※嫁がパート先の工場長に、シリコンリングで身も心も堕とされていたー完ー(姉妹ブログ 転載不可)

前回の話

 今日子は、本当に気持ちよさそうな顔のままあえぎ続けている。
「本当に大っきいわ。もっと奥まで突いて」
 今日子は、そんなおねだりもする。
「平気ですか? さっきから、奥に当たりっぱなしですよ。破水しませんか?」
 男性は、本当に心配そうだ。
「平気だから。ねぇ、もっと強くして。オマンコめちゃくちゃにして」
 今日子は、そんなことを言いながらクリトリスをまさぐり始めた。大きなお腹でセックスをしているだけでも狂気の沙汰なのに、自分でクリトリスをまさぐり続けている。


・今月のブロマガ(このブログオリジナルコンテンツ)更新一覧表です
・【私が書いた電子書籍一覧です】


 妻は、セックスに取り憑かれてしまった。クリトリスの包皮は切除されてしまっているので、勃起したクリトリスがハッキリと映っている。

 この男性は、どう思ったのだろう? 仕事としてこんな風に今日子とセックスをしているが、内心はドン引きだったのではないだろうか? 夫の私からの調査と言うことも伝わっていると思うし、私が妻の浮気を公認していることも知っているのだと思う。

 男性は、腰を振る。かなり強く振る。見ていて、破水が心配になりそうなほどの勢いだ。
「あぁ、ヤバい、出そうです」
 彼が、余裕のない声をあげる。
「出してっ! オマンコ溢れさせてっ!」
 今日子も叫ぶ。そして、男性は今日子の膣奥深くにペニスを押し込みながら、射精を始めてしまった……。
「うぅあぁあぁ、赤ちゃん溺れちゃうぅ」
 今日子は、うっとりとした顔で言う。男性は、荒い息遣いを続けながら射精を続ける。まさか、こんな事をしているなんて想像もしていなかった。
 工場長との不倫も異常なものだった。でも、まだ工場長を相手にしているだけだった。今の今日子は、不特定多数の男性と、こんなにも淫らで激しいセックスをしている……。私は、もうダメなのかもしれないと思ってしまった。
 でも、それなのに私はまだオナニーを続けている。必死で射精を堪えながら、画面の中の今日子を見つめている。男性がペニスを抜くと、だらしなく拡がった脚の付け根、膣から大量の精液が溢れ出るのが見えた。私は、妊娠している今日子の膣から流れ出る他人の精液を見て、脳が痺れるほどの興奮と快感を感じながら射精をした……。

「ありがとうございます。最高に気持ちよかったです」
 男性が、少し冷静になった顔でお礼を言う。
「フフ、私こそありがとう。こんな大っきなオチンポ、久しぶりだったわ。ねぇ、良かったらまた抱いてくれる? 今度は、お店じゃなくて外で会わない? お金なんていらないから、ぼて腹人妻のオマンコ、めちゃくちゃにして欲しいな……」
 今日子は、甘えた声で言った。お金のためとかではなく、セックスをしたいがために風俗店で働いていることがよくわかった。
 動画の中では、今日子が男性に迫っている。連絡先の交換を強要している感じだ。男性は、連絡先の交換をした。そして、動画は終わった。
 私は、どっと疲れてしまった。色々な秘密を知りすぎた……。男性経験が200人? 百人斬りどころの騒ぎではない。その全員と、本番行為をしてしまったのだろうか?

 自宅での今日子は、本当に良い母親だし良い妻だと思う。この動画を見ても、まだ現実とは思えないくらいに、ギャップがある。
 動画は、まだもう一本ある。しかし、続けて見る気持ちになれず帰宅した。
「お帰りなさい。今日もお疲れ様でした」
 今日子は、笑顔で出迎えてくれた。息子も元気いっぱいに出迎えてくれる。幸せを感じる瞬間だ。でも、今日も今日子は他の男に抱かれていたのだろうか?それを想像すると、嫉妬で身もだえしそうだ。

「パパ、明日動物園に行くんだよ。ゾウの赤ちゃんいるんだって」
 楽しそうに話しかけてくる息子に、本当に可愛いなと思った。息子は、赤ちゃんが生まれてきたら、一緒に動物園に行きたいと言った。
「フフ、良いお兄ちゃんになりそうね」
 今日子は、息子に笑顔で言う。とても、お腹に誰の種かわからない赤ちゃんを宿しているとは思えない笑顔だ。実際は、工場長の種なんだろうなと思う。回数も全然違ったし、私とのセックスではほとんど感じていなかったように思う。

 息子と会話をしながらも今日子を観察していると、やっぱり時折身体をブルッと震わせてオルガズムにいたっているようだ。
 クリトリスの包皮を切除してしまって、この先ずっとこのままなんだろうか? 日常生活に差し障りがあるとしか思えない……。

 そして、就寝時間になった。
「パパ、溜ってない?」
 今日子が、少しはにかみながら聞いてきた。私が驚いて答えられずにいると、パジャマごと股間をまさぐってくる。
「お腹こんなだから、不自由させちゃってるね……手とお口で良かったら」
 そんなことを言いながら、私のズボンとパンツを脱がせる彼女……。私は、久しぶりのセクシャルな雰囲気に、すでに完全に勃起してしまった。
「フフ、元気だね」
 そう言って、すぐにペニスをくわえてくれた。同時に舌が絡みつき、バキュームも始まる。いきなり射精感が高まり、うめいてしまった。すると、バキュームがなくなり、舌の動きがぎこちなくなった。慌ててやり方を変えたような感じだ……。
 つい、いつものクセが出てしまった……そういうことなのだと思う。今日子は、ぎこちなくフェラチオを続ける。微妙に気持ちいいポイントを外したような、下手くそなフェラチオだ。
 でも、どう考えても演技をしていると思う。動画の今日子は、めちゃくちゃフェラチオが上手だ。工場長に仕込まれ、お店で何百人もの相手にしてきたことで、スキルマスターになったのだと思う。

「パパ、気持ちいい? 下手くそでごめんね、久しぶりだから……」
 今日子は、そんなことを言いながらフェラチオを続ける。時折身体をビクッと震わせるのは、剥き出しのクリトリスのせいだと思う……。
 私は快感が大きくなり、射精しそうな感覚になってきた。そして、どうしても想像してしまう。あの動画のことを……。
 イキそうだと告げると、
「良いよ、出して」
 と言いながら、ペニスをくわえてくれた。私は、あっけなく今日子の口内に射精をしてしまった。
「フフ、いっぱい出たね。また、溜ってきたら言ってね。愛してる」
 そう言って、笑顔で微笑んでくれた。もう、精液を飲む事なんて、当たり前の呼吸みたいなものになっているようだ。
 私は、この先のことを考えて不安で仕方なかった……。次の日、また帰りに個室ビデオ店に寄った。そして、もう一つの動画を確認し始めた。短い調査期間だったのに、動画が二本もある。かなり優秀な探偵事務所なんだろうなと思う。

 動画は、ラブホテルの中からスタートした。
「こんなに早く会えるなんて、嬉しいわ。今日は、時間を気にせずにいっぱい犯してね」
 そんなことを言う今日子は、もう服を脱ぎ始めている。大きなお腹を晒しながら、テキパキと服を脱いで卑猥なランジェリー姿になった。
「うわ、エロい。そんなの着てきたんですか? 家からずっと?」
 男性は、かなり驚いている。カメラはまた隠し撮りみたいな感じで固定アングルだ。カバンか何かに細工がしてあるのだろうか? とてもクリアで画角も広い。

 今日子の着ているランジェリーは、下着としては意味がないようなものだった。肝心の部分にスリットや穴が空いていて、全部が丸見えになっている。張った乳房ははち切れそうに見えるし、色の濃くなった乳首や乳輪は妊娠しているなという感じだ。
 そして、お腹が剥き出しになっていて、誰がどう見ても妊婦の身体だ。こんな状態でセックスをして、平気なんだろうか? そんな心配をしてしまうような大きさだ。

「そうよ。だって、あの大っきなオチンポハメてもらえるって思うと、それだけでイキそうだったわ」
 そんなことを言いながら、今日子は彼のズボンを脱がせ始める。一気にパンツまで引き下ろすと、すぐにペニスにむしゃぶりついた。
「うぅ、ヤバい。そんなのされたら、すぐ出ちゃいますって」
 彼は、慌てている。やっぱり、今日子のフェラチオはどう見ても上手だ。昨日の下手くそなフェラチオとは大違いだ。

「あぁ、素敵。本当に大っきいわ。このオチンポのことずっと考えてた。見て、もうこんなになってるの」
 そう言って、今日子はアソコを指で拡げるような仕草をした。画面を通してもわかるほど、今日子の膣周りは濡れている。膣周りどころか、膝の辺りまで光っている。
 あふれた蜜が、とんでもないことになっているようだ。この状態で、あのミニスカートでこのホテルまで来た……色々な人に、見られたのではないか? 蜜を溢れさせながら歩いている姿を、見られてしまったのではないか? そんな心配をしてしまう。

「ヤバっ、溢れてるじゃないですか」
 男性は、あきれたように言う。すると、すぐに今日子は彼をソファに座らせ、またがってペニスを挿入してしまった。
「うぅあぁ、大っきい。子宮、串刺しだわ」
 今日子は、とろけきった顔で言う。当たり前のように生挿入……妊娠の心配はないにしても、精神的にツラい。

「うわ、めちゃくちゃ子宮降りてる。これ、ヤバくないですか?」
「平気よ。あぁ、ダメ、すぐイッちゃう。ねぇ、今日はめちゃくちゃにして欲しいな。オナホ以下の扱いしてね」
 今日子はそう言って腰を振り始めた。なまめかしくて、激しい動きをしている。腰だけが生き物のように動いている感じだ。
「あっ、アンッ、気持ちいいっ、オマンコ気持ちいいっ。子宮に当たってる。赤ちゃん、起きちゃう。ねぇ、乳首ギュッてして。潰して良いから」
 今日子は、とろけた顔でおねだりをする。男性は、少し戸惑いながらも今日子の両乳首を摘まむ。かなり強く摘まんでいるようだ。
「うぅっ、乳首もげるっ」
 涼子は、そんなことを言いながらも腰を激しくグラインドし続ける。やっぱり、破水とかが気になってしまう。あれだけ激しく腰を振っていては、いつ破れるかもしれないと思う。
「あぁ、ヤバい、締まりすぎ。出そう」
 男性は、あっけなく限界を迎えている。妊婦がこんなにも淫乱に責めてくるのは、普通ではない快感を感じるのだろうか?
「良いよ、出して。オマンコの中、雄汁だらけにしてっ」

【続きは出典元から】

・妻がこっそりと裏垢サイトを見ていた5
・妻のバイオリン教室は、秘密のご褒美のおかげで評判が良い5
・友人に借金の相談をしたら、嫁を貸し出すことになってしまった3
・可愛らしい若妻がナンパされたことをきっかけに夫の寝取られ性癖を目覚めさせたー完ー
・強気で勝ち気な嫁が、しつけられて従順な牝になった
・童顔で可愛いらしい嫁が、カップル喫茶で囲まれて(kindle)
・パートに出て綺麗になった妻と、お客さんの裏垢男6
【同じジャンルの体験談】
[ 2022/07/09 23:13 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

寝取られ電子書籍

出版しました


kindle出しました


kindle出しました
カテゴリ
気持ち良すぎるオナホ
kindle出版案内

2話収録です

2話収録です

2話収録です

ハード系です

新作です

姉さん女房です

新刊です

新刊です

バッドエンド