「PR」本ブログはアフィリエイト広告を利用しています

官能小説の表紙モデルをする妻の堕ちた楽園4(マガブロ 転載禁止)

前回の話

 僕は、カメラ越しに明日香を見ながら射精してしまった。手も触れていないのに、自分でも驚くほどの量の精液が出てしまっている。

「あれ? ナオくんもイッちゃったの?」
 僕の様子を見て、明日香が驚いた顔で言う。口の周りは他人の精液まみれだし、目隠しや髪には精液が付着したままだ。

 これで、完全に目隠し越しにこっちが見えているのがわかった。僕は、射精してしまったのを見られたことに、羞恥で顔が赤くなるのを感じた。
 それでも明日香を撮影し続けた。卑猥なスリット入りのブラとショーツ、全裸のよりもよほど卑猥に見える。そして、明日香の膣周りは濡れて光ってドロドロだ。


 男性の唾液のせいもあると思うが、内側から溢れてきているような感じがする。明日香は、脚を拡げて自分で抱えるようにした。
 挿入をおねだりするような仕草だ。強烈に可愛いし、卑猥に見える。
「もう、ハメて欲しいな。我慢出来なくなっちゃった」
 明日香は、甘えた声で挿入をねだる。年下の男の子達に、媚びた態度を取っている……違和感を感じるし、嫉妬も感じる。

 すると、大きさはさほどではないが、カリ首がやたらと発達している男性がベッドに上がった。
「今、ゴム付けます」
 そう言って、男性はコンドームに手を伸ばす。
「待って。ゴム付けたら、その張り出したカリ首がペちゃってなるでしょ? どんな感じか試したいの。最初はそのまま入れてくれる?」
 明日香は、興奮しきった声で言う。

 僕は、慌ててそんなのはダメだよと言った。カメラを回していることもすっかりと忘れてしまった。
「大丈夫だよ。今日は、安全な日だから」
 明日香は、本当に大丈夫だよと言う顔になっている。でも、そういうことではない……。初対面の男性と生でセックスをするなんて、病気のリスクもある。
 それ以前に、精神的なものもあるはずだ。生での触れあい……恋人同士や夫婦にしか許されないことのはずだ。

「本当にそう思ってる? 本当は、生でして欲しいんじゃない? さっきも、手も触れてないのに射精したでしょ?」
 明日香は、僕を問い詰めるように言う。僕は、そんなことはないと言いたいのに黙ってしまった。

「良いよ、そのまま来て。旦那はOKって言ってるから」
 明日香は、そんなことを言った。僕は、OKなんてしていない。でも、否定も出来ずにカメラを回してしまう僕は、結局ただの寝取られ性癖なんだと思う。

 男性は、嬉しそうな顔で明日香に覆い被さっていく。そして、いきり立ちすぎたペニスを押しつけると、そのまま押し込んだ。

「んうぅっ、あぁ、こすれる……凄くこすれるよ」
 明日香は、一瞬でとろけたような顔になってしまった。男性は、そのまま腰を動かし始めた。明日香は、腰を浮かせるようにしてあえぐ。
「うぅっ、あっ、んっ、固いよ。カリ首が固くてゴリゴリこすれてくるの」
 明日香は、切なげな顔になってきている。快感を感じながらも、それを隠そうとしているように見える。

 男性は、経験が少ないのか腰の動かし方があまりにぎこちない。ヨタヨタと苦しそうに腰を動かしている。でも、そんな頼りない動きでも、明日香は追い詰められたようにあえぎ声を漏らし続ける。

「うぅっ、あっ、んっ、気持ちいい。こすれて気持ちいいの。ねぇ、もっとこすってみて。膣壁ゴリゴリこすって欲しい」
 明日香は、さらに媚びた態度に切り替わっている。自分の妻が、他の男と生でつながりながら、媚びた態度を取っているのを見て脚が震えてしまう。

 男性は、嬉しそうに腰を動かし続ける。徐々に動かし方も滑らかになってきた。
「気持ちいい。オマンコこんなにこすられたことないよ」
明日香は、甘えた声で言いながら彼を抱き寄せる。そして、明日香の方から積極的にキスを始めた。

絡み合う舌……男性は、無我夢中という感じのキスだ。キスをしながらセックスを続ける二人。本当に、あっけなく明日香は他人とセックスをしてしまった。
 オフ会をしてそうなると言うことはわかっていた。それを想像して興奮もしていた。でも、やっぱり本当にしている姿を見て、後悔の気持ちも湧いてくる。

「気持ちいい。オマンコゴリゴリこすれてる。こんなのダメ、オモチャよりずっと気持ちいいの」
 明日香は、カメラ目線で言ってくる。興奮した顔……でも、僅かに罪悪感を感じているのが伝わってくる。

 僕は、夢中で撮影を続けた。絡み合う舌をアップにしたり、結合部をアップにしてみたりした。彼のペニスは、さほど大きさはない。
 でも、生で明日香の膣を出入りしているのは、恐ろしく卑猥でなまめかしい。明日香は、カメラを見つめたままキスを続けている。

 少しすると、男性が動きを弱めながら、
「もう出そうです」
 と恥ずかしそうに言い始めた。確かに、まだ挿入してさほど時間は経っていない。でも、早漏の僕と比べると、充分に長持ちしていると思う。

「まだダメ。もっと感じさせて。もっとおチンポカチカチにして」
 明日香はそう言って、彼の乳首を舐め始めた。彼は、下から乳首を舐められてうめき声を上げる。
「あぁ、ヤバいです。もっとイキそうになってきた」
 彼は、ほとんど余裕がない声だ。腰の動きも完全に止めてしまった。

 すると、明日香が腰を動かし始めた。くねらせるように、腰をこすりつけるように動かしている。そして、乳首を舐める舌の動きも加速していく。
 正常位で犯されている女性の方が腰を動かし、男性の乳首まで舐めている……。あまりにも卑猥な光景だ。でも、僕はそんな明日香を見て興奮しきっているし、カメラを必死で回し続けている。

「もうダメです、ホントに出ちゃいますっ」
 男性は、まったく余裕のない声で言う。
「出しちゃうの? 人妻のオマンコに、中出ししちゃうの?」
 明日香は、挑発的に言いながら腰を止めない。目隠ししている状態でも、周りはちゃんと見えているのだと思う。男性は切羽詰まったような声で、
「出ます、出ちゃうっ」
 と言いながら射精を始めてしまった……。

「うぅああっ、熱いっ、中に出されてるよ。旦那じゃない男性に、中出しされてるの」
 明日香は、カメラ目線のままだ。本当にとろけた顔で、カメラを見つめながら中出しをされている。いくらなんでもやり過ぎ……そう思っているのに、僕は止めもせずにカメラを回し続ける。

 そして、僕のペニスも暴発しそうなほどいきってしまっている。
「あなた、中に出されちゃったよ。若い男のザーメンが、胃の中にもオマンコの中にもいっぱいになってるの」
 明日香は、目隠ししたままそんなことを言う。唇がやたらとセクシーに見える。

 僕は不安でいっぱいになってきた。妊娠するリスクはないのだろうか? どうしても、そんなことを考えてしまう。こんな事をしようと言った明日香なので、きっと安全日のはずだ。
 でも、確証はなにもない。明日香は、挑発するような顔でこっちを見つめている。

 男性は、ごめんなさいと言いながら明日香の上からどいた。明日香は、脚を拡げたままカメラを見つめている。目隠しで目が見えていないので表情がよくわからないが、どう見ても挑発的な顔だと思う。

「見て……こんなに出されたよ」
 明日香はそう言って脚をさらに拡げる。ツルツルの膣……剃り上げられた状態なので、まるで幼女の下腹部みたいだ。
 でも、拡がったままの膣からはダラダラと精液が溢れ出てきている。妻の膣から、他人の精液が溢れ出る……最低の異常事態のはずなのに、僕はすっかりと受け入れている。

「ヤバ……エロすぎ。もう復活したから入れても良いですか?」
 一番の巨根の彼がそんなことを言い始めた。正直、もう映像は充分撮れた。これ以上する意味もないと思う。
 それなのに、明日香は四つん這いになってしまった。お尻を、クイっと上を向けるようにして突き出している。

「良いわよ、ハメて。その大っきなおチンポで、子宮の奥までメチャクチャにして欲しいわ」
 明日香は、興奮しながらもまだ年上の女性の顔を捨てていない。オモチャみたいに扱われているのに、まだ上からな感じが残っている。

 男の子は、すぐに明日香の後ろに回り込む。そして、手に余るほどの大きさのペニスを握ると、明日香の膣に押しつけた。
 今さらだが、彼もコンドームなしで押しつけている。そして、あっけなく生ペニスが挿入されてしまった。
「うぅっ、ヒィ、うぅ……太すぎる……」
 明日香は、快感と言うよりは驚きの声を上げている。痛みこそ感じていないようだが、余裕はなさそうだ。

「メチャ締まってる」
 男の子は嬉しそうに腰を動かし始めた。
「んぅっ、うぅっ、ヒィッ、あっ、アンッ、太すぎる……あぁ、ダメ、壊れちゃう」
 明日香は、苦しげに言いながらも腰を高く上げたままだ。すると、もう一人の男の子が明日香の目隠しをグイッと上にずらしてしまった。

「ダ、ダメっ」
 慌てる明日香……でも、顔を完全に見られてしまっている。
「メチャ可愛い」
「エッ、普通に美人」
 驚く男の子達。明日香は、開き直ったようにカメラを見つめて微笑んでいる。

 明日香は、バックで犯されながらカメラを見つめる。うめき声やあえぎ声が響き、顔もどんどんとろけてきた。大きすぎるペニスにも、慣れてきたようだ。

 男の子達は、明日香の胸を揉んだりキスをしたりしている。明日香は、それを受け入れながらあえぐ。3人がかりで攻められながら、明日香は本当に楽しそうだ。

「このおチンポ、本当に大きいの。子宮が潰れてるのわかる……気持ちいいよ。さっきのおチンポも気持ちよかったけど、こっちは奥が気持ちいい。旦那のおチンポとは全然違う。あぁ、ダメ、イク、イッちゃう。旦那のじゃない大っきなおチンポでイッちゃうっ」
 明日香は、カメラを見つめながらそんな言葉を言い続ける。それは、会員に対してのサービスなのか、寝取られ性癖の僕に対しての煽りなのかわからない……。

 僕は、射精感すら感じながらカメラを回し続ける。明日香を犯している男の子は、さらに腰を早く動かし始めた。ユサユサ揺れる大きな胸、そして、だらしなく半開きになった口……。
 明日香は、今まで見せたことがないような快感にとろけきった顔になっている。

「イクっ、オマンコイクっ! 見て! あなた、見ててっ! 違うおチンポでイクの見ててっ!」
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


カテゴリ
kindle出版案内



2話収録です

2話収録です

ハード系です

姉さん女房です

新刊です

新刊です

バッドエンド








プロフィール

管理人:寝取られ好き
寝取られ体験談を紹介しています。このブログだけのオリジナル寝取られ話が多数あります。

QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
2位
アクセスランキングを見る>>
巨根になれる!「PR」