NTR使える寝取られサイト

オリジナルの寝取られ体験談や人妻体験談を紹介しています

△無精子症の私は、妻の妊娠を巨根の甥に託してみた5(転載禁止)

前回の話

結局、加奈子はまた妊娠しなかった。そんなに簡単にできるものではないが、それでもやっぱり啓介は落ち込んだ。ただ、前回と違い、加奈子はさほど落ち込んだ様子がない。

『仕方ないよ。きっと、次は上手くいくはずだよ』
加奈子は、そんな風に言って笑った。啓介は、複雑な気持ちになっていた。加奈子は、喜んでいるように見える……。啓介は、思い切って質問してみた。
『え? う~ん。少しはね。だって、優一君とのエッチ、すごく気持ちよかったし……パパも嫉妬して興奮してくれたでしょ? 女の喜びを感じちゃったよ』
加奈子は、顔を赤くしながら言う。恥ずかしそうに言いながらも、妙に興奮しているような雰囲気だ。


・今月のブロマガ(このブログオリジナルコンテンツ)更新一覧表です
《寝取られ好きの管理人のおすすめ動画・同人作品の詳細紹介(動画つき)》


啓介は、次はどうするつもりかと聞いた。
『うん。2週間後にお願いするつもりだよ』
加奈子は、すぐにそう答えた。啓介は、次もするつもりなのかという意味で聞いたのに、加奈子はすることが当たり前のように考えているようだ。
「そ、そっか。その時は、どうやるの? 僕はどうしたら良い?」
啓介は、場の雰囲気に飲み込まれているような感じで質問する。
『どうしたらって? この前と、同じ感じじゃないの?』
加奈子は、キョトンとした顔で言う。啓介は、自分が同席して見ている必要があるのかという質問をした。
『あ、そういう意味ね。うん。同じが良いな。ちゃんと見ててもらわないと、不安だよ……。啓介さん、怒ってないかな? 嫌われちゃわないかな? って、心配だもん……』
加奈子は、モジモジと恥ずかしそうに言う。啓介は、加奈子がそんな心配をしていることに驚きながらも、
「僕がいたら、気が散るんじゃない? 最初みたいに、二人きりでした方が良いんじゃないかな?」
と言った。
『本当に、それでいいの? 見て、興奮したいんじゃないの? あっ、そっか、覗くつもりなんだ』
加奈子は、イタズラっぽく言う。なんというか、この状況を楽しんでいるように見える。不妊で子供が出来ず、落ち込んでいた頃がウソのような明るさだ。
「そ、そんな事はしないよ」
慌てて否定をする啓介。でも、加奈子はニヤニヤしたまま啓介の股間を握った。ズボンの上からギュッと握る加奈子……。啓介は、動揺している。
『ほら、こんなに固くしてる。正直に言ったら? 覗き見したいって』
加奈子は、楽しそうに言う。啓介は、うなだれながら、
「う、うん。見たい……。僕の目を気にせずにセックスしてる二人を、覗き見したい……」
と、言った。恐ろしくアブノーマルな願望。でも、啓介はその気持ちを隠すことなく打ち明けた。加奈子も、そんな異常なリクエストを聞きながら、怒ったり引いたりしている様子はない。

『じゃあ、決まりだね。そうだ、最初から隠れてた方が良いんじゃない? 家に啓介さんがいないってことにした方が、優一君も伸び伸びとエッチ出来るはずだよ』
加奈子は、そんな提案をした。啓介は、その提案を聞いてドキドキし始めていた。自分がいないとわかったとき、優一はどんな風に加奈子を抱くのだろう? より情熱的なセックスをするのだろうか? そんな想像で心臓がドキドキしっぱなしになっている。

『フフ。ドクンってなった。本当に興奮してるね。どうする? この前よりもラブラブなエッチしたら……。この前よりも、アブノーマルなことしちゃったら……』
加奈子は、挑発でもしているような口調だ。啓介は、その挑発にまんまと乗って、今にも射精しそうになってしまった。

『もっとカチカチになった。でもダメだよ。まだ出しちゃダメ。もっと、興奮させるね。啓介さんに喜んでもらいたいから』
加奈子は、そんな風に言って啓介のズボンとパンツを脱がせていく。啓介は、まったく無抵抗で脱がされるに任せている。そして、いきり立ったペニスが剥き出しになった。血管が浮くほどビキビキに勃起したペニス……。溢れ出たガマン汁で竿はおろか、睾丸のあたりまで濡れて光っている。

『フフ。興奮しすぎだよ~』
加奈子は、嬉しそうだ。そして、そのまま舌でペロペロと舐め始めた。ガマン汁を舐めとり、飲んでいるような仕草をする加奈子。
『美味しいよ。啓介さんの、すごく美味しい。もっと濃いの飲ませて欲しい』
加奈子は、うわずった声で言う。啓介は、思わず、
「そんなの不味いでしょ? 飲まなくても良いよ」
と、言った。加奈子は、
『だって、2週間後は啓介さん私の中に出せないでしょ? だから、せめて飲んであげる』
と、言う。啓介は、その言葉にさらに興奮してしまったような感じだ。
加奈子は、啓介のペニスをくわえてフェラチオを続ける。根元までくわえて、舌で絡めるようにして責め続ける。
『フフ。啓介さんの、くわえやすいよ。優一君の、大きすぎてすぐ歯が当たっちゃうの。根元までくわえられないし』
加奈子は、そんな事を言いながら啓介を見つめる。啓介は、小馬鹿にされているような気持ちになりながらも、興奮が高まっていた。

啓介は、
「……大きいと、そんなに気持ち良いものなの?」
と、質問する。
『え? ……うん。見てて、わかったでしょ?』
加奈子は一瞬口ごもったが、結局笑顔で答えた。
『あれ? ビクンってなった。興奮しすぎだよ。啓介さんって、寝取られ好きなの? そんな性癖だったっけ?』
加奈子は、なぜか嬉しそうだ。ニヤニヤしながら質問を続ける。
「そ、そんな事ないよ。そんな性癖じゃないよ」
啓介は、しどろもどろだ。
『優一君の、おヘソの上まで入ってたんだよ。内蔵どうなってるんだろう? でも、すごく気持ちよかった。子宮がギュッて押されて、頭がボーッとしちゃった……』
加奈子は、恥ずかしそうにそんな告白をしてくる。啓介は、その言葉を聞いてドキドキしていた。こればかりは、どうすることも出来ない。持って生まれたものだ。

『啓介さんは、どこで見るの? そうだ、クローゼットに隠れちゃう? そこから覗いたら、見やすいんじゃない?』
加奈子は、妙にノリノリだ。啓介も、加奈子のテンションに少し戸惑っているのがわかる。
「う、うん。でも、バレないかな?」
啓介が心配そうに言うと、
『別に、バレても良いんじゃない? この前は、一緒だったでしょ? じゃあ、決まりだね。なんか、ドキドキしちゃうな……。啓介さん、もう、出ちゃいそうだね。こんなに興奮しちゃうんだね』
加奈子は、啓介のペニスを握ったままそんな事を言う。啓介は、戸惑った顔のままうなずいた。すると、加奈子が啓介のペニスをしごき始めた。啓介は、一気に射精感が高まり、そのまま手コキで射精を始めてしまった……。
うめきながら射精を続ける啓介。加奈子は、なんとも言えない妖艶な顔でしごき続けている。楽しんでいるような、興奮しているような雰囲気だ。いつもの加奈子からは、想像も出来ないような表情になっている。

『フフ。いっぱい出たね。ごめんね、こんなに簡単にイッちゃうって思わなかったから、手でイカせちゃったね。また今度飲んであげるね』
加奈子は、軽くからかうような雰囲気で言う。啓介は、顔を赤くしてうつむくばかりだ。啓介は、戸惑っていた。本気でクローゼットに隠れろと言っているのだろうか? 啓介は、ドキドキと不安が入り交じったような気持ちになっていた。

そして、あっという間に2週間が経過した。
『啓介さん、クローゼットの中、椅子も用意したよ。これなら、過ごしやすいと思うよ』
加奈子は、子供のように無邪気に言いながらクローゼットの扉を開ける。すると、中にあった衣装ケースはなくなっていて、椅子とペットボトルのお茶が置かれている。啓介は、
「本当に、こんなことするの?」
と、戸惑いながら質問した。加奈子は、
『うん。だって、優一君にはもう言っちゃったよ。今日は啓介さんいないって。それに、もう大きくなってるよ。期待してるでしょ。ホント、ヘンタイさんだね』
と、啓介の股間を指さしながら言う。啓介は、赤面しながら股間を隠すようにした。

『じゃあ、そろそろだから。ほら、入ってて。ドキドキしてきたでしょ。私もだよ』
加奈子は、期待に目を輝かせているように見える。啓介は、加奈子はやっぱり優一との子作りを楽しんでいるのかな? と、疑念を感じていた。

啓介は、言われるままにクローゼットの中に入り、椅子に座った。
『閉めるよ。物音させたらダメだからね』
加奈子は、楽しそうな雰囲気のままクローゼットの扉を閉めた。啓介は、落ち着かない気持ちになっていた。そして、折りたたまれるように閉まるクローゼットの扉の隙間を覗いてみた。すると、ベッドの上が丸見えなのがわかる。思っている以上に視界が良好だ。

啓介は、ドキドキがさらに大きくなっていく。すると、インターホンが鳴った。啓介は、生唾を飲み込みながら気配をけす。

啓介は、ドキドキしながら待つが、二人とも寝室に入ってくる気配がない。かすかに話し声のようなものが聞こえてくるが、内容までは聞こえない。

そこから10分ほどすると、急に足音が近づいてくる。ドアが開く音がして、
『どうぞ。今日は、ここでお願いね』
と、加奈子の声がした。加奈子は、身体にタオルを巻いているだけの状態だ。優一は、腰にタオルを巻いているだけだ。
「なんか、不倫みたいでドキドキしちゃいますね」
優一は、落ち着かない様子だ。
『フフ。今日は、そのつもりでしてね。やっぱり、感情がこもったエッチじゃないと、身体が妊娠したがらないんだと思う』
加奈子は、そんな風に言いながらタオルを外した。全裸になった加奈子……。啓介は、覗き見している状態で加奈子の裸を見て、いつも以上に興奮してしまっている。見慣れた妻の裸。でも、こんな風に覗きながら見ると、いつもとはまったく違って見えるようだ。

「すごく綺麗です。加奈子さん、その……本当に、さっき言われたとおりで良いんですか? 恋人みたいにって、なんか緊張しちゃいます」
優一は、本当に緊張しているようで表情が硬い。

【続きは出典元から】

・ここだけのオリジナルの体験談(姉妹ブログも全て含む)
・古い素人ナンパもののAVを見てたら、嫁が映っていた4
・なんでも聞いてくれる従順な嫁が、目の前で寝取られてくれました完
・嫁が昔、カップル喫茶に行ったことがあると言ってきた7
・嫁に、会社の後輩がシリコンリングを入れたと言ったら興味を持ってしまった8
・小柄で可愛いロリ妻が、待ち合わせの場所でナンパされてるのを見て
・寝取られ好きの管理人の激推し寝取られ作品
【同じジャンルの体験談】
  


[ 2021/05/25 19:34 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
気持ち良すぎるオナホ
月別アーカイブ
マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 380

紹介文:寝取られに特化した体験談を紹介しています。

愛する妻や恋人が他の男に本気で堕ちる過程や、他の男に調教されていくところを、なすすべもなく隠し撮りの動画で見るしかない……等です。

愛する嫁が他人に汚されていくのを見て、嫉妬と怒りの中、異常に興奮してしまう自分……後戻り出来ない扉が開きます。

妻、恋人、片思いの相手、すべて寝取られる話なので、NTR耐性のない方はご注意下さい。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読むことが出来ます。
また、月が変わっても、購入した月のマガブロはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、私へは一切通知されません。名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

筆者の姉妹ブログも含めたマガブロ一覧です
http://netoraretaiken.com/blog-entry-9059.html

※システム上の理由や、その他の事情で急に読めなくなった時のために、Twitterをフォローまたはブックマークしておいて下さい。https://twitter.com/ntrtukaeru

マガブロ記事一覧

月刊マガブロは月単位でご購読いただけます。