NTR使える寝取られサイト

オリジナルの寝取られ体験談や人妻体験談を紹介しています

※コロナのせいで追い詰められた僕ら夫婦を、大家さんが助けてくれた3(転載禁止)

前回の話

僕は、自分が射精したことに心底驚いてしまった。オナニーどころか、手すら触れていない。それなのに、僕は射精してしまった。強い快感で声が漏れてしまう。ネットカフェの個室ブースは、間仕切りがあるだけで実質誰にでも覗かれてしまう。こんな場所で射精をしていると思うと、焦ってしまう。

画面の中では、美優が大家さんにキスをしながら腰を振り続けている。全裸で腰を振り続ける美優は、とろけた顔で夢中で舌を絡めている。
どこから見ても、嫌々やっている感じではない。美優が自らの意思で、楽しみながら大家さんとセックスをしているようにしか見えない。


・今月のブロマガ(このブログオリジナルコンテンツ)更新一覧表です
《寝取られ好きの管理人のおすすめ動画・同人作品の詳細紹介(動画つき)》


僕は、いつからだろう? どんなきっかけだったのだろう? そんな事を考えていた。二人の会話から、最初は大家さんから何かアクションをしたみたいな感じだ。でも、美優はイヤじゃなかったとも言っていた。

『気持ちいい?』
美優は、大家さんにそんな風に聞く。はるかに年上の大家さんに対して、まるで恋人のような口をきいている。
「気持ちいいよ。凄く気持ちいい。こんなのは、もう縁がないと諦めてたのに」
大家さんは、少し余裕がなくなってきている感じだ。
『フフ。可愛い。もっと気持ちよくなって。私ももっとイクから』
美優は、そんな風に言いながら腰をくねらせるように動かし続ける。本当に気持ちよさそうな顔だ。正直、僕が見たことのない顔だ。僕とのセックスでは、美優はこんなに感じてくれない。

「あぁ、ダメだ、そんなに締めたら出ちゃうよ」
大家さんは、まるで余裕のない声になっていく。
『良いよ、出して。中に欲しい。大家さんの熱いの、中に注いで欲しい』
美優は、感情のこもったような声で言う。本当に、欲しくて仕方ないのが伝わってくるような言い方だ。美優が、浮気をしていただけではなく、中出しまで求めている……。

いっそ、大家さんに家賃の見返りに身体を無理矢理奪われている方が良かった。それならばまだ理解出来たし、僕が悪いと思えた。でも、この状況はまったく理解出来ないし、美優のことを許せる要素もない。

それなのに、僕は美優に対して怒りの感情もないし、興奮している……。どうしてしまったのだろう? と、自問してしまう。

『あぁ、凄い。大家さんのおちんちん、ガチガチになってきた。気持ちいい。このまま頑張って。もっとこのまま美優のオマンコいじめて下さい』
美優は、とろけきった声で言う。大家さんは、
「でも、もう……あぁ、マズい、締めすぎだよ」
と、まったく余裕のない声で言う。僕は、ドキドキしながら成り行きを見守る。また、中に出されてしまう? 大丈夫な日なのかもしれないが、本当にアテになるのだろうか? そもそも、妊娠とか関係なく、夫以外の男性に中出しをされるなんて許されることではないと思う。

『あぁ、固い。全然違う。輝のよりも固くて太いよ。大家さん、好き。大好き』
そんな風に言いながら、美優はキスをする。恋人にするような感情のこもったキスだ。キスをしながら腰を動かし続け、うめき続ける美優。大家さんは、美優を抱きしめながらうめく。

そんな絶望的な状況が続く中、僕はペニスをまさぐり始めてしまった。ズボンの上からまさぐっても、異常に固く勃起しているのがわかる。そして、精液も染み出てきてしまっているのか、ズボンは湿っている。

「あぁ、出るよ、もうダメだ」
大家さんが、余裕のない声で言う。美優は、さらに腰を早く動かしながら、
『イッてっ! 美優の中でイッてっ! 好きっ! 中に出してっ!』
と、叫ぶように言う。大家さんは、うめきながら射精を始めた。
『うぅあぁっ、イクっ! イクぅっ!』
中に出されながらあっけなくイッてしまった美優……。のけ反るような格好で、顔はトロトロにとろけている。

「美優さん、早く流さないと……」
大家さんは、しばらくすると焦ったようにそんな事を言い始めた。
『平気です。それよりも、綺麗にしますね』
そう言って、美優は大家さんの上からどいて床にひざまずく。すぐに大家さんのペニスをくわえると、口で清め始めた。
「あぁ、もうそんな……充分ですよ、もう良いですよ」
大家さんは、遠慮がちに言う。本当に恐縮しているのが伝わってくるようだ。大家さんは、本当に良い人なんだろうなと感じる。

『ダメ~。綺麗にしたいの。それに、大家さんの精液、上のお口にも欲しいです』
そう言って、美優はお掃除フェラから濃厚なフェラチオに変わっていく。
「続けては無理ですよ、もう歳ですから」
大家さんは、本当に困ったような顔で言う。でも、美優はそのままフェラチオを続けていく。頬をすぼめ、強烈にバキュームしたり、睾丸を手で刺激しながらカリ首を唇に引っかけるようにして責める。

半立ちみたいだったペニスも、徐々に大きくなっていく。
『フフ。固くなってきた。嬉しいな』
美優はそう言って奉仕を続ける。指で大家さんの乳首を刺激したり、手コキに切り替えて大家さんにキスをしたりもする。大家さんにとっては、最高の家政婦だと思う。

「でも、さすがに射精は無理ですよ。ご主人、帰ってくるんじゃないですか?」
『まだ平気ですよ。じゃあ、このカチカチのおちんちんで、美優のことイジメテ下さい』
美優はそう言うと立ち上がり、ソファに両手をついて立ちバックの格好をする。
「イヤ、もう充分ですよ。旦那さんに申し訳ないし」
大家さんは、勃起したペニスを晒したまま言う。美優は、脚を拡げて指で膣口を拡げる。
『大家さんのおちんちんが欲しくて切ないです。早く、ここにハメて下さい』
美優は、陰唇を左右に拡げるような仕草をしながら大家さんを誘う。こんな事をされては、もう断る事なんて出来ないと思う。いつも明るく朗らかな美優。ルックスもスタイルも申し分ないと思う。そんな美優が、60過ぎの大家さんにここまでする……。大家さんにとっては、最高だと思う。

「でも……」
大家さんは、椅子に座ったまま躊躇している。
『お願いします。ほら、大家さんの精液、溢れてきたよ。もっとオマンコの中、精液でいっぱいにして下さい』
美優は、はしたない言葉で誘う。すると、大家さんは立ち上がって美優の後ろに立つ。
『早くハメて……お願いします。イジワルしないで』
美優は、本当に我慢出来ないみたいな感じだ。こんなにも焦れて、ペニスの挿入を焦がれる美優……。この目で見ても、まだ信じられない気持ちだ。

大家さんは、自分のペニスを握って美優の膣に押しつけていく。
『あぁ、固い。早く……ハメて』
美優は、腰をくねらせるように動かしながらおねだりをする。大家さんは、ペニスをこすりつけ始めた。
『早く、ハメて。我慢出来ないよ。大家さん、イジワルしないで』
美優は、身をくねらせながら言う。でも、大家さんはペニスをこすりつけるばかりで挿入しない。
「私の方から入れると、問題ありますから……」
そう言いながら、ペニスをこすりつけ続ける彼。美優は、身体をくねらせて挿入を哀願する。
『イジワル……自分で入れる!』
そう言って、お尻を押しつけるような動きをする美優。でも、大家さんは身体を後ろに少し動かして挿入をさせない。
『あぁ、ダメぇ、イジワルしないで。おチンポ欲しいの。オマンコにハメて欲しいの』
卑猥な言葉でおねだりをする。でも、大家さんは無言でペニスをこすりつけ続ける。僕は、大家さんの気持ちが理解出来ない。どうしてこんな事をしているのだろう? 

「そんなに欲しいですか?」
『欲しい。すぐに欲しいです』
「旦那さんに悪いって思わないの?」
『うぅ……思うけど……でも、欲しいの』
美優は、声が小さくなっている。でも、隙あらばペニスを入れようとお尻を動かす。でも、大家さんは上手く身体を動かして挿入をさせない。
「私のは、そんなに気持ちいいですか?」
『気持ちいいです。奥に当たって、ゴリゴリ気持ちいいところこすってくれて』
美優は、切なげな声をあげる。もう、我慢出来なくて溜まらないという顔になっている。僕は、美優がこんなにも淫らにおねだりしている姿を見て、射精しそうな感じになってきてしまっている。
「旦那さんのよりも気持ちいい?」
『気持ちいいです。全然違うよ。輝の小っちゃいから、奥に届かないの』
美優が泣きそうな顔でそう言った瞬間、大家さんはペニスを押し込んだ。一気に根元まで挿入すると、美優はのけ反りながら言葉になっていないような声でうめく。
『アガァッ、あぁ、イッちゃったぁ、大家さんのおチンポでイッちゃったの』
美優は、身体を不規則に痙攣させるようにしながら言う。こんなにも強い快感を感じることに、ただただ驚いてしまう。

「動いて良いよ」
大家さんは、やっとスイッチが入ったのか、そんな風に美優に指示をする。美優は、すぐに腰を動かし始めた。立ちバックの体位で繋がりながら、狂ったように腰を動かしている姿……。僕は、信じられない気持ちでそれを見つめる。美優は、動かしづらそうな体勢なのに滑らかに慣れた動きでお尻をぶつけ続ける。
『あっ、あんっ、気持ちいいっ、奥に当たってるっ、大家さんのおチンポ気持ちいいっ』
大家さんは、仁王立ちのまま由美を見つめている。由美は、とろけた顔をさらしながらひたすら腰を振り続ける。
「凄いね、気持ちいいよ。本当に、奥に当てるのが好きなんだね」
大家さんが優しい口調で言う。美優は、腰を動かし続けながら、
『好きっ、大好きっ! こんなの知らなかった。大家さんに教えてもらってから、このことばっかり考えてるのっ』

【続きは出典元から】

・ここだけのオリジナルの体験談(姉妹ブログも全て含む)
・古い素人ナンパもののAVを見てたら、嫁が映っていた4
・なんでも聞いてくれる従順な嫁が、目の前で寝取られてくれました完
・嫁が昔、カップル喫茶に行ったことがあると言ってきた7
・嫁に、会社の後輩がシリコンリングを入れたと言ったら興味を持ってしまった8
・小柄で可愛いロリ妻が、待ち合わせの場所でナンパされてるのを見て
・寝取られ好きの管理人の激推し寝取られ作品
【同じジャンルの体験談】
  


[ 2021/09/01 21:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
気持ち良すぎるオナホ
月別アーカイブ
マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 380

紹介文:寝取られに特化した体験談を紹介しています。

愛する妻や恋人が他の男に本気で堕ちる過程や、他の男に調教されていくところを、なすすべもなく隠し撮りの動画で見るしかない……等です。

愛する嫁が他人に汚されていくのを見て、嫉妬と怒りの中、異常に興奮してしまう自分……後戻り出来ない扉が開きます。

妻、恋人、片思いの相手、すべて寝取られる話なので、NTR耐性のない方はご注意下さい。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読むことが出来ます。
また、月が変わっても、購入した月のマガブロはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、私へは一切通知されません。名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

筆者の姉妹ブログも含めたマガブロ一覧です
http://netoraretaiken.com/blog-entry-9059.html

※システム上の理由や、その他の事情で急に読めなくなった時のために、Twitterをフォローまたはブックマークしておいて下さい。https://twitter.com/ntrtukaeru

マガブロ記事一覧

月刊マガブロは月単位でご購読いただけます。