「PR」本ブログはアフィリエイト広告を利用しています

パート主婦ですが、仕事にも慣れて店長と不倫を始めました

私は32歳の主婦です。


時間的にも余裕が出来て、朝の9時から昼2時までスーパーでパートを始めたんですね。


私は結婚してから働くのが初めてで、その時は毎日が楽しくてとても新鮮だったんです。


そんな浮かれた気持ちが、店長との不倫に繋がってしまったんだと言う事に気づかずにいたのです。

・今月のブロマガ(このブログオリジナルコンテンツ)更新一覧表です
・【私が書いた電子書籍一覧です】

今思えば、夫では味わえない興奮と快感に目覚めていました。


雨の日はスーパーも暇なんですね。


倉庫で、在庫を確認していると、店長が入って来て私の後ろから抱き締めて来たんです。


膨らんだモノを、私のお尻に押しつけながら乳房を揉んできました。


私は「店長!、何をするんですか。」と言いながらも、少し感じてしまいました。


段々硬くなるのがお尻に感じて、思わず、手で掴んでしまったんですね。


それが店長を刺激したのか?我慢出来なくなってしまったのか?


スカートをまくって下着の中に手を入れてきたんです。


いきなり私のアソコの中に指を入れられて、お尻にグイグイ押しつけてくるんです。


仕事先の倉庫と言う場所と、誰かがもしかして入ってくるかもしれないというスリルが刺激になって、私のアソコは急激に濡れてしまいました。


私を正面に向かせて、敏感なところを愛撫されながら、キスをされてしました。


店長がズボンから硬くなったモノを、取り出すと、思わず口に含んでいました。


体中が凄く熱くなって、息苦しいほど興奮していました。


健康食品のダンボール箱に・・・、手をつかされて後ろから挿入されてしまいました。


私は倉庫という場所が、異常に興奮したのか凄く感じてしまったんです。


後ろから突かれながら、敏感なところを指で触れられると、膝がガクガクするほどの気持ちよさで、思わず喘ぎ声が高くなってしまって、店長に口を塞がれてしまったほどです。


とても気持ちいいのと、息苦しさで頭が、クラクラしてきたんですね。


店長~、あっぁぁぁ、イキそう、イク!あぁぁぁいい~もうダメ!。


ここまでは覚えているのですけれど、その後の記憶が飛んでしまったんです。


気がつくと下着もちゃんと着けていて、服装の乱れも無く、休憩室で寝かされてました。


その後、他のパート店員に聞いたところ、店長が私が貧血で倒れたと言って寝かせたんだ、と聞かされました。


この出来事が遇ってから、店長と不倫の関係が続いてしまって、夫が付き合いで飲みに出掛ける晩は、店長と待ち合わせしてラブホテルに通うようになってしまいました。

・メンエス好きな友人と、好奇心旺盛な僕の妻7
・全て先輩の中古だった彼女(kindle)
・後輩に男の娘動画を見ていることがバレて2
・ヨメカリの因習が続く漁村の跡取りの僕は11
・タイで妻に内緒で性感マッサージを受けさせてみたら7
・意地っ張りな嫁は、他人棒では感じないと言った5
・妻は元彼と、僕とは出来ない体位でしていた

【クレジットカード以外でのFC2ポイント購入の方法】
「PR」

【同じジャンルの体験談】
[ 2024/04/01 01:05 ] 人妻・寝取られ寝取り体験談 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ
kindle出版案内



2話収録です

2話収録です

ハード系です

姉さん女房です

新刊です

新刊です

バッドエンド








プロフィール

管理人:寝取られ好き
寝取られ体験談を紹介しています。このブログだけのオリジナル寝取られ話が多数あります。

QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
2位
アクセスランキングを見る>>
巨根になれる!「PR」