NTR使える寝取られサイト

オリジナルの寝取られ体験談や人妻体験談を紹介しています

旦那に相手にされていない人妻はエロいw

相手は43才と御主人のいる女性Mさん、俺は妻子持ち会社員で時々メールでのやり取りをして、週一回逢っている。
2008年も年が明けて、今年ももう3週間目となった。彼女から正月のメールが来た。お正月合えなかったから、逢いたいとの連絡、昨日、会社を午後半休して街の公園の駐車場で待ち合わせ。

・今月のブロマガ(このブログオリジナルコンテンツ)更新一覧表です
《寝取られ好きの管理人のおすすめ動画・同人作品の詳細紹介(動画つき)》

寒い冬で車は温かいけど、外はとっても寒い日でした。俺が公園の駐車場で車の中で待ってるといつものように彼女が車から降りてきて俺の車に乗り込む。
「待ってた?」
「ちょっとだけ待ったよ。」

そしていつもの様に周りを気にせず車内で彼女からキスをしてきた。正月は合えなかったからそれはもう、がむしゃらに彼女から強引に舌を入れてきた。
「ここじゃー、人がいるし他へ行こう…」
彼女もすぐ納得してくれて
「早く行こう!」
国道を少し走っている最中も俺のズボンのファスナーを下げて手を股へ入れてくる。久しぶりだったせいか、俺の肉棒もコチコチになっていた。
「ねえーすぐに入れてくれる」
彼女もここのところ御主人とのセックスもしていないらしく、それはもう、ホテルへ着く前から目が潤んでいた。
坂道を上がりホテルへ着いた。彼女も俺も部屋へ入ると間もなく、お互いに身体を合わせてキス…、そして、彼女は俺のパンツをすぐ脱がせた。
「今日は大丈夫だから中へ射れてもいいよ。」
彼女がいつも自分の身体のことはコントロールしているので、俺は彼女の言うとおりにいつもしている。中へ入れて出すのは男としては最高なのです。何とも云えない絶頂感をお互いに迎えあえられるのですよね。最初はいつも騎乗位で彼女の自由にさせてあげてます。
「あぁーサイコウ!イキそう、あぁぁーー」
彼女が呻いた。彼女の顔が何とも云えない目つきで、俺も
「いい!ミサ!好きだよ!俺もいきそう、あぁぁーうぅー」
彼女の膣の奥の奥へドクドク愛液が流れ込んで行った。彼女は最高に呻き声あげて
「あぁぅぅーーあぁー…ぁぁーーー」
中へいっぱい出てしたたり落ちた。それから少し休憩してからシャワーを浴びて、二人で石鹸を身体中に塗って抱き合った。またまたここでも最高に達して抱き合い。自然とオマ○コと肉棒が合体した。ベッドへ行ってからは俺が今度は主導権でピストン運動…シコシコ…そしてまた、ドクドクと愛液が入った。最高の一時を過ごした。
また、合える日が待ち遠しいです。でもこんなになるのは月一回ですよ。毎日でもしたいですね。

・ここだけのオリジナルの体験談(姉妹ブログも全て含む)
・バイト先のパートの人妻が、エッチな動画を見せてきた完
・嫁が俺の親友の人妻寝取り話を聞いて、俺を煽るようになってきた2
・嫁が昔、カップル喫茶に行ったことがあると言ってきた完
・私の浮気がきっかけで出来たルールで、妻が大学生のセフレを作った4
・古い素人ナンパもののAVを見てたら、嫁が映っていた5
・寝取られ好きの管理人の激推し寝取られ作品
【同じジャンルの体験談】
  


[ 2021/07/10 02:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
気持ち良すぎるオナホ
月別アーカイブ
マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 380

紹介文:寝取られに特化した体験談を紹介しています。

愛する妻や恋人が他の男に本気で堕ちる過程や、他の男に調教されていくところを、なすすべもなく隠し撮りの動画で見るしかない……等です。

愛する嫁が他人に汚されていくのを見て、嫉妬と怒りの中、異常に興奮してしまう自分……後戻り出来ない扉が開きます。

妻、恋人、片思いの相手、すべて寝取られる話なので、NTR耐性のない方はご注意下さい。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読むことが出来ます。
また、月が変わっても、購入した月のマガブロはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、私へは一切通知されません。名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

筆者の姉妹ブログも含めたマガブロ一覧です
http://netoraretaiken.com/blog-entry-9059.html

※システム上の理由や、その他の事情で急に読めなくなった時のために、Twitterをフォローまたはブックマークしておいて下さい。https://twitter.com/ntrtukaeru

マガブロ記事一覧

月刊マガブロは月単位でご購読いただけます。