□私しか知らない妻が、他の男に抱かれる姿を見たいと思った4(オリジナル 転載不可)

前回の話

 真奈美は、すっかりと淫乱な女性になってしまった。ネットで募集した男性2人との3Pを希望するなんて、今でも信じられない。
 来週末のその日のことを、もの凄く楽しみにしているのが伝わってくる。そして、真奈美の希望で例のLLLサイズのディルドも購入した。
「こんなに大きいの!?」
 私が買って帰ったそのディルドを見て、真奈美は目を見開いて驚いている。私も、持って帰るのに疲れを感じるくらいに重いそのディルドに、驚いた気持ちのままだ。


・今月のブロマガ(このブログオリジナルコンテンツ)更新一覧表です
・【私が書いた電子書籍一覧です】


 さすがに、これは無理だよという私に、
「そうだね……でも、あの二人のおちんちん、これといつものヤツの中間くらいはあるよね? なんか、怖くなってきちゃった」
 真奈美は、少し緊張気味の顔になっている。でも、緊張した顔になりながらも、そのディルドを握り始めた。
「太い……指、全然回らないね。パパでも回らない?」
 真奈美に言われて、私もディルドを握ってみた。確かに、私の指も届かないくらいの太さだ。
「パパのでも届かないんだね。こんなの、無理だよね……でも、赤ちゃんの頭はもっと太いか……」
 そんな事を言いながら、ディルドを握ったりさすったりしている。無理と言いながらも、試してみたい気持ちになっているのかな? と感じた。

 私は、試してみる? と聞いた。
「……うん。無理だと思うけど、せっかく買ってくれたんだから……試してみようかな?」
 真奈美は、気乗りしない感じで言う。でも、その顔はどう見ても興奮しているし、発情しているようにすら見える。そして、いつも通りのセックスが始まった。最近は、常にセックスをしているような感じになってしまった。息子が大学進学で一人暮らしを始めた当初は、こんな日々が来ることなんて想像もしていなかった。

 寝室に行き、キスをしながら真奈美の服を脱がせていく。ショーツを脱がせると、糸を引くくらいに濡れていて、ショーツまで大きなシミが出来ていた。いつも以上の濡れ具合に驚いていると、
「それ触ってたら、興奮しちゃった……はしたないよね、ごめんなさい」
 と、顔を赤くしながら謝る真奈美……。私は、そんな仕草にも興奮しながら、すぐに使ってみる? と聞いた。

「いきなりは無理だと思う……いつもの使うね」
 真奈美は、そう言うと自分でいつものLLサイズのディルドをつかみ、さっさと挿入してしまった。まるっきり、私の存在はないような態度だ……。
「うぅあぁ、気持ちいいっ! おチンポ奥まで来てるのっ」
 真奈美は、一瞬でスイッチが入ってしまった。そして、激しくディルドを抜き差しし始めた。私とのセックスでは決して出さないような声をあげながら、真奈美はディルドを動かし続ける。
「気持ちいいっ! パパ、おチンポすごいの。奥に当たって、頭真っ白になるッ。パパも気持ちよくなって。オナホ使って良いよ!」
 真奈美は、とろけた顔で叫ぶ。私は、情けない気持ちになりながらも、オナホにローションを満たして挿入した。もう、どれくらいの期間、真奈美に挿入していないだろう? 真奈美は私のペニスを入れようともしないし、私も真奈美がディルドで狂う姿を見ながらオナホを使う方が、快感が大きいと感じている……。

「イグッ、んおぉおっ、おチンポイグッ! オマンコ壊れるっ」
 真奈美は、はしたない言葉を口にしながら身体を硬直させる。足がピンと伸び、腰の辺りが小刻みに震えている。本当に、このディルドを使うとあっという間に果ててしまう。最近では、ローターやMサイズのディルドは、見向きもしなくなった。常にこのLLサイズのディルドを使う感じだ……。

 普通ではあり得ないほどの巨根が、真奈美の膣を出入りしている……。引き抜く時にアゴが上がり、だらしなく口が半開きになる。そして、一気に押し込むと、歯を食いしばるように力を入れながらうめく。
「も、もうダメ、動かせない……」
 真奈美は、息も絶え絶えな状態だ。そして、ディルドを壁の柱に吸盤でくっつけると、立ちバックの体勢で挿入してしまう。最近は、腕が疲れてくるといつもこんな風にする。

 真奈美は、腰を動かし始めた。腰の部分だけを、クイッ、クイッとくねらせるように動かしながら、泣きそうな顔であえぐ……。
「パパ、気持ちいいの。バックで犯されてると、気持ちよすぎて漏れちゃうのっ」
 真奈美は、泣きそうな顔のまま叫び、ハメ潮のようなものを吹き始めた。床がビチャビチャになるのもかまわず、真奈美は腰を動かし続ける。私は、そんな真奈美の姿を見ながら、無心でオナホを動かし続けている……。

 真奈美は、自分で両乳首を摘まみ始めた。そんな姿のまま、腰だけ別の生き物のように動いている。こんなにも快楽に取り憑かれてしまって、大丈夫なのだろうか? 依存症みたいになっていないだろうか? そんな心配もしてしまう。でも、こんな風に、他の男にバックで責められて潮吹きまでする真奈美を想像すると、一気に射精感が限界になってしまう。
 私は、オナホを動かすのを止めて真奈美の痴態を見続けた。すらりと細い身体に、Fカップの大きな胸。38歳になった今も、とても官能的な身体をしている。美しい顔も快感に歪み、セックスのことしか考えられなくなっているのが伝わってくる……。
 そして、真奈美は、
「オマンコイグッ! ンオォオオおぉおぉっ、イグゥ〜〜〜ッ!」
 と、ほとんど叫ぶような声を上げて痙攣した。そして、ベッドに身体を突っ伏すように倒れ込む。壁から生えているディルドは、真奈美の体液でドロドロになっている。そこかしこに白いドロッとしたものも付着していて、真奈美の深い快感が伝わってくるようだ。

「パパ、入れてみて……ゆっくりね」
 真奈美は、トロンとした顔のまま話しかけてくる。私は、慌ててオナホを引き抜き、LLLサイズのディルドを手に持った。でも、やっぱりこれが挿入できるとはとても思えないサイズ感だ。私は、ローションを塗り込んでいく。ローションで濡れて光るディルドは、より凶悪なものに見える。
 真奈美は、ベッドに突っ伏したまま腰を少し持ち上げた。ほぼ寝バックの体勢だ。でも、脚を大きく拡げているし、腰を持ち上げているのでアソコは丸見えだ。まだ、少し拡がったような状態のままになっている。
 真奈美の膣中は、こうやって見てもわかるくらいにうごめいている。ピンクの膣肉が、ウネウネとうねっているような感じだ。

 深い快感を感じると、女性の膣は意思とは関係なく動く……それを知ったのは、LLサイズのディルドのおかげだ。私とのセックスでは、真奈美の膣が動く感覚すら経験したことがない。圧倒的に、快感の量が足りなかったのだと思う。

 私は、LLLサイズのディルドを膣口に押しつけた。押しつけた瞬間に無理だと感じるほど、穴と棒のサイズが合っていない。女性の拳のような感じに見える。とても入らない……止めようかと思っている私の前で、真奈美が腰をディルドに向かって動かしていく。挿入をねだるような、浅ましい姿……。
 真奈美は、潰れたカエルのような姿のまま、腰を浅ましく押しつけようとしている。私は、その姿に興奮しながら、ゆっくりとディルドを押し込んでいく。でも、やっぱり抵抗感が強く、入っていきそうにない。
「うぅっ、あぁ、太い……太すぎるよ……パパ、もっと強く……押してみて」
 真奈美は、不安そうな感じもあるが、そんなリクエストをしてくる。私は、恐る恐るさらに力を込めていく。大きすぎる亀頭部分が入っていき、膣が大きく拡がっていく。でも、カリ首部分の馬鹿げたサイズのせいで、引っかかったような感じになってそれ以上進まない。

 それでも私は力を込めていく。メリメリッと音がしそうな感じに見える。でも、やっぱり無理だ。私は、力を抜いた。
「フゥ……やっぱり、太すぎるね。まだ、無理みたい」
 おどけたように笑う真奈美。まだという言葉に不安を感じるが、とりあえず入らなかったことにホッとした。こんなものが入ってしまったら、さらに私のペニスの出番がなくなりそうだ……。
 そして、3Pの日までに2度ほどチャレンジしてみたが、LLLサイズのディルドを挿入することは出来なかった。私は、少し残念に思う気持ちはあったが、入らなくて良かったと思う気持ちの方が大きかった。

 ついに3Pの日が来た。朝から真奈美は上機嫌だ。鼻歌交じりでメイクをし、髪にもクルクルドライヤーかけてカールをしている。ふわっとしたソフトな感じになり、とても可愛らしくて上品な姿になった。
 どこから見ても、清楚な若妻……そんな感じだ。38歳が若妻かどうかは議論の余地があると思うが、見た目は若妻にしか見えないと思う。

 移動の車の中でも、真奈美は上機嫌だ。これから他の男とセックスするのに、こんなにも上機嫌になっている……正直、複雑な気持ちはある。でも、私は朝からずっと勃起したままだ。興奮しすぎて、呼吸も浅めになっている。
 まさか、自分にこんな隠れた性的指向があったなんて、今でも信じられない。普通に考えれば、自分の妻が他の男とセックスをするなんて、興奮する要素なんてないはずだ。怒りや悲しみを感じるのが普通の男性だと思う……。

 そして、郊外の大きなラブホテルに到着した。そこは、いわゆるパーティールーム的な部屋が複数あり、複数人での使用が許されている。私は、そのまま車を駐車場に滑り込ませた。
 妻とラブホテルに入る……いつ以来のことだろう? 少し懐かしいと思ってしまう。でも、これから真奈美を抱くのは、私ではない……。
 緊張と不安……そして興奮を感じたまま、私は車を降りた。すると、真奈美が手を握ってきた。少し不安そうな顔だ。
「なんか、ドキドキするね……大丈夫かな?」
 真奈美は、そんな言葉を漏らしながらも、目がトロンととろけているように見える。そして、フロントで受付をしてエレベーターに乗った。私は、すぐに彼女のスカートの中に手を差し込んだ。
 真奈美のショーツは、濡れているというレベルではなく、したたりそうな程になっていた。

【続きは出典元から】

・強気で勝ち気な嫁が、しつけられて従順な牝になった5
・海外出張に出るたびに、留守番の妻が綺麗になっていく3
・NTRマッチングセンター2
・嫁が隠し持っていた元彼との動画には、私の知らない彼女がいた(kindle)
・嫁が本気で他の男に惚れるのを見たいと思った3
・会社の事務の女の子には、秘密の副業があったー完ー
・お隣の元ヤンの若妻は、意外に経験が少なかった5

出版しました
【同じジャンルの体験談】

kindle出しました
[ 2022/05/07 23:33 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

寝取られ電子書籍

出版しました


kindle出しました


kindle出しました
カテゴリ
気持ち良すぎるオナホ
kindle出版案内

2話収録です

2話収録です

2話収録です

ハード系です

新作です

姉さん女房です

新刊です

新刊です

バッドエンド