NTR使える寝取られサイト

オリジナルの寝取られ体験談や人妻体験談を紹介しています

最初は夫と浮気相手のSへの復讐の気持ちでした

最初は夫と浮気相手のSへの復讐の気持ちでした
職場の上司Sとの浮気がばれて、会社を辞めることになったのは20年近く前のこと
夫にはしらを切り通したけれど、浮気のことは確信していたと思う、私を信じてくれない夫に腹が立った。
パートとはいえ生き残るに精いっぱいの私だった。
30歳も過ぎて、若くないと思っていたこともあるからかもしれない、ほかの同年代への対抗心もあったかな。
毎日機械相手の仕事をしていると、いらいらが募ってきて、心に空洞ができたみたいだった。

・今月のブロマガ(このブログオリジナルコンテンツ)更新一覧表です
《寝取られ好きの管理人のおすすめ動画・同人作品の詳細紹介(動画つき)》


女ばかりと言っていいような工場だと、歓迎会、お別れ会、親睦会と何かにつけて飲み会がある。
飲めない私でも、付き合いということもあって、ほとんど参加していた。参加しないとみんなの話が見えなくなるから。
出席するのは100%が女性といっていいくらい。
アラサーからアラフォーの女の集まりだと、シングルの人も何人かいて、いつの間にか男の話になることもしばしば。
同じ職場の独身の彼は誰がものにするかみたいな話をしたりする。
私はおとなしい人の好い夫に物足りなさを感じていて、ちょっと疳癪なところがあって30手前の彼にひかれていた。
私は既婚だし、みんなの前では彼のことを好きとは言わなかったけど、彼がイライラして工場内で空き箱をけったりするのを見ると、胸がきゅんとした。母性本能だったのかな?
5時の定時で帰ろうとして、駐車場に行くと、彼の車がすっと近づいてきて、
「今日は熱かっただろう?近くの公園に涼みにいかない?仕事のこととか話したいこともあるし・・・・」
心臓が爆発しそうだった。
同じ車で行くのはほかの目もあって都合が悪いので、近くで待ち合わせて、桜の木の多い公園
の駐車場に行った。
夏ということもあって、外はまだ昼間と同じ明るさだったが、ダムの公園だったので、風は心地いい。
二人でベンチに座りながら、仕事のこと、同僚のことと話していくうちに、親と同居している私の家庭の愚痴になった。
彼はずっと好きだったと言ってくれた。いつからか待ち望んでいた彼の言葉に頭の中はぐるぐる回って、思考能力0の状態だった。
自宅から車で15分くらいの公園だったけど、彼にもたれかかって「私も(好きだった)」と言っていた
その時は何もわからなくなって、そこから10分くらいの彼のアパートに彼の車で行った。
車の中でもまだまだ明るいのに、ずっと彼の太ももに手を置いていた。
信号待ちの時に、彼は手を背中にまわしてきて、少し抱き寄せるようにした。
彼のアパートにつくと、彼は私の唇を激しく吸って、腰を抱き寄せた。
彼の分身は固く硬直していた。
荒々しく私を抱き上げて、彼のベッドに倒れこんだ、薄手のブラウスを剥ぎ取り、ブラをはずし、胸に顔を埋めた。
子供を2人生んだ私の乳頭は、たぶん彼の女友達よりは大きいだろうし、恥ずかしかったけど、自然と大きな声が出るくらいに感じてしまった。
身に着けているものすべてを脱がしてしまうと、明るさがまだ残っている部屋の中で足を大きく広げて彼のクン二を受け入れた。私も、彼の分身を口いっぱいにほおばって、白い液体を飲み干しました。
彼は、「うれしいよ。お前は俺のものだ」と言いました。ほとばしりがあって少ししたら、すぐに大きくなってきました。
「M美が素敵だから、もうこんなになったよ。今度はお前の中に愛の証を出してあげるよ」
妊娠も気になりましたが、もうそんなことはどうでもよくなっていました。
そして、彼の分身が入ってきたとき、自分から腰をくねくねさせていました。
何度も何度も彼の名前を呼び、何度も何度も逝ってしました。
結局、その日は連絡もせずに、10時前まで彼と愛し合っていました。
その日から、毎日毎日彼と会いました。
彼は、正社員でちょうど課長みたいな立場ということもあり、シフトとかも自由に操作できました。

私のシフトを平日を休みにして、彼は営業活動に出たことにしていました。
数か月後に、同僚が夫に彼と私のことを告げ口しました。
会社のみんなも知っているようでした。私は会社を辞めましたが、彼との関係は続いていました。
ある日、彼がしばらく会わないようにしようと言いました。
社長から夫や子供のいるパートに手を出して何をしていると叱責されたそうです。
その日も、彼とセックスしました。
最初の時以外は万が一のことも考えて、コンドームを使用していました。
その日ももちろん、コンドームを使いましたが、そのコンドームをバッグに忍ばせて持って帰りました。
帰り際に、「もう会えないね?」というと、「しばらくはね・・・」
彼とのことが発覚してからは、夫とのセックスはありませんでしたが、
その夜、夫とも久しぶりにセックスしました。
セックスというよりは、作業を・・・・
夫はいつも外に出して避妊しますが、その時は私が夫のお尻を抱え込んで無理やり中出しさせました。
そして、今年20になる子供が生まれました。
あまり私には似ていないので、「お父さんにそっくり」と人は言いますが
身体つき、顔だちは彼にそっくりです。
その子が生まれて、しばらくして、彼に子供ができたと伝えました。
コンドームのことは知らないので、「傷でもあってできちゃったのかなぁ~?」なんて言っていましたが、
「夫とはセックスレスなんだから、あなたの子供でしかないでしょう!」と彼に詰め寄りました。
実際は、どちらの子供なのかわからないようなものですが、タジタジした様子で、可愛かった。
「心配しなくても大丈夫よ夫の子供ってことで育てるからね。その代り、裏切ったりしたら怖いよ~」て言ってやりました。
その後も、日中の時間に彼がアパートに帰り、そこに私が行ったり、彼が私の家に来たりしていました
子供が大きくなってくると、ややこしいことになるので、2歳くらいからは月に一度くらい偶然を装ってご飯を食べたりしていました
一度、近くのダイエーに夫と子供と行ったら、彼にばったり会いました。
夫の前で、彼に走り寄って抱きついたのにはびっくりしました。
顔もよく似ているし、少し太った姿がますます怪しまれます。
夫は彼のことも知っているし、その時確信したと思います
でも、毎日一緒にいると情も移るでしょうし、今に至っています。
夫には経済的相当な苦労をかけたと思っていますが、私を信じなかった罰としてこの子を産みました。
当然、彼に対しての罰でもありました。
実は、今でも彼との関係は月に1度くらいあります。彼も50歳になりましたが独身です。
とうに50才を過ぎた私の欲望のはけ口になってもらっています。
あのことがあって何年か後に転居して、誰にも知られずに楽しんでいます。
子供が学校を卒業して、就職したら、離婚して彼のもとに行こうと思っています。
こんな年になっても、優しく乳首を含んでくれます。
昔ほどの元気はないものの、いつも私の中で避妊なしで中出しします。
「若いころよりも良いよ」って言ってくれます。
あなたごめんなさい・・・・・・・・これは本当の気持ちです。

・ここだけのオリジナルの体験談(姉妹ブログも全て含む)
・古い素人ナンパもののAVを見てたら、嫁が映っていた4
・なんでも聞いてくれる従順な嫁が、目の前で寝取られてくれました完
・嫁が昔、カップル喫茶に行ったことがあると言ってきた7
・嫁に、会社の後輩がシリコンリングを入れたと言ったら興味を持ってしまった8
・小柄で可愛いロリ妻が、待ち合わせの場所でナンパされてるのを見て
・寝取られ好きの管理人の激推し寝取られ作品
【同じジャンルの体験談】
  


[ 2021/09/04 00:30 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
気持ち良すぎるオナホ
月別アーカイブ
マガブロ

月刊マガブロ価格:¥ 380

紹介文:寝取られに特化した体験談を紹介しています。

愛する妻や恋人が他の男に本気で堕ちる過程や、他の男に調教されていくところを、なすすべもなく隠し撮りの動画で見るしかない……等です。

愛する嫁が他人に汚されていくのを見て、嫉妬と怒りの中、異常に興奮してしまう自分……後戻り出来ない扉が開きます。

妻、恋人、片思いの相手、すべて寝取られる話なので、NTR耐性のない方はご注意下さい。

また、このマガブロは、1ヶ月課金のタイプです。
1度お支払いいただければ、購入した月のマガブロは全て読むことが出来ます。
また、月が変わっても、購入した月のマガブロはいつでも読むことが出来ます。

購読していただいた方の情報は、私へは一切通知されません。名前、メルアド、IPアドレスも含めて、私には一切通知されません。

ご購入は、クレジットカード以外でも可能です。
電子マネー、銀行振り込み、ペイジー、コンビニ払いなどが選択できます。

筆者の姉妹ブログも含めたマガブロ一覧です
http://netoraretaiken.com/blog-entry-9059.html

※システム上の理由や、その他の事情で急に読めなくなった時のために、Twitterをフォローまたはブックマークしておいて下さい。https://twitter.com/ntrtukaeru

マガブロ記事一覧

月刊マガブロは月単位でご購読いただけます。