■お隣の元ヤンの若妻は、意外に経験が少なかったー完ー(姉妹ブログ 転載不可)

前回の話

「マジで気持ちいい。オマンコ最高じゃん。オナホとこんなに違うんだ」
 拓也は、本当に最高という顔で腰を振り続けている。真奈美さんは、アイドルのような可愛い顔を快感に歪めながらあえぎっぱなしだ。
「気持ちいいっ。たか君、このおチンポ気持ちいいのっ。イグゥンっ、イグっ、オマンコイグぅっ!」
 真奈美さんは、完全に我を忘れてしまっている。拓也は、動きがかなり良くなってきた。ぎこちなかった腰の動きも、滑らかで力強いものになっている。


・今月のブロマガ(このブログオリジナルコンテンツ)更新一覧表です
・【私が書いた電子書籍一覧です】


「舌出して」
 拓也が興奮した顔で命令すると、真奈美さんは可愛らしい小さな舌を突き出した。キスをするかと思ったが、舌を指で摘まみ始めた。
 不思議なことをしている。指で舌を弄ぶように触っている。でも、真奈美さんはそんなことをされているのにあえぎ声が大きくなっている。

「口開けて」
 拓也が指示をすると、真奈美さんは大きく口を開けた。拓也は、そこに唾液をたらし込んでいく。
「飲んで」
 拓也は、声が震えている。興奮しすぎて震えてしまうようだ。真奈美さんは、嬉しそうに飲み干していく。拓也は、調子に乗ってさらに唾液を飲ませる。
 4回飲まされた瞬間、真奈美さんは身体をガクガク震わせて果てた。
「ヒィあぁ、もっと、もっと飲ませてぇ」
 真奈美さんは、僕とのセックスの時よりもとろけてしまっている。今さら後悔の気持ちが膨らんできた。止めておけば良かった……3人を見くびっていた。

 拓也は、腰を激しく振りながら、
「ザーメン飲んでよ」
 と言い始めた。
「飲ませてぇ、くっさい男汁、たっぷり飲ませて欲しいっ」
 真奈美さんの興奮も激しすぎる。拓也は、ペニスを一気に引き抜くと、自分でしごきながら真奈美さんの顔に近づけた。真奈美さんは、すぐに口を大きく開けて舌を突き出す。

 まさか、アダルトビデオでよく見る場面を実際に見ることになるなんて、夢にも思っていなかった。拓也は、うめきながら射精を始めた。
 真奈美さんの口に入れる前に暴発してしまったので、勢いよく飛び出した精液が、真奈美さんの顔に直撃した。一瞬で精液まみれになった美しい顔……ピンクの可愛い髪にもかかってしまった。
 愛する真奈美さんが汚されたのに、僕は信じられないほどの強い興奮を感じてしまっている。さっき手も触れずに射精したのに、僕のペニスは完全に勃起している……。

「ヒィァアァ」
 真奈美さんは、顔に精液をかけられて強い快感を感じている。そして、拓也はそのままペニスを真奈美さんの口にねじ込んだ。
 うめきながら射精を続ける拓也……真奈美さんは、喉を大きく動かして出されたそばから飲み干していく。喉を鳴らすようにしながら精液を飲み干していく真奈美さん……僕は、強い嫉妬を感じている。

「マジで最高。めっちゃ出た」
 拓也は、満足げに言う。
「なんで顔に出してるんだよ。キス出来ないじゃん」
 裕也が不満そうに言う。確かに、真奈美さんみたいな可愛い人と、キスしたい気持ちは大きいと思う。僕も、真奈美さんとキスしているだけでイキそうな気持ちになるくらいだ。

「なんで? 出来るでしょ」
 拓也はそういうと、気にせずに真奈美さんにキスをした。拓也の顔にも、出した精液が付着しているが、気にもせずにキスをしている。
 真奈美さんは、驚いたような顔になった。でも、熱心に舌を絡める拓也に嬉しくなったのか、笑顔で舌を絡め始めた。自分の精液のことなど気にもせず、拓也はキスを続けている。
 興奮したようで、拓也はすでにギンギンに勃起している。そして、キスをしたまま再び挿入した。拓也は、身体を起こして真奈美さんの両脚を抱えるようにしながら腰を振り始めた。

「あぁっ、これ気持ちいいっ。こすれてる。オマンコ気持ちいいっ」
 真奈美さんは、一瞬で顔がとろけた。拓也は、角度が強くよに少し背中を反らせるようにして腰を振る。真奈美さんは、気持ちよすぎて驚いたような顔になっている。
「たか君、気持ちいいの。このおチンポ、気持ちいいところにゴリゴリこすれてる。あぁ、ダメぇ、このおチンポ覚えちゃう」
 真奈美さんは、泣きそうな顔で僕を見つめながらあえぐ。真奈美さんは、本当に僕に惚れてくれているみたいだ。僕以外のペニスで感じることに、罪悪感を感じているようだ。
 嬉しいという気持ちも湧くが、目の前でこんなにも感じている真奈美さんに、裏切られたような気持ちにもなってしまう。

 すると、直弘が真奈美さんの口にペニスをねじ込んだ。
「ほら、喉マンコでイカせてよ」
 直弘は、無表情で指示をする。彼がこんなにもSキャラだったことに驚かされる。人畜無害の男だと思っていた。真奈美さんは、必死で頭を振る。大きすぎるペニスを、喉の奥の方までくわえ込んで奉仕をしている。

「ンエッ、オエッ」
 えずいて吐きそうになりながらも、必死で奉仕をしている。揺れる大きな胸とピンクのツインテール。薄いヘアも相まって、ビジュアルが本当にエロい。
 見ているだけで、射精してしまいそうな光景だ。拓也は、リズミカルに腰を振りながら、クリトリスを触り始めた。
「なんか、大きくない? こんなモノなの?」
 拓也は、無邪気に触り続ける。童貞だった彼にとって、クリトリスを触るのも初めてなんだと思う。彼の触り方は、かなり雑で強めだ。
「ヒィッ、ンッ、ンふぅっ」
 喉奥を巨根で犯されたまま、真奈美さんが悲鳴のような声をあげる。拓也は、それでも無邪気にクリトリスを触り続け、包皮を剥いて直接触り始めた。
「んぅ〜〜〜っ」
 真奈美さんは、大きくうめく。もしかしたら、痛みも感じているかもしれない。でも、拓也は感じていると判断しているのか、剥き出しになった大きなクリトリスを強く摘まんだ。
 その瞬間、真奈美さんは悲鳴を上げながら潮吹きをした。拓也の腰の動きにあわせ、透明の飛沫が飛び散る。それを見た拓也は、さらに興奮した顔で腰を振り始めた。

 完全に、二人の男に犯されている光景だ。オナホ代わり……性欲処理をさせられているようにしか見えない。でも、真奈美さんは本当に気持ちよさそうで、幸せそうにも見える。これが夢だったのだろうか?

 直弘は、腰を動かし始めた。真奈美さんのフェラチオが物足りないと思ったのか、雑に腰を動かし始めている。ますますオナホみたいに扱われてしまった……。
 愛する真奈美さんが酷い扱いを受けているのに、僕は恐ろしいほどの興奮を感じてしまっている。ふと横を見ると、裕也はペニスを握って軽くしごいていた。
 もう、スタンバイOKみたいだ。こうやって、延々と犯され続けるのだろうか? 真奈美さんの夢は、そういう扱いを受けることだと言っていた。愛する人の前で、オモチャにされたい。
 その願望も、よくわからない。でも、愛する人が目の前でオモチャにされているのを見て、間違いなく僕は興奮している……。

「ヤバい、オナホより全然気持ちいい。もう出そう」
 拓也が腰を振りながら余裕のない声をあげる。全然褒め言葉ではないようなことを言いながら、無我夢中で腰を振っている。そして、そのままオナホに射精をするように射精を始めた。

 中出しをされた途端、真奈美さんは腰の辺りをガクガク震わせた。痙攣しているような震え方だ。拓也はすぐに身体を離した。拓也のものが抜けると、ダラッと精液が溢れてくる。
 真奈美さんの幼く見える膣から、ダラダラと大量の精液が溢れてしまっている……。僕は、嫉妬でおかしくなりそうだ。すると、直弘もとくに何も言わずにいきなり射精を始めた。
 真奈美さんの喉の奥に、無表情で射精を続ける彼。真奈美さんは、必死の顔でうめいている。相当に苦しそうだ。でも、直弘はそのまま喉奥に挿入したまま射精を続ける。

 すると、真奈美さんはまた身体を大きく震わせた。酷い扱いをされればされるほど、快感が強くなるようだ。直弘は、射精を終えるとすぐにペニスを引き抜いた。もう、真奈美さんに興味がなくなったような態度だ。

 真奈美さんは、膣から精液を溢れさせ、口の周りも精液でドロドロにしながら僕を見つめている。
「凄いよ。気持ちいいの。たか君、ちゃんと見てて。真奈美がオモチャにされてめちゃくちゃに犯されるの、ちゃんと見てて」
 真奈美さんは、声がうわずってしまっている。顔も、トロンととろけたような顔で、発情した牝という言葉がぴったりだ。すると、直也が動いた。勃起したペニスを晒しながら近づいていく。
 すると、真奈美さんが四つん這いになって彼にお尻を向けた。バックでハメられたいのかな? と思っていると、彼女は後ろ手にアナルを拡げ始めた。
 本当に小さくて綺麗なアナルだ。色素沈着もなく、薄いピンク色だ。アナル周りにはヘアは一切なく、綺麗だなと思った。

「えっ? 後ろも使えるの?」
 裕也は、かなり驚いている。真奈美さんは、元ヤンだけど見た目はアイドルみたいな美少女顔だ。ツインテールにしている髪もピンク色で、まるでアニメキャラみたいだ。
 そんな彼女が、こんなにも淫乱なのは違和感があるほどだ。裕也も、ギャップに驚いているのだと思う。

「したことない……犯して欲しいの」
 真奈美さんは、焦点も怪しくなったようなとろけた目で言う。凄い顔をしている。人妻がしていい顔ではない。でも、僕は堪えきれずにオナニーを始めてしまった。
 ペニスを出すと、精液でグチャグチャだ。まさか、真奈美さんとセックスをする前に射精をしてしまうなんて、考えてもいなかった。
 メチャクチャに回された真奈美さんに、とどめを刺すつもりだった。それなのに、僕はオナニーまで始めている。僕も、どうかしてしまったのかもしれない。

「えっ? でも、いきなり入れたら裂けちゃうんじゃない?」
「平気……オモチャは入れたことあるから」
 真奈美さんは、耳まで真っ赤にしながら告白をした。僕にもナイショにしていたことだ。でも、淫乱な真奈美さんなら、それくらいはあってもおかしくないと思う。

「マジか……ローションとか使った方が良いですよね?」
「そこにあるから」


【続きは出典元から】



・私しか知らなかった妻が、誰とでも寝る淫牝に堕ちた
・結婚間近の恋人は、元彼に奥を開発されていた2
・大学生の男の子にナンパされて始まった妻の二重生活(kindle)
・NTRマッチングセンター6
・可愛らしい自慢の嫁は、昔ワンコインと呼ばれていたー完ー
・嫁が本気で他の男に惚れるのを見たいと思ったー完ー
・奥が好きな妻と、どうしても届かない夫2
【同じジャンルの体験談】
[ 2023/01/09 23:32 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

寝取られ電子書籍




カテゴリ
気持ち良すぎるオナホ
kindle出版案内

2話収録です

2話収録です

2話収録です

ハード系です

新作です

姉さん女房です

新刊です

新刊です

バッドエンド