ている。あまりにリスキーな行動に見える。でも、二人はそのままキスを続けていく。

拓也は、激しく舌を使いながら恭子の胸を揉む。そして、恭子を後ろ向きにすると、スカートをまくり上げる。ショーツを穿いていない恭子のお尻が丸見えになる。
年齢からすると、まだまだ張りのある綺麗なお尻だと思う。でも、やはりそれなりに垂れてもいるし、サイズも大きい。拓也は、そんな事を気にすることもなくズボンとパンツを下ろすと、いきり立ったペニスを恭子のアナルに挿入してしまった。

『うぅっ』
短くうめく恭子。必死で声を我慢しているような顔になっている。拓也は、こんな状況にもかかわらず腰を動かし始めた。恭子は、下駄箱に両手をついて歯を食いしばる。カメラは下駄箱のところのコンセントに刺さっているので、恭子の顔がアップで映っているような状況だ。

拓也は、イク事を考えているのか、かなり激しく腰を使っている。でも、恭子は声を出さない。必死で耐えるような顔を続ける。

いつ息子がシャワーから出てくるのかわからない状況で、必死でアナルセックスを続ける二人……。直之は、オナニーを再開した。

ガンガン腰を使い続ける拓也。恭子は、こらえていた声が多少漏れ始めてしまっている。
『ンッ、……あっ、……うぅっ』
息子の聞かれないように、必死で歯を食いしばる恭子……。直之は、ほとんど着衣のまま玄関でセックスをする二人を見て、強すぎる興奮を感じている。

『も、もうダメ……イク……イッちゃう……』
小さな声で苦しげに言う恭子。拓也は、さらに腰を激しく使う。頭を左右に振りながら、必死で声をこらえる恭子……。すると、拓也が、
「出る……」
と、短くうめくように言う。恭子は、とろけた顔のまま、
『イッて、出して。全部中に注いで』
と、声を潜めて言う。すぐに射精を始めた拓也……。恭子は、のけ反るようになりながら、うめき声を上げていた……。


射精をし終えると、拓也は慌てたような顔になる。
「そろそろ行かないと……」
落ち着かない顔で言う彼。でも、恭子はペニスを抜くと振り返ってキスを始める。
『拓也、愛してる。オマンコもお尻も、拓也のであふれてるよ』
恭子は、イタズラっぽく言う。拓也は、少し慌てた感じだ。
「出てきちゃうよ。ヤバいでしょ」
拓也は、落ち着かない顔で言う。すると、恭子は拓也にキスをした。軽く唇を押しつけると、すぐに舌を使い始める恭子。でも、比較的短いキスで終わると、
『気持ちよかったよ。また来てね。愛してる』
と、笑顔で言った。拓也も愛してると言った後、そっとドアを開けて出て行った……。

直之は、結局射精は出来なかった。息子のことが気になってしまったのだと思う。直之は、しばらく放心状態のような感じになったあと、個室ビデオ店を出て帰宅の途についた。

『お疲れ様~。ちょうど出来たところだよ。お腹空いてるでしょ?』
笑顔で出迎えてくれる恭子に、思わず笑みがこぼれる直之……。でも、すぐについさっきまでここで不倫をしていたんだよな……と、思い始める。

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


[ 2021/05/30 20:04 ] 高校生の息子の友人と、親密すぎる嫁 | TB(-) | CM(-)
寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
気持ち良すぎるオナホ