NTR使える寝取られサイト

オリジナルの寝取られ体験談や人妻体験談を紹介しています

清楚で可愛らしい妻には、淫乱なもう一つの顔があった7(オリジナル 転載禁止)

前回の話

のぞみは、中に出されながら本当に気持ちよさそうな声を上げている。口の周り以外がすっぽりと覆われたレザーのマスク。手首足首は革の手錠のようなもので連結されたままだ。

そんな身動きも満足にできない状態で、肉便器のように扱われてしまっている。のぞみの膣中に射精した男性は、すぐに体を離す。すると、カメラはのぞみの膣をアップにしていく。膣口から溢れ出す精液。結構な量だ。
「すっごい出た。妊娠しちゃうんじゃないですか?」
男性は、満足げに言う。


『フフ。平気よ。そんなに簡単にできないわ。ほら、次の人、入れていいわよ』
のぞみは、そんな事を言う。肉便器扱いされているのに、主導権を握っている。そんな、矛盾した状況に僕は強い違和感を感じる。

「入れます! お願いします!」
待機していた男性が、興奮した声で言うとすぐにのぞみに覆いかぶさっていく。のぞみは、すっと手を伸ばして男性のペニスを掴むと、自分の膣に導いていく。経験が浅そうな男性に、経験豊富そうなのぞみ……。こんなことをしているなんて、少しも気が付かなかった。僕が、特別鈍感なのかな? そんなことまで思ってしまう。

「あぁ、気持ちいいです。やばい、オマンコ締まりまくってます」
男性は、感動したような声で言う。
『フフ。こんなのが初めてで、本当にいいの? 初体験って、ずっと忘れないものだよ』
のぞみは、からかうように言う。
「いいんです! 最高です。その……キスもしていいですか?」
男性は、弱々しく質問する。まだかなり若そうに感じる。そして、童貞だったのだろうか? のぞみは初体験と言っていた。
『フフ。肉便器にキスしたいの? 変なの。でも、聞いちゃダメだよ。したいこと何でもしたらいいの。だって、私は肉便器だもん』
のぞみは、そんなふうに答えた。すると、男性は嬉しそうにのぞみにキスをした。舌を差し込み、めちゃくちゃに動かしているような感じだ。

のぞみは、顔が隠れたマスクのままキスをする。のぞみの方も、積極的に舌を絡めているみたいだ。男性は、キスをしながら腰を振り続ける。のぞみの胸を揉んだり乳首を舐めたりしながら、とにかく夢中で腰を動かし続ける。
『気持ちいい。おチンポ大きくて気持ちいいよ。ねぇ、もっと奥まで突いて。奥が気持ちいいの。パパのじゃ全然届かないんだよ。いいパパなのに、おチンポはちっちゃいの』
のぞみはそんなふうに言いながらあえぎ続ける。もう、見ているのがツライような状況だ。僕のペニスが小さいことに、そんなにも欲求不満をつのらせていたなんて申し訳ない気持ちになってしまう。

すると、男性はもう限界が来てしまったのか、
「もう出そうです」
と言い始めた。
『いいよ。好きなところに出して』
のぞみは、興奮しきった声で言う。すると、男性はペニスを引き抜き、しごきながらのぞみの顔に近づける。そして、のぞみの顔めがけて射精を始めた。マスクをしているのでそこに降り注いでいくが、むき出しの口や頬も汚していく。
『フフ。顔にかけたいんだ』
顔にかけられながら、嬉しそうに言うのぞみ。そのまま大きく口を開けた。口の中にも大量の精液が降り注いでいく。のぞみは、口に入ってくるそばから飲み干していく。
『美味しい。熱くて濃いよ。飲んだだけで妊娠しちゃう』
のぞみは、嬉しそうに言う。男性は、うめきながらペニスをしごき続け、最後の一滴まで出し終えるとのぞみの口の中にペニスを突き立てた。

のぞみは、ズルズルと大きな音を立ててペニスに付着している精液を飲み干していく。そして、いやらしく舌を絡めて綺麗に清めていく。すると、もうひとりの男性がこらえきれずにのぞみに覆いかぶさる。
『あぁっ、太いっ。おチンポ太いよ。気持ちいいわ』
のぞみは嬉しそうな声であえぎ始めた。男性は、無言で腰を激しく振る。すると、もうひとりの男性がのぞみの口のペニスを突き立てていく。

あっという間に上下の口をペニスで塞がれ、おもちゃのように扱われ始めてしまった。のぞみは、大きくうめく。男性はのぞみを気持ちよくさせようという感じはなく、ただ自分の快感のために腰を動かしている感じだ。のぞみの口にペニスを入れた男性も、声をかけることなく腰を振り続けている。ペニスが長いせいか、のぞみは何度もえづいて吐きそうになる。それなのに、男性は淡々とのぞみの口内をペニスで犯し続けていく……。

すると、他の男性たちも好きなようにのぞみの体を触り始めた。乳首をつまんだり、胸を揉んだりしながら楽しそうに笑っている。本当に、のぞみが肉便器扱いされている……。僕は、ひどい状況なのにペニスをしごき続けてしまっている。

『イクっ! おチンポ気持ちいいっ! もっとしてっ! もっと狂わせてっ! おチンポどんどん突っ込んでっ!!』
のぞみは、資格を奪われた状態で叫び続ける。男性陣は、思い思いにのぞみの体を使って性欲を解消していく。
「イクっ! 中に出すよ!」
男性は、あっさりと望みの膣中に射精を始めてしまった。
『あぁ、出てる。オマンコ溢れちゃう』
のぞみは、卑猥な言葉を口にしながら快感に体を震わせている。すると、すぐに他の男性がのぞみの膣にペニスをねじ込んでいった。
『気持ちいい。もっと出して。あふれさせて。オマンコザーメンでいっぱいにしたまま、家に帰るの。パパにザーメンいっぱいのお腹のまま、甘えるの』
そんな事を言いながら、のぞみはあえぎ続ける。僕は、こんなことをしていたんだなとショックを受けていた。僕に甘えているとき、のぞみの膣中は大勢の精液でいっぱいだった……。いつだろう? いつこんなことをしていたのだろう? 

『もっと出して。お尻にも入れて。前にも後ろにもあふれるくらいザーメン出して』
のぞみは、そんな事を言う。すると、男性の一人がのぞみの手錠を外し始める。もうひとりの男性が、のぞみの顔のマスクも外していく。

モザイクもなにもない、のぞみの顔が丸見えの動画……。のぞみは、個人的にこんな動画をコレクションしているのだろうか? もしかしたら、販売している? ネットにアップしている? 色々なことを考えてしまう。でも、僕はこんな動画を他人が見てオナニーをしていると思うと、より強く興奮してしまう。
自分の妻が、他人に性的な目で見られる……。普通は嫌なことだと思う。でも、僕はそれにすら興奮してしまう。画面の中では、のぞみが泣き叫ぶような声であえぎながらアナルを犯されている。

「前にも入れていいですか?」
もうひとりの男性が遠慮がちに聞く。
『肉便器に聞かないの。好きにして。オマンコもケツマンコもめちゃくちゃにして欲しいの』
のぞみは、とろけた声でおねだりをする。すると、男性はのぞみの体勢を変えていき、精液が溢れ出ている膣口にペニスを押し当てた。すでにアナルには太いペニスが入っている。その上に、もう一本の長いペニスが滑り込んでいく。
『うぅああぁっ、気持ちいいっ! オマンコもケツマンコも気持ちいいっ! もっと動いてっ! 口マンコにも突っ込んでっ!』
のぞみは、どんどん興奮が高まっていくようだ。こんな風に扱われ、溢れ出るほど膣内射精をされているのに、のぞみは嫌がる気配すらない。ひたすら快感を求めている姿は、僕の知っている普段ののぞみとは正反対だ。

『気持ちいいっ! もっと突いてっ! ケツマンコにもザーメン出してっ!』
のぞみは、ペニスを口から吐き出して叫ぶ。でも、すぐにまたペニスを口に突っ込まれ、激しくピストンされてしまった。のぞみのうめき声と、男性陣の荒い息遣い。そして、僕はもう射精寸前だ。

「あぁ、出る、うぅっ」
のぞみのアナルを犯している男性が、うめきながら射精を始めた。
『ンおぉおおぉぉおおっ! 気持ちいいっ! ケツマンコもあふれちゃうっ。パパにバレちゃう。離婚されちゃう』
のぞみは、興奮しきっているとしか思えないような声で言う。そして、他の男性がペニスをしごきながらのぞみの顔にぶちまけていく。もう、本当に肉便器だ。膣にも腸内にも好きなように精液を注ぎ込まれ、顔中どろどろにザーメン化粧までしている……。

のぞみは顔についた精液を指で口に入れていき、そのまま飲み干していく。ズルズルと大きく下品な音を立てながら、美味しそうに飲み干す彼女……。すでに、アナルには次のペニスが挿入されている。

『イクっ! イグッ! ンおぉおっ! おぉおぉお゛ッ! ケツマンコ気持ちいいっ! オマンコもすごいのっ! もっと出して、ザーメンいっぱい注ぎ込んでっ!』
のぞみは、卑猥な言葉を叫びながら体を何度も何度も震わせる。そして、男性陣は次々に射精を続けていく。のぞみの顔は精液まみれすぎて、白塗りしているみたいだ。

僕は、そんなひどすぎる姿になっているのぞみを見ながら、とうとう射精を始めてしまった。うめきながら、大量の精液を放出し続けていると、魂まで抜けていきそうな感覚になる。

画面の中ののぞみは、ひたすら叫ぶ続け、体を震わせ続けている。こんなアブノーマルなセックスを経験してしまったら、もう抜け出せなくなってしまうのだろうか?

『気持ちよかったよ。でも、次はもっとひどいことしてほしいな。いちいち聞いちゃダメだよ』
のぞみは、膣からもアナルからも精液を垂れ流しながら言う。顔中にかかった精液も、ほとんど飲み干してしまったみたいだ。僕は、こんな動画があと何本あるのだろう? とても全部は確認できないなと思っていた……。

僕は、しばらく放心状態で動けなかった。そして、ノロノロと帰り支度を始め、重い足取りで自宅に向かった。家に着いてドアを開けると、すでにのぞみは帰ってきていた。
『おかえり〜。早かったね。ご飯ちょっとまってて』
のぞみは、慌てて夕食を仕上げていく。僕は、色々なことを考えていた。全部知っていると言ってビデオのことを追求したらどうなるのだろう? そんなことばかりを考えてしまう。流石にこんなにもとんでもない証拠があれば、離婚もすんなり行くと思う。揉めても勝てるはずだ。

でも、僕は少しものぞみのことを嫌いになっていない。むしろ、執着心が増してもっと愛おしいと思うようにすらなっている。

のぞみは、幸せそうな笑みを浮かべて夕食を作り続ける。こうやって見ると、幸せな若奥様という感じがする。とても浮気や乱交プレイをしているようには見えないはずだ。

食事が始まると、
『赤ちゃん、なかなか出来ないね。ごめんね、私のせいだと思う』
と言い始めるのぞみ。僕は、急にドキドキし始めていた。これは、何かを告白する前振りなんだろうか?

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


寝取られ電子書籍

Kindleで電子書籍にしました
カテゴリ
気持ち良すぎるオナホ
月別アーカイブ