「PR」本ブログはアフィリエイト広告を利用しています

・姉さん女房と大きすぎる元彼(Kindle)PR

「元彼? どうした、急にそんなこと聞いて。寝取られ性癖でも目覚めたのか?」
 嫁の絵梨佳が、怪訝な顔で言う。今日は外食をした後、家で軽く飲んでいた。そんな中、普段から気になっていたことを聞いた。元彼はどんな人だったかということを。絵梨佳とは、結婚して三年経つ。クライミングジムで一目惚れした僕が、かなり頑張って結婚に至った。
 絵梨佳は三四歳で、僕の六つ年上だ。クライミングやヨガをやっているせいか、とても若々しい。最初は、僕と同じくらいの歳だと思っていたくらいだ。一七〇センチで少しムチッとした体型。でも、太いのは太ももだけで、ウェストはくびれているし、体重も軽めだと思う。
 ただ、胸は大きい。たぶん、EとかFカップくらいある。ウェストが細いせいで、より大きく見えるみたいだ。そして、僕が一目惚れしたくらいなので、とても美しい顔をしている。キリッとした美人系の顔で、パッチリした二重まぶたが可愛らしい印象も感じさせる。


・今月のブロマガ(このブログオリジナルコンテンツ)更新一覧表です
・【私が書いた電子書籍一覧です】



 それに引替え、僕はごくごく普通のサラリーマンで、草食系男子だ。女性にモテたこともなければ、キモいと言われたこともない。人畜無害と思われるような地味な男だ。それでもクライミングだけは強かったせいで、絵梨佳と仲良くなれたと思っている。
「そんな事ないって言っても、普通はそんなこと聞かないだろ? 聞いてどうする?」
 絵梨佳はけっこう酔っているせいか、言葉遣いがいつも以上に男っぽい。学生の頃はバレーボール部だったので、口調も含めて体育会系が抜けていないみたいだ。
 僕は、ただの好奇心だと答えた。
「私は知りたくないけどな。トシの元カノのこととか」
 絵梨佳は、少し怒ったように言う。いつも僕を尻に敷いている彼女だが、僕の事を好きという気持ちは強いと思う。たぶん、今もヤキモチを焼いているような感じだと思う。僕なんかのどこが良いのかわからないが、そんな絵梨佳がたまらなく可愛いと思う。

 僕は、可愛いよと告げた。
「う、うるさいよ。なんで元彼の話からそんな言葉が出てくるんだよ。頭おかしいんじゃないの?」
 絵梨佳は、顔がほんのりと赤い。こんなにも美しくて良い身体をしているのに、褒められ慣れていないのも不思議だ。僕が元彼のことを聞いたのは、単に絵梨佳のことをもっと知りたいだけだ。絵梨佳は、昔の男性のことは一切話さない。聞いても教えてくれたためしがない。
 こんなに元彼のことが気になるのは、絵梨佳を満足させられていない自覚があるからだ。僕は、昔からとにかく早い。過去の女性には、早漏と言われることが当たり前になってしまっていた。

 元彼とは、どんなセックスをしていたのだろう? 僕には見せない顔を見せていたのではないか? そんなことを考えると、強い嫉妬心がもたげてくる。
「まぁ、聞きたいなら話すけど。そんなの聞いてもイヤな気持ちになるだけなんじゃない?」
 絵梨佳は、釈然としないような顔のままだ。僕は、前のめりで話してくれと言った。
「一つ上で、一八五センチで筋肉バカな男。スポーツジムでナンパされた。昔バレーもやってて、話が合ったから付き合った」
 絵梨佳は、短くぶっきらぼうに説明した。今まで何回聞いても教えてくれなかったのに、今日はどうしたのだろう? そんな疑念を感じながらも質問を重ねた。
「え? 三年くらいかな。たぶん、それくらい」
 交際期間は三年だそうだ。かろうじて僕は四年なので、少し勝っている。別れた理由を聞くと、
「浮気された。ナンパしてくるくらいだから、別に驚かなかったけど」
 と、あっさりと答えた。

 そして、核心部分というか、一番聞きたかったことを聞いた。セックスのことだ。
「ハァ? なんでそんなこと聞く? やっぱり、寝取られ性癖なのか?」
 絵梨佳は、眉間にシワが寄っていて少し怖い。でも、食い下がって教えて欲しいと言った。
「なんでそんなこと気にするのかなぁ……」
 あきれ顔の絵梨佳。僕は、絵梨佳を満足させられていないと思っているから気になると告げた。
「そんなこと気にしてたんだ。気にしなくても良いのに。気持ちよければ良いってもんじゃないし。大事なのは、心だよ。心が結びついてれば、それで充分だから」
 絵梨佳は、真っ直ぐに僕の事を見つめながら言ってくれた。その言葉に、思わず感動して彼女を抱きしめた。そして、激しくキスをした。
「キスだけで、気持ちいいよ。愛してるから」
 絵梨佳は、いつになく優しい。こんな風に、真正面から愛していると言ってくれることは少ない。幸せな気持ちのまま、心をこめてキスを続けた。

 すると、キスをしながら絵梨佳が僕の股間をまさぐり始めた。
「なんか、いつもより固くなってない? 元彼のこと気にして、興奮してる? やっぱり寝取られ好きじゃん。ヘンタイ」
 絵梨佳は、からかうように言う。慌てて否定をしながらも、正直気にして興奮してしまっている。
「ホントに気にしなくて良いのに。今が幸せだからさ」
 絵梨佳は、今日はいつになく優しい言葉をかけてくれる。そして、僕のズボンとパンツを一瞬で降ろすと、
「なんか、ドロドロなんだけど。精液も少し漏れてない? 興奮しすぎでしょ」
 と、からかいながらペニスをくわえた。すぐにバキュームが始まり、舌がカリ首を強烈に舐め回す。強い快感にうめきながらも、こんなにフェラチオが上手なのは元彼のせいなのかな? と、イヤな想像をしてしまう。

 僕は、射精しそうな感覚が強くなりすぎて、慌てて絵梨佳を押し倒すようにソファに寝かせた。絵梨佳のパジャマを脱がせると、大きくて張りのある胸があらわになる。でも、胸よりもくびれたウェストに目がいく。微妙に腹筋も感じられるお腹なので、かなり引き締まっているのだと思う。
 その美しい裸に興奮しながら、乳首にむしゃぶりついた。
「んっ、フゥ」
 軽い吐息を漏らす絵梨佳。感じてくれるのが本当に嬉しい。僕は、夢中で舐め続けた。
「んっ、あっ、気持ちいい……トシ、愛してるから……安心して」
 絵梨佳は、今日は本当に優しい。いつも僕を尻に敷いていて言葉遣いも荒いのに、別人みたいだ。

「フフ、固い。興奮してるな。ヘンタイになっちゃった? 寝取られマゾになった?」
 絵梨佳は、からかうように言いながらも嬉しそうだ。僕は、元彼のことを強く意識しながら腰を動かし続けた。そして、この状況でもう一度聞いた。どんなセックスをしていたのかと。
「まったくもう……身体デカくて体力あったから、メチャクチャ激しくされてた。途中でわけわかんなくなって、しがみついて叫んでたよ」
 絵梨佳は、そんな話を始めた。初めて聞く告白に、強い嫉妬と興奮を感じながら激しく腰を振った。でも、体力もないし身体も小さい僕なので、絵梨佳はそれほど激しくあえいでくれない。

「ほら、もっと頑張れよ。負けちゃうぞ」
 絵梨佳は、余裕のある顔で言う。元彼のように、わけがわからなくなるほど感じさせてみたい……そんな気持ちで腰を動かし続けるが、やっぱり絵梨佳は余裕のある顔で話しかけてくる。
「頑張れ。気持ちいいよ。いつもより、気持ちいいから」
 絵梨佳は、そう言ってキスをしてくれた。キスをしながら腰を振ると、もう限界だった。自分でも頑張った方だと思うが、やっぱり早漏は変わらないみたいだ……。
「頑張ったじゃん。やれば出来るんだ。気持ちよかったぞ」
 絵梨佳は、可愛らしい顔で言う。いつもの怖い姉さん女房の顔ではなく、本当に優しい顔になっている。僕は、早くてゴメンと謝りながら、ペニスを引き抜いた。
「赤ちゃん出来ると良いけど。そろそろ年も年だしさ」
絵梨佳は、そんなことを言う。確かに、高齢出産はリスクが高いと聞く。僕は、早くできると良いねと言って彼女を抱きしめた。

 結局、そんなには教えて貰えなかったが、少しわかった。絵梨佳は、僕とはまったく違うタイプの雄度の高い男性と付き合っていたみたいだ。僕がどんなに頑張っても、その差は埋められない気はする。でも、絵梨佳に優しく慰められて、ホッとする気持ちになった。
 絵梨佳とのセックスは、少し形が変わった。絵梨佳が、嫉妬する僕を可愛いと思うようで、元彼のことを持ち出すようになった。
「固い……でも、大きさは元彼の方が大きいな。固さと大きさ、どっちが勝つかわかる?」
 絵梨佳は、僕のペニスを舐めながらそんな挑発的なことを言う。少し考えて、大きさの方が勝つんじゃないかと答えた。

「当たり。大きいので奥の方まで突かれると、息が出来なくなるくらい感じるよ」
 絵梨佳は、僕を見つめながら言う。完全に挑発しているような顔だ。
「でも、固さも大事だけどな。固いのでGスポットゴリゴリこすられると、本当に気持ちいいよ」
 絵梨佳は、興奮した顔になっている。僕は、すぐに絵梨佳に挿入して腰を動かし始めた。言われるとおり、Gスポットの辺りにこすりつけるようにしながら腰を動かした。
「そう、そこ……うぅっ、あっ、んっ、気持ちいいよ」
 絵梨佳は、悩ましげにうめく。僕は、なるべく強くこすりつけるように動き続けるが、刺激が強い分もう射精しそうだ。

「元彼は、こすりながら奥も突いてくれた。頭真っ白になって、潮まで吹いてた……」
 絵梨佳は、また昔のことを教えてくれる。でも、聞きたくなかったような内容だ。潮吹きまでさせられていた? そんな話を聞かされて、ショックが強くなる一方だ。
「ねぇ、もう少しだけ奥まで入れられない?」
 絵梨佳は、焦れたような顔になっている。僕は、目一杯腰を押し込むようにして動かした。でも、すでに限界近くまで挿入しているので、少しも奥には進めない。
「ちょっと代わる」
 絵梨佳はそう言って、僕を寝かせて上になった。姉さん女房で僕を尻に敷いているが、こんな風に騎乗位になったのは初めてかも知れない。絵梨佳は、そのまま腰を動かし始めた。それは、ヘソから下だけを前後に振るようななまめかしい動きだ。ラテンダンスとか、ベリーダンスのような扇情的な動きに見える。
「んっ、アンッ、アンッ、気持ちいい。固い……おチンポ固い」
 絵梨佳は、はしたない言葉を口にし始めた。今までにない反応だ。元彼とのセックスの時は、こんな言葉を口にしていたのだろうか? 嫉妬で胸が苦しくなりながらも、そうなのかと聞いた。

「そうだよ。色々言わされてた。卑猥なこと言うと、彼も私も興奮したから。彼の、すごく大きかった。おチンポ奥までグイグイ押してきて、すぐにイカされてた。オマンコイクって叫びながら潮吹きしてた」
 絵梨佳は、そんな挑発をしながら腰を動かし続けている。僕はもう限界だ。射精寸前の状態のまま、必死で堪えている。そんなに気持ちよかったの? と聞くと、
「気持ちよかったよ。気持ちよすぎておかしくなりそうだった。わけがわからなくなって、変なこといっぱい言ってた」
 いつもイカされてたのかと聞くと、
「何回も」
 と、恥ずかしそうに答えた……。僕とのセックスで、イッたことがあるのかと聞くと、
「……そんなのどっちでも良いよ。愛してる」
 と言って、キスをしてはぐらかされた。キスをしたまま、腰を動かし続ける彼女……。男女が逆転してしまったような気恥ずかしさを感じてしまう。

「愛してるから」
 絵梨佳は、そんな風に言いながら腰を動かし続ける。僕は、元彼にイキ狂わされている絵梨佳を想像しながら、あっけなく射精してしまった。いつものように、早くてゴメンと謝ると、
「別に良いよ。気持ちよかったし」
 と、絵梨佳は幸せそうだ。このタイミングで聞くのもどうかと思ったが、元彼の写真はないのかと聞いた。
「今それ聞く?」
 と、あきれ顔の絵梨佳。でも、意外にあっさりとスマホを見せてくれた。それは、写真のアプリの中に普通に入っていた。沢山の写真に混じって入っていて、意図があって残していたとか、隠していたという感じではない。

 水族館らしきところで記念に撮った写真。長身の絵梨佳よりもかなり背の高い、ガタイの良い男性が映っている。絵梨佳も少しギャルっぽいし、元彼も茶髪でイカつい感じがする。
「なんでこんなになってるんだよ。ゲイかよ」
 絵梨佳は、僕のペニスを掴みながら呆れた声で言う。僕は、自覚もないままに勃起してしまっていた。
「まさか、直樹の写真見せて勃起されるとは思ってなかったよ。抱かれてみるか?」
 からかうように言う絵梨佳。僕は、慌てて否定をした。今までは、想像だけだった元彼……こんな風に写真を見てしまうと、ますます気になってしまう。

 そんなことがありながらも、夫婦仲はより良くなった。絵梨佳は、ヤキモチを焼く僕が嬉しくて仕方ないみたいだ。セックスの誘いも増えた。そんなある日、僕は思い立って大人のオモチャを買ってみた。自分の粗末なペニスよりも、一回り大きいサイズ。そんなバイブを買ってみた。パッケージには、ディルドと書いてある。どうやら、電動ギミックのついていないこのタイプの物は、ディルドと言うらしい。
 それは、握った感じでかなり大きいと思った。握り慣れた自分の物と比べると、かなりのサイズ差を感じる。でも、陳列棚にはそれよりも大きな物もたくさん置いてあった。これは、同じシリーズのディルドの中では、Mサイズという事みたいだ。僕のは、Sサイズと同じくらい……もしかしたら、僕の方がさらに小さいかもしれない。
 このシリーズはLLサイズまであって、そのサイズは直径で五センチくらいはありそうに見えた。とても日本人の女性が使えるサイズではないように感じた。

 いつものように、絵梨佳に挑発されながらセックスをしている途中、ディルドをのことを話した。
「……別に良いけど……。トシが使いたいなら、使っても良いよ」
 と、あまり気乗りしていない感じだ。それでも僕は、気が変わらないうちにと思ってすぐにディルドを取り出した。そして、絵梨佳の脚を軽く拡げさせて挿入しようとした。
 すると、明らかにいつもよりも濡れているのがわかった。もしかして、期待している? その姿にドキドキしながら、ディルドを膣口に押し当てた。絵梨佳は、少し腰を持ち上げるように動かす。自然に反応して挿入を促すような態度……もしかして、元彼とのセックスの時はこうだったのだろうか?
 僕は、そんな嫉妬を感じながらディルドを滑り込ませた。

 僕からしてみればかなり大きいと思ったディルドだが、スッと入ってしまった。ほとんど抵抗感なく、一気に半分以上が入っている。
「うぅっ、太いっ」
 思わず声を漏らす絵梨佳。でも、痛みを感じているわけではなさそうだ。それでも心配で、痛い? と聞くと、
「平気。根元まで入れていいから」
 と、絵梨佳は冷静に答える。でも、その顔はなんとも言えず快感にとろけているように見える。言われるままにディルドを奥まで押し込んだ。やっぱり、スムーズに入ってしまう。抵抗感はまるでない。
「ううぅ……もっと奥に……」
 絵梨佳は、眉間にシワが寄っている。一見苦しそうだが、口が半開きになったように弛緩している。僕は、思いきって奥まで押し込んだ。
「ヒィっ、あぁ、そう、もっとっ」
 絵梨佳は、気持ちよさそうな顔でうめく。僕は、そのままディルドを動かし始めた。僕のものよりも遙かに大きなディルドが、楽々と出入りしている。

「うぅっ、あっ、んっ、んっ、太い……当たってる……奥まで届いてる……」
 絵梨佳は、かなり気持ちよさそうだ。そのままディルドを奥に当てるように動かし続けると、彼女は軽くのけ反るような体勢になっていく。この時点で、いつもとかなり違うと思っていた。僕とのセックスの時とは、表情や仕草が違いすぎる。嫉妬に駆られながらディルドを動かし続けた。
「んっ、アンッ、アンッ、気持ちいい。奥にもっと当ててっ」
 絵梨佳は、とろけかかった顔で叫ぶ。その言葉に興奮し、さらに力を込めて動かし続けた。最初は大きすぎないかと心配だったが、まだまだ余裕はあるようだ。

 僕は、元彼はこのディルドと比べてどうだったのだろう? と考え始めていた。余裕のある態度から、元彼はもっと大きかったのだろうか? と、邪推してしまう。強い嫉妬に襲われながら、ディルドを力強く動かし続けた。絵梨佳は、さらに背中をのけ反らせるようにしながらあえぐ。
「イ、イキそう、もっと、うぅっ、気持ちいい。乳首も……舐めて」
 絵梨佳は、余裕のない顔になっている。僕は、さらにディルドを激しく動かしながら、乳首も舐め始めた。舌が触れた途端、絵梨佳は腰の辺りをブルブルッと震わせる。もしかして、イカせることができた? テンションを上げながらディルドを動かし、乳首も舐め続けた。
「あっ、アンッ、アンッ、イクっ、イクっ、うぅああっ」
 絵梨佳は、激しくあえぐ。今までの僕とのセックスでは、一度も見せたことのない姿だ。興奮に包まれながら、このディルドと元彼、どっちが大きかったのかと聞いた。
「うぅ……元彼……。全然違う。もう一回り以上大きかった」
 絵梨佳は、とろけたような顔のまま答えた。その言葉は、衝撃的だった。さらに一回り以上も大きかった? あのアダルトショップに置いてあった、LLサイズをイメージしてしまった。

 その言葉に怯みながらも、奥に押し込むように動かし続けると、突き当たりのような場所に当たる感触を感じる。絵梨佳は、あえぎっぱなしだ。
「イクっ、オマンコ気持ちいいっ」
 絵梨佳は、卑猥な言葉を口にしながらあえぐ。これも、元彼に仕込まれたんだろうなと思うと、どうしようもない敗北感にさいなまれてしまう。
 すると、絵梨佳は僕のペニスを掴んでしごき始めた。
「なんでこんなに固いんだよ。ドヘンタイ」
 絵梨佳は、あきれたように言いながらしごき続けてくれる。僕も、負けずにディルドを動かし続けた。一気に射精感が増し、限界が近い。射精しそうになると、ディルドを動かす手にも力が入ってしまう。絵梨佳は、かなり大きなあえぎ声をあげながら手コキを続けてくれる。

 僕は、もう限界だと告げた。
「負けるのか? 直樹は私より早くイク事なんてなかったぞ」
 絵梨佳は、いじめっ子の顔だ。その言葉に反発するように、全力でディルドを動かした。痛いのではないか? そんな心配をしてしまうくらいに激しく動かすと、絵梨佳は叫ぶような声であえぎ始める。ペニスをしごく余裕もなくなったのか、固く握ったままだ。
「イクっ、オマンコイクっ、んおぉっ、オマンコ気持ちいいっ!」
 絵梨佳は、我を忘れかかっている。初めて見る姿に興奮しながら、そのまま激しく動かし続けた。すると、絵梨佳は完全にお尻を持ち上げるようになりながら、潮吹きを始めた。
「イグゥ~~ッ」
 絵梨佳は、美しい顔を歪めて叫びながら身体を痙攣させた。

 最高の気分だった。オモチャの力を借りたにせよ、絵梨佳をここまで感じさせることが出来た。同時に、自分のペニスの非力さに気持ちが落ち込む。そして、ゆっくりとディルドを引き抜いた。
「うぅああぁ」
 うめくような声をあげる絵梨佳。ぐったりしている。だらしなく拡がった脚、膣口も拡がってしまっている。僕は、すぐにペニスを挿入した。入れてすぐ、その感触に驚いた。大きなディルドを入れていたから緩くなるかと思ったが、強烈に締め付けてくる。と言うよりも、膣全体がうねって精液を搾り取ろうとしているように感じる。
「やれば出来るじゃん」
 絵梨佳は、嬉しそうだ。僕は、強い快感を感じながら腰を動かす。
「愛してるよ。でも、思い出しちゃったよ……奥の快感」
 絵梨佳が、ボソッと言う。その言葉に強い不安を感じながら、無我夢中で腰を動かし続けた……。

続きはこちら↓ Kindle電子書籍で出版しているお話です


・メンエス好きな友人と、好奇心旺盛な僕の妻7
・全て先輩の中古だった彼女(kindle)
・後輩に男の娘動画を見ていることがバレて2
・ヨメカリの因習が続く漁村の跡取りの僕は11
・タイで妻に内緒で性感マッサージを受けさせてみたら7
・意地っ張りな嫁は、他人棒では感じないと言った5
・妻は元彼と、僕とは出来ない体位でしていた

【クレジットカード以外でのFC2ポイント購入の方法】
「PR」

【同じジャンルの体験談】
[ 2024/03/17 09:05 ] お知らせ | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ
kindle出版案内



2話収録です

2話収録です

ハード系です

姉さん女房です

新刊です

新刊です

バッドエンド








プロフィール

管理人:寝取られ好き
寝取られ体験談を紹介しています。このブログだけのオリジナル寝取られ話が多数あります。

QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
2位
アクセスランキングを見る>>
巨根になれる!「PR」